クラウドエンジニアブログ

【定期便】3/2週 Azure の公開情報まとめ

渡邊 正和

渡邊 正和

みなさま、こんにちは!クラウドアーキテクトのワタナベです。

先週1週間(2020/3/2-2020/3/8)分の Azure の公開情報をお送りいたします。
パブリッククラウドは日々進化しており、1週間の内に新しい情報がたくさん生まれます。そのアップデート情報をまとめましたので、ご参考にしていただければと思います。

今週のアップデート情報は以下の通りとなります。
それでは、ご覧ください。

  • ※ 当ブログにて記載しております Microsoft 社の Web サイトの URL については、Microsoft 社側のリダイレクトの仕組みにより、お客様の閲覧環境に沿ったページに自動的にリダイレクトされることがございます。
    原文を参照される場合は、リダイレクトされた URL の ja-jp などの文字列を en-us に変更することで閲覧いただけます。


Azure の更新情報より

Azure DevTest Labs—Security alerts for lab environments
  • Azure DevTest Labs - ラボ環境のセキュリティアラート
    • Azure DevTest Service を通じてデプロイされた Azure リソース管理環境の Azure Security Center アラートを表示します。 この機能により、すべてのセキュリティ関連の警告と推奨事項を最新の状態に保ち、環境のセキュリティを確保できます。

Azure Database for PostgreSQL—Planned maintenance notifications now in preview
  • Azure Database for PostgreSQL - 予定されているメンテナンス通知のプレビュー
    • Azure Database for PostgreSQL — Single Server の予定されているメンテナンス通知機能は現在プレビュー中です。この機能を使用して、Azure Database for PostgreSQL の今後予定されているメンテナンスに関するアラートを受信します。

Backup Reports is now in preview
  • バックアップレポートは現在プレビュー中です
    • Azure Backup は、新しく改善されたレポートソリューションをリリースしました。バックアップレポートを使用すると、長期間にわたってデータを集約することにより、バックアップに関する豊富な洞察を得ることができます。

Azure IoT Python SDK v2—New improvements are now available
  • Azure IoT Python SDK v2 - 新しい改善が利用可能になりました
    • Azure IoT Python SDK v2 がリリースされ、主要な新しい改善が加えられました。バージョン 2.1.0 には、2つの注目すべき変更が含まれています。

NVv4-Series VMs are now Generally Available
  • NVv4 - Series VM が正式リリース
    • NVv4 VM は現在、米国中南部およびヨーロッパ西部の地域で一般利用可能です。

Azure Security Center supports integration with Azure Monitor alerts
  • Azure Security Center は、Azure Monitor アラートとの統合をサポートします
    • Azure Security Center は、Azure Monitor アラートとの統合をサポートするようになりました。セキュリティセンターから Log Analytics Workspace への継続的なエクスポート機能を活用して、セキュリティセンターからエクスポートされた推奨事項とアラートの Azure Monitor ログアラートルールを構成します。その後、Azure Monitor でアラートとして直接反映されます。また、アラートルールを構成してアクショングループをトリガーし、Azure Monitor でサポートされている自動化シナリオを有効にすることができます。

Azure Cosmos DB free tier is now available
  • Azure Cosmos DB 無料利用枠が利用可能になりました
    • 新しい Azure Cosmos DB 無料利用枠を使用すると、サービスの開始がこれまでになく簡単になります。これを使用して、アプリケーションの開発とテスト、本番環境での小さなワークロードの無料実行、または単純に Azure Cosmos DB アカウントに割引を適用します。Azure Cosmos DB アカウントで無料利用枠を有効にすると、アカウントの有効期間中、最初の 400 RU / s と 5 GB のストレージが無料で取得できます。さらに、共有スループットデータベースを使用する場合、データベースレベルで 400 RU / s を共有する最大25個のコンテナーを作成できます。Azure サブスクリプションごとに最大 1つの無料利用枠アカウントがあり、アカウントの作成時にオプトインする必要があります。

Azure Cosmos DB—Limit of 25 collections per database
  • Azure Cosmos DB — データベースあたり 25 コレクションの制限
    • 共有データベーススループットを使用する Azure Cosmos DB アカウントは、データベースあたり 25コレクションに制限されるようになりました。これにより、コレクション間でのスループットの共有が改善されます。共有スループットで追加のデータベースを作成し、コレクションを追加するか、専用スループットで同じデータベースにコレクションを追加します。

Virtual machine scale sets now simpler to manage
  • 仮想マシンのスケールセットの管理がより簡単になりました
    • Azure の仮想マシンスケールセットの全体的な管理を簡素化する 3つの新しい機能が利用可能になりました。

Data Factory adds Flatten transformation, single-row lookups, and updated UI for container activities
  • Data Factory は、コンテナアクティビティの Flatten 変換、単一行ルックアップ、および更新された UI を追加します
    • Azure Data Factory はデータフロー変換に新しい更新を追加します。

Azure Site Recovery mobility service automated deployment using JetPatch
  • JetPatch を使用した Azure Site Recovery モビリティ サービスの自動展開
    • オンプレミスの VMware 仮想マシンおよび物理サーバー用の JetPatch を使用して、Azure Site Recovery モビリティサービスの展開を自動化します。

Vulnerability scanning for images in Azure Container Registry is now generally available
  • Azure Container Registry のイメージの脆弱性スキャンが一般提供されました。
    • Azure Container Registry に保存されているイメージの脆弱性スキャンが、Azure Security Center で一般利用可能になりました。この機能は、情報セキュリティの大手プロバイダーである Qualys によって強化されています。イメージを Container Registry にプッシュすると、Security Center が自動的にイメージをスキャンし、パッケージ内の既知の脆弱性またはファイルで定義された依存関係を確認します。スキャンが完了すると (約 10分後)、セキュリティセンターは、検出された各脆弱性の詳細とセキュリティ分類を提供し、問題を修正して脆弱な攻撃対象を保護する方法に関するガイダンスを提供します。

PowerShell 7.0 is now generally available
  • PowerShell 7.0 が一般公開されました
    • PowerShell の次のメジャーリリースである PowerShell 7.0が利用可能になりました。この最新リリースにより、PowerShell は真のクロスプラットフォーム自動化ツールおよび構成フレームワークになります。PowerShell 7では、新しいコマンドレット / API とバグ修正に加えて、次のような多くの新しい機能が利用可能になりました。

Updates to Azure HDInsight
  • Azure HDInsight の更新プログラム
    • マイクロソフトは現在、Apache 分析プロジェクトの配布を社内で完全にサポートしています。また、プロビジョニングと管理のエクスペリエンスの向上、予約インスタンスの価格、優先度の低い仮想マシン (VM)、自動スケールを備えた次世代の HDInsight を間もなく開始します。

Azure Site Recovery update rollup 45—March 2020
  • Azure Site Recovery 更新プログラムのロールアップ 45 — 2020 年 3 月
    • この更新プログラムは、以下の Azure Site Recovery コンポーネントの最新バージョンの修正プログラムとダウンロードリンクを提供します。
      • Windows Server、CentOS、および Ubuntu マシン用の Site Recovery 統合セットアップおよび Site Recovery モビリティエージェント (両方ともバージョン 9.32.5487.1)。これは、Azure 仮想マシン (VM) レプリケーション、およびオンプレミス VMware 仮想マシンと物理サーバーの Azure へのレプリケーションに使用されます。
      • Site Recovery 構成サーバー OVF テンプレート (バージョン 5.1.5400.0)。これは、オンプレミスの VMware 仮想マシンと物理サーバーの Azure へのレプリケーションに使用されます。
      • Site Recovery プロバイダー (バージョン 5.1.5400.0)。これは、Hyper-V 仮想マシンの Azure へのレプリケーションに使用されます。
      • Recovery Services エージェント (バージョン 2.0.9165.0)。これは、Hyper-V 仮想マシンの Azure へのレプリケーションに使用されます。

Azure Cosmos DB—Save up to 33 percent on multi-master accounts
  • Azure Cosmos DB - マルチマスターアカウントで最大 33% 節約
    • 新しい Azure Cosmos DB アカウントを作成するお客様は、マルチリージョン書き込み (マルチマスター) を有効にするアカウントに対して最大 33% の割引価格を取得できるようになりました。この価格設定を利用するには、Azure ポータルにアクセスして、マルチリージョン書き込みが有効になっている新しいアカウントを作成してください。

Active Directory for authentication on SMB access to Azure File in preview
  • Azure Files への SMB アクセスについて、Active Directory 認証がプレビュー中
    • Azure Files Active Directory 認証は現在プレビュー中です。オンプレミスとまったく同じアクセス制御エクスペリエンスを備えた Azure AD 資格情報を使用して、Azure ファイルをマウントします。

【404】Azure SQL Database managed instance now enforces TLS 1.2 on outbound connections
  • Azure SQL Database マネージド インスタンスが送信接続に TLS 1.2 を適用するようになりました
    • 2020 年 1 月に、マイクロソフトはすべての Azure サービスでサービス内トラフィックに TLS 1.2 を適用しました。Azure SQL Database マネージ インスタンスの場合、レプリケーションおよびリンク サーバーの SQL Server への接続に使用される送信接続に TLS 1.2 が適用されました。

New features in Azure Cosmos DB Jupyter notebooks are now in preview
  • Azure Cosmos DB Jupyter ノートブックの新機能がプレビュー中になりました
    • Azure Cosmos DB には、組み込みの Jupyter ノートブックのプレビューで利用できるいくつかの新機能が用意されており、開発者やデータ サイエンティストが Azure Cosmos DB データを簡単に分析および視覚化できるようになりました。

Azure Database for MariaDB—Planned maintenance notifications now in preview
  • Azure Database for MariaDB — 計画中のメンテナンス通知がプレビュー中
    • Azure Database for MariaDB の予定されているメンテナンス通知機能は現在プレビュー中です。この機能を使用して、Azure Database for MariaDB の今後の計画的なメンテナンスに関するアラートを受信します。

Web Application Firewall with Azure Front Door service now supports exclusion lists
  • Azure Front Door サービスの Web アプリケーションファイアウォールが除外リストをサポートするようになりました
    • Web アプリケーションファイアウォールの除外リストを使用すると、特定の要求属性をルール評価から除外できます。これらを使用して、アプリケーションの Web アプリケーションファイアウォールポリシーを微調整できます。除外のためにサポートされる属性には、リクエストヘッダー、クッキー、クエリ文字列、およびポスト引数が含まれます。管理対象ルールセット内のすべてのルール、特定のルールグループのルール、または単一のルールに除外リストを適用します。除外リストは、PowerShell、Azure CLI、REST API、または Azure ポータルを使用して構成できます。

Azure Cosmos DB logical partition size increased to 20 GB
  • Azure Cosmos DB の論理パーティションサイズが 20 GB に増加
    • Azure Cosmos DB は、顧客の論理パーティションのサイズを 20 GB に増やし、10 GB から倍増しました。このサイズの増加により、顧客はデータのパーティションキーをより柔軟に選択できるようになります。

Automatic instance repairs for Azure virtual machine scale sets now in preview
  • Azure 仮想マシンスケールセットの自動インスタンス修復がプレビュー中になりました
    • Azure 仮想マシンスケールセットは、アプリケーションの正常性状態に基づいて、異常なインスタンスを自動的に修復する機能を提供するようになりました。

Azure Database for MySQL—Planned maintenance notification now in preview
  • Azure Database for MySQL — 計画中のメンテナンス通知がプレビュー中
    • Azure Database for MySQL の予定されているメンテナンス通知機能は現在プレビュー中です。この機能を使用して、Azure Database for MySQL の今後予定されているメンテナンスのアラートを受信します。

Improved resource governance for Azure Analysis Services
  • Azure Analysis Services のリソースガバナンスの改善
    • 本日、Azure Analysis Services のメモリガバナンスオプションに関する 2つの機能強化のリリースを発表します。具体的には、この機能強化により、Memory \ QueryMemoryLimit サーバープロパティおよび DbpropMsmdRequestMemoryLimit 接続文字列プロパティの精度が向上します。DAX クエリによって構築されるメモリスプールを制限するために、2018年 6月にこれらのプロパティを導入しました。拡張機能は MDX クエリにも対応するようになったため、すべてのクエリを効果的にカバーし、メモリスプールに限定されなくなりました。完全なクエリカバレッジと精度の向上により、高価なクエリに関連するメモリ消費をより詳細に制御できるようになり、Azure Analysis Services サーバーにクエリを送信するすべてのユーザーに高品質のサービスを保証できます。

Azure Cosmos DB free tier is now available
  • Azure コスモス DB 無料利用枠が利用可能になりました
    • 新しい Azure Cosmos DB 無料利用枠を利用すると、サービスを開始する方がこれまで以上に簡単になりました。アプリケーションの開発とテスト、運用環境での小規模なワークロードの無料での実行、または Azure Cosmos DB アカウントへの割引の適用に使用します。

NDv2-Series VMs are now Generally Available
  • NDv2 シリーズ VM が正式リリース
    • ハイエンドのディープラーニングトレーニングおよび HPC ワークロード用の NDv2 GPU VM は、米国東部、米国南部、および西ヨーロッパで一般的に利用可能になりました。


Microsoft Azure Blog より

IoT Signals healthcare report: Key opportunities to unlock IoT’s promise
  • IoT Signal ヘルスケアレポート : IoT の約束を引き出す重要な機会
    • 本日、ヘルスケア業界に焦点を当てた新しい IoT Signal レポートを立ち上げ、IoT の採用状況に関する業界の動向を紹介します。この調査により、パートナーや顧客により良いサービスを提供できるようになり、ヘルスケアリーダーが独自の IoT 戦略を開発できるようになります。採用率、関連技術のトレンド、課題、および IoT の利点など、IoT エコシステムの業界レベルのビューを提供するために、複数の国の企業医療組織の 152人の意思決定者を調査しました。

Reimagining healthcare with Azure IoT
  • Azure IoT を使用した医療の再考
    • プロバイダー、支払者、医薬品、ライフサイエンス企業は、接続デバイスを活用して、ヘルスケアのイノベーションの次の波をリードしています。このブログでは、当社のポートフォリオがソフトウェア開発者、ハードウェア開発者、およびヘルスケア顧客のさまざまな IoT ソリューションニーズをどのようにサポートできるかについて説明します。また、ヘルスケアソリューションビルダー向けの新製品の更新、サンプルソリューションアーキテクチャのレビュー、革新的なヘルスケアソリューションを構築するためのさまざまなアプローチを示す 2つのケーススタディを紹介します。

Azure HDInsight and Azure Database for PostgreSQL news
  • Azure HDInsight および Azure Database for PostgreSQL ニュース
    • 私たちは、お客様のオープンソースの旅においてより良いサービスを提供するための新しい方法を常に模索しています。私たちのコミットメントは、オープンソースが提供しなければならない革新を、Azure のグローバルなリーチとスケールと組み合わせることです。今日、私たちはお客様のオープンソースの革新を加速するためにいくつかの重要なアップデートを共有できることを楽しみにしています。

Azure IoT Introduces seamless integration with Cisco IoT
  • Azure IoT が Cisco IoT とのシームレスな統合を導入
    • Azure IoT と Cisco IoT の両方が産業 IoT 市場のリーダーとして知られているため、企業が迅速に必要とする必要なソフトウェア、ハードウェア、クラウドサービスを提供する統合 Azure IoT ソリューションの可用性を共有するべくチームを組むことにしました。IoT イニシアチブを立ち上げ、ビジネス価値を迅速に実現します。

Data agility and open standards in health: FHIR fueling interoperability in Azure
  • 健康におけるデータのアジリティとオープンスタンダード:Azure の相互運用性を高める FHIR
    • 健康データが FHIR のオープンフォーマットで機能するようになると、健康の未来に向けて革新が進みます。FHIR 用の Microsoft Azure API は 2019年 11月に一般提供され、Azure は FHIR 形式のヘルスデータ用の完全に管理されたエンタープライズクラスのサービスを備えた最初のクラウドとなりました。それ以来、FHIR API のセキュリティが追加されたクラウドで PHI のエンドツーエンドパイプラインを簡単に展開できるように、お客様と積極的に協力してきました。家庭環境での遠隔患者監視や臨床試験から診療所や研究チームまで、信頼できる環境でデータがシームレスに流れる必要があります。Microsoft は、FHIR API のオープンで安全なフレームワークを活用するシームレスなデータフローにより、データのアジリティを強化しています。

Announcing preview of Backup Reports
  • バックアップ レポートのプレビューを発表
    • 本日、バックアップレポートの公開プレビューを発表いたします。バックアップレポートは、Azure Monitor Logs と Azure Workbooks を活用して、使用状況の追跡、バックアップと復元の監査、粒度の異なるレベルでの主要な傾向の特定のためのワンストップ宛先として機能します。


Enterprise Mobility + Security より

Microsoft Endpoint Manager expands ecosystem of VPN partners to support customer needs
  • Microsoft Endpoint Manager は、VPN パートナーのエコシステムを拡張して、顧客のニーズをサポートします
    • Microsoft Endpoint Manager を使用すると、VPN 接続プロファイルを作成して、組織内のユーザーとデバイスに VPN 設定を割り当て、組織のネットワークに簡単かつ安全に接続できます。リモートモバイルエンドポイントと企業ネットワーク間の接続を保護するために、Microsoft がサポートするいくつかの異なるシナリオを本ブログ記事でご紹介します。


Intune Customer Success より

Managing BitLocker in the enterprise using Microsoft Endpoint Manager
  • Microsoft Endpoint Manager を使用した企業内の BitLocker の管理
    • 2019年 11月、Microsoft Intune と Configuration Manager の統合された統合管理プラットフォームへの統合を発表しました。BitLocker 管理をオンプレミスに展開したいお客様は、MBAM を展開せずに Configuration Manager を使用して展開できます。また、オンプレミスインフラストラクチャを維持せずに Microsoft Intune クラウドサービスを使用して BitLocker を管理することを希望するお客様もサポートします。 さらに、キーローリングが Windows 10バージョン 1909に完全に統合され、Microsoft Endpoint Manager の BitLocker 管理への投資により、昨年 5月に最初に投稿した BitLocker 管理ロードマップの更新を提供します。

App Protection Policy data protection framework
  • アプリ保護ポリシーのデータ保護フレームワーク
    • 組織でモバイルの使用が普及するにつれて、データ漏洩シナリオから保護する必要性も高まります。アプリ保護ポリシー (APP) は、データ保護、アクセス要件、条件付き起動動作を通じて職場または学校のアカウントデータを保護するのに役立ちます。詳細については、アプリ保護ポリシーの概要をご覧ください。


Official Microsoft Blog より

Women as allies for women: Understanding intersectionality
  • 女性の味方としての女性:インターセクショナリティの理解
    • 職場での女性の雇用、定着、代表および開発を増加させるために、企業は多様性の中の多様性を意識するために意図的で説明責任がなければなりません。職場での女性の代表を増やすための従来の戦略は、共通の課題も経験していない人にほとんど利益をもたらしています。好奇心をそそり、交差性のレンズを通して女性の生きた経験を探求することにより、根本原因について、そしてすべての人のための体系的なソリューションを生成する方法を見つけることについて、より正確になります。

Microsoft for Healthcare: Empowering our customers and partners to provide better experiences, insights and care
  • Microsoft for Healthcare:お客様とパートナーがより良い体験、洞察、ケアを提供できるようにします
    • マイクロソフトのヘルスケアにおける私たちの目標は、今日のヘルスケア業界が直面している複雑な課題に人々と組織が対処できるようにすることです。信頼できるテクノロジープロバイダーとして、お客様やパートナーと共同で革新し、協力することで、これを実現します。今日、私たちは、最も一般的かつ持続的な健康とビジネスの課題への対処を支援することを目的とした、マイクロソフトの最新のイノベーションの進捗状況を共有します。


以上です。
最後までお読みいただきありがとうございました。

【総合】お問い合わせ

ソリューションに関する全般的なお問い合わせはお気軽にご相談ください。

ピックアップ

セミナー情報
クラウドエンジニアブログ
clouXion
メールマガジン登録