クラウドエンジニアブログ

【定期便】6/10週 Azure の公開情報まとめ

渡邊 正和

渡邊 正和

みなさま、こんにちは!クラウドアーキテクトのワタナベです。

先週1週間(2019/6/10-2019/6/16)分の Azure の公開情報をお送りいたします。
パブリッククラウドは日々進化しており、1週間の内に新しい情報がたくさん生まれます。そのアップデート情報をまとめましたので、ご参考にしていただければと思います。

今週のアップデート情報は以下の通りとなります。
それでは、ご覧ください。

  • ※ 当ブログにて記載しております Microsoft 社の Web サイトの URL については、Microsoft 社側のリダイレクトの仕組みにより、お客様の閲覧環境に沿ったページに自動的にリダイレクトされることがございます。
    原文を参照される場合は、リダイレクトされた URL の ja-jp などの文字列を en-us に変更することで閲覧いただけます。


Azure の更新情報より

General availability: 4 vCore Azure SQL Database managed instances on Gen5 hardware
  • 一般提供 : 4仮想コアの Azure SQL Database でマネージドインスタンスを Gen5 ハードウェア上で管理
    • 汎用およびビジネスクリティカルなサービス層向けに、4つの仮想コア Azure SQL Database マネージドインスタンスを Gen5 ハードウェアで利用できるようになりました。

Azure Cosmos DB—Direct connectivity support for Java Async SDK is now in preview
  • Azure Cosmos DB - Java Async SDK の直接接続のサポートがプレビュー段階になりました
    • Azure Cosmos DB 非同期 Java SDK では、バージョン2.4以降で使用できるダイレクトモード接続がサポートされるようになりました。

Azure Monitor for containers - updates to live data settings
  • Azure Monitor for container -ライブデータ設定の更新
    • AKS で AAD を使用している場合、Azure Monitor for container のライブデータ設定が変更されました。リダイレクト URI が変更されました。

Azure DevTest Labs: PowerShell module to simplify management of labs
  • Azure DevTest Labs : ラボの管理を簡素化するための PowerShell モジュール
    • Azure DevTest Lab の管理を簡素化するための PowerShell モジュールである Az.DevTestLabs を利用できるようになりました。

Advanced Data Security available for SQL Server on Azure Virtual Machines
  • Azure 仮想マシン上の SQL Server で利用できる高度なデータセキュリティ
    • Azure 仮想マシン上の SQL Server で高度なデータセキュリティを利用できるようになりました。Microsoft の高度なデータセキュリティ機能を使用して、 Azure VM にインストールされている SQL Server を簡単な手順で保護します。

Adaptive Network Hardening in Security Center - now generally available
  • Security Center でアダプティブネットワークの強化 - 一般提供
    • アダプティブネットワークの強化により、NSG ルールをさらに強化するための推奨事項が提供されます。

Azure Application Gateway Web Application Firewall custom rules are now Generally Available
  • Azure Application Gateway Web Application Firewall のカスタムルールが一般公開されるようになりました
    • Application Gateway WAF チームは、WAF_v2 のカスタムルールの一般公開開始を発表しました。カスタムルールにより、お客様は IP / IP 範囲または文字列ベースのマッチング条件を使用して独自のルールを作成できます。

Public preview of many-to-many relationships in Azure Analysis Services
  • Azure Analysis Services の多対多リレーションシップのパブリックプレビュー
    • Azure Analysis Services の多対多のリレーションシップは、Power BI の M2M の関係に基づいています。両方の列が一意でないテーブル間のリレーションシップを許可します。CTP 2.4 のブログ投稿で、SQL Server Analysis Services 2019 の多対多のリレーションシップが発表されました。

Dev/test pricing option for individual Visual Studio subscribers is now available for Azure SQL Database managed instance
  • 個々の Visual Studio サブスクライバーの開発 / テスト価格設定オプションが Azure SQL Database マネージドインスタンスで使用できるようになりました
    • 個人向けの Dev / Test 料金設定オプションが Azure SQL マネージドインスタンスで利用可能になり、Visual Studio サブスクライバに毎月の Azure クレジットを使用した展開が可能になりました。

Premium Live Encoder now supports streaming at 1080p and 30 frames per second
  • Premium Live Encoder は、1080p および毎秒30フレームのストリーミングをサポートするようになりました
    • Azure Media Services 用の Premium Live Encoder を使用すると、1080p の解像度と最大 30フレーム / 秒の速度で、コンテンツ用の完全適応型ビットレートストリーミングプロファイルをライブエンコードできます。

Security Center recommendations and their corresponding policy names are aligned
  • セキュリティセンターの推奨事項と対応するポリシー名を揃えました。
    • 推奨事項とそれに一致するセキュリティポリシーの関係を説明するために、名前を同じに変更しました。これで、推奨事項で言及されている関連ポリシーを見つけて、それを有効/無効にすることがより簡単になりました。

Intelligent Performance for Azure Database for MariaDB is now in preview
  • Azure Database for MariaDB のインテリジェントパフォーマンスがプレビューになりました
    • Azure Database for MariaDB では、クエリストア、クエリパフォーマンスに関する洞察、およびパフォーマンスに関する推奨事項を含む Intelligent Performance のプレビューサポートを提供するようになりました。

Azure Database for MariaDB read replica is in preview
  • Azure Database for MariaDB の読み取りレプリカがプレビュー中です
    • Azure Database for MariaDB では、1つの Azure Database for MariaDB サーバー(「マスター」)から同じリージョン内の最大5つまでの Azure Database for MariaDB サーバー(「レプリカ」)へのデータの非同期レプリケーションのプレビューサポートを提供します。

Azure Database for MariaDB support for MariaDB 10.3 is now available
  • MariaDB 10.3 をサポートした Azure Database for MariaDB が利用可能になりました
    • MariaDB 10.3 をサポートした Azure Database for MariaDB が一般利用可能になりました。この機能には、テンポラルデータ処理と Oracle の互換性のほか、互換性、圧縮、暗号化、およびパフォーマンスの強化が含まれます。

Default backup retention period for DTU-based Azure SQL databases is changing soon
  • DTU ベースの Azure SQL Database の既定のバックアップ保持期間は、まもなく変更されます。
    • DTU ベースから vCore ベースのデータベースおよびエラスティックプールへの円滑な変換を容易にするために、DTU ベースの Azure SQL Database のポイントインタイムリストアの既定のバックアップ保存期間は35日から7日に変更されました。7月1日より、この変更により DTU ベースと vCore ベースのデータベースのデフォルトの保存期間が調整されます。

Azure SQL Database default configuration changing soon
  • Azure SQL Database の既定の構成はすぐに変更されます
    • 最新の Gen5 ハードウェアを使用して、すべての新しい Azure SQL データベースとエラスティックプールの既定の構成に変更を加えます。

Intelligent Performance for Azure Database for MySQL is now in preview
  • Azure Database for MySQL のインテリジェントなパフォーマンスがプレビューになりました
    • Azure Database for MySQL は Intelligent Performance のプレビューサポートを提供するようになりました。これには、クエリストア、クエリパフォーマンスに関する洞察、パフォーマンスに関する推奨の3つの異なる機能が含まれています。

Azure SQL Database managed instance now supports larger regional resource limitations
  • Azure SQL Database マネージドインスタンスは、より大きなリージョンリソース制限をサポートするようになりました
    • Azure SQL Database のマネージドインスタンスでは、地域ごとに展開できるサブネットの最大数とインスタンスの最大数の両方の種類の地域制限が増加しました。Azure サポートチケットを通じてクォータの増加を要求することなく、はるかに大規模な管理対象インスタンスの展開が可能です。

Azure Database for PostgreSQL support for PostgreSQL 11 is now in preview
  • PostgreSQL 11 をサポートした Azure Database for PostgreSQL がプレビュー中です
    • Azure Database for PostgreSQL は、最新のメジャーバージョンの PostgreSQL バージョン 11 のプレビューサポートを提供します。

Azure Maps Mobility Services is now in preview
  • Azure Maps Mobility Services は現在プレビュー中です
    • Azure Maps Mobility Services のプレビュー版が利用可能になり、リアルタイムの公共交通機関のネットワークインテリジェンスをエンタープライズアプリケーションに統合するための API が提供されます。 さらに、Azure Maps Spatial Operations Service が一般提供されるようになりました。

Enhanced experience for Azure Advisor security recommendations
  • Azure Advisor のセキュリティに関する推奨事項におけるエクスペリエンスの強化
    • Azure Advisor にについて、セキュリティセンターの統合強化、一括操作、その他の推奨事項など、Azure リソースを最適化して Azure を最大限に活用することを容易にする新しい機能強化が実施されました。

New developer portal in API Management is now in preview
  • API Management の新しい開発者ポータルがプレビュー段階になりました
    • 新しいポータルは現代的なルックアンドフィール、使いやすさの向上、自動化、ロールベースのアクセス制御、機能のカスタム拡張などの新しいシナリオのロックを解除します。

Public preview of calculation groups in Azure Analysis Services
  • Azure Analysis Services の計算グループのパブリックプレビュー
    • Azure の Analysis Services の計算グループがパブリックプレビューとなりました。 CTP 2.3 のブログ投稿で SQL Server Analysis Services 2019 の計算グループが発表され、XMLA エンドポイントを通じて Power BI Premium でサポートされる予定です。

Improved integration of Azure Security Center with Azure Advisor is now available
  • Azure Security Center と Azure Advisor の統合が強化されました
    • Azure Advisor から、セキュリティに関する推奨事項の詳細な概要とセキュリティアラートの概要を表示できるようになりました。 さらに、Azure Advisor API からセキュリティの推奨事項を直接利用し、Azure Advisor を使用して PDF および CSV のレポートを生成できるようになりました。


Microsoft Azure Blog より

Azure.Source – Volume 86
  • Azure.Source – Volume 86

Three ways to get notified about Azure service issues
  • Azure サービスの問題について通知を受ける3つの方法
    • 不測の事態に備えることは、すべての IT プロフェッショナルと開発者の仕事の一部です。稀ではありますが、停止や計画的なメンテナンスなどのサービスの問題が発生します。情報を入手するには多くの方法がありますが、お客様がサービスの問題に迅速に対応し、ダウンタイムを軽減するのに役立つ3つの効果的なアプローチを特定しました。

Monitoring on Azure HDInsight Part 3: Performance and resource utilization
  • Azure HDInsight の監視パート3: パフォーマンスとリソースの使用率
    • これは、Azure HDInsight の監視に関する4回シリーズの第3回ブログ投稿です。第1部では、3つの主な監視カテゴリ(クラスタの状態と可用性、リソースの使用率とパフォーマンス、およびジョブの状態とログ)について説明しました。第2部では、最初のトピックであるクラスターの正常性と可用性の監視を中心に説明しました。このブログ記事では、これらのトピックの2番目のパフォーマンスとリソース使用率について詳しく説明します。

Azure Shared Image Gallery now generally available
  • Azure Shared Image Gallery が正式リリースになりました
    • Microsoft Build 2019 では、Azureでカスタム仮想マシン(VM)イメージを管理、共有、およびグローバルに配布しやすくするために、Azure Shared Image Gallery を一般提供することを発表しました。共有イメージギャラリーを使用すると、Azure Active Directory のテナントや地域内、またはその向こう側で、自分のアプリケーションを組織内の他のユーザーと簡単に共有できます。これにより、地域の拡大または DevOps プロセスを促進し、地域間の HA / DR 設定を簡素化できます。

Update IoT devices connected to Azure with Mender update manager
  • Mender アップデートマネージャーを使用して Azure に接続されている IoT デバイスを更新する
    • 何千ものハードウェアエンドポイントを接続する多くの IoT ソリューションでは、セキュリティの問題を解決したり機能をアップグレードしたりするのは困難で高コストな作業になります。デバイスを更新する機能は、修正を展開することで組織がセキュリティの脆弱性に迅速に対応できることを保証するため、あらゆる IoT ソリューションにとって重要です。Azure IoT Hub は、開発者がデバイス構成を同期させるためのデバイスツインや、大規模なデバイス群全体に構成変更を展開するための自動デバイス管理など、開発者がソリューションにデバイス管理プロセスを組み込むことを可能にする多くの機能を提供します。IoT デバイスのファームウェアアップデートを実装するためにこれらの機能がどのように使用されてきたかについては、本ブログ記事でご紹介します。

Simplify B2B communications and free your IT staff
  • B2B コミュニケーションを簡素化し、IT スタッフを解放
    • 今日のビジネスデータエコシステムは、相互に継続的に通信する顧客とパートナーのネットワークです。これを行うための伝統的な方法は、企業間(B2B)関係を確立することです。B2B 通信には、事業体間の正式な合意が必要です。それから、双方はメッセージのフォーマットに同意しなければなりません。その結果、サービスの提供は数ヶ月遅れることがよくあります。複雑なため、企業はパートナー間のこのデータ交換を管理するために IT スタッフを頼りにしています。その結果、注文から入金までのプロセスが遅くなり、カスタマーエクスペリエンスが悪くなり、市場シェアが失われ、収益化が遅れます。Azure プラットフォームは、パートナーが業界のソリューションを強化、拡張、構築するための豊富なサービスを提供します。本ブログ記事では、あるマイクロソフトパートナーが Azure を使用して独自の問題を解決する方法についてご紹介します。

How one Azure IoT partner is building connected experiences
  • Azure IoT パートナーがコネクテッドエクスペリエンスを構築する方法
    • インディアナ州カーメルに拠点を置く Microsoft Gold Cloud プラットフォームパートナーである Mesh Systems と共に、最近の IoT カスタマーエンゲージメントのいくつかを共有し、Azure IoT パートナーがレガシーエンドポイントで IoT ソリューションを構築する方法、サプライチェーンを通じて資産を追跡するアプローチ、および IoT ソリューションをビジネスアプリケーションと統合する方法について話しました。最後に、どのようなベストプラクティスが IoT プラクティスの成功を後押ししたのかを説明しました。

Taking advantage of the new Azure Application Gateway V2
  • 新しい Azure Application Gateway V2 を利用する
    • 最近 Azure Application Gateway V2 と Web Application Firewall(WAF)V2 をリリースしました。これらの SKU は、それぞれ Standard_v2 と WAF_v2 という名前で、99.95% の SLA で完全にサポートされています。新しい SKU では、大幅な改善と追加機能をお客様に提供します。

Smarter edge, smarter world: Discover the autonomous edge
  • よりスマートなエッジ、よりスマートな世界:自律的なエッジの発見
    • 自動運転車、複合現実、スマートビルディングのいずれにおいても、自律的なエッジは、私たちの生活をより良いものに変える素晴らしい可能性を秘めています。この記事では、4つの課題についてよりスマートなエッジを確認し、Azure IoT Edge の使用を開始する方法について説明します。

Learn by example: How IoT solutions transform industries
  • 事例で学ぶ: IoT ソリューションが産業を変革する方法
    • マイクロソフトの IoT in Action のイベントとウェビナーは、実用的な洞察、ベストプラクティス、そして業界のリーダーたちが革新的な IoT ソリューションで自社の業界をどのように変革したかの実例を示しています。IoT in Action ウェビナーでは、IoT ソリューションがビジネスにどのように役立つか、および今日の IoT の旅を始める理由のいくつかの重要な事例を紹介します。また、最新の Azure IoT テクノロジと特定の業界に関連するビジネスモデルについて学ぶために、オンデマンドの IoT in Action ウェビナーをご覧ください。

Accelerating smart building solutions with cloud, AI, and IoT
  • クラウド、AI、IoT でスマートビルディングソリューションを加速
    • モノのインターネット(IoT)ジャーニー全体を通じて、ソリューションは、デバイス中心モデルから、現実世界のコンテキストを空間的に認識できるソリューションに進化してきました。Realcomm 社の IBcon は、建築現場の安全を確保し、建物をより効率的に運用し、スペースをより効率的に活用し、そして居住者の生産性と満足度を高めるために、当社の空間情報およびデバイスセキュリティサービスを使用して革新的なソリューションを提供しました。このブログ記事では、自社の業界でデジタル変革を加速させているこれらのスマートビルディングパートナーの選択について詳しく説明します。

Make your data science workflow efficient and reproducible with MLflow
  • MLflow を使用してデータサイエンスワークフローを効率的かつ再現可能にする
    • Azure Machine Learning サービスは、データサイエンティストと開発者に、実験を追跡し、モデルをWebサービスとして展開し、既存の Python SDK、CLI、および Azure Portal の各インターフェイスを通じて Web サービスを監視する機能を提供します。MLflow は、データサイエンティストや開発者がメトリクスやアーティファクトを追跡するために機械学習コードを実行することを可能にするオープンソースプロジェクトです。MLflow との統合は、トレーニングコードをクラウドにとらわれずに維持するのに理想的です。AzureMachine Learning サービスは、スケーラブルな計算と集中型の安全な管理、および実行と成果物の追跡を提供します。

Customers get unmatched security with Windows Server and SQL Server workloads in Azure
  • Azure で Windows Server と SQL Server のワークロードで比類ないセキュリティをお客様に提供
    • Azure は、物理データセンターの安全な基盤から、運用方法、業界標準の Mitre ガイドラインに準拠したエンジニアリングプロセスに至るまで、多層のセキュリティを提供します。それに加えて、お客様は Azure とオンプレミスの両方のワークロードで機能するさまざまなセルフサービスセキュリティサービスから選択できます。当社は、3,500人以上のサイバーセキュリティ専門家を雇用し、年間10億ドルをセキュリティに費やして脅威の保護、検出、対応に役立てており、お客様に24時間365日のセキュリティ運用を提供しています。本ブログ記事では、Azure が Windows Server と SQL Server のワークロードに比類ないセキュリティを提供する方法の例をいくつかご紹介します。

Three things to know about Azure Machine Learning Notebook VM
  • Azure Machine Learning Notebook VM について知っておくべき3つのこと
    • 2019年5月に発表された Azure Machine Learning サービスの Notebook Virtual Machine(VM)は、これらの相反する要件を解決しながら、データサイエンティストの全体的な経験を簡素化します。Notebook VM はデータ科学者のために特別に開発されたクラウドベースのワークステーションです。ノートブック VM ベースのオーサリングは、Azure Machine Learning サービスに直接統合されており、コード開発者が Python を使用してワークスペースでモデルを簡単に構築および展開することができます。開発者とデータサイエンティストは、安全でエンタープライズ対応の環境で、使い慣れた Jupyter ノートブックを使用して、Azure Machine Learning Python SDK でサポートされているすべての操作を実行できます。Notebook VM は安全で使いやすく、機械学習用に事前設定されており、完全にカスタマイズ可能です。

Virtual machine memory allocation and placement on Azure Stack
  • Azure Stack における仮想マシンのメモリ割り当てと配置
    • Azure Stack を開始した後に行うことが何であれ、どのシナリオでも、ここでは一部の機能が異なる方法で実行されることに注意することが重要です。そのような機能の1つがキャパシティプランニングです。Azure Stack の管理者として、追加の容量をシステムに追加する必要がある時期を正確に計画する責任があります。これを計画するには、容量の関数としてのメモリがシステムでどのように消費されるかを理解することが重要です。本ブログ記事では、容量計画に使用可能なメモリを決定する際に使用されるさまざまなコンポーネントに焦点を当てて、Azure Stack での仮想マシンの配置がどのように機能するかを詳しく説明します。

Microsoft FHIR Server for Azure extends to SQL
  • Azure 用 Microsoft FHIR サーバーが SQL に拡張される
    • 昨年11月に GitHub で Azure 用のオープンソースの FHIR サーバーが発表されて以来、私たちは医療業界で FHIR の使用が急増していることに謙虚になっています。マイクロソフトが FHIR サービスの機能を拡張することに大きな関心が寄せられています。そして今回、Azure 用のオープンソース FHIR サーバーが Azure Cosmos DB と SQL を基にした永続性プロバイダーの両方をサポートすることを発表いたします。SQL 永続化プロバイダを使用すると、開発者は複数の FHIR リソースタイプにわたる情報を結合し、トランザクションを活用する複雑な検索クエリを実行できるようになります。

Azure Marketplace new offers – Volume 38
  • Azure Marketplace の新しいオファー – Volume 38
    • 引き続き、Azure Marketplace エコシステムを拡大していきます。今回121の新しいオファーがオンボーディング基準を満たし、正式サービス開始となりました。

Compute and stream IoT insights with data-driven applications
  • データ駆動型アプリケーションで IoT のインサイトを計算しストリーミングする
    • 世界には、最も堅牢な最先端技術でさえも捉えることができるよりもはるかに多くのデータがあります。エッジコンピューティングとモノのインターネット(IoT)は、有用なデータの量を増やす技術のほんの2つの例です。大量のデータが作成されているため、現在の通信インフラストラクチャではそれを転送するのに苦労し、クラウドでさえもそれを格納することが困難になる可能性があります。5G の通信技術の出現とクラウドストレージの急速な成長にもかかわらず、データの成長は両方のインフラストラクチャの容量を上回り続けるでしょう。1つの解決策は、SWIM.AI のテクノロジを使用してステートフルなデータ駆動型アプリケーションを構築することです。Azure プラットフォームは、パートナーが業界のソリューションを強化、拡張、構築するための豊富なサービスを提供します。本ブログ記事では、あるマイクロソフトパートナーが Azure を使用して独自の問題を解決する方法について説明します。


Enterprise Mobility + Security より

Microsoft Intune customer adoption pack is now available
  • Microsoft Intune 導入キットを提供
    • マイクロソフト Intune のお客様向けの更新パックが利用可能になったことをお知らせします。これは、IT 管理者、トレーナー、チャンピオン、および変更管理の専門家が使用して、組織内で Microsoft Intune の採用を促進し、ユーザーが迅速に立ち上げて実行できるようにするための一連のコンテンツとガイダンスです。


Intune Customer Success より

Support Tip: Intune legacy PC agent stops working on PCs updated to Windows 10, version 1903
  • サポートのヒント: Intune レガシ PC エージェントは、Windows 10 バージョン 1903 に更新された PC での動作を停止
    • Intune レガシ PC の管理(エージェントベースの Silverlight レガシ管理コンソールを使用)は、RS4、RS5、または 1903 などの Windows 10 の自動更新機能をサポートしていません。ただし、Intune PC エージェントの管理対象 Windows 10 PC クライアントを Windows 10 バージョン 1903 に手動で更新することができます。更新後、登録されたクライアントはサービスとの通信を失います。サービス側では、クライアントの最後のアクセス時刻が古くなっていることがわかります。クライアント側では、Intune Center を使用して更新プログラムをスキャンすると、エラーが表示されます。


Official Microsoft Blog より

Microsoft announces ICFJ immersive storytelling grantee winners
  • マイクロソフトは ICFJ のイマーシブストリーテリング助成金受賞者を発表
    • 2019年1月、私たちは国際ジャーナリストセンター(ICFJ)とのジャーナリズム交付金提携を開始しました。私たちの最初の受賞者は、すでに彼らのデータジャーナリズムトレーニングの途中にあります。そして今回、私たちのプログラムの2回目の受賞者を紹介します。


Cloud and Server Product Japan Blog より

イベント開催のご案内 | 2019/6/10 号



以上です。
最後までお読みいただきありがとうございました。

【総合】お問い合わせ

ソリューションに関する全般的なお問い合わせはお気軽にご相談ください。

ピックアップ

セミナー情報
クラウドエンジニアブログ
clouXion
メールマガジン登録