クラウドエンジニアブログ

【定期便】4/29週 Azure の公開情報まとめ

渡邊 正和

渡邊 正和

みなさま、こんにちは!クラウドアーキテクトのワタナベです。

先週1週間(2019/04/29-2019/05/05)分の Azure の公開情報をお送りいたします。
パブリッククラウドは日々進化しており、1週間の内に新しい情報がたくさん生まれます。そのアップデート情報をまとめましたので、ご参考にしていただければと思います。

今週のアップデート情報は以下の通りとなります。
それでは、ご覧ください。

  • ※ 当ブログにて記載しております Microsoft 社の Web サイトの URL については、Microsoft 社側のリダイレクトの仕組みにより、お客様の閲覧環境に沿ったページに自動的にリダイレクトされることがございます。
    原文を参照される場合は、リダイレクトされた URL の ja-jp などの文字列を en-us に変更することで閲覧いただけます。

Azure の更新情報より

Switch API preference for Log Alerts
  • ログアラートの API 設定の切り替え
    • 現在、Azure ポータルのデフォルトでは、従来の Log Analytics Alert API が新しいログアラートルールの作成と管理に使用されています。現在、ScheduledQueryRules API を使用するように設定を変更することができます。2019年6月1日以降、Azure パブリッククラウドで作成された新しい Log Analytics ワークスペースでは、Azure ポータルでのログアラートルールの作成と管理に ScheduledQueryRules API の使用が開始されます。さらに、ログアラートルールでのクエリのベストプラクティスも、2019年6月1日以降に開始されたログアラート API インターフェイスを介して実施されます。

Retire and replace specific Security Center features on July 31, 2019
  • 2019年7月31日 Security Center の特定機能の統廃合
    • Azure Security Center のいくつかの変更を発表し、新しい代替手段が存在する場合のレガシー機能の削除と特定機能の廃止、および SIEM 機能と Azure Sentinel の調整を行います。特定の機能は2019年7月31日に廃止します。

PowerShell support in Azure Functions
  • Azure Functions で PowerShell をサポート
    • Azure Functions の PowerShell サポートのプレビューを使用すると、運用タスクを自動化し、ネイティブ Azure 統合を活用してサービスの提供と管理をモダナイズすることが可能になりました。

General availability: Azure Log Analytics in CENTRAL US, EAST US 2, EAST ASIA, WEST US and SOUTH CENTRAL US
  • 一般提供: Azure Log Analytics が米国中部、米国東部2、東アジア、米国西部、および米国中南部で利用可能
    • 現在、米国中部、米国東部2、東アジア、米国西部、および米国中南部リージョンで、お客様がテレメトリの収集を開始し、Azure Log Analytics を使用してサービスの正常性と使用状況を分析するために利用することができます。

Virtual Machines NVSv3 Series and NVSv3 Series Windows name changes
  • 仮想マシン NVSv3 シリーズと NVSv3 シリーズの Windows 名の変更
    • 2019年6月1日に、Azure Virtual Machines NVSv3 シリーズおよび NVSv3 シリーズ Windows のメーター名が変更されます。この変更による価格への影響はありませんが、名前に依存する請求処理ルーチンを変更する必要があります。

Azure Pipelines app for Teams, improved GitHub and Azure Boards integration: Sprint 151 Update
  • Teams 向け Azure Pipelines アプリの GitHub と Azure Boards の統合の改善: Sprint 151 Update
    • Azure DevOps の Sprint 151 Update では、GitHub マーケットプレイスアプリを追加して GitHub リポジトリでの取得と構成を効率化することで、GitHub と Azure Boards の統合を改善しました。さらに、Azure Boards の作業項目を GitHub の関連問題とリンクできるようになりました。たとえば、チームの作業を Azure Boards で整理しながら、GitHub でユーザーからのバグレポートを受け取ることができます。

General availability: Azure Kubernetes Service in North Central US and Japan West
  • 一般提供: 米国中北部および西日本の Azure Kubernetes サービス
    • Azure Kubernetes サービス(AKS)が、米国中北部および西日本で一般提供されるようになりました。

The Azure US Gov Iowa region is being retired April 30, 2020
  • 2020年4月30日 Azure US Gov アイオワリージョンは廃止されます。
    • Azure Government のお客様に一貫性のある高性能でミッション対応のソリューションを提供することを約束しているため、クラウドデータセンターインフラストラクチャを継続的に最適化して、より効率的で費用対効果の高いものにしています。この最適化の一環として、2020年4月30日に Azure US Gov アイオワリージョンを廃止する予定です。サービスの中断を防ぐために、リソースを別の地域に移行する必要があります。

Azure Application Gateway Standard v2 and WAF v2 SKUs generally available
  • Azure Application Gateway Standard v2 および WAF v2 SKU の一般提供
    • Azure Application Gateway Standard v2 および WAF v2 の SKU は現在一般利用可能で、99.95% の SLA で完全にサポートされています。


Microsoft Azure Blog より

Azure.Source - Volume 80
  • Azure.Source - Volume 80

LaLiga entertains millions with Azure-based conversational AI
  • LaLiga は、Azure ベースの会話型 AI で数百万人を楽しませています
    • LaLiga が Microsoft Azure 上で動作するパーソナルデジタルアシスタントを開発することを選択したとき、その開発者は、さまざまな音声プラットフォームにわたる多言語での膨大なユーザーボリュームに直面して最適なパフォーマンスを確保するために慎重な措置を取りました。具体的には、スペインのフットボールリーグでは Azure を使用して、さまざまなチャンネルやニックネームに対応できる会話型 AI ソリューションを構築し、世界中の何百万ものユーザーを処理しました。

A deep dive into what’s new with Azure Cognitive Services
  • Azure Cognitive Services の新機能についての詳細な説明
    • Microsoft Build 2019 は、開発者向けの新しいサービスと機能の導入により、Azure Cognitive Services の進化にとって重要なマイルストーンとなります。Azure は、Personalizer の発表により、開発者が強化学習をビジネスに現実的なものにすることを可能にします。Personalizer は、Anomaly Detector および Content Moderator とともに、Cognitive Services の新しい意思決定カテゴリの一部であり、ユーザーに情報に基づいた効率的な意思決定を可能にするための推奨事項を提供します。

5 internal capabilities to help you increase IoT success
  • IoT の成功を促進するための5つの内部機能
    • この記事は、企業が IoT に対する ROI を最大化するのを支援するために設計された4部構成のシリーズの3番目の投稿です。最初の投稿では、IoT がどのようにビジネスを変革できるかを説明しました。2番目の投稿では、望ましい ROI を生み出す成功した戦略を作成する方法についてのインサイトを共有しました。この3回目の投稿では、機能のギャップを特定して埋めていくことで、企業がどのように前進できるかについて説明します。IoT の進行を遅らせる可能性がある課題のいくつかを解決する方法について、いくつかのアイデアを掘り下げます。

Serverless automation using PowerShell preview in Azure Functions
  • Azure Functions の PowerShell プレビューを使用したサーバーレス自動化
    • Azure Functions での PowerShell サポートのリリースにより、運用タスクを自動化し、ネイティブの Azure 統合を利用してサービスの提供と保守をモダナイズすることが可能になりました。Azure Functions の PowerShell サポートは 2.x ランタイムに基づいて構築されており、PowerShell Core 6 を使用するため、Windows、macOS、および Linux 上で自動化を開発できます。

Accelerate supercomputing in the cloud with Cray ClusterStor
  • Cray ClusterStor でクラウドのスーパーコンピューティングを加速
    • Azure ストレージシステムの新しい Cray ClusterStor は、HPC シミュレーションを高速化するための大容量でハイスループットのストレージソリューションです。これは、Azure ファブリックに完全に統合され、他の Azure サービスの幅広い選択肢からアクセスできるベアメタルアプライアンスです。Azure の Cray ClusterStor は、Microsoft Azure で Lustre ベースのシングルテナント、ベアメタル、および完全管理の HPC 環境を提供します。Cray XC および CS シリーズのスーパーコンピュータで使用でき、Azure の H シリーズ仮想マシンで実行される HPC ジョブのデータ処理もサポートされています。Azure 内のデータを高性能のスクラッチからウォーム Azure BLOB ストレージおよびコールドアーカイブストレージに移動できます。

Making AI real for every developer and every organization
  • すべての開発者と組織に AI 化を実現
    • AI は、世界を変える革新的なイノベーションの次なる波に燃料を供給しています。Azure AI を使用することで、組織がビジネスのさまざまな範囲に AI を適用し、顧客エンゲージメント、従業員の強化、運用の最適化、製品の変革を実現できるようになります。これを実現するために、私たちは3つの指針となる投資原則を持っています。

Understanding HDInsight Spark jobs and data through visualizations in the Jupyter Notebook
  • Jupyter Notebook のビジュアライゼーションによる HDInsight Spark のジョブとデータの理解
    • 私たちは最先端のジョブ実行とビジュアライゼーションのエクスペリエンスを HDInsight Spark のクラスター内 Jupyter Notebook に追加しています。本ブログ記事では、リアルタイムの Spark ジョブ進行状況インジケーター、PySpark DataFrame のネイティブ matplotlib サポート、およびセル実行状態インジケーターのリリースをご紹介します。

New Azure Machine Learning updates simplify and accelerate the ML lifecycle
  • 新しい Azure Machine Learning の更新により、ML のライフサイクルを簡素化および迅速化
    • Microsoft Build 2019 は Azure Machine Learning の成長と拡大における画期的なイベントであり、新しい発表が機械学習のライフサイクル全体を推進します。

Best practices in migrating SAP applications to Azure – part 3
  • SAP アプリケーションを Azure に移行する際のベストプラクティス – パート3
    • 本ブログ記事は、SAP から Azure への移行におけるベストプラクティスに関する 3部構成のブログ投稿シリーズの3番目の投稿です。

Building recommender systems with Azure Machine Learning service
  • Azure Machine Learning サービスを使用してレコメンデーションシステムを構築する
    • レコメンデーションシステムは、小売からニュースやメディアまで、さまざまな業界で使用されています。しかし、正しいレコメンデーションアルゴリズムを見つけることは、データサイエンティストにとって非常に時間がかかる可能性があります。これが、Microsoft が Azure Machine Learning サービスを使用してレコメンデーションシステムの構築と評価を容易にするための Python ベストプラクティスサンプルを GitHub リポジトリ(https://github.com/Microsoft/Recommenders/tree/master/)に提供した理由です。

Deploy a FHIR sandbox in Azure
  • Azure に FHIR サンドボックスをデプロイ
    • HIMSS 2019 に関連して、Azure でエンタープライズグレードのマネージド FHIR API をお客様に提供する FHIR 用 Azure API を発表しました。それ以来、私たちは新しい設定オプションと機能でサービスの改善を行い、サービスと構成オプションの使用方法を示すサンドボックス環境を開発しました。このブログ記事では、サンドボックスを Azure に展開する方法に焦点を当ててご紹介します。

Azure.Source - Volume 81
  • Azure.Source - Volume 81

AI-first content understanding, now across more types of content for even more use cases
  • 様々なタイプのコンテンツの多様なユースケースにわたる AI ファーストなコンテンツの理解
    • 今日、データはイノベーションを妨げるものではなく、使えるデータがあります。実社会の情報は厄介で、すぐには使用できない方法で貴重な知識を持っており、処理には膨大な時間、リソース、およびデータサイエンスの専門知識が必要です。ナレッジマイニングでは、データとナレッジのギャップを埋めることが私たちの使命です。

Intelligent edge innovation across data, IoT, and mixed reality
  • インテリジェントエッジイノベーションをデータ、IoT、MR(複合現実)へ
    • インテリジェントクラウドとインテリジェントエッジアプリケーションの組み合わせは、私たちがデジタル情報と対話する方法を変革し、より大きな社会的利益と顧客の革新のために物理的世界とデジタルの世界をさらに融合させることができます。

Azure Stack IaaS – part seven
  • Azure Stack IaaS - パート7
    • このブログ記事では、Cloud IaaS ツールキットの自動化オプションについて説明します。

Quest powers Spotlight Cloud with Azure
  • Azure で Quest が Spotlight Cloud を強化
    • Quest 社の Spotlight Cloud は、SQL Server のお客様に重点を置いた最初の Azure データベースパフォーマンス監視ソリューションです。Quest 社はソリューションのバックボーンとしてAzure Functions と Azure Cosmos DB を選択しました。Spotlight Cloud は、Azure Function App と Azure Cosmos DB の両方を活用してコストを削減し、パフォーマンスを向上させ、顧客により良いサービスを提供することができました。

Migrating big data workloads to Azure HDInsight
  • ビッグデータのワークロードを Azure HDInsight に移行
    • ビッグデータのワークロードをクラウドに移行することは、依然としてお客様の重要な優先事項であり、Azure HDInsight はそのジャーニーをシンプルでコスト効率の高いものにするよう努めています。HDInsight は、オンプレミスまたは別のクラウドプラットフォームから HDInsight にデータを移行する際に、信頼性の高いアプリケーションパフォーマンスを提供するという複雑さを軽減することを使命としています。

Monitoring enhancements for VMware and physical workloads protected with Azure Site Recovery
  • Azure Site Recovery で保護されている VMware および物理ワークロードの監視強化
    • Azure Site Recovery は、レプリケーションコンポーネントである Process Server にさまざまな正常性シグナルを導入することで、ワークロードの正常性監視を強化しました。ハイブリッド DR シナリオの Process Server(PS)は、データ複製の重要なコンポーネントです。レプリケーションキャッシュ、データ圧縮、およびデータ転送を処理します。

Digitizing trust: Azure Blockchain Service simplifies blockchain development
  • 信頼のデジタル化: Azure Blockchain Service がブロックチェーン開発を簡素化
    • Azure Blockchain Service は、企業がワークフローロジックとアプリケーション開発に集中できるように、コンソーシアムブロックチェーンネットワークの形成、管理、および管理を簡素化する、フルマネージドなブロックチェーンサービスです。本日、公開プレビューが公開されたことをお知らせいたします。


Intune Customer Success より

Support Tip: Use the Remote Wipe action instead of CleanPC to start over with a device for AutoPilot
  • サポートのヒント:AutoPilot デバイスの構成を最初からやり直すには、CleanPC の代わりにリモートワイプを使用します
    • AutoPilot のテストに使用していた Windows PC をリセットするために、Fresh Start プロセスを使用していましたが、CleanPC の後でさえも、デバイスの多くが Intune ポリシーを取得していました。これは、リセットによって実際に登録データが保持され、MDM 同期プロセスが引き続き機能させるためです。そのため、デバイスレコードが Intune から削除されたとしても、デバイスがゲートウェイにチェックインすると、MDM エージェントはそれが同じデバイスであることを認識し、そのデバイスの多くの属性をリセットします。

Support Tip: Configuring and Troubleshooting PFX/PKCS Certificates in Microsoft Intune
  • サポートのヒント: Microsoft Intune での PFX / PKCS 証明書の構成とトラブルシューティング
    • この記事では、PKCS 証明書インフラストラクチャを設定し、Intune クライアントデバイスに PFX 証明書を割り当てるプロセス全体を説明します。

Support Tip: Taking a look at WIP and Enlightened vs Unenlightened apps
  • サポートヒント: WIP の確認 と対応アプリ vs 非対応アプリ
    • この記事では、WIP について紹介し、対応するアプリと非対応アプリの意味について、少し詳しく説明します。


Official Microsoft Blog より

Dell Technologies and Microsoft expand partnership with new VMware Solutions
  • Dell Technologies と Microsoft が新しい VMware ソリューションで提携を拡大
    • この度、Microsoft は、Dell Technologies とのパートナーシップの拡大を発表して、Microsoft Azure 上でネイティブでサポートされ認定された VMware エクスペリエンスをお客様に提供します。さらに、Microsoft Intune の管理機能とセキュリティ機能を拡張するために、VMware を Microsoft 365 エコシステムに採用しています。

New intelligent cloud and intelligent edge advancements ushering in the next era of computing
  • コンピューティングの次の時代を迎える新しいインテリジェントクラウドとインテリジェントエッジの進歩
    • 来週の Microsoft Build では、6,000人以上の開発者がシアトルでのイベントに参加し、開発ツールとクラウドサービスの最新の進歩を体験します。本ブログ記事では、Build の先駆けとなるように、Build で紹介する Azure の新しいイノベーションのいくつかを共有します。

Build 2019 is packed with big potential to learn, create and have fun
  • Build 2019 には学び、創造、そして楽しみの大きな可能性が満載
    • Microsoft Build は、最先端のテクノロジへのアクセス、他社との共同作業、および新しい視点への開かれた扉を提供する、当社の最高の開発者会議です。私たちの目標は、コミュニティを育成し、開発者のロードマップと収益化戦略を透過的に共有することです。


Windows Server Blog より

It’s time to update your Windows management strategy!
  • Windows Server の管理戦略を更新する時が来た
    • Windows Server Summit 2019 では、Windows Server を管理するために Windows Admin Center と System Center を採用することの大きな利点をいくつか紹介します。



以上です。
最後までお読みいただきありがとうございました。

【総合】お問い合わせ

ソリューションに関する全般的なお問い合わせはお気軽にご相談ください。

ピックアップ

セミナー情報
クラウドエンジニアブログ
clouXion
メールマガジン登録