クラウドエンジニアブログ

【定期便】7/20週 Azure の公開情報まとめ

渡邊 正和

渡邊 正和

みなさま、こんにちは!クラウドアーキテクトのワタナベです。

先週1週間(2020/7/20-2020/7/26)分の Azure の公開情報をお送りいたします。
パブリッククラウドは日々進化しており、1週間の内に新しい情報がたくさん生まれます。そのアップデート情報をまとめましたので、ご参考にしていただければと思います。

今週のアップデート情報は以下の通りとなります。
それでは、ご覧ください。

  • ※ 当ブログにて記載しております Microsoft 社の Web サイトの URL については、Microsoft 社側のリダイレクトの仕組みにより、お客様の閲覧環境に沿ったページに自動的にリダイレクトされることがございます。
    原文を参照される場合は、リダイレクトされた URL の ja-jp などの文字列を en-us に変更することで閲覧いただけます。


Azure の更新情報より

Updates to Azure HDInsight
  • Azure HDInsight の更新プログラム
    • HDInsight は、Spark、Hadoop、Kafka などの Apache 分析プロジェクトのディストリビューションをサポートするようになりました。さらに、今後数か月の間に、新機能と改良された機能を備えた次世代の HDInsight を立ち上げていきます。

Java 11 for Azure Functions is now available in preview
  • Azure Functions の Java 11 がプレビューで利用可能になりました
    • Azure Functions 用の Java 11 が、Windows および Linux の消費およびプレミアムプランのプレビューで利用可能になりました。

Azure Red Hat OpenShift on OpenShift 4.4 now available
  • OpenShift 4.4 上の Azure Red Hat OpenShift が利用可能になりました
    • OpenShift 4.4 は、Kubernetes 1.17 の安定性に基づいて構築されています。また、コンピューティング、ネットワーキング、ストレージに関するコアプラットフォーム機能の改善も含まれています。

Performance tiers for Azure Disk Storage are in limited preview
  • Azure Disk Storage のパフォーマンス階層は限定プレビューです
    • Azure Disk Storage では、ディスクの容量を増やすことなく、プレミアム SSD のパフォーマンス階層を (限定プレビューで) 特定の期間設定できます。パフォーマンス階層は、コストを制御しながらより高いパフォーマンスを実現する柔軟性を提供します。これは、日中のトレーニング環境の実行、パフォーマンステスト、またはブラックフライデーなどのイベントなど、ハイパフォーマンスの要求を維持するのに役立ちます。

AKS-managed Azure Active Directory support is now generally available
  • AKS が管理する Azure Active Directory のサポートが一般提供になりました
    • Azure Kubernetes Service (AKS) で管理される Azure Active Directory (Azure AD) のサポートが一般提供になりました。これにより、AKS と Azure AD の統合が簡略化されます。

Data Factory SQL Server Integration Services (SSIS) migration accelerators are now generally available
  • Data Factory SQL Server Integration Services (SSIS) 移行アクセラレータが一般提供されました
    • SSIS パッケージ展開モデルを完全にサポートし、SSIS の移行を加速およびブロック解除する Azure Data Factory の機能スイートを使用して、SSIS パッケージをクラウドにすばやくホストします。

Azure Application Gateway—URL rewrite and wildcard listener are now in preview
  • Azure Application Gateway - URL 書き換えとワイルドカードリスナーがプレビューになりました
    • Azure アプリケーション ゲートウェイのリスナーの URL 書き換えおよびワイルドカードホスト名がプレビューで使用できるようになりました。URL 書き換えを使用して、要求 URL のホスト名、パス、およびクエリ文字列を書き換えます。ワイルドカードリスナー機能を使用して、ワイルドカード文字を追加し、リスナーごとに最大 5つのホスト名を構成します。

SR-IOV availability on InfiniBand-equipped Virtual Machines
  • InfiniBand 搭載の仮想マシンでの SR-IOV の可用性
    • InfiniBand を装備した仮想マシンのすべてのメッセージパッシングインターフェース (MPI) 実装とリモートダイレクトメモリアクセス (RDMA) 動詞のサポートを有効にします。これにより、ワークロードに Infiniband を活用するための機能とオプションが大幅に向上します。アップグレードでは、地域ベースでサーバーのダウンタイムが発生します。InfiniBand ネットワークを利用する場合は、VM の更新が必要です。

Azure Time Series Insights Gen2 is now generally available
  • Azure Time Series Insights Gen2 が一般提供されました
    • 従量課金制の IoT Analytics サービスである Azure Time Series Insights Gen2 が一般提供され、強力でありながら使いやすい多数の新機能を備えています。

Azure Monitor for Containers now supports recommended alerts
  • Azure Monitor for Containers が推奨アラートをサポートするようになりました
    • Azure Monitor for Containers に推奨アラートが含まれるようになりました。この機能を使用して、Azure Kubernetes Service (AKS) クラスターでワンクリックでアラートを有効にします。これらの事前構成されたメトリックアラートにより、システムリソースがピーク時の容量で実行されているとき、または障害率に達しているときに、システムリソースを監視できます。この機能は現在プレビュー中です。

Azure ultra disks are now available in the US Gov Arizona region
  • Azure Ultra Disks が米国政府のアリゾナ地域で利用可能になりました
    • Azure Ultra Disks が米国政府のアリゾナで利用可能になりました。ウルトラディスクは、Azure 仮想マシンに高スループット、高 IOPS、一貫した低遅延ディスクストレージを提供します。

OpenID Connect support for Azure App Service and Azure Functions (in preview)
  • Azure App Service および Azure Functions の OpenID Connect サポート(プレビュー)
    • OpenID Connect プロバイダーを介してログイン認証用に Azure App Service および Azure Functions アプリを構成できるようになりました。この新機能 (プレビュー) を使用すると、App Service の認証と承認のサポートを、選択したプロバイダーに拡張できます。

Azure Monitor for SAP Solutions is now available in preview
  • Azure Monitor for SAP Solutions がプレビューで利用可能になりました
    • Azure Monitor for SAP Solutions は、Azure で SAP ランドスケープを実行しているお客様向けの新しい Azure ネイティブの監視製品です。米国東部、米国東部 2、米国西部 2、および西 EU 地域でパブリックプレビューで利用できるようになりました。

How to start with Azure Data Explorer—A new online course
  • Azure Data Explorer の開始方法 - 新しいオンラインコース
    • Azure Data Explorer によるデータ分析の包括的な概要を提供する新しいオンラインコースが無料で利用できるようになりました。

Azure Monitor Logs connector is now generally available
  • Azure Monitor Logs コネクタが一般提供になりました
    • Azure Logic Apps と Power Automate を使用して、さまざまなサービスに対して数百のアクションを使用して自動化されたワークフローを作成します。Azure Monitor ログ コネクタは、Azure Monitor Logs ワークスペースまたはアプリケーションインサイトコンポーネントからデータを取得するワークフローを構築するために使用できるようになりました。

Azure Data Explorer—Allocate resources automatically for Azure Blob Storage data connection
  • Azure Data Explorer - Azure Blob Storage データ接続にリソースを自動的に割り当てます
    • 新しい自動リソース割り当て機能を使用して、Azure Storage から Azure Data Explorer データベースへのデータ接続を定義します。自動リソース割り当ては、Azure Event Grid を使用して、Azure Storage から Azure Data Explorer への継続的な取り込みフローを迅速に定義します。

Azure Red Hat OpenShift is now ISO 27001 certified
  • Azure Red Hat OpenShift が ISO 27001 認証を取得
    • Azure Red Hat OpenShift の完全な認定ステータスとその他のすべての Azure サービスをご覧ください。

Shared disks in Azure Disk Storage are now available
  • Azure Disk Storage の共有ディスクが利用可能になりました
    • 共有ディスクは、1 つのディスクを複数の仮想マシンに接続できるようにする Azure Disk Storage の機能です。これにより、クラスター化データベース、並列ファイルシステム、永続コンテナー、機械学習アプリケーションなどの最も要求の厳しいエンタープライズアプリケーションを、高速フェイルオーバーと高可用性のためのよく知られたデプロイパターンを損なうことなく、クラウドで実行できます。

One- and three- year reserved capacity for Azure DB for PostgreSQL-Hyperscale (Citus)
  • Azure DB for PostgreSQL - Hyperscale (Citus) の 1年および 3年の予約容量
    • Azure Database for PostgreSQL - Hyperscale (Citus) の予約済み容量を使用して、既存および将来の Hyperscale (Citus) サーバーグループの計算能力を予約できます。新しい料金オプションでは、Hyperscale (Citus) vCore の通常の従量制の支払いオプションと比較して、1年間で最大 45%、3年間の予約容量で最大 65%の節約が可能になります。

SR-IOV availability schedule on NCv3 Virtual Machines SKU
  • NCv3 仮想マシン SKU の SR-IOV 可用性スケジュール
    • 業界をリードするパフォーマンスを提供するという Azure の継続的な取り組みの一環として、すべての MPI タイプとバージョン、および InfiniBand を装備した仮想マシンの RDMA 動詞のサポートを有効にしています。 アップグレードでは、地域ベースでサーバーのダウンタイムが発生します。InfiniBand ネットワークを利用する場合は、VM の更新が必要です。

Azure SQL Database—A performance optimization change to default settings is coming soon
  • Azure SQL Database - 既定の設定に対するパフォーマンス最適化の変更がまもなく開始されます
    • Azure SQL Database の新しい単一データベースとエラスティックプールデータベースの既定の最大並列度 (MAXDOP) オプションは、間もなく 0 から 8 に変更されます。これにより、お客様のワークロードのパフォーマンスが向上し、不要なリソース使用率が削減されます。

Azure Kubernetes Service (AKS) support for containerd runtime is in preview
  • コンテナー化されたランタイムの Azure Kubernetes Service (AKS) サポートはプレビュー中です
    • Azure Kubernetes Service (AKS) は、業界標準のコンテナーランタイムである containerd を使用したクラスターとノードプールの作成をプレビューでサポートするようになりました。Containerd は、ポッドの作成速度と安定性を向上させます。

Additional Azure regions for IoT Connector for Azure API for FHIR (preview)
  • Azure IoT Connector for FHIR がプレビューになりました
    • Azure IoT Connector は、Azure API for FHIR の機能で、追加の Azure リージョンでプレビューできるようになりました。医療および非医療機器から安全でスケーラブルで準拠した方法で医療データを取り込み、遠隔患者モニタリング、遠隔医療、臨床試験のシナリオを可能にします。

Secure Azure Kubernetes Service (AKS) pods with Azure Policy (in preview)
  • Azure ポリシーで Azure Kubernetes Service (AKS) ポッドを保護する(プレビュー)
    • Azure Kubernetes Service (AKS) クラスターのセキュリティを向上させるには、Azure ポリシー (プレビュー) でポッドを保護します。この統合により、ポリシーに違反する AKS クラスターへのポッド要求を拒否および監査できます。

New memory optimized and compute optimized hardware options in Azure SQL Database
  • Azure SQL データベースの新しいメモリ最適化および計算最適化ハードウェアオプション
    • M シリーズおよび Fsv2 シリーズは、非常に高いコンピューティングまたはメモリスケール、または非常に高速な CPU 速度を必要とするワークロードに特化した Azure SQL データベースの新しいハードウェアオプションです。

New Azure Stack HCI Preview
  • 新しい Azure Stack HCI プレビュー
    • Azure Stack HCI (プレビュー) は、Microsoft のハイパーコンバージドインフラストラクチャホストであり、現在は Azure ハイブリッドサービスとして提供されています。Windows と Linux の仮想マシンを、IT フレンドリーで既存のツール、プロセス、スキルセットを使用して管理できるホストプラットフォームでオンプレミスで実行します。

Machine Learning services on Azure SQL Managed Instance is in limited preview
  • Azure SQL マネージドインスタンスの機械学習サービスは限定プレビューです
    • R および Python 言語をサポートする機械学習サービスに、Azure SQL マネージドインスタンスの限定プレビューサポートが含まれるようになりました。

Azure Disk Storage with Azure Private Link integration is in preview
  • Azure Disk Storage と Azure Private Link の統合がプレビュー中
    • Azure Private Storage と Azure Disk Storage の統合がプレビューで利用可能になりました。統合により、プライベート Azure 仮想ネットワークからのインポートとエクスポートのみを許可して、データへのアクセスを制限し、セキュリティを強化できるようになりました。

Now install network virtual appliances directly into an Azure Virtual WAN hub
  • ネットワーク仮想アプライアンスを Azure Virtual WAN ハブに直接インストールします
    • Azure Virtual WAN のいくつかの新機能がプレビューされました。SD-WAN 接続のオプションとしてネットワーク仮想アプライアンスを仮想 WAN ハブに直接インストールするオプションが含まれます。

Azure Data Explorer 1-click now supports mapping transformations
  • Azure Data Explorer 1-click がマッピング変換をサポートするようになりました
    • Azure Data Explorer のデータ形式マッピング (Parquet、JSON、Avro など) で、シンプルで便利な取り込み時間変換がサポートされるようになりました。シナリオが取り込み時により複雑な処理を必要とする場合は、KQL 式を使用して軽量処理を定義できる更新ポリシーを使用します。

Azure Site Recovery update rollup 48—July 2020
  • Azure サイト回復の更新プログラムのロールアップ 48 - 2020年 7月
    • 最新の Azure Site Recovery の更新プログラムは、Azure Site Recovery コンポーネントの修正とダウンロードリンクを提供します。

Azure Kubernetes Service (AKS) now supports bring-your-own control plane managed identity
  • Azure Kubernetes Service (AKS) が独自のコントロールプレーン管理 ID をサポートするようになりました
    • Azure Kubernetes Service (AKS) は、コントロールプレーンで管理される ID のために独自の ID をサポートするようになりました。Kubernetes クラウドプロバイダーは、この ID を使用して、ユーザーに代わって Azure ロードバランサー、パブリック IP アドレスなどのリソースを作成します。

Azure Data Share in US Gov Arizona and Virginia regions
  • US Gov Arizona および Virginia リージョンでの Azure Data Share
    • Azure Data Share は、米国政府のバージニアおよび米国政府のアリゾナ地域の Azure 政府機関のお客様に一般提供されます。Azure Data Share サービスを使用すると、組織内またはサードパーティとデータを簡単かつ安全に共有できます。

Azure Stream Analytics is now available in the US Gov Arizona region
  • Azure Stream Analytics が米国政府のアリゾナ地域で利用可能になりました
    • Azure Stream Analytics が米国政府のアリゾナ地域で利用可能になりました。


Microsoft Azure Blog より

Enabling customers for success on Azure
  • Azure で実現するお客様の成功
    • このパンデミックは、かつてはビジネスの基盤となる真理だと考えられていたビジネスの原則、モデル、戦略が試され続けています。COVID-19 の危機は、リーダーシップの原則、財務モデル、オペレーション、販売プロセスから、テクノロジーの決定やプラットフォーム戦略に至るまで、あらゆることに挑戦してきました。組織は、このような困難な時代に効率的なオペレーションを維持するために、迅速な適応を余儀なくされています。このような世界的な変化への適応の時代において、共通の原動力となっているのがテクノロジーです。クラウドは、安全かつ確実に新しいソリューションを迅速に創出し、新たなビジネス課題に対応し、継続的な技術革新による変革を推進することで、最近のデジタルトランスフォーメーションの取り組みの中心に躍り出ています。世界的な大流行がもたらす課題に対応するために、クラウド技術を採用する組織が増え、クラウドはこれまで以上に迅速にデジタルトランスフォーメーションを推進しています。マイクロソフトは、パートナー企業の皆様のご協力を得て、お客様のクラウド利用の成功を可能にし、この困難な時期に世界中の組織がイノベーションの波を利用できるよう、皆様の努力を惜しみません。

Migrate to the cloud with confidence
  • クラウドへの確実な移行
    • 今日、組織は安全性と効率性を確保するために事業の運営方法を変化させています。お客様と密接に共同するうえで、お客様の最優先事項には、ビジネス コストの最適化、リモート従業員向けのスケーリング、ビジネス継続性の確保などがあります。このため、クラウド移行は依然として優先され、パートナーは重要な役割を果たしています。お客様のクラウド移行プロジェクトをサポートするため、Microsoft では、コストを最適化し、効率を高め、比類のないセキュリティとコンプライアンスを実現するソリューションに取り組んでいます。Azure ハイブリッド特典、予約インスタンス、無料の拡張セキュリティ更新プログラムなど、お客様が費用を節約するのに役立つ優れたオファーを提供しています。また、Azure は、Windows Server および SQL Server ワークロードの総保有コストを最小限に抑えると同時に、AWS (GigaOm*) に対して最大 3倍の優れたパフォーマンスを実現できます。さらに、お客様は IT 資産全体を Azure に移行することを検討しているため、Azure VMware Solution のような特殊化されたワークロードの導入も増えています。最後に、Azure ではこれらすべてを柔軟性を維持して行うため、お客様はオンプレミスの投資を拡張し、クラウドに移行する際にそれらを活用できます。先日発表された新しい Azure Stack HCI Preview は、その一例です。ここでは、移行を促進するための新しい Azure サービスについてお伝えします。

Innovate in Azure with confidence
  • Azure での確実なイノベーションの促進
    • 世界がパンデミックに対処する中で、あらゆる業界の企業が、自分たちのオペレーションを再考し、新しい方法で顧客と関わり、従業員の安全を確保しているのは素晴らしいことです。クラウドでのイノベーションに関して言えば、お客様が必要としているプラットフォームは、ソリューションをすばやく立ち上げることができ、動的な環境に迅速に対応でき、しかもコスト効率に優れたものです。Azure はこれらを対象にしてきました。現在、お客様はこれまで以上に Azure を使用してアプリケーションや分析ソリューションのためのイノベーションを促進しています。

Introducing the Microsoft Azure Well-Architected Framework
  • Microsoft Azure Well-Architected Framework の紹介
    • Azure Well-Architected フレームワークは、アーキテクチャのベストプラクティスの 5つの柱、つまりコスト管理、優れた運用、優れたパフォーマンス、効率、信頼性、およびセキュリティに分かれています。これらの柱は、Azure のベストプラクティスと、お客様またはお客様のクラウドジャーニーに関連する特定のビジネス優先順位に対して、ワークロードを効果的かつ一貫して最適化するのに役立ちます。

Deliver hybrid cloud capabilities with the next generation of Azure Stack HCI
  • ハイブリッド クラウドを可能にする次世代の Azure Stack HCI を発表
    • 本日、次世代の Azure Stack HCI を発表します。これは Azure のサービスの 1つであり、ハイパーコンバージド インフラストラクチャ (HCI) の価格パフォーマンスにネイティブの Azure ハイブリッド機能を組み合わせたものです。しかもエンタープライズ企業の既存のスキルを活用できます。

Fully managed HashiCorp Consul Service generally available on Azure today
  • フルマネージドの HashiCorp Consul Service が本日 Azure で一般提供されます
    • Azure で HashiCorp Consul Service (HCS) が一般提供されました。 Azure 上の HCS により、Azure ユーザーは、Azure Marketplace を介して、サポートされている任意の Azure リージョンで Consul サーバーをネイティブにプロビジョニングできます。

Build safer, more resilient workplaces with IoT solutions
  • IoT ソリューションを使用して、より安全で回復性の高い職場を構築
    • 私たちはグローバルなコミュニティとして、より良い変化をもたらすために行動したり、少しずつステップを進めたりするための機会を探しています。世界の多くの地域では、依然として第一段階で対応しているところが多く、緊急性のある目の前の危機に今も取り組んでいます。一方で、復旧に着手し始めたその他の地域では、経済を再開し、安定性を高め、そして最も重要なことである、私たちの社会を 1つにまとめる方法を探しています。このような目標がある中で、人と人とが安全につながるためにはどうすればよいか、つまり、友達と食事をしたり、大切な人に会いに旅行に行ったりする、またコミュニティとして機能するためにはどうすればよいか、ということも問われています。これは多くの組織が頭を悩ませていることであり、今週 Microsoft が開始した仮想 Inspire カンファレンスでは、人々が安全に職場に復帰できるようにするにはどうすればよいか、そして、モノのインターネット (IoT) は、対応、復旧、再構築の各フェーズをサポートする役割をどのように果たすことができるか、ということがテーマになっていました。


Official Microsoft Blog より

Microsoft Inspire 2020: Empowering partners to make more possible
  • Microsoft Inspire 2020 : パートナーをエンパワーして、より多くのことを可能にする
    • 当社のパートナーエコシステムは、お客様に変革的なソリューションを提供するために不可欠です。毎年、世界中の、そしてあらゆる業界のお客様から、パートナーのイノベーション、献身、サービスに依存している数え切れないほどのサクセスストーリーを耳にします。しかし、この 1年、特にここ数ヶ月は、劇的に変化する世界でパートナーコミュニティが提供するもの、つまり無限の可能性を肌で感じることができました。それは、適応し、つながり、革新し、より多くのことを達成するための可能性です。

Important new steps on our path to be carbon negative by 2030
  • 2030年までにカーボンネガティブを目指す私たちの道の重要な新しいステップ
    • 1月、マイクロソフトのサティア・ナデラ最高経営責任者 (CEO)、ブラッド・スミス社長、最高財務責任者 (CFO) のエイミー・フッドは、炭素、水、廃棄物、生物多様性に焦点を当てた大胆な新しい環境持続可能性の取り組みを開始しました。この取り組みは、どの企業でも最も野心的な炭素公約の一つを発表することから始まりました。マイクロソフトは 2030年までにカーボン・ネガティブを達成し、2050年までに創業以来排出してきた炭素数を上回る炭素を環境から除去することを目指しています。私たちは、そこに到達するための詳細な計画を概説し、進捗状況のアップデートを提供することを約束しました。そして本日、2030 年までにカーボン ネガティブになるための 7つの重要な新しいステップを発表します。

Harnessing technology to adapt across industries: Customers embrace remote everything and purpose-driven digital for a better future
  • テクノロジーを活用して業界全体に適応:顧テクノロジーを活用して業界の垣根を越えて適応します。お客様は、より良い未来のために、遠隔地のあらゆるものと目的に応じたデジタルを受け入れています。客はより良い未来のためにリモートのすべてを採用し、目的主導のデジタルを採用
    • Microsoft Inspire は、毎年恒例のパートナーカンファレンスであり、明日開幕しますが、世界的な大流行の中で社会的な距離感を保つために、イベントをすべてデジタル形式に移行しました。この新しいフォーマットでは、パートナーの皆様とコンテンツやアイデアを共有するために、パートナーの皆様との関わり方を進化させる必要がありますが、その一方で、お互いにつながり、今後の影響力のある技術トレンドを検討し、お互いのお客様のためにイノベーションを実現するために協力し合う機会を提供しています。このアプローチの変化は、COVID-19 の世界に適応するために、業界を超えた顧客の多くの方法を例示しています。デジタル技術を利用することで、お客様はより回復力を高め、回復を加速させ、お客様のニーズを先取りして行動しています。


以上です。
最後までお読みいただきありがとうございました。

【総合】お問い合わせ

製品・サービスに関するお問い合わせはお気軽にご相談ください

ピックアップ

セミナー情報
クラウドエンジニアブログ
clouXion
メールマガジン登録