クラウドエンジニアブログ

【定期便】9/21週 Azure の公開情報まとめ

渡邊 正和

渡邊 正和

みなさま、こんにちは!クラウドアーキテクトのワタナベです。

先週1週間分(2020/9/21-2020/9/27)の Azure の公開情報をお送りいたします。
パブリッククラウドは日々進化しており、1週間の内に新しい情報がたくさん生まれます。そのアップデート情報をまとめましたので、ご参考にしていただければと思います。

今週のアップデート情報は以下の通りとなります。
それでは、ご覧ください。

  • ※ 当ブログにて記載しております Microsoft 社の Web サイトの URL については、Microsoft 社側のリダイレクトの仕組みにより、お客様の閲覧環境に沿ったページに自動的にリダイレクトされることがございます。
    原文を参照される場合は、リダイレクトされた URL の ja-jp などの文字列を en-us に変更することで閲覧いただけます。


Azure の更新情報より

Configurable Backup Storage Redundancy option for Azure SQL Managed Instance
  • Azure SQL マネージドインスタンスの構成可能なバックアップストレージの冗長性オプション
    • ローカル冗長ストレージ (LRS) とゾーン冗長ストレージ (ZRS) のオプションがバックアップストレージの冗長性に追加され、柔軟性と選択肢が増えました。現在、一般提供が開始されています。

GA: Azure Kubernetes Service mutate default storage class feature
  • GA: Azure Kubernetes サービスは、既定のストレージ クラス機能を変更します
    • AKS のお客様は、ワークロードのニーズに合わせて、デフォルトのストレージクラスの代わりに別のストレージクラスを使用できるようになりました。例えば、スケジューラがビルトインのデフォルトストレージクラスの代わりに別のストレージクラスを使用することで、対象となるシナリオのコストを下げることができます。

Redis Enterprise features on Azure Cache for Redis coming soon
  • Azure Cache for Redis の Redis Enterprise 機能がまもなく登場
    • Redis Labs とのコラボレーションにより、Azure Cache for Redis のプレビューに新機能が間もなく登場します。それらは 2つの新しい層で紹介されます。Enterprise と Enterprise Flash です。

GA: Policy add-on for Azure Kubernetes Service
  • GA : Azure Kubernetes サービスのポリシー アドオン
    • Azure Kubernetes Service (AKS) 用の Azure Policy アドオンが一般利用できるようになったことで、お客様は Kubernetes リソースに対するポリシーを監査して強制することができるようになりました。これは、Azure Resource Manager レベルを超えてポリシーを設定し、ポッド、ネームスペース、イングレス、およびその他の Kubernetes リソース全体で詳細なコンプライアンスを推進できるようになったことを意味します。

New IoT Event Learning Path
  • IoT イベントの新しい学習パス
    • Azure IoT サービスを使用した IoT ソリューションに関心を持つソリューション アーキテクト、ビジネス意思決定者、開発者向けに、新しいイベント ラーニング パスが利用可能になりました。

Announcing the unified Azure Certified Device program
  • 統合 Azure 認定デバイス プログラムの発表
    • Microsoft Ignite で統合および拡張 Azure 認定デバイス プログラムが発表され、IoT デバイスが特定の機能を満たし、Azure で実行されるように構築されていることを検証する以前のマイクロソフト認定資格製品が拡張されました。このプログラムは、ソリューションビルダーやエンド顧客が IoT ソリューションに適したデバイスを簡単に見つけ出すことを目的として、デバイス ビルダーが製品の可視性を高める低コストの機会を提供します。

Column-level encryption for Azure Synapse Analytics
  • Azure Synapse Analytics の列レベルの暗号化
    • 列レベルの暗号化 (CLE) は、顧客がテーブル内の機密データをきめ細かく保護するのに役立ちます (サーバー側の暗号化)。CLE を使用すると、顧客はテーブル内の列に異なる保護キーを使用できるようになり、各キーには独自のアクセス許可があります。

COPY command now generally available in Azure Synapse Analytics
  • COPY コマンドが Azure Synapse Analytics で一般利用可能になりました
    • Azure Synapse Analytics の COPY コマンド機能は、SQL ワークロードの高スループットデータ取り込みのためのシンプルで柔軟な高速インターフェイスをユーザーに提供します。

Azure Private Link Services available in China
  • 中国で利用可能な Azure プライベート リンク サービス
    • Azure プライベート リンクは、すべての中国リージョンで利用可能な複数の新しいサービスが含まれるようになりました。

Microsoft Cloud for Healthcare will be generally available on October 30, 2020
  • Microsoft Cloud for Healthcare は、2020年 10月 30日に一般公開されます
    • Microsoft Cloud for Healthcare は、患者、ケア チーム、および資産を保護しながら、スケーラブルな医療のモダリティを適応および構築するのに役立ちます。

Azure Object Anchors is now in private preview
  • Azure Object Anchors のプライベートプレビュー
    • プライベート Azure Marketplace は、Azure Marketplace の上に構築されたテナントレベルの機能で、管理者がどの製品をユーザーがデプロイできるかを管理することができます。管理者は、組織のポリシーや基準に準拠した Azure Marketplace のアプリをプライベート Azure Marketplace に追加することができます。その後、ユーザーはこれらの事前承認済みのアプリを簡単に購入したり、組織内でデプロイしたりすることができます。Microsoft のアプリは、プライベート Azure Marketplace に自動的に追加されます。

Announcing Private Azure Marketplace in public preview
  • プライベート Azure Marketplace のパブリックプレビューを発表
    • プライベート Azure Marketplace は、Azure Marketplace の上に構築されたテナントレベルの機能で、管理者がどの製品をユーザーがデプロイできるかを管理することができます。管理者は、組織のポリシーや基準に準拠した Azure Marketplace のアプリをプライベート Azure Marketplace に追加することができます。その後、ユーザーはこれらの事前承認済みのアプリを簡単に購入したり、組織内でデプロイしたりすることができます。Microsoft のアプリは、プライベート Azure Marketplace に自動的に追加されます。

Azure Arc enabled data services now in preview
  • Azure Arc でデータ サービスが有効になりました
    • Azure Arc で提供される新機能の Azure data services anywhere を発表しました。これにより、お客様は選択したハードウェア上で Kubernetes を使用してオンプレミス、マルチクラウド、およびエッジで Azure データ サービスを実行することができます。Azure Arc で有効な SQL Managed Instance と Azure Arc で有効な PostgreSQL Hyperscale は現在プレビューで利用可能です。

Azure AD authentication features for Azure SQL DB, Azure Synapse Analytics, and Azure SQL Managed Instance
  • Azure SQL DB、Azure Synapse Analytics、および Azure SQL マネージドインスタンス用の Azure AD 認証機能
    • Azure Active Directory (Azure AD) 認証を使用する 3つの新機能は、Azure SQL Database、Azure Synapse Analytics、Azure Managed Instance のプレビュー版です。これらの機能は、Azure AD アプリケーションを使用してユーザー作成を自動化し、個々の Azure AD ゲストユーザーを SQL データベース、Azure Synapse Analytics、または SQL マネージドインスタンスで作成できるようにします。

New maintenance control features
  • 新しいメンテナンス制御機能
    • メンテナンス操作の制御を強化し、2つの新機能をプレビュー表示することで、ビジネスクリティカルなアプリケーションの可用性を高めます。既に使用可能な手動更新に加えて、ホストの保守操作をスケジュールできるようになりました。さらに、仮想マシン スケール セットのゲスト OS イメージの更新をいつ展開するかを制御する機能を追加しています。

Logic Apps updated with new hosting options, improved performance and developer workflows
  • 新しいホスティングオプション、パフォーマンスの向上、開発者のワークフローなど、Logic Apps のアップデートが行われました
    • Logic Apps は、新しいコンテナ化されたランタイムで実行されるようになり、Azure Functions を動かしているランタイムと同じランタイムで実行されるようになり、Azure Functions、App Service、Kubernetes、Docker、およびあらゆるクラウド上で実行できます。

GA: Azure Kubernetes Service support for new base image Ubuntu 18.04
  • GA : 新しいベースイメージの Ubuntu 18.04 用の Azure Kubernetes サービスのサポート
    • Kubernetes v1.18 以上で作成されたノードプールは、必要な AKS Ubuntu 18.04 ノードイメージにデフォルトで設定されるようになりました。サポートされている Kubernetes のバージョンが 1.18 未満のノードプールは、ノードイメージとして AKS Ubuntu 16.04 を受け取りますが、ノードプールの Kubernetes のバージョンが v1.18 以上に更新されると、AKS Ubuntu 18.04 に更新されます。

Public preview: Azure role-based access control (RBAC) for Kubernetes authorization
  • パブリックプレビュー : Kubernetes 認証のための Azure ロールベース アクセス制御 (RBAC)
    • Azure またはネイティブの Kubernetes メカニズムを使用して AKS とそのリソースの RBAC を管理できるようになりました。有効にすると、Azure AD ユーザーは Azure RBAC によって排他的に検証され、通常の Kubernetes サービスアカウントは Kubernetes RBAC によって排他的に検証されます。

High throughput output from Stream Analytics to Azure Synapse Analytics (General Availability)
  • Stream Analytics から Azure Synapse Analytics への高スループット出力 (一般提供)
    • Azure Stream Analytics ジョブは、Azure Synapse Analytics の既存の SQL プールテーブルに出力できるようになり、200 MB / 秒を超えるスループットレートを処理できるようになりました。これにより、レポートやダッシュボードなどのワークロードをデータウェアハウスに依存する Azure ユーザーの最も要求の厳しいリアルタイム分析およびホットパスデータ処理のニーズがサポートされます。

Azure Cognitive Services general availability updates
  • Azure Cognitive Services の一般公開の更新
    • 決定カテゴリで、異常検出サービスが一般提供になりました。このサービスは、組織が時系列データの異常な動作を見つけるのに役立ちます。

Microsoft plans to establish new cloud datacenter region in Arizona
  • マイクロソフトはアリゾナに新しいクラウドデータセンターリージョンを設立する計画
    • マイクロソフトは最近、アリゾナ州に新しい持続可能なクラウドデータセンターリージョン West US 3 を設立し、Microsoft Azure、Microsoft 365、Dynamics 365、Power Platform などのインテリジェントで信頼できるクラウドサービスを提供する計画を発表しました。

New MERGE command for Azure Synapse Analytics
  • Azure Synapse Analytics の新しい MERGE コマンド
    • Azure Synapse Analytics の新しい MERGE コマンドを使用すると、別のテーブルで検出された違いに基づいて、あるテーブルのデータを挿入、更新、または削除できます。

Azure Stream Analytics clusters with VNet support (Preview)
  • Azure ストリーム分析クラスターの VNet サポート (プレビュー)
    • Azure Stream Analytics クラスターは、Azure Virtual Network (VNet) をサポートする全く新しいシングルテナント (Dedicated) オファリングです。この SKU は、中規模から大規模なストリーミング ワークロードを持ち、企業のセキュリティ要件が強いお客様に最適です。

Windows IoT Microsoft Edge Kiosk Mode in public preview
  • Windows IoT Microsoft Edge キオスク モードのパブリックプレビュー
    • Microsoft Edge は、Windows IoT 上のキオスクモードで実行できるようになりました。

General availability: Zone redundant configuration for Azure SQL Database in additional regions
  • 一般提供: 追加リージョンの Azure SQL データベースのゾーン冗長構成
    • Azure SQL Database のゾーン冗長構成は、カナダ中部、米国西部 2、および北ヨーロッパの追加リージョンで一般利用可能になりました。

AT&T powered guardian device with Azure Sphere is now available
  • Azure Sphere を搭載した AT&T 搭載のガーディアン デバイスが利用可能になりました
    • Azure Sphere を搭載した AT&T 電源付きガーディアン デバイスにより、お客様は AT&T のセルラー ネットワークを介してデバイスを安全に接続できます。

Visual Studio Code extension diagnostics + periscope
  • Visual Studio Code の拡張機能 診断 + ペリスコープ
    • Azure Kubernetes Service (AKS) 用の Visual Studio Code 拡張機能の新バージョンを発表します。この Visual Studio Code 拡張機能により、開発者は開発ワークフローで AKS periscope と AKS 診断機能を使用して、クラスターの迅速な診断とトラブルシューティングを行うことができます。

Azure Database for PostgreSQL Flexible Server now in preview
  • Azure Database for PostgreSQL Flexible Server のプレビューを開始
    • Flexible Server は、Azure Database for PostgreSQL の新しい導入オプションで、複数の設定パラメータを使用して必要な制御を行い、きめ細かいデータベースチューニングを行うことができます。また、Flexible Server では、サーバが使用されているときにのみ計算料金を支払うことができるストップ/スタート機能により、コストを最適化する新しい方法も提供されます。Flexible Server は、コミュニティ PostgreSQL との完全な互換性があり、PostgreSQL 11 および 12 をサポートしており、さまざまなワークロードに使用することができます。

Accelerate analytics and AI workloads with Photon powered Delta Engine on Azure Databricks
  • Azure Databricks の Photon 搭載 Delta Engine で分析と AI ワークロードを加速
    • 本日、Azure Databricks で高速、簡単、そして協調的な分析と AI サービスに有用な Photon 搭載のデルタエンジンのプレビューを発表します。C ++ でゼロから構築され、Spark API と完全に互換性のある Photon は、Delta Lake とともに最新の CPU アーキテクチャを活用して、Apache Spark 3.0 のパフォーマンスを最大 20 倍向上させるベクトル化クエリエンジンです。

Debug API Management policies in real time
  • API 管理ポリシーをリアルタイムでデバッグする
    • API 管理用の Visual Studio Code 拡張機能の最新リリースにより、Azure API 管理サービスで構成されたポリシーをリアルタイムでデバッグできるようになります。


Microsoft Azure Blog より

Achieve agility with Azure Data in a changing world
  • 変化する世界で Azure Data を使用して俊敏性を実現する
    • 2019年 11月の Azure Arc の発表に続き、Azure Arc 対応のデータサービスのプレビューリリースを発表します。このプレビューにより、お客様は、選択したハードウェアで Kubernetes を使用して、データセンター、エッジ、またはクラウド全体のインフラストラクチャに Azure データサービスを導入できるようになりました。現在プレビュー中のデータサービスには、SQL マネージドインスタンスと PostgreSQL ハイパースケールが含まれます。

Introducing Azure Orbital: Process satellite data at cloud-scale
  • Azure オービタルの紹介: クラウドスケールでの衛星データの処理
    • Azure Orbital は、衛星オペレータがスペースクラフトとの連絡先をスケジュールし、Azure の仮想ネットワーク (VNet) にデータを直接ダウンリンクすることを可能にします。Azure 仮想ネットワークは、分離され、高度に安全で、アプリケーションとデータセットをカバーするマイクロソフトの 90 以上のコンプライアンス認証によって管理されています。

Build rich communication experiences at scale with Azure Communication Services
  • Azure コミュニケーション サービスを使用して、大規模な豊富なコミュニケーション エクスペリエンスを構築する
    • Azure コミュニケーション サービスは、グローバルで信頼性の高いクラウド (Azure) 上にネイティブに構築されています。企業は、Microsoft Teams が 1日で 50億分を超える会議をサポートするために使用する、待機時間の短いグローバル通信ネットワークを確実に構築して展開できます。また、開発者は、翻訳、センチメント分析など、Azure コグニティブ サービスなどの他の Azure サービスを簡単に利用できます。さらに、企業は、HIPAA や GDPR などのプライバシーとコンプライアンスのニーズを満たすために暗号化されているすべての通信の恩恵を受けます。

Achieving business resilience with cloud application development
  • クラウドアプリケーション開発でビジネスの回復力を実現する
    • Microsoft Ignite では、開発者と彼らがサポートするチームが Microsoft Visual Studio、GitHub、Microsoft Azure、および Microsoft Power Apps で回復力を強化できるようにする新機能を共有しました。

How Azure IoT enables business resilience
  • Azure IoT でビジネスの回復性を実現する方法
    • Azure IoT は、業界アプリケーションに広がり、開発プロセスを簡素化する、完全にオープンで柔軟なプラットフォームとして独自に位置付けられています。Microsoft Ignite では、Azure IoT の最新情報と、パートナーやお客様がこれらのイノベーションをどのように驚くほど活用しているかを紹介しました。

Microsoft’s newest sustainable datacenter region coming to Arizona in 2021
  • 2021 年にアリゾナに来る Microsoft の最新の持続可能なデータセンター地域
    • 2030 年までにカーボンネガティブになるための取り組みにおいて、マイクロソフトは継続的に革新を続け、2025 年までにすべてのデータセンターおよび施設で 100 %再生可能エネルギーを使用することを約束することで、クラウドインフラストラクチャの効率と持続可能性を向上させています。今日、その目標に向けた重要な一歩として、アリゾナ州の最新の持続可能なデータセンター地域の計画を明らかにします。

Designing your cloud strategy to maximize value on Azure
  • Azure の価値を最大化するクラウド戦略の設計
    • マイクロソフトの目標は、明確なビジネス、セキュリティ、コスト管理の要件を満たし、クラウドのメリットを実現するための明確な道筋を提供することです。私たちはお客様が証明した包括的なガイダンスと学習リソースに投資し続け、お客様が Microsoft Azure を首尾よく採用し、組織全体で継続的なクラウドの価値を生み出すことを可能にします。

Protect multi-cloud workloads with new Azure security innovations
  • 新しい Azure セキュリティ イノベーションにより、マルチクラウド ワークロードを保護
    • マルチクラウドと Azure のワークロードを保護するための、次のようなさまざまな技術革新をお知らせします。
      • Azure Defender 向けの新しいブランドエクスペリエンス、追加の保護、および CyberX 統合
      • Azure Sentinel のユーザーおよびエンティティの動作分析と脅威インテリジェンス
      • Azure セキュリティ センターのマルチクラウド セキュリティ ポスチャ管理
      • Azure Key Vault の管理されたハードウェア セキュリティ モジュール
      • Azure セキュリティ ベンチマーク v2 を使用して、セキュリティ制御評価を拡張しました
      • Azure 用カスタマー ロックボックスの追加サービス サポート
      • データの保存時と送受信時の二重暗号化

AT&T powered guardian device with Azure Sphere enables highly secured, simple, and scalable connectivity from anywhere
  • Azure Sphere を搭載した AT&T Powered Guardian Device は、どこからでも安全性の高い、シンプルで拡張性の高い接続を可能にします
    • AT&T が提供する携帯電話対応のガーディアンデバイスは、AT&T がサポートするのコアネットワークのマルチレイヤーセキュリティと、Azure Sphere の統合されたシリコン、ソフトウェア、およびクラウドサービスを組み合わせたものです。Azure Sphere のコンポーネントはシームレスに連携し、10年以上にわたって継続的なデバイスのセキュリティ更新を提供します。ガーディアンデバイスは、機器の再設計をほとんど行わずにブラウンフィールド機器に物理的にアタッチし、AT&T のセキュアなセルラーネットワークを介してエッジツークラウド通信を提供します。

Bring innovation anywhere with Azure’s multi-cloud, multi-edge hybrid capabilities
  • Azure のマルチクラウド、マルチエッジハイブリッド機能でどこでもイノベーションを起こす
    • 2019年 11月に Azure Arc を立ち上げ、Azure を使用してあらゆる場所でイノベーションを行える柔軟性を提供しました。Azure Arc では、Azure の管理機能を任意のインフラストラクチャに提供し、次に Azure サービスを任意の場所で実行できるようにするという 2つの重要な処理を行います。Azure Arc は、発売以来、あらゆる業界で顧客の関心と採用に大きな関心を寄てきました。アフリカのトーキング、アバナード、デックスマッハ、ファーガソン、富士通、KPMG、シーメンス・ヘルスニナーなどの組織は、すでに Azure Arc で価値を実現しています。分散環境では、Azure Arc を使用してリソースをより効率的に管理し、Azure Arc を使用して Azure データ サービスをオンプレミスに配置します。そして、この度、Azure Arc でさらにイノベーションを発表します。

Gain IT efficiency for Windows Server with new Azure innovation
  • 新しい Azure イノベーションで Windows サーバーの IT 効率を向上
    • チャーチ、ドワイト、アルタイルなどの企業は、ビジネスの運営方法を変革し、コストを最適化し、IT の効率性とセキュリティを向上させるために、Windows Server アプリを Microsoft Azure に移行しています。今日、Azure を Windows Server アプリを実行するのに最適な場所にし続ける新しい機能を共有します。

Accelerating genomics workflows and data analysis on Azure
  • Azure でのゲノミクス ワークフローとデータ分析の高速化
    • マイクロソフトゲノミクスは、Azure のクロムウェル、ゲノミクス ノートブック、Azure の生体伝導体サポートなど、GitHub でいくつかのオープンソース プロジェクトをリリースしました。また、Azure オープン データセット プラットフォームで、ゲノミクスパブリック データセットのリストも増えています。

Unleash the full potential of your developer teams and increase Developer Velocity
  • 開発チームの可能性を最大限に引き出し、開発速度を向上させる
    • Developer Velocity は、開発チームの可能性を最大限に引き出し、イノベーションを推進し、ビジネスパフォーマンスを向上させるのに役立ちます。今日、これまで以上に優れたソフトウェアに投資し、開発者チームに力を与える文化を構築することが、あらゆる組織の成功にとって重要であり続けるでしょう。

Run your core applications on Azure
  • Azure でコア アプリケーションを実行する
    • 今週の Microsoft Ignite では、Azure でミッションとビジネスに不可欠なアプリケーションを実行する顧客と独立系ソフトウェア ベンダー (ISV) の数が増えていることについて説明しました。

Build powerful and responsible AI solutions with Azure
  • Azure で強力で責任ある AI ソリューションを構築する
    • 組織が安全に再開を評価し、世界の予期せぬシフトをナビゲートし続けるように、アジャイルで良心的な方法で対応するための洞察を得ることが不可欠です。あらゆるスキルレベルの開発者やデータサイエンティストが、Microsoft Azure AI のパワフルで責任あるツールを使って発明し、これらの課題に対応しています。

Unlock cost savings and maximize value with new Azure infrastructure innovation
  • 新しい Azure インフラストラクチャのイノベーションでコスト削減を実現し、価値を最大化
    • 本日、コスト削減、効率の向上、イノベーションの拡大を実現する新しい Azure インフラストラクチャ機能をいくつか発表します。これは、お客様のようなお客様から直接聞いた課題に直接対処するものです。

Mixed Reality Momentum: HoloLens 2 expands globally and new Azure service launches
  • 複合現実モメンタム : HoloLens 2 がグローバルに拡大し、新しい Azure サービスを開始
    • 複合現実は、物理的な世界とデジタルの世界を融合させ、画面を超えてコンピューティングを拡張し、私たちの働き方、学習方法、遊び方を根本的に変えます。複合現実は、有望な技術から、今日の重要で定量化可能な影響を及ぼしているソリューションの繁栄エコシステムに進化しました。


Intune Customer Success より

Announcing new Endpoint Security Antivirus reports!
  • 新しいエンドポイントセキュリティアンチウイルスレポートを発表!
    • マイクロソフトは、マルウェアやウイルス対策の状態の状態のデバイスを監視するために、Microsoft エンドポイント マネージャー管理センターで新しい Microsoft Defender ウイルス対策レポートを導入しています。2つの新しい運用レポートを使用して、注意が必要なデバイスと、一般的な AV 情報を表示する 2つの組織レポートを確認できます。

New enhancements to Security Baselines in Microsoft Endpoint Manager
  • Microsoft エンドポイント マネージャーのセキュリティ ベースラインの新しい機能強化
    • セキュリティ ベースラインは、デバイスとユーザーのセキュリティ保護と保護に役立つ Windows 10 プロファイルを構成するために Microsoft エンドポイント マネージャーで使用できる構成オプションの 1つです。セキュリティ ベースラインは、セキュリティ専門家が推奨する Windows 設定と値の事前構成されたグループのテンプレートとして機能します。ベースライン プロファイルを作成すると、複数のデバイス構成プロファイルのテンプレートが作成されます。

Known Issue: Group Policy Objects from past releases of Group Policy Analytics are excluded
  • 既知の問題 : グループ ポリシー分析の過去のリリースからのグループ ポリシー オブジェクトは除外されます
    • グループ ポリシー分析は、2009年のリリースでパブリック プレビューに入りました。ここでの既知の問題は、グループ ポリシー分析の過去のリリースでアップロードしたグループポリシーオブジェクト (GPO) が、ワークロード、概要ブレード、および移行準備レポートの上部にあるグラフィックで行われた計算で除外される新しい " 移行準備レポート " です。


Official Microsoft Blog より

Microsoft will replenish more water than it consumes by 2030
  • マイクロソフトは、2030 年までに消費する水よりも多くの水を補充します
    • この 1 年間、私たちはマイクロソフトがカーボン ネガティブで廃棄物ゼロの企業になることを約束しました。本日、2030年までに水を積極的に利用することを宣言したことで、この取り組みに第 4の柱が加わりました。また、他の分野と同様に、私たちは自分たち自身に野心的な目標を設定するだけでなく、テクノロジーを活用してお客様が同様の目標を達成できるように支援することにも力を注いでいます。

Microsoft Ignite 2020: Empowering businesses to build resilience for today and what’s ahead
  • Microsoft Ignite 2020 : 今日と未来のためのレジリエンスを構築するために、ビジネスを支援する
    • 今週の Microsoft Ignite 2020 では、Microsoft のスタック全体で提供される信頼に支えられた一連の新しいツールとサービスを使って、組織と人々がこのレジリエンスを構築するためにどのように力を発揮しているかを紹介します。

Microsoft teams up with OpenAI to exclusively license GPT-3 language model
  • マイクロソフトは OpenAI と提携し、GPT-3 言語モデルを独占的にライセンス供与
    • 本日、マイクロソフトは OpenAI と提携して GPT-3 の独占ライセンスを取得したことを発表しました。これにより、その技術革新を活用して、お客様に高度な AI ソリューションを開発・提供し、高度な自然言語生成の驚くべきパワーを活用した新しいソリューションを開発することができます。これは、AI 技術を民主化し、新しい製品、サービス、体験を可能にし、スケールでの AI のポジティブなインパクトを高める方法で、Azure を動力源とする AI プラットフォームを拡大するための素晴らしい機会だと考えています。マイクロソフトのミッションは、地球上のすべての人とすべての組織がより多くのことを達成できるようにすることであり、研究者、起業家、趣味人、企業など、すべての人がこの AI プラットフォームを利用できるようにして、新しいものや面白いものを生み出すという野心に力を与えたいと考えています。


以上です。
最後までお読みいただきありがとうございました。

【総合】お問い合わせ

製品・サービスに関するお問い合わせはお気軽にご相談ください

ピックアップ

セミナー情報
クラウドエンジニアブログ
clouXion
メールマガジン登録