クラウドエンジニアブログ

【定期便】12/23 & 12/30週 Azure の公開情報まとめ

渡邊 正和

渡邊 正和

みなさま、こんにちは!クラウドアーキテクトのワタナベです。

先週1週間(2019/12/23-2020/1/5)分の Azure の公開情報をお送りいたします。
パブリッククラウドは日々進化しており、1週間の内に新しい情報がたくさん生まれます。そのアップデート情報をまとめましたので、ご参考にしていただければと思います。

今週のアップデート情報は以下の通りとなります。
それでは、ご覧ください。

  • ※ 当ブログにて記載しております Microsoft 社の Web サイトの URL については、Microsoft 社側のリダイレクトの仕組みにより、お客様の閲覧環境に沿ったページに自動的にリダイレクトされることがございます。
    原文を参照される場合は、リダイレクトされた URL の ja-jp などの文字列を en-us に変更することで閲覧いただけます。

Azure の更新情報より

Improvements to Azure Monitor for containers could impact your queries
  • コンテナー用の Azure Monitor の機能強化がクエリに影響を与える可能性がある
    • コンテナーエージェント用の新しい Azure モニターバージョン ciprod12042019 では、リソース使用量とデータ量の最適化が大幅に改善され、コストの削減に役立てられます。これらの機能強化の一環として、ContainerLog テーブルの Name フィールドとイメージフィールドのコレクションを無効にしました。 そのため、関連する既存のクエリを変更するか、これらのプロパティのコレクションを再度有効にする必要があります。

Azure Migrate now supports assessment of physical servers
  • Azure Migrate で物理サーバーの評価がサポートされるようになりました
    • VMware および Hyper-V サーバーの既存のサポートに加えて、Azure Migrate のプレビューで物理サーバーを評価するサポートを利用できるようになりました。物理サーバー用のアプライアンスは、既存の Windows サーバーにインストールできます。


Intune Customer Success より

Generate & gather Windows 10 MDM client logs and diagnostics
  • Microsoft Endpoint ManagerでWindows 10 MDM のトラブルシューティングを行う場合、ほとんどの状況で非常に役立つ少数のクライアントログと診断情報があります。多くの場合、サポートとお客様が1つずつピースを要求することを何度も繰り返します。関係者全員が少し簡単にするために、非常に簡単な PowerShell スクリプトを作成しました。このスクリプトは、役立つ情報を一度に収集します。新しい MDMDiag レポートを生成し、レジストリから PolicyManager をダンプし、いくつかのイベントログをエクスポートし、OS SKU やバージョン情報などを含む多数の DeviceManagement 詳細を取得します。このすべてが ZIP ファイルにまとめられているので、もう少し掘り下げたり、送信したりするのが簡単です。

Azure の更新情報より

Azure Bastion now generally available in East US 2 and West US 2
  • Azure Bastion が米国東部2と米国西部2で一般的に利用可能になりました
    • Azure Bastion は、米国東部2と米国西部2の2つの Azure パブリッククラウドリージョンで一般的に利用できるようになりました。今後もリージョンを追加していきます。Azure Bastion はマネージド PaaS サービスであり、仮想マシンにパブリック IP を使用せずに、SSL を介して Azure ポータルで直接仮想マシンに安全でシームレスな RDP / SSH 接続を提供します。

Azure Red Hat OpenShift region expansion
  • Azure Red Hat OpenShift リージョン拡張
    • Azure Red Hat OpenShift は、ブラジル南部、中部インド、日本東部、韓国中部、米国中北部、南アフリカ北部で一般提供開始となりました。

Azure spot virtual machine meter changes
  • Azure Spot 仮想マシンメーターの変更
    • スケールセットの低優先度仮想マシン(VM)は Azure スポット VM に置き換えられ、2020年2月3日に廃止されます。その結果、リソース GUID(メーター ID とも呼ばれます)および Azure 低優先度仮想の名前スケールセットのマシンはその日に変更されます。

Service-aided subnet configuration for managed instance in Azure SQL Database is now available
  • Azure SQL Database のマネージドインスタンスのサービス支援サブネット構成が利用可能になりました
    • 顧客のセキュリティおよび管理性の要件に対処するため、Azure SQL Database のデプロイ機能であるマネージドインスタンスは、手動からサービス支援サブネット構成に移行しています。サービスを利用したサブネット構成では、マネージドインスタンスが管理トラフィックの中断のないフローを保証しながらデータトラフィックを制御します。この構成により、ネットワークセキュリティポリシーも改善されます。

The new Power BI filter pane goes live in all reports
  • 新しい Power BI フィルターペインは、すべてのレポートで公開されます
    • 新しいフィルターペインは、2020年4月にすべてのレポートで表示されます。今すぐオンにして、レポートの書式を微調整してください。


Microsoft Azure Blog より

Advancing no-impact and low-impact maintenance technologies
  • 影響の無い・影響の少ないメンテナンス技術の推進
    • 今日は、ホットパッチ、メモリ保全メンテナンス、ライブマイグレーションなど、影響のない更新と低影響の更新のテクノロジーのために行った投資をダブルクリックしたいと考えました。過去1年間に多数のセキュリティおよび信頼性に関する修正プログラムを導入し、その多くは顧客への影響やダウンタイムなしで実装されました。


以上です。
最後までお読みいただきありがとうございました。
>

【総合】お問い合わせ

ソリューションに関する全般的なお問い合わせはお気軽にご相談ください。

ピックアップ

セミナー情報
クラウドエンジニアブログ
clouXion
メールマガジン登録