クラウドエンジニアブログ

【定期便】11/16週 Azure の公開情報まとめ

渡邊 正和

渡邊 正和

みなさま、こんにちは!クラウドアーキテクトのワタナベです。

先週1週間分(2020/11/16-2020/11/22)の Azure の公開情報をお送りいたします。
パブリッククラウドは日々進化しており、1週間の内に新しい情報がたくさん生まれます。そのアップデート情報をまとめましたので、ご参考にしていただければと思います。

今週のアップデート情報は以下の通りとなります。
それでは、ご覧ください。

  • ※ 当ブログにて記載しております Microsoft 社の Web サイトの URL については、Microsoft 社側のリダイレクトの仕組みにより、お客様の閲覧環境に沿ったページに自動的にリダイレクトされることがございます。
    原文を参照される場合は、リダイレクトされた URL の ja-jp などの文字列を en-us に変更することで閲覧いただけます。


Azure の更新情報より

A new version of Text Analytics is now in public preview
  • Text Analytics の新バージョンがパブリックプレビューで提供
    • Text Analytics では、非同期 (またはバッチ処理) シナリオが可能になりました。さらに、複数の API コールの代わりに、キーフレーズ、名前付きエンティティ認識、PII 認識をすべて1つの API コール内で抽出できます。最後に、健康に特化した言語やシナリオをサポートするためのトレーニングモデルが追加されました。

Public preview: Application Insight in UAE North
  • パブリック プレビュー : UAE 北部リージョンでの Application Insight
    • Azure Monitor Application Insight は、UAE 北部リージョンでテスト利用を開始できるようになりました。

HDInsight HBase Accelerated Writes with Premium Data Lake Storage Gen2 is now generally available
  • HDInsight HBase Accelerated Writes with Premium Data Lake Storage Gen2 が一般提供されました
    • Premium Azure Data Lake Storage Gen2 の高速書き込み HDInsight HBase クラスタのサポートにより、お客様は標準ストレージと比較して読み取りパフォーマンスを向上させることができ、Azure Data Lake Storage Gen2 の階層型名前空間機能も活用できるようになりました。

Azure Backup for SAP HANA backup - User management improvements
  • Azure Backup for SAP HANA バックアップ - ユーザー管理の改善
    • SAP HANA バックアップのために Azure Backup のユーザーが必要とするパーミッションは、Azure Backup からのシンプルなスクリプトによって、はるかにシンプルになり、自動的に処理されるようになりました。

Public preview: Azure Log Analytics in Germany West Central, UAE North, and Switzerland West
  • パブリック プレビュー : ドイツ西部中部、アラブ首長国連邦北部、スイス西部の Azure Log Analytics
    • ドイツ西中部、アラブ首長国連邦、スイス西部は、お客様がテレメトリの収集を開始し、Azure Log Analytics を使用してサービスの正常性と使用状況を分析するために、パブリック プレビューの提供が開始しました。

Azure Shared Image Gallery--New features are now generally available
  • Azure Shared Image Gallery -- 新機能が一般利用できるようになりました
    • 共有イメージ ギャラリーでは、イメージ バージョンのコピー、ディスクまたは VM の使用によるイメージ バージョンの作成、およびイメージ バージョンからの管理のエクスポートを行う新機能が導入されています。

Node.js 14 for Azure Functions is now available in public preview
  • Node.js 14 for Azure Functions がパブリックプレビューになりました
    • Azure Functions は、Node.js 14 上で JavaScript と TypeScript の関数を実行するためのプレビューサポートを追加しました。お客様は、Node.14 の関数アプリをローカルで開発し、すべての Azure Functions のプランにデプロイすることができます。

General availability: Application Insight in Australia Central, Brazil Southeast, and Norway East
  • 一般提供: オーストラリア中部、ブラジル南東部、ノルウェー東部の Application Insight
    • Azure Monitor の一部である Application Insight は、オーストラリア中部、ブラジル南東部、ノルウェー東部リージョンで一般提供が開始され、お客様がテレメトリを収集し、運用環境でサービスの正常性を分析できるようになりました。

Multiple new features for Azure VPN Gateway are now generally available
  • Azure VPN ゲートウェイの複数の新機能が一般提供されました
    • Azure VPN Gateway で一般利用できるようになった複数の新しい機能強化と機能を活用してください。

Azure Data Factory adds cached lookups and enhanced zoom design to data flows
  • Azure Data Factory で、データフローにキャッシュされた参照と強化されたズームデザインを追加
    • Azure Data Factory (ADF) チームは、ADF データフローで一般利用可能な 2つの新機能を発表しており、ズームコントロールを使用して大きなグラフの表示と管理を容易にします。データエンジニアが ADF を使ってクラウド上でより効率的かつ迅速な設計パターンを作れるように、データフローにキャッシュされた参照が追加されました。ルックアップデータをキャッシュに保存しておけば、データ変換の他の部分でも素早く簡単にアクセスできるようになります。

Azure Monitor for Virtual Machines Guest Health is in public preview
  • 仮想マシンの Azure モニター ゲストの正常性はパブリック プレビューです
    • 仮想マシンの Azure Monitor のゲストヘルス機能のパブリック プレビューを発表し、仮想マシンの正常性を監視し、監視対象のパラメーターのいずれかが許容範囲外にあるときにアラートを発生させます。

Azure Backup for SAP HANA databases now supports Incremental backups – Public preview
  • Azure Backup for SAP HANA データベースは増分バックアップをサポートするようになりました - パブリックプレビュー
    • Azure Backup for SAP HANA では、HANA 増分バックアップがサポートされ、より迅速かつコスト効率の高いバックアップを作成できるようになりました。

Cognitive Services Speech adds new Neural TTS voices and general availability of Neural TTS in containers
  • Cognitive Services Speech に新しい Neural TTS の音声とコンテナ内の Neural TTS の一般提供を追加
    • スピーチサービスに新たに 10 のニューラル音声合成 (TTS) 音声を追加し、コンテナ内での「Neural TTS」の一般提供を発表しました。

SMB Multichannel preview is now available on Azure Files premium tier
  • SMB マルチチャネル プレビューは、Azure Files のプレミアム層で利用可能になりました
    • Azure Files プレミアム共有のサーバー メッセージ ブロック (SMB) マルチチャネル プレビューを発表しました。SMB マルチチャネルにより、SMB 3.x クライアントは、プレミアム ファイル共有への複数のネットワーク接続を確立できるため、IOPS とスループットの点でクライアントのパフォーマンスが最大 3倍に向上します。Premium ファイル共有で実行されるワークロードは、単一の仮想マシン (VM) または少数の VM から必要なスケールを達成できるようになったので、総所有コストを削減できます。

General availability: Azure Log Analytics in Brazil Southeast and Norway East
  • 一般提供 : ブラジル南東部およびノルウェー東部の Azure Log Analytics
    • Azure Monitor の機能である Log Analytics は、お客様がテレメトリの収集を開始し、ブラジル南東部およびノルウェー東部の正常性と使用状況に関するサービスを分析するために、一般利用できるようになりました。

General availability: VPN over ExpressRoute private peering
  • 一般提供 : ExpressRoute プライベートピアリング 経由 の VPN
    • VPN over ExpressRoute は、ExpressRoute 回線を経由するすべてのトラフィックを暗号化することができます。ExpressRoute 上の VPN は、サイト間 VPN とポイント・ツー・サイト VPN を組み合わせて、データセンター、ブランチオフィス、リモート・ユーザー間のエンド・ツー・エンドの暗号化を提供します。

Performance tiers for Premium SSDs is now generally available
  • プレミアム SSD のパフォーマンス層が一般提供なりました
    • 機械学習のトレーニング環境の実行、パフォーマンステスト、ブラックフライデーのようなイベントなど、特定の期間、高いパフォーマンス要求を維持するために、ディスクの容量を増やすことなく、プレミアム SSD のパフォーマンス層を設定できるようになりました。これにより、コストを抑えつつ、より高いパフォーマンスを実現するための柔軟性を提供します。最初に、プロビジョニングされたディスク サイズに基づいてベースラインのパフォーマンス レベルが設定されます。しかし、アプリケーションに高いパフォーマンス要求がある場合は、より高いパフォーマンス層を選択することができます。要求の高い期間が終了すると、プロビジョニングされたディスクは初期のベースライン パフォーマンス層に戻ることができます。

Azure Site Recovery - Support for increased disk size in Azure VM disaster recovery is now generally available
  • Azure Site Recovery - Azure VM ディザスタリカバリでのディスクサイズ増加のサポートが一般提供になりました
    • 最大 32 TB のサイズのデータディスクを持つ Azure VM のディザスタリカバリを有効にすることができるようになりました。これは、Site Recovery を使用してセカンダリの Azure リージョンにレプリケートするマネージドディスクを持つ Azure VM に適用されます。この機能は、Azure パブリック クラウドとガバメント クラウドで展開されます。

Azure Kubernetes Service updates for November 2020
  • Azure Kubernetes サービスの 2020年 11月の更新情報
    • 一般利用可能な AKS のアップデートには、エフェメラル OS ディスクのサポート、AKS containerd のサポート、maxSurge のサポート、Kubernetes 1.19 のサポートなどが含まれています。


Microsoft Azure Blog より

Supercomputing 2020—New MPI heights, joining the Graph500, and 1 TB/s filesystems
  • スーパーコンピューティング 2020 — 新しい MPI の高さ、Graph500 および 1 TB/s ファイルシステムの結合
    • SC20 において、Azure は、権威ある Graph 500 で 17位を獲得し、世界で最もパワフルなデータ集約型スーパーコンピュータの仲間入りを果たしたことを誇りに思っています。私たちの知る限りでは、パブリッククラウドが Graph 500 にランクインしたのは初めてのことです。

Azure high-performance computing at Supercomputing 2020
  • スーパーコンピューティング 2020 での Azure ハイパフォーマンスコンピューティング
    • 世界中のお客様は、Microsoft Azure に依存して、環境、公衆衛生、エネルギーの持続可能性、気象モデリング、経済成長などに関連するイノベーションを推進しています。これらの重要な課題に対する解決策を見つけるには、膨大な量の集中コンピューティングパワーが必要です。お客様は、Azure の専用の HPC および AI クラウド サービスの俊敏性、規模、セキュリティ、および最先端のパフォーマンスを通じて、このようなハイパフォーマンス コンピューティング (HPC) にアクセスする最善の方法をますます見つけています。

Boost your client performance with Azure Files SMB Multichannel
  • Azure ファイル SMB マルチチャネルでクライアントのパフォーマンスを向上
    • 本日、Azure Files SMB Multichannel のプレミアムティアでのプレビューを発表しました。SMB 3.0 では、Windows Server 2012 および Windows 8 クライアントに SMB マルチチャネル技術が導入されました。この機能により、SMB 3.x クライアントは、SMB 3.x サーバーへの複数のネットワーク接続を確立し、複数のネットワークアダプタを介して、また、受信側スケーリング (RSS) を有効にしたネットワークアダプタを介して、より高いパフォーマンスを実現することができます。このプレビューリリースにより、Azure Files SMB クライアントは、クラウド上のプレミアムファイル共有を使用して、SMB マルチチャネル技術を活用できるようになりました。

Azure Hybrid Benefit now generally available for Linux
  • Azure ハイブリッド特典は、Linux で一般利用できるようになりました
    • 今週の Kubecon と Open Azure Day の仮想イベントに合わせて、本日、Linux のお客様向けの Azure Hybrid Benefit 機能の一般提供を発表しました。これにより、オンプレミスの Windows Server と SQL Server のライセンス、および Red Hat Enterprise Linux (RHEL) または SUSE Linux Enterprise Server (SLES) のサブスクリプションの両方を Azure に持ち込むことが可能になります。

Empowering developer velocity and efficiency with Kubernetes
  • 開発者のベロシティと効率を Kubernetes で強化する
    • KubeCon North America へようこそ! サンディエゴに集まったのが、つい昨日のことのように思えます。今年はお互いが物理的に遠く離れていますが、Kubernetes コミュニティの活気はこれからも変わりません。Azure は、私たちのオープンソースでの活動と Azure Kubernetes Service の両方が、Finxact、Mars Petcare、Mercedes Benz をはじめとする企業の新型コロナウイルス感染症 (COVID-19) 対応としてのスケーリングと変革を実現していることを嬉しく思います。

Azure Backup for Azure PostgreSQL long-term retention in preview
  • Azure Backup for Azure PostgreSQL で長期間保持をプレビューで提供
    • Azure Backup と Azure Databases は、Azure Database for PostgreSQL のためのエンタープライズスケールのバックアップソリューションを構築しました。これは、バックアップインフラストラクチャ、エージェント、ストレージアカウントの導入や管理を必要としない、弾力性のあるスケールのゼロインフラストラクチャソリューションであり、バックアップを一元的に管理・監視するためのシンプルで一貫したエクスペリエンスを提供します。

Connecting urban environments with IoT and Digital Twins
  • IoT と Digital Twins で都市の環境をつなぐ
    • Microsoft は、パートナー エコシステムと共に世界中の都市やコミュニティと深く関わり続けています。そして、インテリジェントなクラウドとエッジにまたがる機能とソリューションを提供し、倫理原則に基づく AI を推進し、信頼とセキュリティへのコミットメントを続けています。今年初め、IDC MarketScape により Microsoft はスマート シティに対応する世界的な IoT アプリケーション プラットフォームのリーダーとして認定され、その安全で成熟し、優れた Azure IoT、AI、Digital Twins のサービスが注目を浴びることとなりました。IDC に加えて、Guidehouse Insights もまた、スマート シティ プラットフォーム サプライヤーのリーダーボードで Microsoft をリーダーとして認定し、一般的なプラットフォーム テクノロジを使用してスマート シティ ソリューションの幅広いポートフォリオをサポートする、Azure の機能が高く評価されました。昨年 Microsoft は、Azure IoT Central のようなノーコードおよびローコードのオファリングでスマート シティ ソリューションを民主化するというミッションについても共有しました。

Advancing global network reliability through intelligent software—part 2 of 2
  • インテリジェントソフトウェアを通じてグローバルネットワークの信頼性を向上させる-第2部
    • インテリジェントソフトウェアを通じてグローバルネットワークの信頼性を向上させる 2部構成のシリーズでは、ネットワーク設計にどのように取り組んだか、信頼性とパフォーマンスの両方を向上させるために常に取り組んでいる方法について説明します。


Intune Customer Success より

Introducing New Policy Reports & more in Microsoft Endpoint Manager Reporting
  • Microsoft エンドポイント マネージャー レポートで新しいポリシー レポートと詳細を導入する
    • Microsoft Endpoint Manager 内のポリシー構成スペースに 2つの新しいレポートを導入し、デバイス構成プロファイルとコンプライアンス ポリシーで障害が発生する可能性のある場所を IT 管理者がトラブルシューティングするのに役立ちます。この 2つのレポートを使用して、競合やエラーが発生している場所を確認し、デバイスに絞り込み、問題の場所を特定するレベルを設定することができます。


Official Microsoft Blog より

Envision: Where business leaders come together to share insights and perspectives
  • Envision : ビジネスリーダーが集まって洞察と視点を共有する場所
    • アクセンチュア、アバナード、マイクロソフトの現在の Envision は、ビジネスリーダーが変化をナビゲートするに応じて互いに関与し、学び合うことができる場所です。このシリーズでは、思想リーダー、業界幹部、およびリーダーシップチームのメンバーが集まり、今日のビジネス意思決定者にとって最重要のトピックについて詳細な議論を行います。

Federal agencies advancing government and our nation
  • 政府と我が国を前進させる連邦政府機関
    • 2020年の課題に対応して立ち直り、イノベーションと変革の未来を再考するための回復力を示す連邦機関にスポットライトを当てます。


以上です。
最後までお読みいただきありがとうございました。

【総合】お問い合わせ

製品・サービスに関するお問い合わせはお気軽にご相談ください

ピックアップ

セミナー情報
クラウドエンジニアブログ
clouXion
メールマガジン登録