Imperva SecureSphere for Azure

Microsoft Azure 上の Web アプリケーションとデータを保護

資料請求/お問い合せ

Imperva SecureSphere for Azure

Imperva SecureSphere for Azure の概要

Microsoft Azure 上の Web アプリケーションとデータを保護

近年、Web アプリケーションへの攻撃対策として WAF(Web Application Firewall)を使う企業が増え、Microsoft Azure 上にホストする Web システムでも WAF が求められる案件が増えています。Imperva SecureSphere for Azure は、Microsoft Azure プラットフォームに対応したエンタープライズクラスの Web アプリケーションファイアウォールであり、業界最新の WAF 技術によって Microsoft Azure クラウド内のアプリケーションとデータを保護します。

また SecureSphere for Azure は、アプリケーションにおける「通常」の動きを学習し、クラウドソースのインテリジェントサービスである Imperva ThreatRadar と関連付けを行いながら、Web アプリケーションに対して脅威からの優れた防御力をご提供します。


30日間無償トライアル実施中!

現在、30日間の無償トライアルを実施中です。
詳細は担当営業もしくは下記お問い合わせフォームよりお気軽にお問い合わせください。

Imperva SecureSphere for Azure の特長

エンタープライズクラスのWAFで、Microsoft Azure上のアプリケーションを保護

エンタープライズクラスの WAF で、Microsoft Azure 上のアプリケーションを保護

SecureSphere for Azure は、Microsoft Azure 向けのエンタープライズクラスの Web アプリケーションファイアウォールです。複数のセキュリティエンジンと Web の防御手段を組み合わせ、Imperva 社が提供する最新のポリシーやシグネチャを用いることで、既知や未知の脅威から Web サーバーや Web コンテンツなどの重要データを守ります。SecureSphere は、Web セキュリティをより強度なものにし、管理を自動化する特許取得済みの技術を搭載しています。

SecureSphere WAF の仮想マシンイメージは、「bring your own licensing model(BYOL)– ライセンス持ち込みモデル」によって、お客様向けの Azure Marketplace でも利用が可能です。これによりお客様は、アプリケーショントラフィックの増減に合わせた SecureSphere WAF インスタンスの立ち上げや停止ができるようになります。


Azure の自動スケールに対応

Microsoft Azure の自動スケールに対応

SecureSphere for Azure は、Microsoft Azure の自動スケール機能の利用を想定した仕様設計になっており、柔軟な拡張性を実現します。

外部ロードバランサーの役割
  • SSL のオフロード
  • WAF の死活監視
  • WAF の負荷分散

 

内部ロードバランサーの役割
  • Web サーバーの負荷分散
  • Web アプリのセッション維持

 

 


画面イメージ

Azure Security Center のサポート

SecureSphere 開発キットを使用し、複数の SecureSphere WAF を Azure Security Center にプロビジョニングして監視を行うことで、Microsoft Azure 上に置かれたアプリケーションの全般的なセキュリティを確保することができます。

  • Azure Marketplace で動作するオーケストレーションエンジン
  • Imperva/パートナーソリューションのプロビジョニングを効率化
  • SecureSphere for Azure 導入の自動化により Microsoft Azure 上のアプリケーションをすばやく保護
  • セキュリティアラートを一元管理することで、迅速にインシデントへ対応

 

セキュリティソリューションに関する資料請求・お問い合わせ

本サービスに関する資料請求やお見積り、ご不明点など、お気軽にご相談ください。

構成パターン(Proxy として動作させる設置方式)

構成パターン

SecureSphere for Azure で選択できる接続構成は Proxy 型のみとなります。

  • 柔軟な通信制御が可能(mod-proxy の機能を利用し、Cookie など情報操作のニーズに対応)
  • Gateway の障害時に通信絶断が発生する可能性があるため、冗長化が必須

 

Imperva SecureSphere for Azure のライセンス体系

左右にスクロールしてご覧ください。

ライセンス体系 ゲートウェイライセンス 管理サーバーライセンス
モデル MV1000 MV2500 MV6500 MVM150
サポート対象 SecureSphere 製品 Web アプリケーションファイアウォール Web アプリケーションファイアウォール、データベースセキュリティ データベースセキュリティ MX 管理サーバー
HTTP スループット 最高 100 Mbps 最高 500 Mbps 最高 2 Gbps
最小 Azure インスタンス HTTP の場合:A2 HTTP の場合:A3/D3 Standard_D8s_v3 A3 スタンダード
HTTPS の場合:A3 HTTPS の場合:D3v2/D4
ライセンス提供方法 ※ BYOL のみ BYOL のみ BYOL のみ BYOL のみ
テクニカルサポート

※BYOL = ライセンス課金
※ 別途、Microsoft Azure リソース使用料が発生します

保守サービス

テクニカルサポート
一般的なご質問(操作方法など)をお受けする製品購入後の「SBT 製品サポート窓口」になります。


資料請求

Imperva に関する詳しい資料をご用意しております。
資料閲覧をご希望の方はこちらの資料請求専用フォームよりお申し込みください。


資料請求はこちら

Imperva SecureSphere for Azure資料


関連ソリューション

本ソリューション以外にも、Imperva にはさまざまなセキュリティソリューションがあります。
ご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせください。

左右にスクロールしてご覧ください。

分類 ソリューション名 詳細
Web アプリケーションセキュリティ

Imperva SecureSphere Web Application Firewall(WAF)

Web アプリケーションに対する脅威を防御
ファイルセキュリティ

Imperva SecureSphere File Security

ファイルサーバーやストレージ上の機密ファイルを保護
データベースセキュリティ

Imperva SecureSphere Database Security

データベースに保存されている機密データの不正アクセスや情報漏えいを防止
内部不正対策ソリューション

Imperva CounterBreach

機械学習を活用して内部関係者の脅威からデータを保護
クラウドセキュリティ

Imperva Incapsula

クラウド型の WAF および DDoS 対策サービス

Imperva SecureSphere for Azure

Microsoft Azure 上の Web アプリケーションとデータを保護

Imperva SecureSphere for AWS

AWS 上の Web アプリケーションとデータを保護
統合管理ソリューション

Imperva SecureSphere Management

複数の SecureSphere の管理、ログ、レポートを一元管理

セキュリティソリューションに関する資料請求・お問い合わせ

本サービスに関する資料請求やお見積り、ご不明点など、お気軽にご相談ください。