クラウドエンジニアブログ

【定期便】12/13週 Microsoft 365 の公開情報まとめ

小山 有沙

小山 有沙

みなさま、こんにちは!小山です。

先週1週間(2021/12/13-2021/12/19)分の Microsoft 365 の公開情報をお送りいたします。
コミュ二ケーションツールからセキュリティサービスまで様々なアップデート情報をまとめましたので、ご参考にしていただければと思います!

今週のアップデート情報は以下の通りとなります。
それでは、ご覧ください。

  • ※ 当ブログにて記載しております Microsoft 社の Web サイトの URL については、Microsoft 社側のリダイレクトの仕組みにより、お客様の閲覧環境に沿ったページに自動的にリダイレクトされることがございます。
    原文を参照される場合は、リダイレクトされた URL の ja-jp などの文字列を en-us に変更することで閲覧いただけます。


「Microsoft 365 導入・運用支援サービス」はこちら

Microsoft 365 利活用を促進する「clouXion(クラウジョン)」はこちら


Microsoft 365 Updates の更新情報より


Visualize your team structure with org charts in Microsoft Visio for the web
  • Web 用の Microsoft Visio で組織図を使用してチーム構造を視覚化する
    • 組織図は、成長する組織にとって不可欠なツールであり、特に新入社員が実際に同僚と直接会うことなく会社でのポジションを把握するときに最適です。組織図は、レポート構造を視覚化し、従業員が必要とする情報 (役職、役割、責任など) を迅速に提供します。

Learn how to create accessible content in PowerPoint and across Microsoft 365
  • PowerPoint および Microsoft 365 全体でアクセスしやすいコンテンツを作成する方法を学習する
    • Microsoft 社は、「The Design + Accessibility Summit 2021」にて、Microsoft Office アプリに焦点を当て、アクセシビリティの高いコンテンツ作成について発表しました。イベントは終了しましたが、2022 年 11 月 15 日まで、プレゼンテーションとQ&Aのビデオ録画、チャット、配布資料にアクセスするための登録が可能です。


Exchange Teams Blog の更新情報より


Released: November 2021 Exchange Server Security Updates
  • リリース済み: 2021 年 11 月 Exchange Server セキュリティ更新プログラム
    • Microsoft は、Exchange Server 2013/2016/2019 で検出された脆弱性に対するセキュリティ更新プログラムをリリースしました。12 月 15 日にURL リダイレクト問題の恒久的な解決策に取り組んでいるというメモを記事に追加しました。


Microsoft Teams Blog の更新情報より


End-to-end encryption for one-to-one Microsoft Teams calls now Generally Available
  • Microsoft Teams の 1 対 1 の通話をエンドツーエンドで暗号化するサービスを一般提供開始
    • 10 月に、Microsoft Teams 呼び出し に対するエンド ツー エンド暗号化 (E2EE) のサポートのパブリック プレビューを発表しました。チームの呼び出しのための E2EE が一般公開されていることをお知らせします。

Important update for the Microsoft Teams Android app is now available
  • android アプリ Microsoft Teams の重要な更新プログラムが利用可能になりました
    • 最近、緊急通話に影響を与える可能性のある Android オペレーティング システムの問題が発生しました。調査が行われ、Microsoft Teams アプリと Android オペレーティングシステムの間の意図しない相互作用によって引き起こされる問題は、ユーザーがログインしていないときに Teams アプリがインストールされた少数のデバイスにのみ存在することが判明しました。Microsoft は、この意図しないやり取りを解決するために Google と緊密に協力してきました。Android オペレーティングシステムの根本的な問題を引き起こすのを防ぐ、Teams アプリのアップデートをリリースしました。


Intune Customer Success の更新情報より


Resolved: Known issue: FileVault recovery key rotation failing on macOS devices
  • 解決済み: 既知の問題: macOS デバイスで FileVault の回復キーのローテーションが失敗する
    • 2021 年 12 月 14 日更新 - Apple から公開されている macOS 12.1 でこの問題が解決されたことをテストし、確認しました。

Best practices for updating your Android Enterprise apps
  • Android Enterprise アプリを更新するためのベスト プラクティス
    • Abby Starr – Program Manager | Microsoft Endpoint Manager – Microsoft Intune
      Intune の 11 月のリリースでは、Android Enterprise の 優先度の高いアプリ更新モード のサポートがデビューしました。この機能を使用すると、企業所有デバイスのアプリの更新エクスペリエンスをより迅速に制御することが可能になります。アプリの更新機能を拡張し続けるため、現在利用できるオプションを要約する価値があります。

Known Issue: Long sync times in Intune for Managed Google Play private apps and web apps
  • 既知の問題: Intune for Managed Google Play プライベートアプリとWeb アプリの同期に長い時間がかかる
    • 最近、管理対象の Google Play Web アプリとプライベート LOB (Line-of-Business) アプリに影響を与える既知の問題について警告を受けました。最近 Web アプリを作成、または追加された場合、テナントを同期すると、Microsoft Intune でアプリを表示するのに 3 ~ 6 時間以上かかることがあります。Google はこの問題を認識しており、エンジニアリングチームは現在修正に取り組んでいます。

Intune grouping, targeting, and filtering: recommendations for best performance
  • Intune のグループ化、ターゲット設定、およびフィルター処理: 最適なパフォーマンスを実現するための推奨事項
    • Scott Duffey - Senior Program Manager | Microsoft Endpoint Manager – Microsoft Intune
      この投稿では、Intune のグループ化、ターゲット設定、およびフィルター処理に関する簡潔な推奨事項と考慮事項について説明します。私の目標は、独自の Intune 展開で重要なアーキテクチャと設計上の決定を行い、さまざまなグループ化とターゲット設定のアプローチの制限とトレードオフについてお知らせすることです。これらのパフォーマンスに関する推奨事項は、独自の環境に固有の他の要素 (管理性やシンプルさなど) と共に 1 つの要因として考慮してください。


Microsoft Endpoint Manager Blog の更新情報より


Remote help: a new remote assistance tool from Microsoft
  • リモート ヘルプ: Microsoft からの新しいリモート アシスタンス ツール
    • Microsoft Endpoint Manager で新しいリモート ヘルプ機能のパブリック プレビューを公開する計画を発表します。この新しいクラウドベースのリモートアシスタンスソリューションは、ヘルプデスクが Windows デバイスのユーザーをより安全にサポートできるようにします。

What’s new in Microsoft Endpoint Manager - 2112 (December) Edition
  • Microsoft Endpoint Manager の新機能 - 2021 年 12 月エディション
    • 今月は、12 月のリリースで 2 つの新機能を紹介したいと思います。まず、登録制限でフィルターを使用して、個人所有のデバイスなど、エンドポイント管理へのデバイス登録をより詳細に制御するために、登録制限にフィルターを使用できるようになりました。これにより、本来管理する必要のないデバイスの管理作業を軽減し、不要なアプリのデプロイによるライセンス コストを削減できます。次に、ADMX (管理用テンプレート XML ベース) の取り込み機能をさらに更新し、Microsoft Edge 97 までのすべての新しい設定をサポートします。


以上です。
最後までお読みいただきありがとうございました。

「Microsoft 365 導入・運用支援サービス」はこちら

Microsoft 365 利活用を促進する「clouXion(クラウジョン)」はこちら

【総合】お問い合わせ

製品・サービスに関するお問い合わせはお気軽にご相談ください

ピックアップ

セミナー情報
クラウドエンジニアブログ
clouXion
メールマガジン登録