クラウドエンジニアブログ

【定期便】11/19週 Azure の公開情報まとめ

クラウドエンジニアブログ運営局

クラウドエンジニアブログ運営局

皆さん、こんにちは!

今週も、先週 1週間 (2018/11/19-11/25) 分の Azure の公開情報をお送りいたします。
パブリッククラウドは日々進化しており、1週間の内に新しい情報がたくさん生まれます。 そのアップデート情報をまとめましたので、ご参考にしていただければと思います。

今週のアップデート情報は以下の通りとなります。
それでは、ご覧ください。

Azure の更新情報より

Azure Site Recovery supports firewall-enabled storage accounts
日本語訳ページ: https://azure.microsoft.com/ja-jp/updates/azure-site-recovery-now-supports-firewall-enabled-storage-accounts/
  • Azure Site Recovery ではファイアウォールが有効なストレージ アカウントをサポートしています
    • Azure Site Recovery では、ファイアウォールが有効なストレージ アカウントがサポートされるようになりました。ファイアウォールが有効なストレージ アカウント上のアンマネージド ディスクを持つ仮想マシンを、ディザスター リカバリー シナリオのために別の Azure リージョンにレプリケートできます。また、ターゲット リージョン内のファイアウォールが有効なストレージ アカウントを、アンマネージド ディスクのターゲット ストレージ アカウントとして選択することもできます。ソース Azure VM の仮想ネットワークのみに書き込みを許可して、キャッシュ ストレージ アカウントへのアクセスを制限することができます。

Service Bus name changes
日本語訳ページ: https://azure.microsoft.com/ja-jp/updates/service-bus-name-changes/
  • Service Bus 名の変更
    • 2019年1月1日より、Azure Service Bus メッセージングの名前が変更されます。名前を使った課金ルーチンを利用している場合は、その課金ルーチンを更新してください。

Azure SignalR Service GUID changes
日本語訳ページ: https://azure.microsoft.com/ja-jp/updates/azure-signalr-service-guid-changes/
  • Azure SignalR Service GUID の変更
    • 2019年1月1日より、Azure SignalR Service のリソース GUID が変更されます。リソース GUID の変更は名前にも影響します。名前またはリソース GUID を使った課金ルーチンを利用している場合は、その課金ルーチンを更新してください。

Security Center Workload Protection for App Service name changes
日本語訳ページ: https://azure.microsoft.com/ja-jp/updates/security-center-workload-protection-for-app-services-name-changes/
  • App Service のための Security Center ワークロード保護の名前の変更
    • 2019年1月1日より、App Service のための Azure Security Center ワークロード保護の名前が変更されます。名前またはリソース GUID を使った課金ルーチンを利用している場合は、その課金ルーチンを更新してください。

Blob storage Germany resource GUID and name changes
日本語訳ページ: https://azure.microsoft.com/ja-jp/updates/blob-storage-germany-resource-guid-and-name-changes/
  • ドイツの Blob Storage のリソース GUID と名前の変更
    • 2019年1月1日より、ドイツ リージョンの Azure Blob Storage のリソース GUID と名前が変更されます。名前またはリソース GUID を使った課金ルーチンを利用している場合は、その課金ルーチンを更新してください。

Microsoft Azure Blog より

How to develop secure applications using Azure Cosmos DB
  • Azure Cosmos DB を使用して安全なアプリケーションを開発する方法
    • ネットワークのセキュリティとキー管理によるアクセスコントロール、安全なアプリケーションを構築するためのアーキテクチャを解説。

Extension Host is coming to Azure Stack with the next update 1811
  • 次期更新版1811 で Azure Stack に Extension Host を搭載
    • Microsoft Azure Stack の新機能の一つ Extension Host は、Azure Stack のセキュリティを強化し、ネットワーク統合を簡素化する機能です。このたび、Azure Stack の次回更新版(1811)より、この Extension Host をご利用いただけるようになります。なお、Azure Stack 1811 を使用するには、事前に2つの証明書を追加でインポートしておく必要があります。
[参考]: Azure Stack の次回更新版 1811 で Extension Host をリリース

What you need to know when writing hybrid applications
  • ハイブリッドアプリケーションを書くときに知っておくべきこと
    • この記事では、さまざまな Azure クラウドをターゲットにするためにアプリケーションを書くときに知っておくべき重要なことを紹介します。

Visualize your Cosmos DB Gremlin API graph data with Linkurious enterprise
  • Cosmos DB Gremlin API グラフデータを Linkurious エンタープライズで視覚化
    • Azure Cosmos DB Gremlin API データベースで人気の高いグラフビジュアライゼーションプラットフォームである Linktail Enterprise を利用できるようになりました。このプラットフォームでは、作成、読み取り、更新、および削除の全機能を引き続き活用しながら、グラフデータからレポートとビジュアライゼーションを作成できます。さらに、この製品は Azure Active Directory の統合によるセキュリティ保護されたアクセスを含むエンタープライズ対応の機能を強調しています。

Introducing Azure DevOps Server 2019 RC1
  • Azure DevOps Server 2019 RC1 の紹介
    • Azure DevOps Server 2019 は、Microsoft Azure DevOps のコードベースを提供しながら、独自ホストを希望するお客様に最適化されています。Azure DevOps Server 2019 では以下のニーズに対応できます。
      • Azure DevOps をオンプレミスで稼働させる必要がある
      • Azure DevOps の独立したインスタンスが保証されている必要がある
      • Azure DevOps のホストされたバージョンが利用できない地域で実行する必要がある

Understanding health criteria in Azure Monitor for VMs
  • Azure Monitor for VMs の正常性基準の理解
    • 仮想マシン(Azure Monitor for Virtual Machine)は、さまざまな観点から VM を表示するのに役立つ数多くの監視機能を提供します。これらの視点のいくつかは次のとおりです。
      • VM とそのコンポーネントの正常性
      • パフォーマンスの傾向
      • マップ - 接続トポロジとメトリック
    • Azure Monitor for VMs は、VM 上の正常性基準と呼ばれるさまざまな状態をほぼリアルタイムで評価し、正常性/警告状態になるとアラートをトリガーします。

Connect devices from other IoT clouds to Azure IoT Central
  • 他の IoT クラウドのデバイスを Azure IoT Central に接続する
    • この記事では、新しい Azure IoT Central デバイスブリッジについて説明します。Sigfox の低電力広域ネットワークに接続された資産追跡デバイスを使用している場合でも、パーティクルデバイスクラウド上の大気モニタリングデバイスを使用している場合でも、TTN の土壌水分モニタリングデバイスを使用している場合でも、IoT Central device bridge を利用することによって、IoT Central の威力を直接活用することができます。

Azure Marketplace new offers ? Volume 25
  • Azure Marketplace の新しいオファー - Volume 25
    • 2018年10月16日から10月31日まで、49の新しいオファーがオンボーディング基準を満たし、正式サービスを開始しました。

Meet the Microsoft Azure IoT on Serverless Hackathon winners
  • Serverless Hackathon の受賞者で Microsoft Azure を体験しよう
    • Serverless Hackathon で入賞した IoT ソリューションの紹介

Simplifying confidential computing : Azure IoT Edge security with enclaves ? Public preview
  • 機密コンピューティングの簡素化: Azure IoT エンクロージャを使用したエッジセキュリティ - パブリックプレビュー
    • インテリジェントエッジでデバイス用の Open Enclave SDK のクロスプラットフォームの一般提供を発表し、Open Enclave と Azure IoT Edge セキュリティマネージャの統合のプレビューを発表しました。パートナーと協力して、Internet of Things(IoT)の非常に困難なセキュリティ問題を解決する組織を支援し、エッジで使用中のコードとデータを保護します。これには、信頼できる実行環境(TEE)の範囲内でコンピューティングワークロードを確保すること、または単に機密コンピューティングと呼ばれるコンセプトを含むことが含まれます。ハードコアのハードウェアセキュリティ専門家からエッジおよびクラウドソフトウェアアプリケーション開発者までのすべての対象者の Trusted Application 開発を簡素化する方法で、エンクレーブで実行されるアプリケーションを開発するためのプラットフォームを提供します。

Real-time event processing with Azure Database for PostgreSQL and Event Grid integration
  • PostgreSQL と Event Grid の統合のための Azure データベースによるリアルタイムイベント処理
    • PostgreSQL の Notify 機能は、通知イベントを変更フィードとしてデータベースに指定されたリスナチャネルに送信することを可能にします。フルマネージドでサーバーレスなイベント・ルーティング・サービスである Azure Event Grid、サーバーレス・コンピューティング・エンジンである Azure Functions、サーバーレス・ワークフロー・オーケストレーション・エンジンである Azure Logic Apps といった Azure のサーバレス・プラットフォームを利用すれば、イベントベースの処理やワークフローにリアルタイムで対応することが容易になります。

Enterprise Mobility + Security より

Intune's journey to a highly scalable globally distributed cloud service
  • 高度でスケーラブルなグローバル分散クラウドサービスになるための Intune の旅
    • 今年のはじめ、Intune のグローバルでスケーラブルなクラウドサービスへの旅を検証する第1回目のブログ記事を4部構成のシリーズで公開しました。今回、第2回では、私たちが将来の成長を遂げるために準備した3つの積極的な行動について説明します。私たちが旅の途中で学んだ重要なことは最後に要約されています。
      • アクション#1:データ駆動型文化の育成
      • アクション#2:キャパシティプランニング
      • アクション#3:容量予測による再構築

MCAS brings its real-time CASB controls to on-prem apps!
  • MCAS のリアルタイム CASB コントロールを社内アプリにも提供
    • Microsoft Cloud App Security は Azure AD Application Proxy とネイティブに統合されており、組織内において社内アプリのリアルタイム・コントロールを強制し、ハイブリッドクライドのワークロードを通した整合性のあるセキュリティを確保します。これは、Cloud Access Security Brokers(CASBs)の市場においてユニークな機能です。
    • Azure AD Application Proxy によって Web アプリケーションを Azure AD と統合し、条件付きアクセス App Control による組織のアプリケーションに対するリアルタイム・コントロールを利用することによって、アプリがどこにホストされているかにかかわらず、アプリとサービスが一貫した方法で保護されるようにしています。

Japan Azure IaaS Support Blog より

詳説 Azure ExpressRoute ? Part4 : ExpressRoute の冗長構成について
  • ExpressRoute を複数ご契約いただく場合の留意点や、冗長構成の考慮点についてご説明

Official Microsoft Blog より

Microsoft acquires FSLogix to enhance the Office 365 virtualization experience
  • マイクロソフト、FSLogix を買収し、Office 365 の仮想化環境を強化
    • FSLogix は、仮想化をサポートするのに必要なリソース、時間、労力を削減する次世代のアプリケーションプロビジョニングプラットフォームです。FSLogix ソリューションは、中小企業から多数の業界の大規模なグローバル企業まで、IT 部門のサポート要件を削減しながら、顧客体験と生産性を向上させます。
    • 今回の買収により、顧客はさまざまなメリットを享受できます。Outlook および OneDrive のユーザープロファイルの読み込み時間を短縮できる FSLogix により、Windows Virtual Desktop を含むマルチユーザー仮想環境で Office 365 ProPlus のパフォーマンスがさらに向上します。

Microsoft Security Guidance blog より

Security baseline (FINAL) for Windows 10 v1809 and Windows Server 2019
  • Windows 10 v1809 および Windows Server 2019 のセキュリティベースライン(FINAL)
    • 2018年10月10日更新(別名バージョン1809、 "Redstone 5" または "RS5" )、および Windows Server 2019 のセキュリティ構成のベースライン設定の最終リリースを発表。
    • このブログポストへのダウンロード可能な添付ファイルには、インポート可能な GPO、ローカルポリシーに GPO を適用するための PowerShell スクリプト、グループポリシー設定用のカスタム ADMX ファイル、スプレッドシート形式のドキュメント、ポリシーアナライザファイルのセットが含まれます。
[参考]: Windows-10-1809-Security-Baseline-FINAL

Cloud and Server Product Japan Blog より

究極のハイブリッド プラットフォームでデータと AI の将来を拓く
  • 2018年11月7日に投稿された Harness the future with the ultimate hybrid platform for data and AI の翻訳

MS クラウド ニュースまとめ ? Avere vFXT for Azure の提供開始 他(2018年10月31日)
  • 2018年10月31日に投稿された Cloud Release Announcements for October 31, 2018 の翻訳

Azure SQL Data Warehouse の新しい生産性、セキュリティ関連機能を発表
  • 2018年11月7日に投稿された Azure SQL Data Warehouse introduces new productivity and security capabilities の翻訳

MS クラウド ニュースまとめ ? Visual Studio 2017 | 最新バージョンのお知らせ、他(2018年11月14日)
  • 2018年11月14日に投稿された Cloud Platform Release Announcements for November 14, 2018 の翻訳

[Visual Studio] 開発ツール対応 OS 一覧
  • 2018/11/21 更新版



以上です。
最後までお読みいただきありがとうございました。

【総合】お問い合わせ

ソリューションに関する全般的なお問い合わせはお気軽にご相談ください。

ピックアップ

セミナー情報
クラウドエンジニアブログ
clouXion
メールマガジン登録