日本企業初、SBTがAdobe Analytics Specializedパートナーに認定

アドビ製品の販売実績や知見が認められ、パートナーとしてAnalytics分野の認証を取得


ソフトバンク・テクノロジー株式会社

ソフトバンク・テクノロジー株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:阿多 親市、以下SBT)は、アドビ システムズ株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:佐分利 ユージン、以下アドビ)が選定する「アドビソリューションパートナープログラム」において、日本企業として初めて「Adobe Analytics Specializedパートナー」に認定されましたのでお知らせします。

Adobe Analytics Specializedパートナーロゴマーク

「アドビソリューションパートナープログラム」について

「アドビソリューションパートナープログラム」は、アドビが製品についてパートナー企業と戦略的目標を共有し、これを達成するための活動を支援するためのプログラムです。アドビ製品の販売額や導入企業数、アドビがコンサルタントとして認定した社員の数などのコミットメントレベルに応じて4種類に分けられます。コミットメントが高い順に、プレミア、ビジネスプラス、ビジネス、コミュニティとなっています。

今回、SBTはこれまでのアドビ製品の販売実績などが認められ、ビジネスプラスレベルのソリューションパートナーとして認定されました。

「アドビスペシャリゼーション」について

「アドビスペシャリゼーション」は、アドビソリューションパートナーが得ることができる認証です。スペシャリゼーションの認証を取得するには、複数の厳しい試験に合格する必要があり、Experience Manager、Analytics、Campaign、Media Optimizer Searchの4種類があります。

SBTはこれまで幅広くアドビ製品を取り扱ってきており、現場で培った経験・知見により、Analyticsの分野でこれらの試験を通過し、認証を受けてAdobe Analytics Specializedパートナーに認定されました。他の3種類を含め、日本でSpecializedパートナーとして認定された企業はSBTが初となります。

この度の「Adobe Analytics Specializedパートナー」認定に伴い、アドビより以下のコメントをいただいています。

「ソフトバンク・テクノロジーが日本企業として初めてAdobe Analytics Specializedパートナーに認定されたことを大変嬉しく思います。Adobe AnalyticsはAdobe Marketing Cloudの中核となるソリューションです。デジタルマーケティングにおける豊富な実績を持つソフトバンク・テクノロジーのようなパートナーと協力し、さらに幅広い顧客層に向けて総合ソリューションを提供してまいります。」

アドビ システムズ 株式会社 代表取締役社長 佐分利ユージン

SBTは今後も、クラウドを活用したデジタルマーケティングのベストパートナーを目指し、デジタルマーケティングの取り組み状況の見える化から、ツール選定、プラットフォームの構築、コンサルティングまで一貫した対応を通じて、企業のデジタルマーケティングを新たなステージへと導く支援してまいります。

本件に関する報道機関からの問い合わせ先

○ソフトバンク・テクノロジー株式会社 経営企画部 コーポレートコミュニケーショングループ
Tel:03-6892-3063 / Mail:sbt-pr@tech.softbank.co.jp