クラウドエンジニアブログ

【定期便】1/17週 Azure の公開情報まとめ

鈴村 礼治

みなさま、こんにちは!鈴村です。

先週1週間(2022/1/17 - 2022/1/23)分の Azure の公開情報をお送りいたします。
パブリッククラウドは日々進化しており、1週間の内に新しい情報がたくさん生まれます。そのアップデート情報をまとめましたので、ご参考にしていただければと思います。

今週のアップデート情報は以下の通りとなります。
それでは、ご覧ください。

  • ※ 当ブログにて記載しております Microsoft 社の Web サイトの URL については、Microsoft 社側のリダイレクトの仕組みにより、お客様の閲覧環境に沿ったページに自動的にリダイレクトされることがございます。
    原文を参照される場合は、リダイレクトされた URL の ja-jp などの文字列を en-us に変更することで閲覧いただけます。


「Microsoft Azure 導入・運用支援サービス」はこちら



Azure の更新情報より


Generally available: Azure IoT Edge tools for Visual Studio extension now supports Visual Studio 2022
  • 一般提供 : Azure IoT Edge tools for Visual Studio extension が Visual Studio 2022 をサポート
    • Visual Studio 2022 でサポートしている最新の機能および .NET 6 が含まれる Azure IoT Edge for Visual Studio extension をダウンロードしてインストールします。

General availability: Ultra disks support on AKS
  • 一般提供 : AKS で Ultra ディスクをサポート
    • データ集中型 AKS ワークロードで Azure Ultra ディスクが利用可能になりました。

Public preview: Create multiple data export rules to the same event hub namespace
  • パブリック プレビュー : 同じイベント ハブ名前空間に複数のデータ エクスポート ルールを作成
    • イベント ハブにデータをエクスポートするとき、同じイベント ハブ名前空間に複数のルールおよびイベント ハブ名を柔軟に作成します。この機能はプレビューです。

Public preview: Kubernetes version alias support in AKS
  • パブリック プレビュー : AKS で Kubernetes バージョン エイリアスのサポート
    • セットアップで正確な Kubernetes のパッチ バージョンの番号を指定する必要が無くなりました。

General availability: FIPS enabled node pool in Azure Kubernetes
  • 一般提供 : Azure Kubernetes で FIPS 対応のノード プール
    • AKS で FIPS 140-2 対応のノード プールを作成できます。

Generally available: Containerd support for Windows in AKS
  • 一般提供 : AKS で Windows のコンテナをサポート
    • AKS のコンテナで Windows ワークロードが実行可能になりました。

General availability: One-minute frequency log alerts
  • 一般提供 : 1 分頻度のログ アラート
    • 1 分頻度のログ アラートでは、1 分ごとにクエリを評価することで、アラート発生までの時間を短縮することができます。

Generally available: Azure Database for PostgreSQL – Hyperscale (Citus): New certifications
  • 一般提供 : Azure Database for PostgreSQL - Hyperscale (Citus) の新しい認証
    • Azure 上でオープンソースの Postgres データベースを実行するマネージド サービスである Azure Database for PostgreSQL - Hyperscale (Citus) において、新たにコンプライアンス認証を取得できるようになりました。

Generally available: Azure Kubernetes support for upgrade events
  • 一般提供 : Azure Kubernetes のアップグレード イベントのサポート
    • Azure Kubernetes (AKS) は、お客様がポータルや CLI でアップグレード状況を把握・確認できるように、いくつかの新しいアップグレード イベントをサポートするようになりました。

General availability: Azure Database for PostgreSQL – Hyperscale (Citus) in new regions
  • 一般提供 : Azure Database for PostgreSQL - Hyperscale (Citus) が新リージョンで提供開始
    • シャーディングを使用して Postgres データベースを複数のマシンに分散するための Azure Database for PostgreSQL - Hyperscale (Citus) が、インド中部および東アジア リージョンで利用可能になりました。

Generally available: A new and improved alert rule creation experience
  • 一般提供 : 新しく改良されたアラート ルール作成エクスペリエンス
    • 「アラート ルールの作成」エクスペリエンスが簡素化されステップ ウィザードとなり、一般提供になりました。

Azure Machine Learning Announcements – January 2022 General Availability Announcement
  • Azure Machine Learning に関する告知 - 2022 年 1 月の一般提供の告知
    • 一般提供で利用可能になった新機能には、ワークスペース用の複数のプライベート エンドポイントの追加、ストレージ アカウントの IP ファイアウォールのサポートなどがあります。

Azure SQL—General availability updates for late January 2022
  • Azure SQL - 2022 年 1 月下旬の一般提供の更新情報
    • Azure SQL 用にリリースされた一般提供の機能強化と更新プログラム

Scheduled Query Rules API preview version 2021-02-01 will be retired on 31 January 2022
  • 2022 年 1 月 31 日に Scheduled Query Rules API のプレビュー バージョン 2021-02-01 が廃止
    • 2022 年 1 月 31 日までに Scheduled Query Rules API のバージョン 2021-08-01 に移行します。

Public preview: Support for managed identity in Azure Cache for Redis
  • パブリック プレビュー : Azure Cache for Redis でマネージド ID のサポート
    • マネージド ID を経由して、Azure Cache for Redis をストレージ アカウントに接続します。

Generally available: Azure Monitor log alerts new version
  • 一般提供 : Azure Monitor でのログ アラートの新しいバージョン
    • Scheduled Query Rules API のバージョン 2021-08-01 が利用可能になり、API バージョン 2021-02-01-preview に置き換わって完全にサポートされるようになりました。

General availability: Azure DevOps updates
  • 一般提供 : Azure DevOps の更新情報
    • プレビュー中であるダッシュボードのコピー機能に対する複数の改善点を確認できます。また、パイプラインでタスクが失敗したときに自動的に再試行する新しい機能を試すことができます。

Public Preview: Managed Certificate support for Azure API Management
  • パブリック プレビュー : Azure API Management のマネージド証明書のサポート
    • Azure API Management によってプロビジョニング、管理、自動更新される無料の証明書を使用して、カスタム ドメインを保護します。


以上です。
最後までお読みいただきありがとうございました。


「Microsoft Azure 導入・運用支援サービス」はこちら

【総合】お問い合わせ

製品・サービスに関するお問い合わせはお気軽にご相談ください

ピックアップ

セミナー情報
クラウドエンジニアブログ
clouXion
メールマガジン登録