クラウドエンジニアブログ

【定期便】5/13週 Azure の公開情報まとめ

渡邊 正和

渡邊 正和

みなさま、こんにちは!クラウドアーキテクトのワタナベです。

先週1週間(2019/05/13-2019/05/19)分の Azure の公開情報をお送りいたします。
パブリッククラウドは日々進化しており、1週間の内に新しい情報がたくさん生まれます。そのアップデート情報をまとめましたので、ご参考にしていただければと思います。

今週のアップデート情報は以下の通りとなります。
それでは、ご覧ください。

  • ※ 当ブログにて記載しております Microsoft 社の Web サイトの URL については、Microsoft 社側のリダイレクトの仕組みにより、お客様の閲覧環境に沿ったページに自動的にリダイレクトされることがございます。
    原文を参照される場合は、リダイレクトされた URL の ja-jp などの文字列を en-us に変更することで閲覧いただけます。


Azure の更新情報より

Kubernetes integration with Azure Pipelines is now available
  • Azure Pipeline の Kubernetes 統合が利用可能になりました
    • GitHub ID を使用して Azure DevOps ポータルにログインできるようになりました。さらに、YAML ベースの多段パイプラインを使用した Kubernetes を完全に利用できます。

Reserved instance pricing in the Dev/Test Offer
  • 開発 / テストプランのリザーブドインスタンス価格
    • リザーブドインスタンスの割引は、開発 / テストプランのサブスクリプションで作成された VM と Azure SQL Database インスタンスで利用できるようになりました。

Azure App Service Basic, Standard, Premium v2 Plans Resource GUID change
  • Azure App Service の Basic, Standard, Premium v2 プランのリソース GUID の変更
    • 2019年7月1日に、Azure App Service の Basic、Standard、および Premium v​​2 プランの一部のリソース GUID(メーター ID とも呼ばれます)は、グローバル地域リソース GUID が地域リソース GUID に分割されるように変更されます。この変更による価格への影響はありませんが、リソース GUID と名前に依存する2019年7月1日より前に請求ルーチンがある場合は変更する必要があります。

Slow query log integration with Azure Monitor for Azure Database for MariaDB is now supported
  • Azure Monitor で Azure Database for MariaDB の低速クエリログの統合がサポートされるようになりました
    • Azure Database for MariaDB において、Azure Monitor との低速なクエリログ統合のサポートを一般的に利用できるようになりました。これにより、ログを Azure Monitor ログ(以前の Log Analytics)、Event Hubs、Azure Storage にエクスポートできます。

Azure Virtual Machine PowerOff now available with fast shutdown
  • Azure 仮想マシンの PowerOff が高速シャットダウンで利用可能になりました
    • Azure 仮想マシン API が更新され、電源オフコマンドを実行することで、正常なシャットダウンを強制的にスキップできるようになりました。これは、仮想マシンをすばやく電源オフする必要があり、データの損失や破損のリスクを考慮しなくてもいい状況で役立ちます。この機能を使用するには、skipShutdown フラグを API または SDK の呼び出しに追加してください。

Azure NetApp Files Resource GUID change
  • Azure NetApp ファイルリソース GUID の変更
    • 2019年7月1日より、Azure NetApp ファイルのリソース GUID(メーター ID とも呼ばれます)が測定単位の変更により変更されます。

High-Performance Computing Virtual Machines are now available in South Central US, Western Europe
  • ハイパフォーマンスコンピューティング仮想マシンが米国中南部、西ヨーロッパで利用できるようになりました。
    • パブリッククラウド上で最高の価格性能でスーパーコンピュータ級の性能とスケーラビリティを提供するように設計された HB シリーズの仮想マシンは、現在、南中米および西ヨーロッパで一般利用可能です。HB シリーズの仮想マシンは、流体力学、明示的な有限要素解析、気象モデリングなど、メモリ帯域幅によって駆動される HPC アプリケーション用に最適化されています。HB VM は、60個の AMD EPYC 7551 プロセッサコア、260GB /秒を超えるメモリ帯域幅、CPU コアあたり 4GB の RAM、ハイパースレッディングなし、700GB のローカル NVMe ストレージ、および最大4つの管理対象ディスクを備えています。

General Availability: Public IP Prefix
  • 一般提供: Public IP Prefix
    • パブリック IP プレフィックスは静的 IP アドレスの予約範囲であり、自分のサブスクリプションに割り当てることができます。プレフィックスを使用すると Azure での IP アドレス管理を簡略化することができます。範囲を前もって把握できるので、新しいリソースに IP アドレスを割り当てるときに、ファイアウォール規則を変更する必要がなくなります。

General Availability: Azure Dev Spaces
  • 一般提供: Azure Dev Spaces
    • Azure Dev Spaces が一般提供されたことをお知らせいたします。Azure Kubernetes Service(AKS)用のこのアドオンを使用すると、チームはクラウドの速度でアプリケーションを開発できます。稼働中の AKS クラスタでサービスを実行し、チームメイトに影響を与えずにエンドツーエンドでテストを実施することができます。開発者ごとに別々の環境を用意する必要はなく、開発チーム全体が AKS クラスターを共有できるようにすることで、メンテナンスの時間と費用を節約できます。

Azure Search Basic Unit and Standard Unit Resource GUID change
  • Azure Search の Basic SKU と Standard SKU リソース GUID の変更
    • 東日本リージョンの Azure Search のお客様は、現在、西日本リージョンのメーター ID(リソース GUID)を使用して請求されています。2019年7月1日より、Azure Search Basic、Standard S1、S2、および S3 Unit のメーター ID が東日本リージョンのメーターに移行されます。この移行はメーター ID と命名のみに影響します。サービス料金は、新しいメーターでは変わりません。2019年7月1日より前に、メーターの命名属性に依存する請求ルーチンがある場合には変更する必要があります。

The Orafce extension on Azure Database for PostgreSQL is now available
  • Azure Database for PostgreSQL で Orafce 拡張機能が利用可能になりました
    • Azure Database for PostgreSQL で orafce 拡張機能をサポートしています。現在一般公開されています。

Upgraded Gremlin API functionality for Azure Cosmos DB is now available
  • Azure Cosmos DB の Gremlin API 機能がアップグレードされ、利用可能になりました
    • Azure Cosmos DB Gremlin API の拡張 Gremlin 機能が利用可能になりました。今回のサポートには、パフォーマンス評価のための実行プロファイル関数と、Apache Tinkerpop 仕様に準拠した文字列比較関数が含まれるようになりました。

Update 19.05 for Azure Sphere public preview now available for evaluation
  • Azure Sphere のパブリックプレビュー用の更新プログラム 19.05 が評価に利用できるようになりました
    • Azure Sphere の公開プレビュー 19.05 機能リリースが、Retail Evaluation フィードから本日ご利用いただけます。通常の Retail OS フィードは引き続きバージョン 19.04 を提供します。2週間で 19.05 にアップグレードする予定です。

Azure Virtual Machines NVv2 meter name change
  • Azure 仮想マシン NVv2 メーター名の変更
    • 2019年7月1日より、Azure Virtual Machines NVv2 のメーター名が変わります。現在プレビュー中の NVv2 仮想マシンのリソース名が少し変更されます。NVv2 プレビューに参加している場合は、リソース名に依存するスクリプトまたは自動請求ルーチンを変更する必要があります。

Azure Security Center new Azure Linux analytics agent
  • Azure Security Center の新しい Azure Linux 分析エージェント
    • Azure Security Center は、新しい Azure Linux 分析エージェントのロールアウトを開始します。このバージョンでは、Security Center への Linux VM およびサーバーのオンボードが大幅に向上します。エージェントのロールアウトが終了したら、Azure Security Center でサポートされている Linux のバージョンの一覧が Azure ログ分析エージェントでサポートされているバージョンの一覧に表示されます。

Enhanced SQL API query functionality in Azure Cosmos DB is now available
  • Azure Cosmos DB の拡張された SQL API クエリ機能が利用可能になりました
    • 現在一般に利用可能になった Azure Cosmos DB SQL API は、Distinct、スキップ & テイク、相関サブクエリ、および複合インデックスをサポートしています。

Azure Search Document Cracking Image Extraction Resource GUID name change
  • Azure Search ドキュメント解析の画像抽出リソース GUID 名の変更
    • 2019年7月1日より、Azure Search ドキュメント解析の画像抽出メーター(リソース GUID とも呼ばれる)の名前が変更されます。メーターの命名属性に依存する請求処理ルーチンがある場合には変更の必要があります。

Improvements to the Azure portal user experience are now available
  • Azure portal のユーザー エクスペリエンスが改善されました
    • Azure portal でのユーザーエクスペリエンスを向上させる画期的な更新プログラムを発表しました。

Network Security Group service tag for Azure Backup is now available
  • Azure Backup の Network Security Group(NSG)サービスタグが利用可能になりました
    • Azure Backup 用の NSG サービスタグは、NSG を使用してロックダウンされた環境でバックアップを実行するプロセスを容易にすることを目的としています。これにより、必要な IP のホワイトリストを管理する代わりに、'AzureBackup' タグを使用して VM 内で実行されているワークロード(SQL サーバー)エージェントに対して Azure Backup へのアウトバウンドアクセスを許可することができます。VM での SQL のバックアップとは別に、Azure Backup サービスタグは、MARS エージェントを使用してロックされた VM をバックアップするときにも使用できます。

Azure Cosmos DB Operator role for role-based access control(RBAC)is now available
  • ロールベースのアクセス制御(RBAC)で Azure Cosmos DB Operator のロールが利用可能になりました
    • Azure Cosmos DB は、新しい RBAC の役割である Cosmos DB Operator を提供するようになりました。この新しいロールを使用すると、Azure Cosmos アカウント、データベース、およびコンテナーをプロビジョニングできますが、データへのアクセスに必要なキーにアクセスすることはできません。

Azure Monitor Dynamic Threshold meter name change
  • Azure Monitor 動的しきい値メーター名の変更
    • 2019年7月1日より、Azure Monitor の動的しきい値機能のメーター名が変わります。この変更による価格への影響はありませんが、名前に依存している請求ルーチンを変更する必要があります。

Azure Kubernetes Service(AKS)now supports Windows Server containers
  • Azure Kubernetes サービス(AKS)で Windows サーバーコンテナーがサポートされるようになりました
    • Azure Kubernetes Service での Windows Server コンテナのサポートが公開プレビューで利用可能になりました。

Enhanced Azure Resource Manager support for Azure Cosmos DB is now available
  • Azure Cosmos DB の拡張された Azure Resource Manager のサポートが利用可能になりました
    • Azure Cosmos DB は、Azure Resource Manager でデータベース、コンテナー、およびオファーをサポートするようになりました。Resource Manager を使用してデータベースとコンテナーをプロビジョニングし、スループットを設定することが可能になりました。

Read replica across regions for Azure database services for MySQL and PostgreSQL
  • Azure Database for MySQL および Azure Database for PostgreSQL のリージョン間でのレプリカの読み取り
    • Azure Database for MySQL および Azure Database for PostgreSQL のリージョン間の非同期レプリケーションが現在プレビュー中です。


Microsoft Azure Blog より

Azure.Source – Volume 82.
  • Azure.Source – Volume 82

Accelerate bot development with Bot Framework SDK and other updates
  • Bot Framework SDK やその他の更新プログラムでボット開発を加速
    • Microsoft Build 2019 では、Microsoft Bot Framework と Azure Bot Service を使用して会話型のエクスペリエンスを構築し、カスタマーエクスペリエンスを変革しているお客様を強調しました。ユーザーがボットや仮想アシスタントに慣れてきたら、会話の経験から常にもっと多くのことを期待するようになるでしょう。このため、Bot Framework SDK とツールは、会話型 AI ソリューションの構築において開発者がより生産的になるのを支援するように設計されています。このブログ記事では Build 2019 で行った主な発表の一部をご紹介します。

Microsoft 365 boosts usage analytics with Azure Cosmos DB
  • Microsoft 365 が Azure Cosmos DB で利用分析を強化
    • この記事は、組織が実際のニーズを満たすために Azure Cosmos DB をどのように使用しているかについての2部構成の連載の一部です。この最初の投稿では、Microsoft 365 使用状況分析チームが行動を起こすための課題、新しいソリューションのアーキテクチャ、および本番ワークロードの移行について説明しました。パート2で、我々は追加の実装の詳細とチームの努力の結果成果を検証します。

Microsoft 365 boosts usage analytics with Azure Cosmos DB – Part 2
  • Microsoft 365 が Azure Cosmos DB で利用状況分析を強化 - パート2
    • この記事は、組織がAzure Cosmos DB を使用して実際のニーズにどのように対応しているか、およびそれらが組織にもたらす違いについて説明している2部構成のシリーズの一部です。パート1では、我々は、アクション、新しいソリューションのアーキテクチャ、および本番ワークロードの移行を取るために、マイクロソフト365の利用分析チームを率いての課題を検討しました。この記事では、追加の実装の詳細とチームの努力から生じる結果を調べます。

Azure Firewall and network virtual appliances
  • Azure Firewall とネットワーク仮想アプライアンス
    • Azure Firewall は、ネットワーク仮想アプライアンス(Network Virtual Appliance : NVA)との共存が可能かどうか、優れているところ、欠けているもの、予想される TCO のメリットなど、Azure Firewall が NVA とどのように異なるのか。このブログ記事でこれらの質問に答えます。

Azure Marketplace new offers - Volume 36
  • Azure Marketplace の新しいオファー - ボリューム 36
    • Azure Marketplace エコシステムを拡大し続けます。今回は、22の新規オファーがオンボーディング基準を満たし、正式にサービス開始となりました。

A Cosmonaut’s guide to the latest Azure Cosmos DB announcements
  • 最新の Azure Cosmos DB の発表に関する "Cosmonaut" のガイド
    • Microsoft Build 2019 で発表された Azure Cosmos DB に関する開発者エクスペリエンスに対する機能強化についてご紹介します。

Howden: How they built a knowledge mining solution with Azure Search
  • Howden 社: Azure Search を使用したナレッジマイニングソリューションの構築方法
    • Azure Search を使用すると、開発者はコンテンツに AI をすばやく適用して未開発の情報のロックを解除できます。コグニティブ検索機能を使用して、顔認識、キーフレーズ抽出、および感情分析などのカスタムまたは事前に作成された認識スキルをコンテンツに適用して、検索インデックス内に編成される知識を抽出できます。Howden 社がコグニティブ検索機能をどのように適用して時間とリスクを削減するかを詳しくご紹介します。

Azure SQL Database Edge: Enabling intelligent data at the edge
  • Azure SQL Database Edge: エッジでインテリジェントデータを有効にする
    • Microsoft は Microsoft Build 2019 で、高性能かつ高可能性で安全性の高い SQL エンジンを使用して、データの要件とエッジでの分析に対応するのに役立つ、Azure SQL Database Edge(プレビューで提供)を発表しました。開発者は、一貫性のあるプログラミング サーフェス領域を採用して、SQL データベース上で開発し、オンプレミス、クラウド内、またはエッジで同じコードを実行できるようになりました。

Announcing the preview of Windows Server containers support in Azure Kubernetes Service
  • Azure Kubernetes Service で Windows Server コンテナーのサポートのプレビューを発表
    • この度、Azure Kubernetes Service(AKS)で Windows Server コンテナーの最新バージョン、1.13.5 および 1.14.0 のプレビューを発表しました。これにより、Windows Server コンテナーを AKS に展開して統合することができ、Azure で Windows Server アプリケーションを移行してモダナイズするための新しいパスが可能になります。

Premium files redefine limits for Azure Files
  • Premium Files で新しくなる Azure Files
    • Azure Premium Files の一般提供を発表します。Premium Files はパフォーマンスのレベルを次に進める新しいパフォーマンス レベルであり、クラウドでファイルを完全管理するサービスが提供されます。Premium レベルは、高いスループットと短い待ち時間を必要とする IO 集中型ワークロードに一貫したパフォーマンスを届けるように最適化されています。Premium Shares では、データが最新のソリッドステート ドライブ(SSD)に保存されます。ファイルサービス、データベース、共有キャッシュストレージ、ホームディレクトリ、コンテンツリポジトリ、コラボレーションリポジトリ、コンテナー用の永続ストレージ、メディアと分析、変動の大きいバッチワークロードなど、さまざまなワークロードに適しています。

Optimize price-performance with compute auto-scaling in Azure SQL Database serverless
  • Azure SQL Database サーバーレスのコンピューティング自動スケーリングにより、価格パフォーマンスを最適化
    • コストを制御しながらパフォーマンス目標を達成するためにコンピューティングリソースの割り当てを最適化することというの課題を解決するために、サーバーレス Azure SQL Database のプレビュー版を発表いたします。SQL Database サーバーレス(プレビュー)は、価格パフォーマンスを最適化し、断続的で予測不可能な使用方法でデータベースのパフォーマンス管理を簡素化する新しい計算層です。SQL Database サーバーレスは、計算サイズの不確実性や、コストを削減するために頻繁な再スケーリングが必要な作業負荷を伴う新しいアプリケーションにも最適です。サーバーレスコンピューティング層は、SQL Database のフルマネージドな組み込みインテリジェンスの利点をすべて享受し、アプリケーション開発を加速し、運用の複雑さを最小限に抑え、総コストを削減します。

Operationalizing your PostgreSQL database health checks using SQL Notebooks
  • SQL Notebook を使用して PostgreSQL データベースのヘルスチェックを操作する
    • ほとんどの Postgres データベース管理者とコミュニティメンバーは有用な SQL に関するブログ記事にブックマークを付けたり保存したりします。そうすると彼らはそれらを再訪問してその記事で共有されているクエリを再利用してデータベースに対してチェックを実行できます。このアプローチの一般的な課題は、多くの保存されたアーカイブが作成され、必要なときにそれらを検索することは時間がかかり、生産性が低いことです。ヘルスチェック Runbook とデータベーススクリプトを運用するためのより良い方法は、Azure Data Studio で SQL Notebook を作成することです。

Microsoft Azure portal 2019年5月 の更新
  • マイクロソフト Azure ポータル5月2019更新
    • 今月は、ユーザーエクスペリエンス、リソース構成、管理ツールなどの機能強化など、Azure portal の更新プログラムが満載です。


Intune Customer Success より

Support Tip: Using Corporate Device Identifiers for Android Enterprise
  • サポートのヒント: Android エンタープライズの企業デバイス識別子の使用
    • この記事では、企業のデバイス識別子の使用と、それらはあなたの Android のエンタープライズデバイスの登録を制御するために使用する方法についてご紹介します。Android 搭載端末の管理を任されている場合は、本ブログ記事をご一読いただくことをお勧めします。 

Outlook for iOS and Android Default App Signature App Configuration Policy Enhancement
  • iOS および Android の Outlook の既定のアプリ署名アプリ構成ポリシーの機能強化
    • iOS および Android 用 Outlook の一般的なアプリ構成のサポートに関する3月の発表を基に、アプリの構成を通じて Outlook の既定のアプリの署名を無効にすることができることをお知らせします。以前に発表された一般的なアプリ構成の設定と同様に、既定のアプリの署名は、任意の MDM ソリューションを利用して iOS の管理対象アプリ構成または Android の管理構成を通じて配信し、展開を許可できます。

Known issue with “Rename device” setting for Windows 10 devices in the Intune console
  • Intune コンソールで Windows 10 デバイスの [デバイス名の変更] 設定に関する既知の問題
    • この投稿では、影響はハイブリッド Azure AD 参加デバイスに制限されていたことを以前に共有しました。その後、Azure AD 共同管理デバイスを含むように投稿を更新しました。


Cloud and Server Product Japan Blog より

Azure Virtual Machines でマルチプレイヤー用 Minecraft: Education Edition をホスト
  • このポストは、2019年5月7日に投稿された Host multiplayer Minecraft: Education Edition on Azure Virtual Machines の翻訳です。

信頼のデジタル化: Azure Blockchain サービスでブロックチェーン開発を簡略化
  • このポストは、2019年5月2日に投稿された Digitizing trust: Azure Blockchain Service simplifies blockchain development の翻訳です。

Azure Cosmos DB による世界規模の運用分析と AI
  • このポストは、2019年5月7日に投稿された Planet scale operational analytics and AI with Azure Cosmos DB の翻訳です。

イベント開催のご案内 | 2019/5/14 号

GitHub と Azure による DevOps 期間の短縮
  • このポストは、2019年5月6日に投稿された Accelerating DevOps with GitHub and Azure の翻訳です。

Azure Portal のユーザー エクスペリエンスの主な強化点
  • このポストは、2019年5月7日に投稿された Key improvements to the Azure portal user experience の翻訳です。

Azure Functions の PowerShell プレビューを使用したサーバーレス オートメーション
  • このポストは、2019年4月29日に投稿された Serverless automation using PowerShell preview in Azure Functions の翻訳です。

コミュニティと提携して Kubernetes を使いやすくする
  • このポストは、2019年5月6日に投稿された Partnering with the community to make Kubernetes easier の翻訳です。

Azure SQL Database Edge: エッジでインテリジェント データを有効にする
  • このポストは、2019年5月13日に投稿された Azure SQL Database Edge: Enabling intelligent data at the edge の翻訳です。

Recovery Services コンテナーを移動するための Azure Backup サポートの発表
  • このポストは、2019年4月25日に投稿された Announcing Azure Backup support to move Recovery Services vaults の翻訳です。

Hyperscale を使用して Azure データベース ワークロードでハイパフォーマンス スケーリングを実現する
  • このポストは、2019年5月6日に投稿された Get high-performance scaling for your Azure database workloads with Hyperscale の翻訳です。

Azure Cognitive Services の新機能をご紹介
  • このポストは、2019年5月3日に投稿された A deep dive into what’s new with Azure Cognitive Services の翻訳です。

Azure App Service の更新: Linux の Free レベル、Python と Java のサポートなど
  • このポストは、2019年5月7日に投稿された Azure App Service update: Free Linux Tier, Python and Java support, and more の翻訳です。

Azure での分析では常に他に類を見ない新たなイノベーションを取り入れています
  • このポストは、2019年5月6日に投稿された Analytics in Azure remains unmatched with new innovations の翻訳です。



以上です。
最後までお読みいただきありがとうございました。

【総合】お問い合わせ

ソリューションに関する全般的なお問い合わせはお気軽にご相談ください。

ピックアップ

セミナー情報
クラウドエンジニアブログ
clouXion
メールマガジン登録