クラウドエンジニアブログ

【定期便】2/18週 Azure の公開情報まとめ

クラウドエンジニアブログ運営局

クラウドエンジニアブログ運営局

皆さん、こんにちは!

今週も、先週1週間(2019/2/18-2/24)分の Azure の公開情報をお送りいたします。
パブリッククラウドは日々進化しており、1週間の内に新しい情報がたくさん生まれます。 そのアップデート情報をまとめましたので、ご参考にしていただければと思います。

今週のアップデート情報は以下の通りとなります。
それでは、ご覧ください。


Azure の更新情報より

Quickly build data integration pipelines by using templates in Azure Data Factory
  • Azure Data Factory のテンプレートを使用してデータ統合パイプラインを迅速に構築する
    • データエンジニアまたはデータ開発者は、Azure Data Factory のテンプレートを使用してデータ統合パイプラインを迅速に構築し、開発者の生産性を向上させ、繰り返しプロセスの開発時間を短縮することができます。
      [参考]:Get started quickly using templates in Azure Data Factory

Azure Analysis Services web designer to be discontinued
  • Azure Analysis Services の Web デザイナーを廃止予定
    • Azure ポータルの Azure Analysis Services Web デザイナーは、2018年10月に非推奨になりました。特定のコンプライアンス要件のため、2019年3月1日にはポータルから削除される予定です。Web デザイナーの代わりに、Azure Analysis Services モデルの作成と管理に SQL Server データツールと SQL Server Management Studio を使用することをお勧めします。

Application Insights is now available in Australia East and Japan East
日本語訳ページ: https://azure.microsoft.com/ja-jp/updates/application-insights-available-in-australia-east-and-japan-east/
  • Azure Application Insights は、オーストラリア東部 および東日本で利用可能になりました
    • Azure Application Insights がオーストラリア東部と東日本で利用可能になりました。Application Insights は、世界のあらゆる場所でアプリケーションを監視できます。収集されたデータは今回追加されたリージョンでローカルに保存できるようになりました。

Azure Monitor status blog is now available
日本語訳ページ: https://azure.microsoft.com/ja-jp/updates/azure-monitor-status-blog-is-now-available/
  • Azure Monitor ステータスブログの公開
    • Azure Monitor ステータスブログでは、Azure Monitor 製品(Application Insights、Log Analytics、Service Map、Azure Alerts)の正常性に関する最新情報を適時提供します。このステータス ブログは、Microsoft の SRE(サイト リライアビリティ エンジニアリング)チームによって管理されています。進行中の停止、計画メンテナンス、注意通知に関する詳細情報を提供します。このブログの目的は、すべてのお客様に透明性の高いコミュニケーションを提供することです。
      [参考]:Azure Monitor Status

Protect Azure VMs by using Storage Spaces Direct with Azure Site Recovery
日本語訳ページ: https://azure.microsoft.com/ja-jp/updates/protect-azure-virtual-machines-using-storage-spaces-direct-with-azure-site-recovery/
  • 記憶域スペースダイレクトを Azure Site Recovery で使用して Azure VM を保護する
    • Azure Site Recovery では記憶域スペースダイレクトを使用することによる Azure 仮想マシンのディザスターリカバリーをサポートするようになりました。Site Recovery を使用することにより、高可用性アプリケーションの回復性をさらに高め、リージョンレベルの障害から保護します。

Enhancements to NSG flow logs(version 2)for Azure Network Watcher
日本語訳ページ: https://azure.microsoft.com/ja-jp/updates/nsgflowlogsversion2/
  • Azure Network Watcher の NSG フローログ(バージョン2)の拡張
    • フローログ(バージョン2)の拡張では、フロー別でのバイトとパケットのカウントおよびセッション状態が組み込まれるようになりました。新しいメトリックにより、容量使用率をよりよく把握し、ネットワーク上のコンプライアンスを維持するための追加情報が得られます。

OMS Agent for Linux February release now available
日本語訳ページ: https://azure.microsoft.com/ja-jp/updates/oms-agent-for-linux-february-release-now-available/
  • OMS エージェント for Linux の2月リリースが利用できるようになりました
    • OMS エージェント for Linux の2019年2月リリースが利用できるようになりました。このリリースには、安定性と信頼性に関する多くの改善が含まれています。


Microsoft Azure Blog より

IoT in Action: New innovations making IoT faster and simpler
  • IoT in Action: IoT をより速く、そしてより簡単にする新しい革新
    • Windows IoT、Azure IoT、Azure Sphere のイノベーションを通じて、マイクロソフトとそのパートナーがどのように IoT をより速く、より簡単に、そしてより費用対効果の高いものにしているかをご覧ください。

Preview: Distributed tracing support for IoT Hub
  • プレビュー: IoT Hub の分散トレースサポート
    • IoT Hub を介したメッセージの流れを完全に理解するには、一意の識別子を使用して各メッセージのパスを追跡する必要があります。このプロセスは分散トレースと呼ばれます。本日、公開プレビューで、IoT Hub の分散トレースサポートを発表します。

Modernize alerting using Azure Resource Manager storage accounts
  • Azure Resource Manager ストレージアカウントを使用してアラートを近代化する
    • Azure Monitor のクラシックアラートは、今年の6月に廃止予定です。特に新しいアラートプラットフォームでアラート機能を維持したい場合は、ストレージアカウントに定義されている従来のアラートルールを移行することをお勧めします。クラシックストレージアカウントにクラシックアラートルールを構成している場合は、アラートルールを移行する前に、アカウントを Azure Resource Manager(ARM)ストレージアカウントにアップグレードする必要があります。

Live stream analysis using Video Indexer
  • Video Indexer を使用したライブストリーム分析
    • テレビ制作を自動化するためにライブフィードでほぼリアルタイムの解像度で Video Indexer を使用できるようにするソリューションを設計および構築しました。このソリューションを使用すると、インデックス作成の遅延、入力解像度、コンテンツの種類、およびこのプロセスで使用される処理能力に応じて、インデックス作成の遅延は4分にまで短縮できます。

Use GraphQL with Hasura and Azure Database for PostgreSQL
  • PostgreSQL 用の Hasura および Azure データベースで GraphQL を使用する
    • より広範な Postgres のコミュニティ活動の一環として、私たちの目的は、Azure Database for PostgreSQL ユーザーに新しい機能を提供するために、コミュニティ内の他のユーザーに貢献し、協力することです。これにより、Postgres データベース上でリアルタイムの GraphQL API を即座に提供できる、軽量で高性能のオープンソース製品である Hasura GraphQL エンジンを利用することができます。この記事では、Azure Database for PostgreSQL で GraphQL を使用する方法の概要を説明します。

Update to Azure DevOps Projects support for Azure Kubernetes Service

Class schedules on Azure Lab Services
  • Azure Lab Services のクラススケジュール
    • Azure Lab Services のクラスルームラボのスケジュール管理機能は、お客様から要望が多かった重要な機能の1つです。この機能により、教師は自分のクラスのスケジュールを簡単に作成、編集、削除できます。教師は定期的または1回限りのスケジュールを設定し、選択したタイムゾーンで授業の開始日、終了日、および時間を指定できます。スケジュールは、シンプルで使いやすいカレンダービューで表示および管理できます。

More reliable event-driven applications in Azure with an updated Event Grid

Azure.Source - Volume 70
  • Azure.Source - Volume 70


Intune Customer Success より

Delaying visibility of software updates in Intune for supervised devices
  • 監視対象デバイスに対する Intune のソフトウェア更新プログラムの表示を遅らせる
    • 2月のサービスアップデートで 「ソフトウェアアップデートの表示を遅らせる」 設定を無効にし、3月末にかけて iOS アップデートポリシーブレードから削除します。この設定と、デバイスに更新をプッシュするように構成されているソフトウェア更新ポリシーに関する混乱を解決することを目的としています。これはスケジュールされたソフトウェアアップデートの適用方法を変更することはありませんが、エンドユーザにとってこのアップデートの表示が遅れる時間に影響を与える可能性があります。

Support Tip: Ingesting Office ADMX-Backed policies using Microsoft Intune
  • サポートのヒント: Microsoft Intune を使用した Office ADMX-Backed ポリシーの取り込み
    • この記事では、Mohammed が、Windows 10 MDM を使用して、Office ADMX ファイルを取り込み、Win32 および Desktop Bridge アプリケーション用の ADMX ベースのポリシーを作成するプロセスについて説明します。


Cloud and Server Product Japan Blog より

技術解説:ADLS Gen2 でクラウド分析のパフォーマンス、スケーリング、セキュリティが向上
  • 2019年2月14日に投稿された Under the hood: Performance, scale, security for cloud analytics with ADLS Gen2 の翻訳

Azure への S/4H のインストール – 1 日でできるセットアップと構成
  • 2019年2月12日に投稿された S/4H Installation in Azure – SETUP AND CONFIG IN ONE DAY の翻訳

Azure Sphere 19.02 のパブリック プレビューの提供を開始
  • 2019年2月14日に投稿された Update 19.02 for Azure Sphere public preview now available の翻訳

新しい Azure Maps および SDK によるエンタープライズのモビリティの始動
  • 2019年2月11日に投稿された Actuating mobility in the enterprise with new Azure Maps services and SDKs の翻訳

イベント開催のご案内 | 2019/2/18 号


以上です。
最後までお読みいただきありがとうございました。

【総合】お問い合わせ

ソリューションに関する全般的なお問い合わせはお気軽にご相談ください。

ピックアップ

セミナー情報
クラウドエンジニアブログ
clouXion
メールマガジン登録