クラウドエンジニアブログ

PowerAppsを使ったアプリ開発①

human03

金 ジョンウク

こんにちは!今回からはアプリケーションに焦点を当てていきます。これまで IoT プラットフォーム構築・データ分析と紹介する流れでいきなりアプリケーションと思うかもしれませんが、プラットフォーム構築・データ分析・アプリケーションは決して無関係ではありません。

IoT はもちろんのこと、目的のデータを「集めて」「分析して」から「行動を起こす」ことでデータは真の価値を生み出します。以前紹介しました IoT プラットフォームは「集めて」、PowerBI は「分析して」、アプリケーションは「行動を起こす」手段の一つに該当します。

今回は「行動を起こす」アプリケーションとして Microsoft が Azure を基盤に提供している PowerApps を紹介して参ります。

Microsoft PowerApps について

2016年11月1日、Microsoft より企業向け Web アプリ開発ツール「Microsoft PowerApps」の正式版がリリースされました。PowerApps はオンプレミス等を含む社内環境下でモバイルから使えるビジネスアプリ開発を支援するツールです。

Microsoft PowerApps

PowerApps は、専門のアプリ開発者対象はもちろんオペレータ/ユーザレベルの人、例えば社内サイト管理者でも開発ツールとして使えます。インターフェイスは Microsoft Office のように構成されており、コーディング知識がなくともアプリ開発ができます。Excel の関数程度の知識があるユーザであれば、1時間程度で業務に使用するアプリを作れてしまいます。

Power Apps は Microsoft の製品群(Office 365、SharePoint Online、Microsoft Azure、Dynamics 365、OneDrive)はもちろん、Twitter、Dropbox、Github 等、2016年11月の時点で58種類のサービスとの接続をサポートします。

Microsoft PowerApps の利用プラン

PowerApps は「Dynamics 365」または「Office 365 (Enterprise/Business Premium/Essential Edition)」に含まれており、上記プランのライセンスを所持しているユーザは無料で利用できます。企業内で Office365、Dynamics 365を導入している場合、追加費用なしで PowerApps をアプリ開発ツールとして利用できる利点があります。

Microsoft PowerApps の利用プラン
「Pricing - PowerApps」ページより
https://powerapps.microsoft.com/en-us/pricing/


それ以外の場合、2つの有償プランが用意されております。

  • PowerApps Plan 1:
    無料プランで利用できるデータソース以外のデータソース(SalesForce、Mandrill 等)
    または Microsoft が提供する標準データセットである Common Data Service を使用してアプリを開発する場合
  • PowerApps Plan 2:
    Plan 1の全機能に加え、Common Data Service を利用して
    データモデルを構築する / 高度な環境・ユーザポリシーの管理する場合

PowerApps 使ったアプリ開発シナリオ

アプリ開発シナリオの例として、社内 SharePoint にサブサイトとしてプロジェクトサイトを利用するケースを挙げましょう。プロジェクトサイトとは、SharePointで提供するサイトテンプレートであり、作業計画、チームメートとの共同作業、プロジェクト関連ドキュメントの収集等に使えます。

プロジェクトサイトでは、プロジェクトメンバー一覧とタスクリストの SharePoint リストを利用しております。プロジェクトリーダはプロジェクトサイトの管理者として、プロジェクトメンバーにタスクを割り振りとタスクの進捗をチェックします。プロジェクトメンバーは割り振られたタスクの進捗を更新します。

PowerApps による迅速なアプリ開発

プロジェクトリーダはプロジェクトサイト利用において以下の問題点を抱えています。

  1. モバイル用レイアウトに対応しておらず、リストの内容が画面に表示しきれない
  2. ユーザ名を参照してタスクを表示/ソートできない
  3. 社内情報システム部門に人手が足りず、サイトを改修してもらう状況ではない
組織 / チームの O365

要望に対応するため、プロジェクトリーダは自ら PowerApps でアプリ開発を実施し、問題の解決に取り掛かります。

開発するアプリはモバイル用であり、プロジェクトサイトで利用している2つのリストを PowerApps にてデータソースとして読み込み、メンバー毎にタスクを表示させます。プロジェクトリーダは開発したアプリをメンバーと共有し、タスクの閲覧と更新を行います。

次回からは、具体的なアプリの開発手順について具体的に説明いたします。


次回予告


【総合】お問い合わせ

ソリューションに関する全般的なお問い合わせはお気軽にご相談ください。

ピックアップ

セミナー情報
クラウドエンジニアブログ
clouXion
メールマガジン登録