クラウドエンジニアブログ

【定期便】7/27週 Azure の公開情報まとめ

渡邊 正和

渡邊 正和

みなさま、こんにちは!クラウドアーキテクトのワタナベです。

先週1週間(2020/7/27-2020/8/2)分の Azure の公開情報をお送りいたします。
パブリッククラウドは日々進化しており、1週間の内に新しい情報がたくさん生まれます。そのアップデート情報をまとめましたので、ご参考にしていただければと思います。

今週のアップデート情報は以下の通りとなります。
それでは、ご覧ください。

  • ※ 当ブログにて記載しております Microsoft 社の Web サイトの URL については、Microsoft 社側のリダイレクトの仕組みにより、お客様の閲覧環境に沿ったページに自動的にリダイレクトされることがございます。
    原文を参照される場合は、リダイレクトされた URL の ja-jp などの文字列を en-us に変更することで閲覧いただけます。


Azure の更新情報より

A new Power BI component for React is now available
  • React 用の新しい Power BI コンポーネントが登場
    • React Web アプリケーションとの統合を容易にする新しい Power BI コンポーネントが登場しました。React は、ユーザーインターフェイスを構築するための人気の高いオープンソースの JavaScript ライブラリです。新しいコンポーネントは JavaScript と TypeScript の両方をサポートしており、React アプリケーションに Power BI レポート、ダッシュボード、ダッシュボードタイル、レポートビジュアル、または Q&A を埋め込むのに役立ちます。また、ブートストラップの統合によりパフォーマンスが最適化され、レポートのオーサリングを含むすべてのクライアントサイド API へのアクセスが可能になります。さらに、このコンポーネントは、React アプリケーションにおける Power BI のエンベッドライフサイクル管理を簡素化します。

Remote Desktop client for Android now supports Windows Virtual Desktop connections
  • Android 用リモートデスクトップクライアントが Windows Virtual Desktop 接続をサポートするようになりました
    • 新しい Android 用リモートデスクトップクライアントは、Windows Virtual Desktop 接続をサポートしています。この新しいクライアント (バージョン 10.0.7 以降) では、UI フローが刷新され、ユーザーエクスペリエンスが向上しています。また、このアプリはデバイス上の Microsoft Authenticator と統合され、Windows Virtual Desktop ワークスペースに加入しているときに条件付きアクセスを可能にします。

Azure Sphere update 20.07 is now available
  • Azure Sphere のアップデート 20.07 が公開されました
    • Azure Sphere 20.07 アップデートがリテールフィードで利用可能になりました。20.07 機能リリースには、アプリケーション開発とテナント証明書更新のための新機能、ベータ機能の長期安定版 (LTS) への追加プロモーション、Windows プラットフォーム上でのデバイス接続の安定性とトラブルシューティングを改善するための機能強化が含まれています。

Migrate to the new version of the Azure Time Series Insights Gen2 APIs
  • Azure Time Series Insights Gen2 API の新しいバージョンに移行する
    • 新しい API バージョン Azure Time Series Insights Gen2 API (2020年 7月 31日) は、7月 16日に一般的に利用できるようになりました。プレビュー API バージョン (2018-11-01-プレビュー) は廃止されますが、2020年 10月 31日までサポートされます。

Azure Active Directory Registration Service is ending support for TLS 1.0 and 1.1
  • Azure Active Directory 登録サービスが TLS 1.0 と 1.1 のサポートを終了
    • 途切れないアクセスを確保するために、TLS 1.2 の準備をして、Azure Active Directory デバイス登録サービスと通信できるようにサーバーとクライアントを更新します。

Azure Data Explorer Streaming Ingestion is generally available
  • Azure Data Explorer Streaming Ingestion が一般提供されました
    • ストリーミング取り込みは、Azure Data Explorer (ADX) で一般的に利用できます。ストリーミング取り込み操作は 10秒未満で完了し、完了後すぐにデータをクエリに使用できます。

Azure Autoscale generally available in China North 2 and China East 2 regions
  • Azure Autoscale は、China North 2 および China East 2 リージョンで一般的に利用可能です
    • 負荷に基づいてリソースを自動的に管理できる Azure Autoscale は、中国北 2 および中国東 2 リージョンで利用可能になりました。

Azure IoT Device Provisioning Service VNET ingress support is now available
  • Azure IoT Device Provisioning Service VNET ingress のサポートが開始されました
    • Azure IoT Device Provisioning Service VNET ingress サポート機能により、ユーザーは特定の VNET を介して接続するデバイスへの DPS ingress アクセスをロックダウンすることができます。

Azure Blob storage—Network File System 3.0 protocol support is now in preview
  • Azure Blob ストレージ - Network File System 3.0 プロトコルのサポートがプレビューになりました
    • Azure Blob ストレージの Network File System (NFS) 3.0 プロトコルのサポートがプレビューされています。Azure Blob Storage は、オブジェクトストレージ上で NFS 3.0 プロトコルをネイティブにサポートする唯一のストレージプラットフォームであり (ゲートウェイやデータのコピーは不要)、重要なオブジェクトストレージの経済性を備えています。

New regions added for Azure Blob storage object replication public preview
  • Azure Blob ストレージオブジェクトレプリケーションのパブリックプレビューに新しいリージョンが追加されました
    • オブジェクトのレプリケーションは、ブロック BLOB の新機能であり、1つのストレージアカウントの BLOB コンテナーから Azure の別の場所にデータをレプリケートできます。米国東部 2、米国中部を含むようにプレビュー領域を拡大しました。

Azure Analytics Data Bricks Meters
  • Azure Analytics データ ブリック メーター
    • 2020年 9月 1日より、Azure Analytics データ ブリック メーターのメーター名が変更されます。請求書に名前の変更が表示されますので、特別な対応は必要ありません。

Azure Backup locally redundant storage (LRS) and geo-redundant storage (GRS) data stored meter ID changes
  • Azure Backup ローカル冗長ストレージ (LRS) と geo 冗長ストレージ (GRS) データに格納されたメーター ID の変更
    • 2020年 9月 1日より、格納されている Azure Backup のメーター ID (LRS および GRS データ) は、南アフリカ西部および 南アフリカ北部 リージョンで変更されます。

Azure Monitor Log Analytics Quick Start content is moving to the Overview page
  • Azure Monitor Log Analytics クイックスタートのコンテンツは概要ページに移動します
    • Log Analytics をシンプルかつ合理化するために、すべてのリンクとコンテンツをクイックスタートページから概要ページに移動します。クイックスタートページは 2020年 8月に削除されます。クイックスタートページのすべてのリンクと機能は、アップグレードされた概要ページでご利用いただけます。

IoT Plug and Play new features now in public preview
  • IoT Plug and Play の新機能を公開プレビューで提供
    • IoT Plug and Play は、IoT ソリューション開発を簡素化するためのオープン言語をベースとしたオープンアプローチです。これにより、組み込みデバイスのコードを記述することなく、デバイスからクラウドソリューションへのシームレスな統合体験が可能になります。IoT Plug and Play では、IoT デバイスの能力を「デバイス能力モデル」で記述し、Azure IoT Central のようなクラウドソリューションやパートナーのサードパーティソリューションに接続する際にそれを提示することで、自動的にデバイスを理解して相互作用を開始することができます。

Azure Monitor Community Repository is now available
  • Azure Monitor Community Repository を公開
    • コミュニティメンバーがクエリ [KQL]、ワークブック、アラートなどの Azure Monitor の成果物を共有し、探求するためのコラボレーションスペースを提供する Azure Monitor コミュニティリポジトリを発表します。このリポジトリは公開されており、Azure Monitor コミュニティ全体の利益のために、Azure Monitor ユーザーからの貢献を受け入れることができます。

Azure Log Analytics saved searches functionality is moving to query explorer
  • Azure Log Analytics の保存された検索機能は、クエリエクスプローラーに移動します
    • Azure Log Analytics の保存された検索機能がクエリエクスプローラーで利用できるようになり、保存したクエリを使用して管理できるようになりました。保存した検索はすべて、クエリ エクスプローラーで利用できます。それらを管理するには、Azure Monitor Log Analytics ワークスペースまたは Application Insights コンポーネントからログを参照し、トップ アクション メニューからクエリ エクスプローラを選択します。

Upcoming billing changes to Azure Bandwidth
  • Azure 帯域幅に対する今後の請求変更
    • 2020 年 9 月の間、帯域幅をソースとデスティネーションの課金モデルに移行します。さらに、計量は領域間計 ID に分割されます。

Windows Virtual Desktop Azure portal and Microsoft Teams integrations are generally available
  • Windows Virtual Desktop Azure ポータルと Microsoft Teams の統合が一般提供されます
    • 2020年 4月に、Azure ポータル統合 (Spring Update とも呼ばれます) のパブリックプレビューをリリースしました。これにより、Windows 仮想デスクトップの展開と管理が容易になりました。また、Microsoft Teams にシームレスな会議とコラボレーションのエクスペリエンスを提供する新しいオーディオ/ビデオリダイレクト (A/V リダイレクト) 機能も発表しました。これらの機能の両方が一般利用可能になりました。

Azure HDInsight now supports virtual network service endpoint policies
  • Azure HDInsight が仮想ネットワークサービスエンドポイントポリシーをサポートするようになりました
    • Azure HDInsight が仮想ネットワークサービスエンドポイントポリシーをサポートするようになりました。これにより、特定の Azure ストレージアカウントへの HDInsight 出力仮想ネットワークトラフィックをフィルター処理できます。

Azure Data Lake Storage lifecycle management is now generally available
  • Azure Data Lake Storage のライフサイクル管理が一般提供になりました
    • Azure Data Lake Storage のライフサイクル管理が一般提供になりました。ライフサイクル管理ポリシーは、ファイルが最後に変更された日時に基づいて、ファイルをクール層とアーカイブ層に階層化する自動化された方法を提供します。


Microsoft Azure Blog より

Aiming for more than just net zero
  • ネットゼロ以上を目指して
    • カーボンネガティブにの実現するための大きな部分は、データセンターの運営方法を完全に変えることを意味します。データセンターは、オープンエアや断熱冷却など、冷却に関する持続可能な方法をいくつか採用しています。これらの方法は、データセンターの水とエネルギーの消費量を大幅に削減するのに役立ちましたが、十分ではありません。現在、データセンターとピークロード時間に電力を供給するバックアップは、ディーゼルのような化石燃料に依存しています。マイクロソフトはそれを変更するために取り組んでいます。

Three reasons to migrate your ASP.NET apps and SQL Server data to Azure
  • ASP.NET アプリと SQL Server データを Azure に移行する 3 つの理由
    • ASP.NET アプリと SQL Server データを Azure に移行することでメリットが得られる 3つの方法をご紹介します。 

Creating cloud ready environments with Azure landing zones
  • Azure ランディング ゾーンを使用したクラウド対応環境の作成
    • Azure 用の Microsoft Cloud Adoption Framework の Azure ランディングゾーンは、運用モデルのマッピング、モダナイズ、または再想像の取り組みを加速するように設計されています。Azure ランディングゾーンは、クラウドのニーズに固有の最適なテクノロジー運用に合わせたクラウド環境の構築に役立ちます。

NFS 3.0 support for Azure Blob storage is now in preview
  • Azure Blob ストレージの NFS 3.0 サポートがプレビューになりました
    • お客様が NFS ベースのアプリケーションを大規模に実行できるようにするために、Azure Blob ストレージの NFS 3.0 プロトコルサポートのプレビューを発表しました。プレビュー中、NFS 3.0 は、米国東部、米国中部、およびカナダ中央部のリージョンで優れたパフォーマンスを発揮する BlockBlobStorage アカウントで使用できます。標準階層のパフォーマンスを備えた GPV2 アカウントのサポートがまもなく発表されます。

Monitoring Azure Arc enabled Kubernetes and servers
  • Azure Arc 対応の Kubernetes およびサーバーの監視
    • Azure Arc は、Azure の内部と外部の両方で Kubernetes クラスターを作成して接続できるプレビューサービスです。また、Azure Arc を使用すると、ネイティブの Azure Virtual Machines を管理するのと同じ方法で、Azure の外部で Windows および Linux マシンを管理できます。これらの Azure Arc 対応のクラスターとサーバーを監視するには、Azure リソースで使用するのと同じ方法で Azure Monitor を使用できます。

Advancing resilience through chaos engineering and fault injection
  • カオスエンジニアリングとフォールトインジェクションによる回復力の向上
    • この投稿は、Microsoft が独自のシステムを検証する方法の例を含む、一般的な障害状態を検証するための最良の方法について考えてもらうことを目的としています。

Eight ways to optimize costs on Azure SQL
  • Azure SQL のコストを最適化する 8 つの方法
    • お客様はさまざまな理由で Azure を選択しますが、主な理由の 1つはコストの削減です。データベースのコストを最大 80 %以上節約できたら、さらに何ができますか?Azure SQL ファミリーのデータベースサービスを導入して、急速に変化する状況に企業がコスト効率よく適応し、拡張できるようにしました。ここでは、データ変換を最適化するための 8つの方法を紹介します。デジタル変換の旅のどこにいても節約できます。

Azure Cost Management + Billing updates – July 2020
  • Azure コスト管理+請求の更新 – 2020年 7月
    • 私たちは常に、課題の詳細を学ぶ方法と、Azure Cost Management + Billing がクラウドでコストが発生している場所をよりよく理解し、悪い支出パターンを特定して防止し、コストを最適化して実行を支援する方法を常に探しています。フィードバックに基づいた最新の改善と更新の一部を以下に示します。

New Windows Virtual Desktop capabilities now generally available
  • 新しい Windows Virtual Desktop 機能が一般提供されました
    • Azure ポータル統合と Microsoft Teams の A/V リダイレクトの両方が一般利用可能になったことをお知らせいたします。


Intune Customer Success より

Known Issue – Windows Updates occasionally incorrectly show as not succeeded in Intune
  • 既知の問題 – Windows の更新プログラムが Intune で成功しなかったとして誤って表示される場合があります
    • 最近、Microsoft Endpoint Manager 管理コンソールのデバイスが Windows Update のステータスに「失敗しました」と表示される問題について警告を受けました。調査したところ、デバイスにはアップデートがないわけではなく、すべてが正常に適用されていることがわかりました。しかし、デバイスに2つのエラーコードが見つかり、Intune によって「失敗しました」として計算されました。ポリシーを再評価したところ、デバイスは正常に戻りました。

Using Intune to manage purpose-built specialty devices without Google Mobile Services (GMS)
  • Google Mobile Services (GMS) を使用せずに Intune を使用して専用の特殊デバイスを管理する
    • Android OS はユビキタスであり、専用端末メーカーには人気のある選択肢です。しかし、すべての専用デバイスに Google Mobile Services (GMS) が搭載されているわけではありません。このような専用デバイスを使用することで、組織は重要なタスクをより合理的な方法で達成し、生産性を維持しながらリモートで接続する機能を提供することができます。

Announcing a New Version of the PowerBI Compliance Report with Intune Data Warehouse
  • Intune データ ウェアハウスを使用した PowerBI コンプライアンス レポートの新しいバージョンの発表
    • Microsoft Endpoint Manager - Intune は、Intune Data Warehouse を使用した PowerBI のコンプライアンスレポートの新バージョンを発表しました。このレポートは、デバイスのコンプライアンスとポリシーのコンプライアンスに関するデータを経時的に表面化するダッシュボードを提供します。


Official Microsoft Blog より

Microsoft to continue discussions on potential TikTok purchase in the United States
  • マイクロソフトは、米国での潜在的なTikTokの購入に関する議論を継続します
    • マイクロソフトは、TikTok の親会社である ByteDance と数週間のうちに議論を進め、いずれにせよ 2020年 9月 15日までこれらの議論を完了する予定です。このプロセスの間、マイクロソフトは、大統領を含む米国政府との対話を継続することを期待しています。


以上です。
最後までお読みいただきありがとうございました。

【総合】お問い合わせ

製品・サービスに関するお問い合わせはお気軽にご相談ください

ピックアップ

セミナー情報
クラウドエンジニアブログ
clouXion
メールマガジン登録