DX station

Adobe Analytics の基本的な利用方法 ~ワークスペース 編~

井上 隆雄

こんにちは、SBテクノロジー(以下、SBT)デジタルマーケティングブログチームの井上です。

この記事では Adobe Analytics の簡単な利用方法を紹介します。
既に Adobe Analytics を導入しているけど、1回も使ったことが無い、とりあえず触ったことがあるけど使い方が良く分からないという人へ向けた記事になります!




Adobe Analytics でよく使う機能

Adobe Analytics といっても、ワークスペース、Data Warehouse、分類ルールビルダー、データフィードなど様々な機能が存在します。

この機能を駆使して自身のサイトデータを確認していきますが、その中でも最も利用頻度の高い機能が ワークスペースになります。

ワークスペースは直感的な操作が可能となり、短時間でレポート作成及び、更新対応が可能です。
また、レポートを作成する際にも、1から作成することも可能ではありますが、様々なテンプレートが用意されており、そのテンプレートを利用することでレポート作成の負担を軽減させることも出来ます。
adobeanalytics


更にパネルを使う事でフォールアウトレポートやフローレポートなど様々のレポートを作成することが可能です。

adobeanalytics


ワークスペースの使い方

では実際にワークスペースを使ってレポートを作成してみたいと思います。
まずは、ワークスペースの画面からプロジェクトの作成を行います。
adobeanalytics

次にプロジェクトを選択します。
ここでは「空のプロジェクト」を選んで、作成を選択します。
adobeanalytics

フリーフォームテーブルが表示されるので右にある「ディメンション」から確認したいレポートの「ディメンション」を選択します。
adobeanalytics

「ディメンション」を選択することでレポートを確認することが出来ます。
adobeanalytics


指標追加の仕方

「ディメンション」を使ってのレポートの確認方法を上記で説明しましたが、ここからは、その「ディメンション」に対して指標を追加する方法を紹介します。

指標の追加

まずは、「ディメンション」で確認したいレポートの項目をドラックアンドドロップをします。
adobeanalytics

その後に、確認したいデータの「指標」をドラックアンドドロップします。
ここでは「ページビュー数」を選択します。
adobeanalytics

この操作のみで、上記のレポートは「アクセスがあった際のブラウザ毎のページビュー数」を確認することが出来るようになります。

このようにデフォルトで用意されている指標を利用してデータを確認することが可能です。

計算指標の作成

計算指標はデフォルトで存在している指標を利用して、独自の指標を作成することが出来る機能になります。
例えば、「直帰率」を求める場合、「直帰数」と「入口」という2つの指標を使い、計算指標で「直帰率」を作成して対応します。

計算指標の作成方法は、まず「指標」の「+」アイコンを選択します。
adobeanalytics


次に計算指標に使う指標を左から「定義」にドラックアンドドロップします。(直帰数を選びます。)
adobeanalytics


同様に使う指標を左から「定義」にドラックアンドドロップします。(入口を選びます。)
adobeanalytics


指標を選択し終えたら、四則演算子を選択できるので、ここで「÷」を選択します。
adobeanalytics


後はタイトルに指標名を入力して保存を押せば計算指標を作成することが出来ます。
adobeanalytics


計算指標は既存にない指標を既存の指標を利用して独自に作成できるため、自身のサイト特有の指標を作れるのが特徴だと思います。

また、ワークスペースでは以下のようなレポートも作成することが出来ます。

・フローレポート
adobeanalytics

・アトリビューションモデル
adobeanalytics

adobeanalytics

このように視覚的に見やすく、直感的に把握できるグラフィカルなレポートを作成することも出来るので、是非、ワークスペースを利用してみてもらえればと思います。

SIGNAL コンサルティングサービス - Adobe Analytics 詳細はこちら

まとめ

この記事では Adobe Analytics の機能の1つであるワークスペースの簡単な使い方を紹介しました。
ワークスペースの機能1つでも、このブログでは書ききれないくらいの使い方が存在していて、様々なレポートやデータを見ることが出来ます。

膨大な機能があるだけに、このようなデータを見たい場合はどうやってレポートを出せば良いのか?そもそもどの機能を使えばいいのか?といったような悩みが出てくるのが Adobe Analytics の1つの特徴でもあります。
そのような悩みやご相談がありましたら、SBT はアクセス解析ツールを使ったコンサルティングサービスなどを10年以上続けておりますので、お気軽に以下リンクよりお問い合わせください。

お問い合わせはこちら



【総合】お問い合わせ

製品・サービスに関するお問い合わせはお気軽にご相談ください

ピックアップ

セミナー情報
クラウドエンジニアブログ
clouXion
メールマガジン登録