クラウドエンジニアブログ

【定期便】6/20週 Microsoft 365 の公開情報まとめ

石坂 諭美

みなさま、こんにちは!石坂です。

先週1週間(2022/6/20-2022/6/26)分の Microsoft 365 の公開情報をお送りいたします。
コミュ二ケーションツールからセキュリティサービスまで様々なアップデート情報をまとめましたので、ご参考にしていただければと思います!

今週のアップデート情報は以下の通りとなります。
それでは、ご覧ください。

  • ※ 当ブログにて記載しております Microsoft 社の Web サイトの URL については、Microsoft 社側のリダイレクトの仕組みにより、お客様の閲覧環境に沿ったページに自動的にリダイレクトされることがございます。
    原文を参照される場合は、リダイレクトされた URL の ja-jp などの文字列を en-us に変更することで閲覧いただけます。


「Microsoft 365 導入・運用支援サービス」はこちら

Microsoft 365 利活用を促進する「clouXion(クラウジョン)」はこちら



Microsoft 365 Updates の更新情報より


Top Customer Asked Capabilities now available for Servicing profiles
  • お客様から要望の多かった機能がサービス プロファイルで利用可能になりました
    • Microsoft 365 Apps 管理センターのサービスプロファイルで、新しい機能が一般提供となりました。 新機能として、更新プログラムの展開をカスタマイズするロールアウトウェーブ機能や、グループへのロールバック機能、自動更新からデバイスを除外する機能などが追加されました。

Microsoft Loop components: Extending capabilities in Microsoft Teams and Outlook
  • Microsoft Loop components : Microsoft Teams および Outlook の機能拡張
    • Microsoft Loop コンポーネントの機能が Outlook でも近日公開されます。 (現在、Office Insider のプレビューで利用可能)
      Loop コンポーネント の機能を利用することで、Teams のチャット内でタスクリストやチェックリストを作成し、作成したリストを他の Office 系アプリとシームレスに連携することが可能となります。

Privacy changes and API support for Microsoft 365 usage reports – Rolling out starting June 23
  • Microsoft 365 使用状況レポートのプライバシー変更と API のサポート – 6月23日より順次提供開始
    • Microsoft では、6月23日から、Microsoft 365 アクティブユーザーレポートと Microsoft 365 アプリ 使用状況レポートの [グループ アクティビティ] セクションで Group ID 変数を非表示にします。 同時に、グローバル管理者が Microsoft 365 レポートのデータプライバシーコントロールを管理するのに役立つ API を導入します。 これらの変更は、7月末までにすべての環境に対して段階的に展開され、企業が地域のプライバシー要件を満たすのに役立ちます。ブログ内では、更新により影響の受ける製品や API に関する情報が公開されています。


以上です。
最後までお読みいただきありがとうございました。

「Microsoft 365 導入・運用支援サービス」はこちら

Microsoft 365 利活用を促進する「clouXion(クラウジョン)」はこちら

【総合】お問い合わせ

製品・サービスに関するお問い合わせはお気軽にご相談ください

ピックアップ

セミナー情報
クラウドエンジニアブログ
clouXion
メールマガジン登録