クラウドエンジニアブログ

【定期便】3/23週 Azure の公開情報まとめ

渡邊 正和

渡邊 正和

みなさま、こんにちは!クラウドアーキテクトのワタナベです。

先週1週間 (2020/3/23-2020/3/29) 分の Azure の公開情報をお送りいたします。
パブリッククラウドは日々進化しており、1週間の内に新しい情報がたくさん生まれます。そのアップデート情報をまとめましたので、ご参考にしていただければと思います。
今週のアップデート情報は以下の通りとなります。
それでは、ご覧ください。

  • ※ 当ブログにて記載しております Microsoft 社の Web サイトの URL については、Microsoft 社側のリダイレクトの仕組みにより、お客様の閲覧環境に沿ったページに自動的にリダイレクトされることがございます。
    原文を参照される場合は、リダイレクトされた URL の ja-jp などの文字列を en-us に変更することで閲覧いただけます。


Azure の更新情報より

Azure Database for PostgreSQL—Three years reserved capacity is now available
  • Azure Database for PostgreSQL - 3年間の予約容量が利用可能になりました
    • Azure Database for PostgreSQL シングルサーバーの予約済み容量は、既存および将来の PostgreSQL サーバーの計算能力を 3年間予約できるようになりました。この価格設定オプションを使用すると、PostgreSQL サーバー vCore の通常の従量課金制オプションと比較して、65パーセントまで 3年間節約できます。

Integrate Azure Stream Analytics with Azure Machine Learning (in preview)
  • Azure Stream Analytics と Azure Machine Learning を統合する (プレビュー)
    • 機械学習モデルを Azure Stream Analytics ジョブのユーザー定義関数 (UDF) として実装し、ストリーミング入力データに対してリアルタイムのスコアリングと予測を行います。

Azure Security Center—Protection for Azure Kubernetes Service is now available
  • Azure Security Center - Azure Kubernetes サービスの保護が利用可能になりました
    • Azure Kubernetes サービス (AKS) を保護するため、Azure Security Center のコンテナーのセキュリティ機能を拡張しています。Security Center の防御には次のものが含まれます。
      • 検出と可視性 - Security Center に登録されているサブスクリプション内のマネージド AKS インスタンスを継続的に検出します。
      • セキュリティに関する推奨事項 - AKS のセキュリティに関するベストプラクティスに従うための実用的な推奨事項です。これらの推奨事項は、組織のセキュリティ体制の一部として確実に表示されるように、お客様のセキュリティ スコアに含まれています。AKS に関連する推奨事項の例としては、"ロールベースのアクセス制御を使用して、Kubernetes サービス クラスターへのアクセスを制限する必要があります" などが表示されます。
      • 脅威保護 - お客様の AKS デプロイの継続的な分析を通じ、ホストおよび AKS クラスター レベルで検出された脅威や悪意のあるアクティビティについてのアラートが Security Center から通知されます。

Azure Dedicated Hosts now provide support for Azure reservations
  • Azure Dedicated Hosts が Azure 予約のサポートを提供するようになりました
    • Azure Dedicated Host は、Windows および Linux 用の Azure Virtual Machines をホストするシングルテナントの物理サーバーを提供します。サーバー容量は他の顧客と共有されません。専用ホスト上で Lsv2、Msv2、Dasv4、および Easv4 Azure 仮想マシンを実行します。Dedicated Host の Azure 予約 (1 年または 3 年の条件) を購入して、従量課金制の料金と比較してコストを削減します。新しいハードウェアタイプを備えた新しい Azure Dedicated Host SKU も利用できるようになりました。

Azure Database for MySQL—Three years reserved capacity is now available
  • Azure Database for MySQL - 3年間の予約容量を利用できるようになりました
    • 既存および将来の MySQL サーバーのコンピューティング能力を予約するために、Azure Database for MySQL の予約容量の提供が開始されました。この価格オプションを使用すると、MySQL サーバー仮想コアの通常の従量課金制の支払いオプションと比較して、3年間で最大 65%のコストを節約できます。

Filesystem SDKs for Azure Data Lake Storage Gen2 now generally available
  • Azure Data Lake Storage Gen2 のファイルシステム SDK が一般提供になりました
    • Azure Data Lake Storage Gen2 用の Python、.NET、Java、および JS ファイルシステム SDK が、すべての Azure リージョンで一般利用可能になりました。

Azure Database for MariaDB reserved capacity pricing is now available
  • Azure Database for MariaDB の予約済み容量の料金が利用可能になりました
    • Azure Database for MariaDB の予約済み容量料金が利用可能になり、既存および将来の MariaDB サーバーのコンピューティングパワーを予約できるようになりました。3 年間で、MariaDB サーバーの vCore の通常の従量課金制オプションと比較して、最大 49%節約できます。

Unmanaged Azure Active Directory accounts update for March 2021
  • 2021年 3月移行、管理されていない Azure Active Directory アカウントに関するサポートを更新
    • 2021年 3月 31日以降、Microsoft は管理されていない Azure Active Directory (Azure AD) アカウントと B2B コラボレーションシナリオ用のテナントを作成することによる招待の引き換えをサポートしなくなります。これに備えて、電子メールのワンタイムパスコード認証を有効にすることをお勧めします。

Azure Functions Premium plan regional virtual network integration
  • Azure Functions Premium プランのリージョン仮想ネットワークの統合
    • Azure Functions Premium プランでのリージョン仮想ネットワーク統合の一般提供が開始されました。Premium プランでは、コールドスタートなし、仮想ネットワーク接続、より大規模なインスタンス サイズでサーバーレス関数アプリを実行できます。また、リージョン仮想ネットワーク統合の一般提供開始に伴い、次の機能も利用できるようになります。
      • アプリケーションから仮想ネットワークへのすべてのトラフィックを転送する機能。
      • ユーザー定義のルートとネットワーク セキュリティ グループを統合アプリケーションに適用するためのサポート。
      • リージョン仮想ネットワーク統合によって、プライベート リンクで保護されたプライベート リソースへのアクセスをサポート。
      • 統合仮想ネットワークでの RFC 1918 以外のアドレスのサポート。

Azure SDKs General Availability - March 2020
  • Azure SDK の一般提供 - 2020年 3月
    • Azure サービスを操作するための追加のライブラリが一般提供になりました。

Azure Sphere update 20.03 is now available
  • Azure Sphere アップデート 20.03 が利用可能になりました
    • Azure Sphere アップデート 20.03 が小売フィードで利用可能になりました。この更新には、Azure Sphere OS の拡張機能とバグ修正が含まれていますが、更新された SDK は含まれていません。

Data Factory adds Managed Identity and Service Principal to Data Flows Synapse staging
  • Data Factory は、マネージド ID およびサービスプリンシパルをデータフローシナプスステージングに追加します
    • ADF を使用してデータを変換する場合、データウェアハウスと ETL プロセスが完全に保護され、ビジネス関係者から提供された限られた時間枠で大量のデータをロードできることが不可欠です。ADF データフローは、このシナリオを完全にサポートするために、Synapse Analytics (以前の SQL DW) にロードするときに、データフローを備えたマネージド ID およびサービスプリンシパルのサポートを追加しました。

Flatcar Container Linux available in Azure Marketplace
  • Azure Marketplace での Flatcar Container Linux の提供
    • Flatcar Container Linux by Kinvolk が Azure Marketplace で提供開始されました。 Flatcar は、コンテナーに対する不変 Linux ディストリビューションであり、CoreOS Container Linux の互換性のあるフォークです。

Azure Container Registry support for Private Link now in preview
  • プライベートリンクの Azure Container Registry サポートがプレビューになりました
    • Azure Container Registry がプライベートリンクをサポートすることで、仮想ネットワーク内のリソースのネットワークトラフィックを制限します (プレビュー中) 。

Azure Functions Premium plan is now available in 16 new regions
  • Azure Functions Premium プランが 16 の新しいリージョンで利用可能になりました
    • Azure Functions Premium プランを使用して、コールドスタート、仮想ネットワーク接続、およびより大きなインスタンスサイズなしでサーバーレス関数アプリを実行します。このプランは、Windows ベースまたは Linux ベースのインスタンスでの実行をサポートしており、次の 16 の新しいリージョンで利用できます。


Microsoft Azure Blog より

How Azure Machine Learning service powers suggested replies in Outlook
  • Azure Machine Learning が Outlook で返信を提案する方法
    • メール送信時のユーザーの行動をより生産的かつ慎重に行うために、Outlook の Web バージョンと Outlook for iOS および Android アプリには、Azure Machine Learning を利用した新機能である返信候補が導入されています。迅速な応答で応答できる電子メールメッセージを受信すると、Outlook on the web および Outlook mobile は 3回の応答オプションを提案します。

Azure Container Registry Private Link support preview for virtual networks
  • 仮想ネットワーク用 Azure Container Registry Private Link のサポートのプレビュー
    • Azure Container Registry での Azure Private Link のプレビューのサポート開始をお知らせします。これは、Azure ネットワーク内のリソースのネットワーク トラフィックを制限する方法です。Private Link を使用すると、レジストリ エンドポイントにプライベート IP アドレスが割り当てられ、顧客定義の仮想ネットワーク内でトラフィックがルーティングされます。プライベート ネットワークのサポートは、お客様から寄せられる上位のご要望のうちの 1つであり、お客様はレジストリの Azure 管理を活用しながら、ネットワークのイングレスとエグレスを厳密に制御できるようになります。

Microsoft powers transformation at NVIDIA’s GTC Digital Conference
  • マイクロソフト、NVIDIA の GTC デジタル会議で変革を推進
    • 今年の GTC Digital では、NVIDIA GPU アクセラレーションを搭載した最も革新的なアプリケーションのいくつかにスポットライトを当て、エッジ、オンプレミス、クラウドコンピューティングへの取り組みを強調しています。登録は無料です。サインアップして、Microsoft が変革をどのように推進しているかをご確認ください。

Azure Dedicated Host: New capabilities and benefits
  • Azure Dedicated Host:新機能と利点
    • 昨年末に Microsoft は、Azure Dedicated Host の一般提供開始を発表しました。このブログでは、新機能、および Azure Dedicated Hosts プレビューを初めて導入した後に追加された機能に関する更新情報を提供します。

How Azure Machine Learning enables PowerPoint Designer
  • Azure Machine Learning で PowerPoint Designer を有効にする仕組み
    • PowerPoint Designer の成長と改善に取り組んでいるデータサイエンスチームは、応用機械学習とソフトウェアエンジニアリングのさまざまなバックグラウンドを持つ 5人のデータサイエンティストで構成されています。彼らは、AI スペースの壁をさらに押し上げ、全員のプレゼンテーションデザインをよりインパクトと労力のないものにするツールを提供するよう努めています。彼らは、PowerPoint Designer の背後にある取り組みの一部を共有しました。これにより、この強力な機能の詳細を確認できます。

Keeping your cloud deployments secure during challenging times
  • 困難な時期にクラウド展開を安全に保つ
    • COVID-19 に対抗するために世界が集まり、リモート作業が多くの企業にとって重要な機能になるにつれて、より多くのリモートワーカーがクラウドアセットにアクセスできるようにしながら、クラウドアセットのセキュリティポスチャを最適に維持する方法をお客様から尋ねられました。本ブログ記事では、実行する必要があるアクションの優先順位付けに役立つように、リモートワーカーの 3つの一般的なシナリオと、Azure Security Center のセキュリティコントロールを活用してこれらのシナリオに関連する推奨事項に優先順位を付ける方法をご紹介します。

Azure Government Secret accredited at DoD IL6, ICD 503 with IaaS and PaaS
  • DoD IL6、ICD 503、IaaS および PaaS で認定された Azure Government Secret
    • Azure Government Secret は、国防総省のインパクトレベル6 (IL6) とインテリジェンスコミュニティ指令 (IDC) 705 の設備と共に ICD 503 で暫定認可 (PA) を取得しました。また、国家安全保障ミッションのために、独自の脅威に先んじて、より高い可用性を実現するために、第3 の地域を発表しています。米国政府のニーズに特化して構築され、クリアした米国市民によって運営される Azure Government Secret は、重要なデータへの信頼性の高いアクセスを可能にしながら、機密のワークロードのセキュリティと整合性を維持するための専用リージョンを提供します。機密ネットワークにネイティブに接続された初のクラウドである Azure Government Secret は、お客様がプライベートで回復力のある高帯域幅接続のオプションを活用できるようにします。

Azure Cost Management + Billing updates – March 2020
  • Azure Cost Management + Billing のアップデート – 2020年 3月
    • 今月の更新は、すべての従量課金 (Pay-as-you-go) 請求書を管理するための改善から、お金を節約する 4つの新しい方法、コストを管理し最適化する方法を学ぶのに役立つ豊富な新しいクイックビデオまで、さまざまな分野をカバーしています。

Microsoft is expanding the Azure Stack Edge with NVIDIA GPU preview
  • Microsoft は NVIDIA GPU プレビューを使用して Azure Stack Edge を拡張しています
    • GPU Technology Conference (GTC Digital) で発表された、NVIDIA T4 Tensor Core GPU プレビューを使用した Microsoft Azure Stack Edge の拡張についてお知らせします。Azure Stack Edge はクラウドマネージド アプライアンスで、Azure のコンピューティング、ストレージ、機械学習の機能をエッジで利用することができ、ローカルでの分析と分析情報の入手をすばやく行うことができます。NVIDIA GPU が搭載されており、さまざまな機械学習 (ML) ワークロードでハードウェア アクセラレーションを実現することができます。


Announcing general availability of incremental snapshots of Managed Disks
  • Managed Disks の増分スナップショットの一般提供を発表
    • Azure Managed Disks の増分スナップショットの一般提供開始をお知らせします。増分スナップショットは、マネージド ディスクのコスト効率に優れたポイントインタイムのバックアップです。フルサイズに対して課金される現在のスナップショットとは異なり、増分スナップショットは、前回のスナップショット以降のディスクの差分変更に対して課金されます。また、親ディスクのストレージの種類に関係なく、コスト効率の高いストレージである Standard HDD ストレージに常に格納されます。さらに信頼性を高めるために、増分スナップショットは、ZRS をサポートするリージョン内のゾーン冗長ストレージ (ZRS) に既定で格納されます。


Update #2 on Microsoft cloud services continuity
  • Microsoft クラウドサービスの継続性に関する更新 #2
    • 先週のアップデート以降、グローバルなヘルスパンデミックは、すべての組織 (大小を問わず) の従業員とそれらがサービスを提供する顧客に影響を与え続けています。誰もが絶え間なく努力して、すべてのお客様、特に世界中の重要な安全衛生組織をサポートし、この前例のない時間の間に業務を維持するために必要なクラウドサービスを提供しています。同様に、マイクロソフトは接続を維持し、リモートで作業およびプレイすることを Microsoft に依存している何億人もの人々をサポートするサービスを提供することに尽力しています。今週のアップデートでは、これらの重要な問い合わせに対処するための洞察とともに、お客様やパートナーから寄せられたよくある質問を共有します。


Our commitment to customers and Microsoft cloud services continuity
  • お客様とマイクロソフトクラウドサービスの継続性への取り組み
    • 過去数週間にわたって、私たち全員が集まり、世界的な健康大流行と戦っています。このブログでは、この数週間で学んだこと、これらの時代を通じて組織が管理するのに役立つリソース、重要なファーストレスポンダーと緊急組織のサポート、および管理するための基準について少し共有したいと考えました。



Intune Customer Success より

Support Tip: PowerShell Script now Available for iOS Passcode Reset Token Known Issue
  • サポートのヒント: iOS パスコード リセット トークンの既知の問題に対して PowerShell スクリプトが利用可能になりました
    • Intune では最近、MC203629 の既知の問題を共有しました。これにより、iOS 13 以降に登録されているデバイスの約 1%が、パスコードのリセットに必要なトークンを返しません。Apple は 13.3.1 以降でこのバグに対処しましたが、13.3.1 にアップデートするだけではすでに登録されているデバイスを修正できません。パスワードリセットトークンのないデバイスは、13.3.1 に更新してから、サービスの登録を解除して再登録する必要があります。



Official Microsoft Blog より

Microsoft announces agreement to acquire Affirmed Networks to deliver new opportunities for a global 5G ecosystem
  • マイクロソフトが Affirmed Networks を買収し、グローバル 5G エコシステムに新たな機会を提供することを発表
    • マイクロソフトでは、5G への移行を続ける電気通信業界を強化し、ネットワーク機器メーカーとオペレーターの両方が、より速く、より簡単で、費用効果の高いソリューションを見つけるための取り組みをサポートする予定です。本日、Affirmed Networks を取得するための最終合意に署名したことをお知らせいたします。Affirmed Networks の完全に仮想化されたクラウドネイティブのモバイルネットワークソリューションにより、通信事業者はネットワーク運用を簡素化し、コストを削減し、新しい収益を生み出すサービスを迅速に作成および開始できます。


以上です。
最後までお読みいただきありがとうございました。

【総合】お問い合わせ

製品・サービスに関するお問い合わせはお気軽にご相談ください

ピックアップ

セミナー情報
クラウドエンジニアブログ
clouXion
メールマガジン登録