クラウドエンジニアブログ

【定期便】7/22週 Azure の公開情報まとめ

渡邊 正和

渡邊 正和

みなさま、こんにちは!クラウドアーキテクトのワタナベです。

先週1週間(2019/7/22-2019/7/28)分の Azure の公開情報をお送りいたします。
パブリッククラウドは日々進化しており、1週間の内に新しい情報がたくさん生まれます。そのアップデート情報をまとめましたので、ご参考にしていただければと思います。

今週のアップデート情報は以下の通りとなります。
それでは、ご覧ください。

  • ※ 当ブログにて記載しております Microsoft 社の Web サイトの URL については、Microsoft 社側のリダイレクトの仕組みにより、お客様の閲覧環境に沿ったページに自動的にリダイレクトされることがございます。
    原文を参照される場合は、リダイレクトされた URL の ja-jp などの文字列を en-us に変更することで閲覧いただけます。


Azure の更新情報より

New developer pricing tier for integration service environment
  • 統合サービス環境の新しい開発者価格レベル
    • 低コストで統合サービス環境(ISE)を展開できる開発者価格レベルの一般提供が開始されました。 新しいレベルは、運用レベルに移行する前に低コストで ISE を構成することに関心のあるお客様に最適です。 さらに、このレベルは低コストで ISE に関する実践的な学習を行ったり、利用可能なさまざまな機能を試したり、複数の ISE を展開したりするための優れた方法です。

Azure Lab Services—Ability to reset passwords and support for Ubuntu Images has been added
  • Azure Lab Services - パスワードをリセットし、Ubuntu イメージをサポートする機能の追加
    • Azure Lab Services ではパスワードをリセットできるようになりました。これはラボ作成時に構成できるオプションで、これによってラボ所有者が[Use same password for all virtual machines]\(すべての仮想マシンに同じパスワードを使用する)設定の有効/無効を切り替えることができます。

Cognitive Services Speech US Gov Resource GUID Change
  • Cognitive Services Speech の米国政府リソース GUID の変更
    • 2019年9月2日より、米国政府リージョン向け音声サービスでホストされているカスタムスピーチ エンドポイントのリソース GUID(メーター付き)が変更されます。

Azure Lab Services has removed the unlimited option from quota per user to help save on costs
  • Azure Lab Services での、ユーザーあたりのクォータからの無制限オプション削除によるコスト削減の支援
    • Azure Lab Services では、ユーザーごとのクォータから無制限のオプションが削除されたため、ラボの所有者は、コストを節約するために各ラボに必要な特定の時間数を任意に選択できます。

Azure Database Migration Service—Integration with Azure Migrate v2
  • Azure データベース移行サービス - Azure 移行 v2との統合
    • Azure Data Migration ツール、および、Azure Database Migration Service と Azure Migrate の機能統合がプレビューになりました。

New Analytics reports and Azure Boards app available for Slack
  • Slack 用の新しい Analytics レポートと Azure Boards アプリ
    • Azure DevOps の Sprint 155 Update では、重要なチーム指標を追跡しやすくするために新しい Azure Boards レポートを導入しています。ボード、バックログ、およびスプリントの各ハブの[分析]タブに新しいレポートが表示されます。これらのレポートは完全にインタラクティブであり、利用者のニーズを満たすために調整することができます。さらに、Slack 用の新しい Azure Boards アプリを発表しました。アプリでは、作業項目のアクティビティを監視し、Slack チャンネルから作業項目を作成できます。

Azure portal July 2019 feature update
  • Azure Portal 2019年7月の機能更新
    • 今月、Azure Portal の更新プログラムには、Azure セキュリティセンターの更新、Azure VM で一時的な OS ディスクを使用する機能、Windows 診断データを Azure モニターに送信する機能などが含まれます。

SQL Server CTP 3.2 big data cluster is now in preview
  • SQL Server CTP 3.2ビッグデータクラスターのプレビュー提供開始
    • SQL Server 2019のヒーロー機能の1つであるビッグデータクラスタがプレビューで利用できるようになりました。SQL Server と Apache Spark および Hadoop 分散ファイル システムを組み合わせることで、すべてのデータ、リレーショナル、非リレーショナルで分析と AI を可能にする統合データ プラットフォームを実現します。

Recommendation and policy to enable encryption of storage account has been removed
  • ストレージアカウントの暗号化を有効にするための推奨事項とポリシーを削除
    • Azure Storage は現在既定で暗号化されており、暗号化解除することはできません。そのため、「ストレージアカウントの暗号化を有効にする」という推奨事項とそれに対応するポリシーを削除しました

Azure Mv2-series virtual machines(VMs)offering up to 6 TB of memory are now available for the US West 2 region
  • 最大6TB のメモリを提供する Azure Mv2シリーズ仮想マシンを米国西部2リージョンで提供開始
    • Azure Mv2シリーズ仮想マシンは、ハイパースレッドで、Intel Xeon Platinum 8180M 2.5 GHz(Skylake)プロセッサが搭載されており、3TB および6TB のメモリ構成で最大208vCPU を提供します。Mv2仮想マシンは、非常に優れたコンピューティング性能によって大規模なメモリ内データベースとワークロード(SAP HANA や SQL Hekaton など)をサポートします。

Azure Blob lifecycle management is now available in all Azure regions
  • Azure Blob におけるライフサイクル管理機能が全ての Azure リージョンで利用可能になりました
    • Azure Blob におけるライフサイクル管理機能は、非構造化データに対して豊富でルールに基づいたポリシーを提供します。このポリシーによって、アクセス頻度による適切なストレージ階層への移行や、ライフサイクルの終了を迎えたデータを期限切れとすることが可能になります。

Azure Monitor for containers—Prometheus integration is now in preview
  • Azure Monitor for containers と Prometheus の統合のプレビュー開始
    • 人気の高いオープンソースメトリック監視ソリューションであり、Cloud Native Compute Foundation の一部にもなっている Prometheus が、Azure Monitor for containers と統合されました。

Azure IoT Edge 1.0.8 release is now available
  • Azure IoT Edge1.0.8リリースの提供開始
    • Azure IoT Edge の1.0.8バージョンには、複数の機能強化が含まれています。完全なリリースノートについては、1.0.8に関する GitHub のリリース ページを参照してください。

Linux support on Azure Functions Premium plan
  • Azure Functions Premium プランでの Linux のサポート
    • Azure Functions Premium プランのプレビューが、Linux ホスティングおよびカスタム Docker コンテナーにまで拡張されました。Azure Functions イベントベースのスケールモデルを基盤とする Premium プランでは、事前ウォーミングされたコンピューティングインスタンスによってコールドスタートが排除されると共に、仮想ネットワーク接続を実現する機能も追加されています。 ご自身のコードや、Azure Functions ランタイムを含むコンテナーイメージを使用することで、ビジネスソリューション全体で依存関係をカプセル化し、アプリのライフサイクル管理を統合することができます。

Azure Monitor Log Analytics UI updates – June 2019
  • Azure Monitor Log Analytics UI の更新 - 2019年6月
    • 2019年6月の Azure Monitor Log Analytics UI の更新には、Log Analytics クエリを視覚化して、組織内の IT 運用データを検索、相関付け、および共有する「Log Analyticsダッシュボードピッカー」とログを分析してクエリするため新しいグリッドコントロールが含まれています。

Azure Container Registry—Buildpacks support in Tasks is now in preview
  • Azure Container Registry - タスクにおけるビルドパック サポートのプレビュー提供開始
    • Container Registry タスクでのビルドパック サポートのプレビュー提供が開始されました。ビルドパックを使用すると、特定のスタックへのコードの追加が簡素化されるため、イメージのビルドの詳細を管理する必要なくコンテナーをデプロイできるというメリットが得られます。

Azure Database for MySQL support for MySQL 8.0 is in preview
  • Azure Database for MySQL において MySQL8.0がプレビュー利用可能になりました
    • MySQL の最新メジャーバージョンである MySQL8.0が Azure Database for MySQL においてプレビュー利用可能になりました。

PostgreSQL 11 is now generally available in Azure Database for PostgreSQL
  • Azure Database for PostgreSQL において PostgreSQL11が一般利用可能になりました
    • PostgreSQL の最新メジャーバージョンである PostgreSQL11が Azure Database for PostgreSQL において一般利用可能になりました。

The recommendation for storage access restriction has been retired
  • ストレージへのアクセス制限に関する推奨を停止しました
    • 推奨に基づいて、ファイアウォールや仮想ネットワークを構成してストレージアカウントへのアクセスを行う場合、アクセスに失敗する Azure サービスが存在するためこの推奨を停止しました。

Premium Blob now supports Blob Lifecycle Management
  • Premium Blob で Blob ライフサイクル管理をサポート
    • Azure Blob Lifecycle Management は、Premium Blob Storage アカウント内のオブジェクトを自動的に削除できるようになりました。特定の日数の間変更されていないオブジェクトを自動的に削除するようにポリシーを定義し、特定のコンテナまたはストレージアカウント全体を対象とすることができます。

Cognitive Services Form Recognizer Name Changes
  • Cognitive Services Form Recognizer の名称変更
    • 2019年9月1日より、Cognitive Services Form Recognizer Pre-built および Custom のメーター名が変更されます。

Azure Lab Services now has a new instance size available—Medium(nested virtualization)
  • Azure Lab Services の新しいインスタンスサイズ”Medium”(nested virtualization)の提供開始
    • Azure Lab Services では、”Medium”(nested virtualization)という新しいインスタンス サイズの提供が開始されました。価格はすべてのリージョンで1時間あたり0.55米国ドル(1時間あたり55ラボ ユニット)です。この新しい中間サイズは、各学生が、複数の仮想マシンでリレーショナル データベースをホストしたり、分析を実行したりする必要がある場合に使用できます。

Guidance on CVE-2018-15664 for Azure IoT Edge
  • Azure IoT Edge の CVE-2018-15664に関するガイダンス
    • Azure IoT Edge では、CVE-2018-15664を対象としたセキュリティ修正プログラムを利用できます。

Azure Site Recovery: Support released for large disks(up to 8 TB)
  • Azure Site Recovery:大容量ディスク(最大8TB)のサポートをリリース
    • Azure Site Recovery を使用して、最大8TB の大容量データディスクを保護できるようになりました。この機能は、管理対象ディスク上にあるすべての Azure VM で利用でき、Azure 内の管理対象ディスクに複製しているすべてのオンプレミスマシンでも利用できます。

VNet Gateway Standard and High Performance Resource GUID changes
  • VNet Gateway における「Standard」「High Performance」エディションのリソース GUID が変更となります
    • 2019年9月1日より、仮想ネットワークゲートウェイにおける「Standard」「High Performance」エディションのリソース GUID(メーター ID)が変更となります。

Location telemetry support in IoT Central is now available
  • IoT Central の位置情報テレメトリサポートを一般提供
    • アセットトラックやトレース、コネクテッドロジスティクスなどのシナリオを照らすロケーションテレメトリのサポートを追加しました

Azure Search is now integrated with the Azure Government cloud
  • Azure Search の Azure Government クラウドへの統合
    • Azure Search が Azure Government クラウドと統合され、米国の公的機関のお客様が高度な検索ソリューションを作成できるようになりました。


Microsoft Azure Blog より

Always-on, real-time threat protection with Azure Cosmos DB - part one
  • Azure Cosmos DB を使用した常時リアルタイム脅威保護 - パート1
    • Microsoft Azure アドバンスト 脅威保護は、お客様のオンプレミスの Azure Active Directory シグナルを使用して、高度な脅威、侵害された ID、および悪意のあるインサイダーアクションを特定、検出、および調査するクラウドベースのセキュリティ サービスです。

Azure solutions for financial services regulatory boundaries
  • 金融サービスの規制の境界に対する Azure ソリューション
    • Microsoft Azure は、大手金融サービス企業に最適なパブリック クラウドになりつつあります。

Accessing virtual machines behind Azure Firewall with Azure Bastion
  • Azure Bastion を使用した Azure Firewall の背後にある仮想マシンへのアクセス
    • Azure 仮想ネットワークは、高度なネットワークアーキテクチャを構築するための柔軟な基盤を実現します。Azure Firewall やお気に入りのネットワーク仮想アプライアンスなど、さまざまな種類のフィルタリングコンポーネントを使用して異種環境を管理するには、少し計画が必要です。

Azure publishes guidance for secure cloud adoption by governments
  • Azure は政府機関による安全なクラウド導入のためのガイダンスを公開
    • 世界中の政府は、デジタルトランスフォーメーションに取り組む過程にあり、ソリューションを積極的に調査し、それらのワークロードの多くをクラウドに移行するのに役立つアーキテクチャを選択しています。

Digital transformation with legacy systems simplified
  • 簡素化されたレガシーシステムのデジタルトランスフォーメーション
    • インテリジェント保険とは、業務の改善、収益の増加、魅力的な経験を生み出すことを意味します。クラウドには、既存のビジネスを将来に移行するためのさまざまな技術機能が備わっています。

What’s the difference between Azure Monitor and Azure Service Health?
  • Azure Monitor と Azure Service Health の違いとは?
    • よく聞かれる質問です。結局のところ、それらは類似した関連サービスです。Azure Monitor は、アプリケーションのパフォーマンスを把握し、アプリケーションに影響を与える問題と依存するリソースを事前に特定するのに役立ちます。Azure Service Health は、停止や計画的なメンテナンスなどの Azure サービスの問題が影響を受けた場合に、情報を把握し、アクションを実行するのに役立ちます。

IoT sensors and wearables revolutionize patient care
  • IoT センサーとウェアラブルが患者ケアに革命をもたらす
    • 最後に医者や病院に行ったのはいつですかここ数年で状況は劇的に変化し、受付登録をするキオスク端末、健康履歴を追跡するポータル、今後の予定を思い出させるテキストメッセージなどが表示されます。

Always-on, real-time threat protection with Azure Cosmos DB - part two
  • Azure Cosmos DB を使用した常時リアルタイム脅威保護 - パート2
    • Azure アドバンスト脅威対策チームがクラウドベースのセキュリティサービスに Azure Cosmos DB を使用することを決定したことで、チームは、データベースのメンテナンスゼロ、妥協のないリアルタイムパフォーマンス、柔軟な拡張性、高可用性、強力なセキュリティおよびコンプライアンスなどの主要要件をすべて満たすことができました。

Easing compliance for UK public and health sectors with new Azure Blueprints
  • 新しい Azure Blueprints に使って、英国の公共および医療部門のコンプライアンス遵守を容易にする
    • 今週、政府クラウド(G-Cloud)標準規格の英国公式設計図、および英国の National Health Service(NHS)情報ガバナンスが利用可能になるという、最新の Azure Blueprints をリリースします。新しい Blueprints は、Azure がデプロイされたすべてのアーキテクチャに適した英国 OFFICIAL および英国の NHS コントロールに Azure ポリシーのセットをマップします。

Expanding the Azure Stack partner ecosystem
  • Azure Stack パートナー エコシステムの拡張
    • Azure Stack のお客様にパッケージ済みのソフトウェアソリューションを提供するために、世界中の独立系ソフトウェアベンダー(ISV)と提携して、エコシステムを拡大し続けています。


Enterprise Mobility + Security より

End of support for TLS 1.0 and 1.1 in Microsoft Cloud App Security
  • Microsoft Cloud App Security での TLS 1.0および1.1のサポート終了
    • マイクロソフトは、クラス最高の暗号化を提供し、Microsoft Cloud App Security を含む既定でサービスの安全性を確保するために、すべてのオンラインサービスをトランスポート層セキュリティ(TLS)1.2+ に移行します。

Microsoft Intune announces support for macOS FileVault disk encryption management
  • Microsoft Intune で macOS FileVault ディスク暗号化管理のサポートを発表
    • Microsoft Intune は、macOS デバイスでの FileVault フル ディスク暗号化構成のサポートを発表します。FileVault フルディスク暗号化(FileVault2とも呼ばれます)は、macOS スタートアップディスク上の情報への不正アクセスを防ぐのに役立ちます。FileVault のサポートにより、Intune 管理者は、会社の管理対象デバイスのパスワードなしでスタートアップ ディスクを読み取ることができないようにし、Intune コンソールから企業デバイスのユーザーに代わって個人キーを回復できます。また、デバイスユーザーは、Intuneを使用していつでも個人キーを安全に回復できます。


Intune Customer Success より

Support Tip: Known Issue Using Samsung S10 Series and Office with APP or Conditional Access
  • サポートのヒント : Samsung S10シリーズで Office を使用する場合の APP アクセスポリシーまたは条件付きアクセスの既知の問題
    • Samsung S10シリーズ のデバイスには、Office Mobile があらかじめインストールされています。しかしながら、このバージョンの Office Mobile では、条件付きアクセスまたは Mobile Application Management(MAM、APP とも呼ばれます)を使用できません。

Announcing new updates to the Android Enterprise fully managed devices preview
  • Android Enterprise フルマネージドデバイスプレビューの新しいアップデートを発表
    • Android Enterprise のフルマネージドデバイスシナリオの完全なサポートの提供に向けて取り組んでおり、プレビューとして現在利用可能な機能をアップデートしています。Android Enterprise のフル マネージド デバイス上の Intune アプリ保護ポリシーのサポートを提供します。

Without-Enrollment and Outlook for iOS & Android General App Configuration
  • MAM without MDM 機能 と Outlook for iOS および Android の標準アプリ構成
    • Intune サービスの最新の更新プログラムでは、Outlook for iOS および Android に Intune アプリ保護ポリシーが適用されている場合に、いくつかのアプリ内設定の既定の構成をカスタマイズできるようになります。


Windows Server Blog より

Advanced specialization for partners using Windows Server on Azure
  • Window Server を Azure 上で利用しているパートナー向けの Advanced specialization(高度な専門性)
    • Windows Server on Azure Advanced Specialization では、特定のソリューション分野で忠実度の高いサービスを提供するパートナーの能力を幅広く検証しています。Azure に特化した新しい Windows Server を利用して、Windows Server プロダクションワークロードを Microsoft Azure に移行および最適化する際の専門知識を持ったパートナーを検証できます。


以上です。
最後までお読みいただきありがとうございました。

【総合】お問い合わせ

ソリューションに関する全般的なお問い合わせはお気軽にご相談ください。

ピックアップ

セミナー情報
クラウドエンジニアブログ
clouXion
メールマガジン登録