クラウドエンジニアブログ

【定期便】10/7週 Azure の公開情報まとめ

渡邊 正和

渡邊 正和

みなさま、こんにちは!クラウドアーキテクトのワタナベです。

先週1週間(2019/10/7-2019/10/13)分の Azure の公開情報をお送りいたします。
パブリッククラウドは日々進化しており、1週間の内に新しい情報がたくさん生まれます。そのアップデート情報をまとめましたので、ご参考にしていただければと思います。

今週のアップデート情報は以下の通りとなります。
それでは、ご覧ください。

  • ※ 当ブログにて記載しております Microsoft 社の Web サイトの URL については、Microsoft 社側のリダイレクトの仕組みにより、お客様の閲覧環境に沿ったページに自動的にリダイレクトされることがございます。
    原文を参照される場合は、リダイレクトされた URL の ja-jp などの文字列を en-us に変更することで閲覧いただけます。

Azure の更新情報より

New reference data options in Stream Analytics—SQL Managed Instance and SQL Server on VM
  • Stream Analytics の新しい参照データ オプション - VM 上の SQL Managed Instance と SQL Server
    • Stream Analytics ジョブの参照データ入力として、Azure SQL Database Managed Instance、または仮想マシンで実行されている SQL Server を構成できるようになりました。

Azure Application Insights is now available in the Brazil South region
  • Azure Application Insights がブラジル南部地域で利用可能になりました
    • Azure Application Insights は、ブラジル南部地域で一般利用可能になりました。

Azure DNS private zones is now generally available
  • Azure DNS プライベートゾーンが一般利用可能になりました
    • Azure DNS プライベートゾーンの一般提供を発表します。このリリースには、いくつかのバグ修正が含まれており、パブリックプレビューにあった制限が削除されています。Azure DNS プライベートゾーンは本番環境に対応し、Azure DNS SLA によってサポートされています。

Azure Data Factory—Mapping Data Flows is now generally available
  • Azure Data Factory - データフローのマッピングが一般提供開始されました
    • データフローのマッピングが一般提供されました。この新しい機能により、カスタムコードを使用して外部実行エンジンに変換ロジックを構築する必要がなく、コードを必要としないビジュアルデータ変換が Azure Data Factory に提供されます。

Azure Analysis Services QPU AutoScale is now available
  • Azure Analysis Services QPU AutoScale が利用可能になりました
    • Azure Analysis Services QPU AutoScale の実装により、AAS インスタンスのカスタマイズ可能な自動スケーリングが可能になります。ワークロードの必要に応じて、階層を自動的にスケールアップおよびスケールダウンし、クエリレプリカを追加および削除することにより、インスタンスの適切なリソース可用性を確保しながら、コストを削減できます。

Azure Data Factory Mapping Data Flows GA
  • Azure Data Factory マッピングデータフロー GA
    • Azure Data Factory の新しいマッピングデータフロー機能により、データエンジニアはクラウド内で大規模にデータ変換を視覚的に設計、デバッグ、管理、および運用化できます。マッピングデータフローの追加により、ADF はクラウド内のスケールアウト ETL に対するデータエンジニアのワンストップサービスになります。

Updates to Azure Cost Management—September 2019
  • Azure Cost Management の更新 - 2019年9月
    • Azure Cost Managementの新しい更新により、現在の支出、どこで、どのように将来を計画するかをよりよく理解できます。 これらの更新により、次のことが可能になります。
      • 新しい請求書詳細ビューで請求済み請求を調整
      • 管理グループのエクスポートにより、サブスクリプション全体のレポートを自動化
      • コスト管理ラボの更新のアラートを取得し、フィードバックを共有
      • コスト分析機能でカスタマイズしたビューを保存して共有
      • チャートをダウンロードして、Azureポータルの外部でビューを共有
      • Azure でお金を節約する新しい方法の提示
      • Azure Cost Management ドキュメントの更新に関するアラートの取得

New output options in Azure Stream Analytics—SQL Managed Instance and SQL Server on VM
  • Azure Stream Analytics 分析の新しい出力オプション - VM 上の SQL Managed Instance と SQL Server
    • Stream Analytics ジョブの出力として、Azure SQL Database Managed Instance、または仮想マシンで実行されている SQL Server を構成できるようになりました。

Azure Monitor Log Analytics retention is now configurable by data type
  • Azure Monitor Log Analytics の保持をデータタイプごとに構成できるようになりました
    • Azure Monitor Log Analytics のデータ保持は、ワークスペース全体の保持設定を1つだけではなく、データタイプごとに構成できるようになりました。

Azure API Management update—October 2019
  • Azure API Management の更新 - 2019年10月
    • 2019年10月3日に Azure API 管理サービスの定期的な更新が開始され、次の新機能、バグ修正、および変更、およびその他の機能強化が含まれています。更新プログラムを徐々にデプロイし、アクティブな API Management サービスインスタンスの受信には1週間以上かかることに注意してください。

Execute Azure Machine Learning service pipelines in Azure Data Factory pipelines
  • Azure Data Factory パイプラインで Azure Machine Learning サービスパイプラインを実行する
    • Azure Data Factory パイプラインのステップとして、Azure Machine Learning サービスパイプラインを実行できるようになりました。これにより、複数のソースからのデータを使用して機械学習モデルを実行できます(Data Factory では85以上のデータコネクタがサポートされています)。

Introducing new Azure Resource Graph functionality – Track changes to your resource properties
  • 新しい Azure リソースグラフ機能の導入 – リソースプロパティの変更を追跡する
    • Azure Resource Graph API の更新により、Azure リソースの変更に関する詳細を確認できるようになりました。各変更レコードについて、リソースに対する全体的な変更が作成、更新、または削除アクションであったかどうかを示す全体的な changeType が返されます。

Azure DNS private zones is now generally available
  • Azure DNS プライベートゾーンが一般利用可能になりました
    • Azure DNS プライベートゾーンの一般提供を発表します。このリリースには、いくつかのバグ修正が含まれており、パブリックプレビューにあった制限が削除されています。Azure DNS プライベートゾーンは本番環境に対応し、Azure DNS SLA によってサポートされています。


Microsoft Azure Blog より

Customer Provided Keys with Azure Storage Service Encryption
  • Azure Storage Service Encryption を備えた顧客提供キー
    • Azure ストレージには、保存データを暗号化するためのいくつかのオプションがあります。この度、ストレージサービスの暗号化を強化して、任意のキーストアでホストされているキーを持つストレージアカウントの詳細な暗号化設定をサポートを提供しました。お客様提供のキー(CPK)を使用すると、Azure Key Vault 以外のオンプレミスまたはキーストアにキーを保存および管理して、データセキュリティに関する企業、契約、および規制のコンプライアンス要件を満たすことができます。

Leveraging Cognitive Services to simplify inventory tracking
  • Cognitive Services を活用して在庫追跡を簡素化する
    • Microsoft Garage インターンは、新しいテクノロジーをハッキングして創造性と製品開発スキルを高めるために、実験的なプロジェクトに取り組みます。 画像認識を活用するための簡単なリクエストから始めて、チームは市場分析とユーザー調査を実施して、製品が際立って有用であることを確認しました。彼らはこの夏でモバイルアプリ開発と AI の経験を得て、少なくとも人間ができる限り正確にツールを認識するアプリを作成しました。

CIS Azure Security Foundations Benchmark open for comment
  • CIS Azure Security Foundations ベンチマークがコメントを募集中
    • Center for Internet Security(CIS)と提携して、CIS Microsoft Azure Foundations Benchmark v1 を作成しました。その提出以来、私たちは良いフィードバックを受け取っており、Azure Security Foundations Benchmark と呼ばれるドキュメントでコメントのためにコミュニティと共有したいと考えています。このベンチマークには、Azure でのアプリケーションとデータのセキュリティの向上に役立つ推奨事項が含まれています。

SAP on Azure–Designing for availability and recoverability
  • SAP on Azure – 可用性と回復可能性の設計
    • このブログ記事は、Azure アーキテクチャにおける優れた SAP の設計に関する4部構成のブログシリーズの3番目です。Azure アーキテクチャ上の堅牢な SAP は、セキュリティ、パフォーマンスとスケーラビリティ、可用性と回復性、効率と運用の柱の上に構築されています。今回は可用性と回復に焦点を当ててご紹介します。

Introducing Azure Spring Cloud: fully managed service for Spring Boot microservices
  • Azure Spring Cloud のご紹介 - Spring Boot マイクロサービス向けフルマネージドサービス
    • シンプルな Spring Cloud アプリケーションのデプロイと運用を実現するため、Pivotal と Microsoft は共同で Azure Spring Cloud を作成しました。 Azure Spring Cloud は、Pivotal と Microsoft が共同で作成、運用、サポートします。つまりお客様は、最も負荷のかかるアプリケーションに対して Azure Spring Cloud を使用することができ、Pivotal と Microsoft の両社が、確実に成功するようお客様をサポートします。

Azure Data Factory Mapping Data Flows are now generally available
  • Azure Data Factory マッピングデータフローの一般提供を開始
    • 本日、Azure Data Factory(ADF)のマッピングデータフロー機能が一般提供開始されたことをお知らせします。これは、生産性と信頼性の高い Microsoft のハイブリッド統合サービスです。Data Factory を使用すると、ユーザーはコーディング不要でサーバーレスの環境を利用でき、それによりクラウドの ETL が簡素化され、あらゆるデータサイズにスケーリングすることができます。インフラストラクチャの管理は必要ありません。

Measuring your return on investment of Azure as a compliance platform
  • コンプライアンスプラットフォームとしての Azure の投資収益率(ROI)の測定
    • IDC は、Azure の機能を活用して規制およびコンプライアンスの取り組みをより効果的にすることで、これらの顧客が大きなメリットを実現していることを発見しました。研究の重要な調査結果は次のとおりです。
      • 465%の5年間の投資収益率(ROI)は平均429万ドル
      • 投資に対する投資回収は6か月
      • 予定外のダウンタイムを47%削減。
      • コンプライアンス関連の罰則を35%削減
      • コンプライアンス順守チームの生産性が24%向上


Official Microsoft Blog より

How AI is transforming education and skills development
  • AI が教育とスキル開発を変革する方法
    • AI を活用して、個々の生徒のニーズに合わせて教育方法と教材を調整するパーソナライズされた学習から、テストを評価するという面倒な作業から教師を解放し、生徒と一緒に働く時間を増やす自動評価や、学習者が必要な情報の見つける方法を変えてしまうインテリジェントシステムまで、教育の成果とアクセシビリティを改善する機会はまさに変革的です。


Windows Server Blog より

Windows Server 2019 adds support for Office 365 ProPlus
  • Windows Server 2019 に Office 365 ProPlus のサポートを追加
    • オンプレミスおよび Azure 展開に使用する Windows Server 2019 をご利用のお客様向けに Office 365 ProPlus サポートを提供します。また、お客様は、Office 365 コンテナーなどの FSLogix 機能をすぐにダウンロードして活用し、非永続的な仮想化環境でのユーザープロファイルデータに関する速度とパフォーマンスを向上させることができます。これにより、ローカル環境および仮想化環境での Office エクスペリエンスを強化し、非永続的な仮想化環境でのエンドユーザーエクスペリエンスを向上させることができます。


以上です。
最後までお読みいただきありがとうございました。

【総合】お問い合わせ

ソリューションに関する全般的なお問い合わせはお気軽にご相談ください。

ピックアップ

セミナー情報
クラウドエンジニアブログ
clouXion
メールマガジン登録