クラウドエンジニアブログ

【定期便】7/13週 Azure の公開情報まとめ

渡邊 正和

渡邊 正和

みなさま、こんにちは!クラウドアーキテクトのワタナベです。

先週1週間(2020/7/13-2020/7/19)分の Azure の公開情報をお送りいたします。
パブリッククラウドは日々進化しており、1週間の内に新しい情報がたくさん生まれます。そのアップデート情報をまとめましたので、ご参考にしていただければと思います。

今週のアップデート情報は以下の通りとなります。
それでは、ご覧ください。

  • ※ 当ブログにて記載しております Microsoft 社の Web サイトの URL については、Microsoft 社側のリダイレクトの仕組みにより、お客様の閲覧環境に沿ったページに自動的にリダイレクトされることがございます。
    原文を参照される場合は、リダイレクトされた URL の ja-jp などの文字列を en-us に変更することで閲覧いただけます。


Azure の更新情報より

Revocation of non-compliant Certificate Authorities potentially impacting customer’s Azure service(s).
  • 非準拠の認証局の取り消しにより、お客様の Azure サービスに影響が及ぶ可能性があります
    • 標準のコンプライアンス要件に従って、CA ベンダーは非準拠の CA を失効させ、顧客に証明書の再発行を要求する準拠した CA を発行し始めました。Microsoft はこれらのベンダーと緊密に提携して Azure サービスへの潜在的な影響を最小限に抑えていますが、 自己発行の証明書または「Bring Your Own Certificate 」(BYOC) シナリオで使用される証明書は、依然として予期せず取り消されるリスクがあります。

Notification of upcoming changes to Azure Time Series Insights web experience URL
  • Azure Time Series Insights の Web エクスペリエンス URL に対する今後の変更のお知らせ
    • 新しい Azure Time Series Gen2 (PAYG) SKU で利用可能な新機能に対応するため、https://insights.timeseries.azure.com で利用可能なデフォルトの Web エクスペリエンスを変更しています。この URL は、Azure Time Series Insights Gen2 (PAYG) SKU に合わせた更新された Web エクスペリエンスを提供するようになります。

Azure Data Box Disk is now available in China
  • Azure Data Box Disk が中国で利用可能になりました
    • Azure Data Box Disk は、中国東部、中国東部2、中国北部、中国北部2のリージョンでプレビューが可能になりました。このプレビューは、Data Box Disk が現在一般利用可能なリージョンに加えて提供されています。詳細については、リージョンの利用可能性のページを参照してください。

Azure IoT Central UI and documentation updates—June 2020
  • Azure IoT Central の UI とドキュメントの更新 -2020年 6月
    • 2020年 6月の Azure IoT Central の UI とドキュメントのアップデートを公開しました。

Azure Site Recovery now supports replication with private links
  • Azure Site Recovery でプライベート リンクによるレプリケーションがサポートされるようになりました
    • Azure Site Recovery のプライベート リンク機能を使用して、Azure ワークロードとオンプレミス ワークロードのレプリケーションに対してセキュリティで保護されたチャネルを確保します。

Generally available: Azure Private Link for Azure SignalR Service
  • 一般提供: Azure SignalR サービスの Azure プライベート リンク
    • Azure SignalR Service の Azure Private Link サポートは、Azure SignalR Service が利用可能なすべてのリージョンで一般的に利用できるようになりました。この機能により、仮想ネットワーク・リソースが Azure SignalR Service とプライベートに通信できるようになります。プライベートリンクを使用して、プライベートエンドポイントを介して仮想ネットワークから Azure SignalR Service インスタンスに接続し、ネットワークアクセス制御を構成して、Azure SignalR Service とのクラウドエンド通信をセキュアにします。

Azure Blob versioning public preview region expansion
  • Azure Blob バージョン管理のパブリックプレビューリージョンの拡張
    • Azure Blob のバージョン管理は、オブジェクトの以前のバージョンを自動的に維持し、バージョン ID で識別します。プレビュー地域を拡大し、米国東部 2、米国中部、西ヨーロッパ、北ヨーロッパを含みます。これらのリージョンの既存または新規の汎用 (GPv2) ストレージアカウントでこの機能のプレビューを開始できます。

State transition restriction rules for Azure Boards are now generally available
  • Azure Boards の状態遷移制限ルールが一般提供されました
    • Azure Boards の状態遷移制限ルールが一般利用できるようになりました。今回のアップデートでは、作業項目をある状態から別の状態に移動させることを制限できるようになりました。

Azure API Management update—July 2020
  • Azure API 管理の更新プログラム - 2020年 7月
    • 定期的な Azure API 管理サービスの更新が 2020年 7月 8日に開始されました。これには、次の新機能、バグ修正、変更、およびその他の改善が含まれています。

New Azure SQL Database gateways in Australia East, Canada Central, and West US 2
  • オーストラリア東部、カナダ中央部、米国西部の新しい Azure SQL データベースゲートウェイ 2
    • 新しい Azure SQL データベース ゲートウェイは、オーストラリア東部、カナダ中部、米国西部2 リージョンに追加され、2020年 8月 10日にトラフィックの受け入れが開始されます。

Choose to allow or disallow blob public access on Azure Storage accounts
  • Azure Storage アカウントで BLOB パブリックアクセスを許可するか禁止するかを選択します
    • Azure Storage は、コンテナーと BLOB の匿名のパブリック読み取りアクセスをサポートするようになりました。既定では、コンテナーとその BLOB へのすべての要求は、Azure Active Directory (Azure AD) または共有キー承認を使用して承認される必要があります。

Azure IoT Central UI new and updated features—June 2020
  • Azure IoT Central UI の新機能と更新された機能 (2020年 6月)
    • Azure IoT Central の 2020 年 6 月のアップデートが利用可能になりました。

Azure Stream Analytics—Debug queries using job diagram in Visual Studio Code is now available
  • Azure Stream Analytics - Visual Studio Code のジョブダイアグラムを使用したクエリのデバッグが利用可能になりました
    • ジョブダイアグラムを使用して Azure Stream Analytics クエリをデバッグ できる Visual Studio Code の新機能が利用可能になりました。

Azure Sphere OS update 20.07 is available for compatibility testing
  • Azure Sphere OS のアップデート 20.07 は互換性テストに使用できます
    • Azure Sphere OS のアップデート 20.07 がリテール評価フィードで評価可能になりました。リテール評価期間は、下位互換性テストのために 14日間設けられています。この期間中に、アプリケーションやデバイスがこのリリースで正しく動作するかどうかを確認してから、リテールフィードを介して広く展開してください。リテールフィードは、2週間後に 20.07 アップデートを公開するまで、OS バージョン 20.06 を提供し続けます。

Azure Monitor for Containers now supports recommended alerts
  • Azure Monitor for Containers で推奨アラートがサポートされるようになりました
    • Azure Monitor for Containers に推奨アラートが含まれるようになりました。この機能を使用して、Azure Kubernetes (AKS) クラスターで 1 回のクリックでアラートを有効にします。これらの事前構成されたメトリックアラートを使用すると、ピーク容量で稼働しているときや、障害率に達しているときに、システムリソースを監視できます。この機能は現在プレビュー中です。

Data Factory connector support for Delta Lake and Excel is now available
  • Delta Lake と Excel の Data Factory コネクタサポートが利用可能になりました
    • Azure Data Factory は、Excel ソースを有効にするコネクターサポートを追加し、ソースとシンクの両方の Delta Lake のデータフローを有効にします。

Azure SQL Managed Instance management pack is now generally available
  • Azure SQL マネージドインスタンス管理パックが一般提供されました
    • Azure SQL マネージドインスタンス用の System Center Operations Manager (SCOM) 管理パックが一般提供になりました。このパックを使用して、クラウド内の SQL マネージドインスタンスを監視するとともに、既存のオンプレミスリソースとデータセンターリソースのハイブリッド監視ソリューションを構築します。


Microsoft Azure Blog より

Azure Data Factory Managed Virtual Network
  • Azure Data Factory マネージド仮想ネットワーク
    • Azure Data Factory マネージド仮想ネットワークのプレビューを発表できることをうれしく思います。この機能は、より安全で管理しやすいデータ統合ソリューションを提供します。この新機能を使用すると、マネージド仮想ネットワークで Azure 統合ランタイムをプロビジョニングし、プライベートエンドポイントを利用して、サポートされているデータストアに安全に接続できます。

AMD-based memory-optimized Azure virtual machines now available in more regions
  • AMD ベースのメモリ最適化された Azure 仮想マシンが、より多くのリージョンで利用可能になりました
    • 本日、新しい Azure リージョンでのこれらの仮想マシン (VM) サイズの提供の拡大と、追加の可用性ゾーンのサポートを発表します。この幅広いデプロイにより、お客様の組織はアプリケーションを世界中に拡大して実行できるようになります。ゾーン リージョンが提供され、お客様はより可用性の高いソリューションを構築し、アプリケーションのアップタイムを向上させることができます。

Running SD-WAN virtual appliances natively in Azure Virtual WAN
  • Azure Virtual WAN でネイティブに SD-WAN 仮想アプライアンスを実行する
    • Azure Virtual WAN は、Microsoft の高速なグローバル ネットワークをフルに活用するためのサービス アーキテクチャを提供します。Virtual WAN を使用すると、仮想ネットワーク (VNet)、Azure ExpressRoute、VPN、そして SD-WAN を、"仮想ハブ" 内で簡単に接続できるようになります。接続に依存しないアプローチにより、Azure のグローバル インフラストラクチャを使用して、ブランチ、サイト、モバイル ユーザー、サービス間の完全なトランジットが可能になります。

Microsoft Azure IoT Connector for FHIR now in preview
  • Microsoft Azure IoT Connector for FHIR がプレビューになりました
    • 本日、マイクロソフトは Azure IoT Connector for FHIR のプレビューをリリースしました。これは、Azure API for FHIR のフルマネージド機能です。このコネクタは、FHIR API のセキュリティを使用して、デバイスから保護された正常性情報 ( PHI ) データを取り込み、変換、管理するためのスケーラブルなエンドツーエンド パイプラインのテクノロジをヘルス チームに提供します。

Announcing the general availability of Azure shared disks and new Azure Disk Storage enhancements
  • Azure 共有ディスクの一般提供と新しい Azure Disk Storage の拡張機能の発表
    • 本日、Azure Disk Storage 上の共有ディスクの一般提供開始を発表します。この機能を利用すると、Windows または Linux をベースとする既存のオンプレミスのクラスター化環境を Azure に移行するのがさらに簡単になります。併せて、Azure での可用性、セキュリティ、柔軟性をさらに高める、Azure Disk Storage の重要な機能強化についても発表します。

Now save up to 52 percent when migrating to Azure Databricks
  • Azure Databricks への移行時に最大 52 %節約
    • お客様がオンプレミスの Spark とビッグデータのワークロードをクラウドに最新化しやすくするために、Azure Databricks による新しい移行オファーを発表しました。オファーには以下が含まれます。

Azure Files support and new updates in advanced threat protection for Azure Storage
  • Azure Storage の高度な脅威保護における Azure Files のサポートと新しい更新
    • 本日、Azure Storage および Azure Data Lake Storage Gen2 API をサポートするために Azure Storage の高度な脅威保護を拡張するプレビューを発表しました。これにより、お客様はエンタープライズビッグデータ分析用に設計されたファイル共有およびデータストアに保存されたデータを保護できます。

Azure Partner Zone brings new resources and special events for Partners
  • Azure Partner Zone は、パートナーに新しいリソースと特別なイベントを提供します
    • Azure パートナー向けの新しい Web エクスペリエンスに加えて、Azure 全体のエンジニアリング チームとマーケティング チームは、Azure プラクティスの構築、拡張、セキュリティ保護の設計を支援するため、パートナー向けの特別なイベントを開催します。

Preparing for what’s next: Financial considerations for cloud migration
  • 次の準備: クラウド移行に関する財務上の考慮事項
    • 本シリーズの最初のブログで、クラウド移行の取り組みを促進するための最良の推奨事項をご紹介しましたが、そのうちの 1 つは、組織全体で主要な利害関係者の足並みを揃えることに関連していました。評価を進めて移行を計画する場合、CFO や他の財務関係の利害関係者から了承を得ることが重要で、今日の厳しいマクロ気候においてはなおさらそうです。

Save up to 76 percent on Azure Synapse Analytics and gain breathtaking insights of your ERP data
  • Azure Synapse Analytics を最大 76 %節約し、ERP データの驚くべき洞察を得る
    • お客様がデータ・ウェアハウスの移行コストを節約し、重要な SAP データに関する情報を得るための時間を短縮できるよう、Azure Synapse Analytics から 2つの新しい分析機能を発表します。

Azure Maps Power BI visual now in preview
  • Azure Maps Power BI ビジュアルがプレビューになりました
    • 今週、Power BI 用の Azure Maps ビジュアルがプレビューとしてリリースされます。Power BI は、強力な分析および視覚化ツールです。Azure Maps は、意思決定に使用できる地理空間コンテキストと洞察を得るための重要なツールです。この最初のリリースには、次の視覚化レイヤーが含まれています。

Azure Time Series Insights Gen2: Leading the next generation of industrial IoT analytics platforms
  • Azure Time Series Insights Gen2: 次世代の産業用 IoT 分析プラットフォームをリード
    • Azure Time Series Insights Gen2- 完全に管理された IoT 分析プラットフォームが現在一般公開されました。Azure Time Series Insights Gen2 を使用すると、数百万のセンサーで数十億のコンテキスト化されたイベントを探索し、分析できます。

Protecting Windows Virtual Desktop environments with Azure Security Center
  • Azure Security Center を使用した Windows 仮想デスクトップ環境の保護
    • 大規模な労働力が遠隔地で働くようになったことで、IT 管理者やセキュリティの専門家は、進化する脅威に対処しながら、すべての人の生産性と接続性を維持しなければならないというプレッシャーにさらされています。

Run high scale workloads on Blob storage with new 200 TB object sizes
  • 新しい 200 TB のオブジェクトサイズの Blob ストレージで大規模なワークロードを実行する
    • 私たちは最近、新しい最大 Blob サイズ 200 TB(具体的には 209.7 TB)のプレビューを発表しました。これにより、現在のサイズである 5 TB が 40 倍に増加します。

Azure Monitor for SAP Solutions is now in preview
  • SAP ソリューション用の Azure Monitor がプレビュー中です
    • お客様が SAP on Azure の展開を効果的に監視できるように、本日、SAP ソリューション向け Azure Monitor のプレビューを発表します。この Azure ネイティブの監視ソリューションにより、Azure で SAP ランドスケープを実行しているお客様は、簡素化された監視、効率的なトラブルシューティング、柔軟なカスタマイズにアクセスできるようになりました。


Intune Customer Success より

Intune announcing public preview for Android Enterprise corporate-owned devices with a work profile
  • Intune で Android Enterprise の法人向けデバイスに作業プロファイルを搭載したパブリックプレビューを発表
    • Microsoft Endpoint Manager - Android Enterprise の法人所有デバイスで作業プロファイルがある場合の Intune サポートがパブリックプレビューで公開されました。Microsoft Endpoint Manager の管理センターでデバイスの登録を開始することができます。ワークプロファイル付きの法人所有デバイスは、Android Enterprise ソリューションセットの法人管理シナリオの 1つです。この企業所有の個人対応シナリオでは、個人所有の仕事用プロファイルデバイスの場合と同様に、仕事用プロファイルと個人用プロファイルを分離し、管理者はデバイスレベルでのコントロールが可能になります。IT 管理者は、作業プロファイル内の作業アカウント、アプリケーション、およびデータを確認、制御、設定することができますが、エンドユーザーは、管理者が個人プロファイル内のデータやアプリケーションを見ることができないことが保証されています。このシナリオは、業務用に提供された企業所有のシングルユーザーデバイスでの個人利用を可能にしたいと考えている組織を対象としています。この管理シナリオは、Android 8+ (Oreo 以上) デバイスで利用可能です。

Device registration fails as Company Portal installation is not detected on Jamf-managed Macs
  • Jamf で管理された Mac でポータル サイトのインストールが検出されないと、デバイスの登録が失敗する
    • Jamf セルフサービスでエラーが発生する Intune ポータル サイトの問題に対して警告が表示されました。これに遭遇した場合、解決する2つのオプションがあります。


以上です。
最後までお読みいただきありがとうございました。

【総合】お問い合わせ

ソリューションに関する全般的なお問い合わせはお気軽にご相談ください。

ピックアップ

セミナー情報
クラウドエンジニアブログ
clouXion
メールマガジン登録