クラウドエンジニアブログ

【定期便】11/12週 Azure の公開情報まとめ

クラウドエンジニアブログ運営局

クラウドエンジニアブログ運営局

皆さん、こんにちは!

今週も、先週1週間(2018/11/12-11/18)分の Azure の公開情報をお送りいたします。
パブリッククラウドは日々進化しており、1週間の内に新しい情報がたくさん生まれます。そのアップデート情報をまとめましたので、ご参考にしていただければと思います。

今週のアップデート情報は以下の通りとなります。
それでは、ご覧ください。

Azure の更新情報より

Update 18.11 for Azure Sphere in public preview
  • Azure Sphere の Update 18.11 をパブリックプレビューとして発表
    • Azure Sphere Operating System、Azure Sphere Security Service、Visual Studio 開発環境における Update 18.11 を発表しました。
[関連]: Update 18.11 for Azure Sphere in public preview

Enhancements to NSG flow logs for Azure Network Watcher
  • Azure Network Watcher の NSG フローログの強化
    • Azure Network Watcher のネットワークセキュリティグループ(NSG)フローログの機能強化について発表します。これらの拡張機能は、バージョン2のログで使用できます。これらにはフロー単位のスループットの統計が含まれているため、フローセッションの状態、転送されたバイト数とパケット数を理解できます。
    • バージョン2の NSG フローログの設定は現在、米国西部中部で Azure ポータルと REST API を介してのみ利用可能です。

Azure HDInsight is now available in China North 2
日本語訳ページ: https://azure.microsoft.com/ja-jp/updates/azure-hdinsight-is-now-available-in-china-north-2/
  • Azure HDInsight が中国北部2で利用可能になりました
    • Azure HDInsight が中国北部2で利用可能になりました。中国においては、中国東部、中国北部、中国北部2の3つの地域が対象となります。

Azure JavaScript libraries preview release
  • Azure JavaScript ライブラリのプレビューを発表
    • AutoRest を使用して Azure REST API 仕様から生成された Azure JavaScript ライブラリの最初のプレビューリリースを発表します。このリリースでは、サーバーとクライアント(ブラウザ)の両方で動作する TypeScript 定義の同形 JavaScript ライブラリのサポートが追加されました。新しいライブラリは @azure スコープでリリースされ、パッケージ名は @azure/arm-<servicename>(Azure Resource Managerライブラリ用)と @azure/<servicename> というパターンになっています。

Azure Event Grid, Event Domains are in preview
  • Azure Event Grid および Event Domains のプレビューについて
    • 自分のアプリケーションのアウトバウンドイベントフローを管理できる機能であるイベントドメインを使用して、独自のイベントパブリッシャーになります。Azure サービス(Azure Storage など)がイベントを公開するために使用するものと同じツールとアーキテクチャを使用します。イベントドメインは、テナント単位でイベントドメイン内のイベントを購読することを前提とした認可と認証を処理し、膨大な数の並列テナントを管理しながら、イベントグリッドで既に利用可能な信頼性の高いルーティングと配信を提供し続けます。これは、競合他社の誰も持っていないユニークな機能であり、エンドユーザーに独自のイベントを提供したいお客様やパートナーに対して新しいシナリオを可能にします。

Virtual Assistant solution accelerator is in preview
  • バーチャルアシスタントソリューションアクセラレータのプレビューについて
    • 多くのお客様は、ブランドに合わせてカスタマイズされた会話アシスタントを提供し、顧客にパーソナライズし、複数のデバイスやアプリで利用できるようにしています。バーチャルアシスタントソリューションアクセラレータ(プレビュー)は、アシスタントの作成を簡素化し、数分で構築を開始できます。
[関連]: Virtual Assistant Solution Overview

Announcing Bot Framework SDK and Tools 4.1 Release
  • Bot Framework SDK およびツール4.1リリースのお知らせ
    • Bot Framework SDK バージョン4.1には、Bot Framework エミュレータ、Web Chat V4、および C# および JavaScript SDK のバージョン4.1が含まれています。 バージョン4.1の SDK とツールを使用して、チームはボット開発の SDK とツールの定期的なリリースに集中しています。

Azure Cognitive Services Containers are in preview
  • Azure Cognitive Services Containers のプレビューについて
    • コンテナのサポートは、コンピュータビジョン、顔、テキスト分析など、いくつかの Azure Cognitive Services のプレビューで利用できるようになりました。Cognitive Services コンテナは、開発者が Azure で利用できるものと同じインテリジェント API を使用することができ、Docker コンテナの柔軟性を備えています。Cognitive Services を使用すると、データを完全に制御できます。これは、データをクラウドに送信できないが、コグニティブサービステクノロジにアクセスする必要がある場合には不可欠です。Cognitive Services Containers は、ソリューションにデプロイされたモデルのバージョニングと更新の柔軟性を提供し、クラウド、オンプレミス、およびエッジにデプロイできる移植可能なアプリケーション・アーキテクチャの作成も可能にします。
[関連]: Container support in Azure Cognitive Services

Azure Cognitive Services new enhancements
  • Azure Cognitive Services の新機能強化
    • Custom Vision Service におけるロゴの検出
      • Custom Vision Service は、ロゴ検出のサポートを追加します。この新しいサポートにより、企業は独自のロゴディテクタをすばやく簡単に作成できます。ロゴの検出により、ブランドの検索と自動化が可能になります。顧客は、独自のロゴディテクタを構築して、メディアライブラリでロゴを検索したり、ソーシャルメディアフィードのアナリティクスを生成したりすることができます。
    • 翻訳の改善
      Microsoft Translator API は、中国語とドイツ語の新しい翻訳システムを使用して、英語の翻訳品質を大幅に向上させ、アプリケーションのシナリオを拡大しています。

Azure Bot Service enforcing transport layer security (TLS) 1.2
  • Azure Bot Service によるトランスポート層セキュリティ(TLS)1.2 の実施
    • 2018年12月4日、Azure Bot サービスは、トランスポート層セキュリティ(TLS)1.2 を使用してすべての接続を保護する必要があります。この執行は、データに可能な限り最高のセキュリティを提供する上で非常に重要です。マイクロソフト、PCI (Payment Card Industry)、およびインターネットコミュニティ全体が、TLS 1.0 および TLS 1.1 から離脱しており、これは悪意のある攻撃者にとって脆弱であることが示されています。この変更は、チャットクライアントまたはボットのいずれかから、Azure Bot サービスサーバーへのすべての接続に対して適用されます。Azure Bot サービスからボットへの接続にはまだ適用されません。

In development: Azure Service Fabric Mesh Fall 2018 refresh
  • 開発中:Azure Service Fabric Mesh Fall 2018 リフレッシュ
    • サーバーレスの Azure Service Fabric Mesh の Fall リフレッシュは開発中です。そして、ストレージの改善と修正に加えて、自動スケールやネットワークやゲートウェイリソースなどの改良と共にまもなくリリースの予定です。
[関連]: Azure Service Fabric updates at Ignite 2018

In development: Azure Service Fabric runtime version 6.4 & SDK updates
  • 開発中:Azure Service Fabric ランタイムバージョン 6.4 および SDK アップデート
    • Azure Service Fabric のランタイムバージョン 6.4 と対応する SDK およびツールのアップデートが開発中であり、次のような多くの機能拡張が行われ、今後数週間で展開されます。
      • Windows Server バージョン 1803 のサポート
      • アプリケーションごとの隔離されたネットワークのプレビュー
      • 任意のプログラミングモデルに接続できる .NET および Java 用の信頼性の高いコレクションライブラリのプレビュー
      • 自動バックアップおよび復元サービスの一般提供
      • コンテナのサービスファブリック信頼性の高いボリューム
      • EventStore API の一般提供
[関連]: Azure Service Fabric updates at Ignite 2018

Azure Functions 2.0 available in IoT Edge
  • Azure Functions 2.0 が IoT Edge で利用可能になりました
    • Azure Functions の Edge Hub へのバインディングは、NuGet からバインディングをインストールするためのFunctions Runtime 2.0 パターンに準拠するように更新されました。これにより、C# Script ではなく C#のコンパイル済みバージョンの Functions を開発用に使用できるようになり、クラウド内の Azure Functions のエクスペリエンスに近いより豊かなローカル開発エクスペリエンスが実現します。ローカル開発のエクスペリエンスは、CSX スクリプトではなく、C# を中心としています。

New H-series Azure VMs for HPC workloads are in preview
  • HPC ワークロード用の新しい H シリーズ Azure VM をプレビューで提供
    • ハイパフォーマンスコンピューティング(HPC)ワークロード用の2つの新しい H シリーズ(HB および HC)Azure 仮想マシンがプレビューで利用可能になりました。
    • HB シリーズの VM は、流体力学、明示的な有限要素解析、気象モデリングなどのメモリ帯域幅によって駆動される HPC アプリケーション用に最適化されています。
    • HC シリーズ VM は、暗黙の有限要素解析、リザーバシミュレーション、計算化学などの集中的な計算を行う HPC アプリケーションに最適化されています。
[関連]: Introducing the new HB and HC Azure VM sizes for HPC

Azure Event Hubs for Apache Kafka is now available
  • Azure Event Hubs for Apache Kafka が一般利用可能になりました。
    • Azure Event Hubs for Apache Kafka では、サーバーやネットワークを管理することなく幅広い Kafka エコシステムアプリケーションにアクセスできるように、2つの強力な分散ストリーミングプラットフォームを統合しています。Event Hubs は、完全に管理されたリアルタイムのデータ取り込みサービスであり、シンプルで信頼性があり、拡張性があります。分散型ストリーミングプラットフォームとして、Event Hubs を使用すると、何百万ものイベントを毎秒保存して処理するあらゆるソースからデータをストリーミングできるため、動的なデータパイプラインを構築してビジネス上の課題にリアルタイムで対応することができます。Event Hubs for Apache Kafka は Kafka エンドポイントを提供し、Kafka 1.0 以降のプロトコルを実行している Kafka クライアントは、簡単な設定変更でイベントハブとの間でイベントを発行したり購読したりすることができます。
[関連]: Azure Event Hubs for Apache Kafka

Draft pull requests and new work item text editor: Sprint 143 Update
日本語訳ページ: https://azure.microsoft.com/ja-jp/updates/draft-pull-requests-and-new-work-item-text-editor-sprint-143-update/
  • ドラフトのプル要求および新しい作業項目テキスト エディター: Sprint 143 Update
    • Azure DevOps の Sprint 143 Update で、より高性能で使いやすい新しい作業項目テキスト エディターを導入します。これは、製品全体でエクスペリエンスを最新化して改善する取り組みの一環です。Azure Repos では、まだ完了する準備ができていないドラフトのプル要求を作成できます。誤って完了してしまうことはありません。Azure Artifacts では、アーティファクトのアップロードでファイルを除外し、パッケージに関する来歴情報を取得する機能を含むいくつかの新しい機能がリリースされます。

Private preview: Azure Kubernetes Service in Azure China
日本語訳ページ: https://azure.microsoft.com/ja-jp/updates/private-preview-azure-kubernetes-service-in-azure-china/
  • プライベート プレビュー: Azure 中国の Azure Kubernetes Service
    • Azure Kubernetes Service(AKS)は、現在 Azure 中国の最初のサービス リージョンである、中国東部2リージョンでプライベート プレビューでご利用いただけます。

Azure Network Watcher enabled by default for subscriptions that contain virtual networks
日本語訳ページ: https://azure.microsoft.com/ja-jp/updates/azure-network-watcher-will-be-enabled-by-default-for-subscriptions-containing-virtual-networks/
  • 仮想ネットワークを含むサブスクリプションで Azure Network Watcher が既定で有効になります
    • Azure Network Watcher は、Azure 仮想ネットワーク内のリソースの監視、診断、メトリックの表示、ログの有効化または無効化を行うツールを提供します。仮想ネットワークを含むサブスクリプションで Network Watcher を既定で有効にする変更が展開されます。Network Watcher は自動的に有効化され、リソースや関連する料金が影響を受けることはありません。これにより、ネットワークのトラブルシューティング エクスペリエンスがシンプルになって改善されます。
[関連]: Network Watcher Documentation

Additional workload insights for advanced performance tuning with SQL Data Warehouse
日本語訳ページ: https://azure.microsoft.com/ja-jp/updates/additional-workload-insights-for-advanced-performance-tuning-for-sql-data-warehouse/
  • 追加のワークロードの分析情報による SQL Data Warehouse での拡張されたパフォーマンス調整
    • Azure SQL Data Warehouse は Microsoft Azure エコシステム内(特に Azure Advisor と Azure Monitor)で緊密な統合を行うことにより、組み込みの包括的な管理エクスペリエンスを提供します。これらの2つのサービスは既定で即時に SQL Data Warehouse 用に構成され、追加のコストなしでワークロードの分析情報を自動的に提供します。このリリースでは、任意に活用できる Azure Advisor からの以下のパフォーマンス レコメンデーションが追加されています。
      • アダプティブ キャッシュ:キャッシュ使用率の最適化のために拡大縮小するタイミングに関するアドバイスを得られます。
      • テーブルの分散:データ移動を減らしてワークロードのパフォーマンスを向上させるために、テーブルをレプリケートするタイミングを判別します。
      • Tempdb:Tempdb 競合を減らすために、リソース クラスを拡大縮小したり構成したりするタイミングを把握します。

  • 概要ブレードでのほぼリアルタイムのメトリックに関する拡張されたカスタマイズ可能な監視グラフなど、Azure Monitor によるデータ ウェアハウス メトリックのより深い統合が提供されています。使用状況の監視や、データ ウェアハウス レコメンデーションの検証や適用の際、Azure Monitor メトリックにアクセスするためにデータ ウェアハウスの概要ブレードを移動しなくてもよくなりました。さらに、パフォーマンス レコメンデーションを補完する、新しいメトリック(Tempdb やアダプティブ キャッシュ使用率など)を使用できるようになりました。

Azure Monitor log support for Azure SQL Data Warehouse
日本語訳ページ: https://azure.microsoft.com/ja-jp/updates/azure-monitor-log-support-for-sql-data-warehouse/
  • Azure SQL Data Warehouse の Azure Monitor ログのサポート
    • Microsoft Azure Monitor 診断ログと直接統合されることにより、Azure SQL Data Warehouse で、分析ワークロードに対する拡張された分析情報を利用できるようになりました。この新しい機能により、開発者は長期間にわたってワークロード ビヘイビアーを分析し、クエリの最適化やキャパシティの管理に関して十分に情報を得たうえで決定を下すことができます。
[関連]: Workload insights into SQL Data Warehouse delivered through Microsoft Azure Monitor diagnostic logs

Azure CLI support for Azure Database for MySQL read replicas
日本語訳ページ: https://azure.microsoft.com/ja-jp/updates/mysql-read-replicas-azure-cli/
  • Azure CLI での Azure Database for MySQL の読み取りレプリカのサポート
    • Azure CLI を使用して、読み取りレプリカを作成して管理できるようになりました。読み取りレプリカ(現在、パブリック プレビュー段階にある)を使用することにより、読み取り負荷の高いワークロードを 1つのサーバーのキャパシティの制約を超えて拡張し、ユーザーの設定に従ってレプリカ サーバーに分散できます。
[関連]: Read replicas in Azure Database for MySQL
[関連]:How to create and manage read replicas in Azure Database for MySQL using the Azure CLI

General availability: Azure Kubernetes Service in South India
日本語訳ページ: https://azure.microsoft.com/ja-jp/updates/general-availability-azure-kubernetes-service-in-south-india/
  • 一般公開:インド南部での Azure Kubernetes Service
    • Azure Kubernetes Service(AKS)がインド南部で一般公開され、サービスを提供する15番目の Azure リージョンになりました。リージョンのリストで、現在 AKS が利用可能な場所と今後公開が予定されている場所を確認できます。

General availability: Azure Availability Zones in Southeast Asia
日本語訳ページ: https://azure.microsoft.com/ja-jp/updates/general-availability-azure-availability-zones-in-southeast-asia/
  • 一般公開:東南アジアでの Azure Availability Zones
    • 基幹アプリケーションのための高可用性ソリューションである Azure Availability Zones が東南アジアで一般公開されました。

Microsoft Azure Blog より

Taboola Improves customer experiences with Azure Data Explorer
  • Taboola は、Azure Data Explorer を使って顧客体験を向上させる
    • Azure Data Explorer を使用すると、非常に大規模な未加工データセットをほぼリアルタイムで即座に把握し、パフォーマンスを分析し、傾向と異常を特定し、問題を診断することができます。

Four operational practices Microsoft uses to secure the Azure platform
  • Microsoft が Azure プラットフォームを保護するために使用する4つの運用方法
    • このブログでは、Microsoft Azure が、運用上のベストプラクティスと3,500人を超えるサイバーセキュリティ専門家によるグローバルチームを通じて、追加投資なしにセキュリティ専門知識を手に入れる方法について説明します。今日、セキュリティの専門家がデータのセキュリティを確保するために実施しているさまざまな運用方法を見ていきます。
      • 安全な展開の実践
      • 制限付きのジャストインタイムの管理者アクセスとセキュリティ保護されたアクセスワークステーション
      • 脅威に対する迅速で専門的な対応
      • サイバーセキュリティの専門家

Azure Toolkit for IntelliJ – Spark Interactive Console
  • Azure Toolkit for IntelliJ - Spark Interactive Console
    • Azure Toolkit for IntelliJ で Spark Interactive Console のリリースを発表しました。この新しいコンポーネントは、Spark のジョブオーサリングを容易にし、IntelliJ 内のシェルのような環境で対話的にコードを実行できるようにします。

Three surprising IoT trends in smart buildings
  • スマート ビルディングにおける 3つの驚くべき IoT のトレンド
    • IoT と人工知能が高度化するにつれて、スマートビルディングはエネルギー使用量とメンテナンスコストを削減するために活用されています。機器の故障や乗員への混乱を防ぎながら、より安全で快適な環境を提供しています。人々の生活や働き方に合わせて生産性を向上させています。
      • インフラストラクチャと運用を超えたメリット
      • 空間知性の実践
      • IoT によるビジネスの向上

Introducing the Azure Blockchain Development Kit
  • Azure Blockchain 開発キットの紹介
    • この度、マイクロソフトのサーバーレステクノロジに基づいて構築された Azure Blockchain 開発キットの初回リリースを発表し、マイクロソフトとサードパーティの SaaS 最高のブロックチェーンをシームレスに統合しています。このキットは、ブロックチェーンの開発者用テンプレートと Azure Blockchain Workbench の機能を拡張し、キー管理、オフライン ID とデータ、監視、メッセージング API 用の Azure サービスを、参照アーキテクチャに組み込んで、ブロックチェーンベースのアプリケーションを迅速に構築できます。

Five lessons for building your roadmap to a secure hybrid cloud future
  • 安全なハイブリッドクラウドの未来へのロードマップを構築するための 5つのレッスン
    • このブログ記事は、National Cybersecurity Awareness Month のセキュリティシリーズの一部であり、連邦 CIO がオンプレミスのデータセンターと安全に連携するクラウド環境に最も適した方法について説明します。ハイブリッドクラウドとハイブリッド IT の世界への成功するロードマップを示すために、政府機関とともに広範囲なクラウド移行を行っているマイクロソフトの自身の経験は、CIO と IT リーダーに5つの推奨事項を提供します。
      • アプリケーションの合理化
      • 確かな基盤を構築する
      • ビルトインサービスを使用する
      • アイデンティティ層の確立
      • 想定違反戦略を採用

Get started in minutes: Build your own enterprise grade virtual assistant
  • 数分で始める:独自のエンタープライズグレードのバーチャルアシスタントを構築する
    • 我々はバーチャルアシスタント用オープンソースボットソリューションアクセラレータのプレビューを発表しています。このソリューションアクセラレータは、ブランド化されたバーチャルアシスタントの作成を簡素化し、開発者が数分で開始できるようにします。さらに、ボットフレームワークソフトウェア開発キットとツールバージョン4.1 が一般利用可能となり、開発者はボット開発でより生産性を高めることができます。最後に、Microsoft は XOXCO の買収契約を締結しました。
[関連]: Virtual Assistant Solution Overview
[関連]: Announcing Bot Framework SDK and Tools 4.1 Release
[関連]: Microsoft to acquire XOXCO, bringing together leading bot development communities to help advance conversational AI

Getting started with Azure Cognitive Services in containers
  • Azure Cognitive Services をコンテナを使って始めよう
    • 我々は Cognitive Services Containers のサポートを発表し、開発者が ML 主導のソリューションを構築することを大幅に容易にしました。コンテナ化により、より優れたデータガバナンスをサポートできるよう、規模、信頼性、一貫性のある大きな AI システムを構築することができます。たとえば、患者と連携する典型的な病院システムを見てみましょう。何年もの患者の世話をした後、彼らは処理したい主要な傾向についての洞察を得るために、多数の医師のメモ、摂取記録、またはその他のファイルを持っています。Cognitive Services Containers を使用することで、これらのファイルをすべて処理し、数百万のドキュメントを索引付けして共通点を見つけ出し、データを社内に保管しながら患者体験を向上させることができます。もう1つの例は、遠隔のセンサーとカメラを使用してエッジ上の資産を追跡し、AI を使用してメンテナンスの必要性を予測するコネクティビティが限られている大規模な製造プラントです。
[関連]: Bringing AI to the edge

Microsoft and Intel donate Azure Hardware, AI Services to Advance Intelligent Edge Research at Carnegie Mellon University
  • マイクロソフトとインテルはカーネギーメロン大学でインテリジェントエッジ研究を進めるために Azure ハードウェア、AI サービスを寄贈
    • インテリジェントエッジとインテリジェントクラウドのさらに進んだ調査と発見を進めるため、マイクロソフトはクラウドハードウェアとサービスをカーネギーメロン大学の Living Edge Laboratory に寄付すると発表しました。カーネギーメロン大学は、世界的に有力な研究機関の1つとして認識されています。今年の初めに、この大学はエッジデバイスをクラウドに接続するため、2750万ドルの半導体リサーチイニシアチブを発表しました。

Bringing AI to the edge
  • AI をエッジに持ち込む
    • 組織全体で増加するデータ量の増加に伴い、顧客はさまざまな環境で AI 機能を導入する柔軟性を求めてきました。Cognitive Services をコンテナに導入することで、データが存在する物理的な世界に近い情報を分析して、リアルタイムでの洞察力と臨場感の高いエクスペリエンスを提供することができます。顧客が自社の敷地内に展開する認知サービスコンテナは、顧客データ(分析対象の画像やテキストなど)を Microsoft に送信することはありません。

Protect Linux containers running in IaaS with Azure Security Center
  • Azure Security Center で IaaS で動作する Linux コンテナを保護する
    • Azure Security Centerに、コンテナのセキュリティを確保するためのいくつかの新しい機能が追加されました。
  1. IaaS Linux マシンでホストされているコンテナの可視化
  2. Docker の CIS ベンチマークに基づくセキュリティ推奨事項
  3. リアルタイムコンテナ脅威検出
Holiday season is DDoS season
  • ホリデーシーズンは DDoS シーズンです
    • Azure は、あなたの貴重なデジタル資産を休日中や年中これらのサイバー攻撃から守るためのソリューションを提供しています。Azure DDoS Protection は、最も洗練された DDoS 脅威に対する対策を提供します。このサービスは、仮想ネットワークに展開されたアプリケーションとリソースに対して、拡張された DDoS 軽減機能を提供します。さらに、Azure DDoS Protection を使用しているお客様は、アクティブ攻撃中に DDoS エキスパートに従事する DDoS Rapid Response サポートにアクセスできます。リソースの DDoS 保護を簡単に有効にして、DDoS 攻撃から積極的に保護することができます。このブログでは、DDoS 攻撃からアプリケーションを保護するための3つのステップを紹介しています。

Azure Kubernetes Service now in private preview in Azure China
  • Azure China で Microsoft Azure Kubernetes Service(AKS) のプライベートプレビューを提供
    • Azure は、中国本土内で管理された Kubernetes サービスを提供する最初のクラウドプロバイダーになりました。世界中のサービスが利用できる他の地域と同様に、AKS は Azure インフラストラクチャ上で Kubernetes クラスタを素早く簡単に作成し、そのクラスタを拡張、アップグレード、監視する方法をシンプルで直観的なツールで提供します。

Deploy, develop, and troubleshoot faster with Azure Blockchain Workbench 1.5.0
  • Azure Blockchain Workbench 1.5.0 を使用して、展開、開発、およびトラブルシューティングを高速化
    • Workbench 1.5.0 は、2つの重要なテーマに焦点を当てており、エンド・ツー・エンドの Blockchain ソリューションの開発とテストのプロセスを簡単に展開して簡単にすることができます。

Join Azure at Supercomputing 2018
  • スーパーコンピューティング 2018 で Azure に触れてください
    • テキサス州ダラスで開催される世界的な HPC コミュニティイベントのスーパーコンピューティング 2018 におけるマイクロソフトの出展内容の紹介。

View chooses Microsoft Azure IoT to accelerate development of smart building applications
  • View は スマートビルディングアプリケーションの開発を加速するために Microsoft Azure IoT を採用します
    • マイクロソフトは View との新しいパートナーシップを発表し、スマートビルディングのための革新的なアプリケーションを共同で開発します。このパートナーシップの一環として、View はスマートビルディングでの専門知識を活用し、Azure IoT プラットフォームの多面性を活用してソリューション開発を加速します。

Developing hybrid applications with Azure Stack
  • Azure Stack を使用したハイブリッドアプリケーションの開発
    • Azure Stack は、今日あなた自身のハイブリッドソリューションの開発を容易にする機能を提供します。Azure サービスで Azure Stack を使用する中心的な要素は、Azure Resource Manager API プロファイルです。API プロファイルは、Azure と Azure Stack で使用可能な一連のリソースタイプとバージョンを提供します。どのリソースタイプ、API バージョン、およびクラウドが連携しているかを調べるのではなく、ソリューションのコードを作成することに集中できます。API プロファイルを使用して、特定のプロファイルをサポートする Azure クラウド全体でコードを動作させることができます。

MongoDB Atlas free tier is now available on Azure
  • MongoDB Atlas の無料枠が Azure で利用可能になりました
    • グローバルなクラウドデータベースである MongoDB Atlas を Microsoft Azure 上で無料で使用できるようになりました。新しく利用可能な Azure の無料枠は M0 と呼ばれ、MongoDB の学習、プロトタイプ作成、初期開発に理想的な 512MB のストレージをユーザーに提供します。

Power bat: How Spektacom is revolutionizing the game of cricket with Microsoft AI
  • パワー・バット:Spektacom が Microsoft AI でクリケットの試合に革命を起こしている
    • ワイヤレスセンサー技術とクラウド分析を使用してデータをキャプチャし、影響の特性を分析することでプレーヤーのショットの品質を測定する画期的なセンサー駆動のステッカー「パワー・バット」の紹介。

Let AI help you be more productive with Microsoft Azure CLI
  • AI を使用して Microsoft Azure CLI の生産性を向上させる
    • Azure CLI の"Find"拡張機能の紹介。

Microsoft Azure is now certified to host sensitive health data in France
  • Microsoft Azureは、フランスにおいて機密性の高い健康データをホストすることが認定されました
    • 最近パリで開催された Microsoft Experiences18 カンファレンスにおいて、Microsoft Azure、Microsoft Office 365、および Microsoft Dynamics に対して Health Data Hosting(HDS)認定が付与されたことを発表しました。これは、2018年6月に開始された新しい認証プロセスの下で、フランスにあるデータセンターで健康データの保存と処理に関する厳しい基準を満たすことができる最初の主要クラウドプロバイダーとなったことを意味します。

How to get involved in the Azure Monitor AMA!
  • Azure Monitor AMA に参加する方法
    • Azure Monitor チームは2018年11月15日(木)、太平洋時間午前8:30から午前10:30まで、Twitter で特別な Ask Me Anything セッションを開催しています。#AzureMonitorAMA で @AzureMonitor または @AzureSupport にツイートすることができます。

Cloud Platform News Bytes Blog より

Cloud Platform Release Announcements for November 14, 2018
  • 2018年11月14日の Cloud Platform リリースアナウンス
    • Azure Virtual Machines(VMs)| HB VMs for HPC are in preview
    • Azure Event Hubs | Event Hubs for Kafka is now available
    • Azure SQL Data Warehouse | Row level security now supported
    • Azure SQL Data Warehouse | Azure Data Lake Storage Gen2 integration
    • Azure SQL Data Warehouse | Maintenance scheduling
    • Azure Functions | Runtime 2.0 available on US Gov and China regions
    • Azure Functions | Functions in IoT Edge is now available
    • Azure Functions | Consumption plan available in US Gov Virginia
    • Azure Virtual Machines | NDv2 in preview
    • Azure Cognitive Services | Container support in preview
    • Visual Studio 2017 | Version update
    • Announcing Bot Framework SDK and Tools 4.1 Release
    • Virtual Assistant solution accelerator is now in preview
    • Azure Bot Service | In preview
    • Azure Cognitive Services | GA
    • SQL Server 2014 Service Pack 3 | GA

Official Microsoft Blog より

Diversity and inclusion update: The journey continues
  • ダイバーシティとインクルージョンのアップデート:旅は続く
    • 4回目の総合的な労働力人口統計レポートを発表しました。このレポートは、継続的な改善へのコミットメント、多様な人材プールに到達する新しい方法を見つけ出し、企業のあらゆるレベルで包摂文化を進化させ続ける姿勢を反映しています。

Microsoft introduces guidelines for developing responsible conversational AI
  • Microsoft は責任ある会話型 AI を開発するためのガイドラインを提供
    • Microsoft が Comic Chat を1995年に開発して以来取り組んできた会話型インターフェイス開発の経験から学んだ教訓を元に作成したガイドラインの紹介。
[関連]: Responsible bots: 10 guidelines for developers of conversational AI

Cloud and Server Product Japan Blog より

Always Encrypted における列暗号化キーのローテーションについて
  • 2016年11月7日に Data Platform Tech Sales Team Blog にて公開された内容

Azure 上に AlwaysOn AG 構成を構築する際のリスナーについて
  • 2016年8月31日に Data Platform Tech Sales Team Blog にて公開された内容

Azure Databricks を使ってみよう
  • 2018年6月19日に Data Platform Tech Sales Team Blog にて公開された内容

Windows Server 2019 の提供に関する最新情報
  • 2018年11月13日に投稿された Update on Windows Server 2019 availability の翻訳

2018年 11月アップデートで Windows Server 2016 の高速更新プログラムを再開
  • 2018年11月12日に投稿された Express updates for Windows Server 2016 re-enabled for November 2018 update の翻訳

IoT でスマート シティを実現: Azure Maps と Azure Digital Twins の新しいパートナーシップ
  • 2018年11月6日に投稿された IoT for Smart Cities: New partnerships for Azure Maps and Azure Digital Twins の翻訳

Azure VM 上での SQL Server の実行に Ultra SSD を使用してミッション クリティカルなパフォーマンスを実現
  • 2018年11月6日に投稿された Mission critical performance with Ultra SSD for SQL Server on Azure VM の翻訳

SQL Server の新しいサービス モデルの改定のお知らせ
  • 2018年10月8日に投稿された Announcing Updates to the Modern Servicing Model for SQL Server の翻訳

SQL Server の新しいサービス モデルを発表
  • 2018年9月28日に投稿された Announcing the Modern Servicing Model for SQL Server の翻訳

SQL Server 2014 Service Pack 3 をリリース
  • 2018年10月30日に投稿された SQL Server 2014 Service Pack 3 is now Available!!! の翻訳


Windows Server Blog より

Update on Windows Server 2019 availability
  • Windows Server 2019 の可用性に関するアップデート
    • Windows Server 2019、Windows Server、バージョン 1809、および関連する Windows 10 の再リリースが開始の案内。

Express updates for Windows Server 2016 re-enabled for November 2018 update
  • 2018年11月の更新プログラムで Windows Server 2016 の Express アップデートを再度有効にする
    • 停止していた Windows Server 2016 の Express アップデートの再開の案内。

Azure 課金・サブスクリプションサポートチームブログより

Azure REST API を使ってみよう
  • Azure REST API について、概要から「Try It」を使用する方法、「PowerShell」を使用する方法をご紹介

既存の Azure AD に紐づけて Azure サブスクリプションを取得する方法
  • 既存の Azure AD に紐づけて Azure サブスクリプションを取得する方法を従量課金の場合、EA の場合、CSP の場合それぞれをご案内



以上です。
最後までお読みいただきありがとうございました。

【総合】お問い合わせ

ソリューションに関する全般的なお問い合わせはお気軽にご相談ください。

ピックアップ

セミナー情報
クラウドエンジニアブログ
clouXion
メールマガジン登録