クラウドエンジニアブログ

【定期便】11/1週 Microsoft 365 の公開情報まとめ

小山 有沙

小山 有沙

みなさま、こんにちは!小山です。

先週1週間(2021/11/1-2021/11/7)分の Microsoft 365 の公開情報をお送りいたします。
コミュ二ケーションツールからセキュリティサービスまで様々なアップデート情報をまとめましたので、ご参考にしていただければと思います!

今週のアップデート情報は以下の通りとなります。
それでは、ご覧ください。

  • ※ 当ブログにて記載しております Microsoft 社の Web サイトの URL については、Microsoft 社側のリダイレクトの仕組みにより、お客様の閲覧環境に沿ったページに自動的にリダイレクトされることがございます。
    原文を参照される場合は、リダイレクトされた URL の ja-jp などの文字列を en-us に変更することで閲覧いただけます。


「Microsoft 365 導入・運用支援サービス」はこちら

Microsoft 365 利活用を促進する「clouXion(クラウジョン)」はこちら


Microsoft 365 Updates の更新情報より


Microsoft Visio is Rolling Out to Microsoft 365 Commercial Subscribers Worldwide
  • Microsoft Visio は、世界中の Microsoft 365 の商用サブスクライバーに提供しています
    • 8 月に Microsoft 365 の商用サブスクリプション契約者向けに、コア機能を備えたバージョンの Visio Web アプリの提供を開始しました。これにより、組織内で Office 365 または Microsoft 365 の商用サブスクリプションを持つユーザーは、追加費用なしでVisioを使って図を作成することができます。

Microsoft Editor is now superpowered with Context IQ to help you stay in the flow of your work
  • Microsoft Editor に Context IQ が搭載され、作業の流れに沿って作業ができるようになりました
    • Context IQ が発表されました。これは、Microsoft 365 にネイティブに統合された AI エクスペリエンス のセットで、作業の流れの中で人々が必要とする情報を予測し、検索し、提案します。

PowerPoint’s New Recording Studio Helps You Tell Your Story in Your Words
  • PowerPoint の新しいレコーディングスタジオは、あなたの言葉でストーリーを伝えるのに役立ちます
    • 新しいレコーディングスタジオでは、プレゼンテーションを録音するときに、レコーディングエクスペリエンスが強化され、より多くのオプションが提供されるようになりました。これを使うことにより、自分の言葉で伝えることができ、よりインパクトのある魅力的なプレゼンテーションを行うことができます。

Creating a Hub for Your Content with Office.com
  • Office.com を使用してコンテンツのハブを作成する
    • Microsoftは Office.com と Windows 用の Office アプリをコンテンツのハブにするために取り組んできました。様々なドキュメントやファイル等のコンテンツ操作と管理を簡素化するツールを作成しました。

See the Latest Mobile Innovations for Office
  • Office 向けの最新モバイルイノベーションを見る
    • 2020 年初頭に開始して以来、Office Mobile アプリは Microsoft 365 エコシステムで強力な地位を確立しています。数千万のダウンロードと、主要なアプリ ストアでの平均評価は 4.7 となっています。最近、私たちのチームは Office モバイルアプリが、あなたの携帯電話を生産的な仕事のための効率的なツールにする多くの方法を強調するビデオを制作しました。

Meet Clipchamp —Microsoft’s New Video Editing App to Empower Creators!
  • Clipchamp — クリエイターを支援する Microsoft の新しいビデオ編集アプリ
    • Microsoft 社は最近 Clipchamp 社を買収しました。Clipchanp は、ビデオに対するあなたのビジョンを現実のものにするためのビデオエディターです。ビデオ作成を簡単で楽しいものにすることに重点を置いていますが、細部を微調整できる柔軟性も失っていません。

Take Care of Your Scheduling Needs with Microsoft Bookings and Scheduler in Microsoft 365
  • Microsoft Bookings と Scheduler でスケジュール管理のニーズに対応
    • 労働者の日のデジタル強度は、昨年から会議やチャットの平均数が着実に増加して大幅に増加しています(出典: The Next Great Disruption Is Hybrid Work)。ミーティングのボリュームを管理しやすくすると同時に、同僚や顧客との重要なタッチポイントを引き続き推進したいと考えています。その詳細は スキルセッションをご覧ください。

Announcing GA of Servicing profiles for Microsoft 365 Apps
  • Microsoft 365 アプリのサービス プロファイルの GA を発表
    • Microsoft 365 アプリ サービス プロファイルの一般公開を発表し、IT プロフェッショナルがアプリを毎月更新する管理負担を軽減します。サービス プロファイルを使用すると、制御を維持しながら毎月の更新ロールアウトを自動化できます。


Exchange Teams Blog の更新情報より


Upcoming API Deprecations in Exchange Web Services for Exchange Online
  • Exchange Online の Exchange Web Services における API の廃止予定について
    • 2021 年 11 月 3 日の更新:お客様からのフィードバックに基づいて、この投稿を編集しました。

Demystifying and troubleshooting hybrid mail flow: when is a message internal?
  • ハイブリッド メール フローの解読とトラブルシューティング : メッセージはいつ内部にあるのか?
    • ハイブリッド シナリオを展開する必要がある場合、最初に注意する必要があるのは、ハイブリッド構成ウィザード (HCW) を実行することです。実際、HCW は Exchange Online とオンプレミスの Exchange の間で魔法を実現するのに十分です。この記事では、トラブルシューティングやハイブリッドメールフローを安全に展開するために役立つ技術的な詳細情報を提供します。

Exchange Online PowerShell v2 Module Preview – Now More Secure
  • Exchange Online PowerShell v2 モジュール プレビュー – セキュリティ強化
    • Exchange Online 管理により安全なエクスペリエンスを提供するために構築された Exchange Online PowerShell v2 モジュールの新しいバージョンに取り組んでいます。このモジュール (モジュール 2.0.6-Preview3 としてプレビュー版で提供) では、IT 管理者は WinRM 基本認証を有効にすることなく、組織内で Exchange Online の日常的な管理に Windows クライアント マシンを使用できます。

Demystifying Centralized Mail Transport and Criteria Based Routing
  • メールトランスポートの集中管理と条件付きメールルーティングを解読
    • メール トランスポート の集中管理 (CMT) は、しばらくの間 Exchange Online に用意されていますが、その理由を知らずに使用している顧客をよく見ます。CMT では、メッセージ ルーティングの複雑さが増し、メッセージ ホップが増え、オンプレミスの Exchange 展開に依存するため必要な帯域幅が増えるため、本当に必要かどうかを把握するために CMT について詳しく説明することをお勧めします。


Microsoft Teams Blog の更新情報より


Introducing Microsoft Teams Real-time Call Quality Analytics
  • Microsoft Teams リアルタイム通話品質分析の紹介
    • リアルタイム通話品質分析 (RTA) が 9 月 30 日にパブリックプレビュー版として公開されました。これにより、Microsoft Teams はスケジュールされた会議に対して、通話品質の統計情報を集中管理コンソールでリアルタイムに提供できるようになりました。

Microsoft Ignite Fall 2021: Innovations coming to Microsoft Teams
  • Microsoft Ignite 2021 年秋 : Microsoft Teams にもたらされる技術革新
    • ユーザーがフルコンテキストでつながり、コラボレーションし、仕事の流れを維持することを可能にする Microsoft Teams に搭載される最新の技術革新を発表します。この投稿では、Microsoft Ignite で発表された今後の Teams の機能とソリューションの詳細を紹介します。

What’s New in Microsoft Teams | October 2021
  • Microsoft Teams の新機能 | 2021 年 10 月
    • 過去 1 か月間に提供されたすべての更新を紹介します。以前は、Windows 11 での新しい Teams エクスペリエンスも発表されており、チームの個人アカウント ユーザーは、 ビデオ通話やチャットを開始することが可能になりました。


Intune Customer Success の更新情報より


Known Issue: FileVault recovery key rotation failing on macOS devices
  • 既知の問題 : macOS デバイスで FileVault の回復キーのローテーションが失敗する
    • 最近、一部のデバイスで FileVault の回復キーをローテーションさせることができていないという警告を受けました。Microsoft Endpoint Manager 管理センターからの方法で問題が発生した場合、ユーザーはパスワードを入力してコマンドラインツールを実行することで、回復キーを手動でローテーションして保存することができます。


Microsoft Endpoint Manager Blog の更新情報より


Endpoint security for unenrolled Defender for Endpoint devices
  • 登録されていない Defender for Endpoint デバイスのエンドポイント セキュリティ
    • Microsoft は Microsoft Defender for Endpoint への登録状態にかかわらず、Windows デバイスのセキュリティポリシーを Microsoft Endpoint Manager で統一的に管理する方法を紹介します。この新機能により、現在 Endpoint Manager で管理していないWindows デバイスでも登録済みデバイスに適用されているセキュリティポリシーで保護することができます。

Recap: Microsoft Ignite announcements for Microsoft Endpoint Manager
  • 要約 : Microsoft Ignite での Microsoft Endpoint Manager のお知らせ
    • Microsoft Ignite は、基調講演、デジタルブレイクアウト セッション、オンデマンド コンテンツ、技術的なスキル セッションなど、Microsoft Endpoint Manager の革新に関する多くのエキサイティングなニュースを提供します。

Remote help: a new remote assistance tool from Microsoft
  • リモート ヘルプ : Microsoft からの新しいリモート アシスタンス ツール
    • Microsoft Endpoint Manager の新しいリモート ヘルプ機能のパブリック プレビューを公開する計画が発表されました。この新しいクラウドベースのリモートアシスタンスソリューションにより、ヘルプデスクは Windows デバイスのユーザーをより安全にサポートできるようになります。

Microsoft Endpoint Manager adds management and compliance checks for Linux desktop
  • Microsoft Endpoint Manager が、Linux デスクトップの管理とコンプライアンス チェックを追加
    • Microsoft Endpoint Manager は、統合エンドポイント管理ソリューションに Linux ワークステーションを追加し、2022 年初めにプレビュー機能をリリースする予定です。企業は Linux デスクトップを管理に追加することで、これらのエンドポイントがコンプライアンスに準拠していることを確認することができ、企業リソースへの安全なアクセスのために、同じ保護ポリシーと設定を適用することができます。

Announcing Microsoft Managed Desktop Plan 1: a new managed service to update Windows devices
  • Microsoft Managed Desktop Plan 1 を発表 : Windows デバイスを更新するための新しいマネージド サービス
    • Microsoft は、Windows の更新プログラム管理に役立つ新しいマネージド サービス、「 Microsoft Managed Desktop Plan 1 」を発表しました。この新しい月次サブスクリプション サービスを使用すると、Windows 10 および Windows 11 環境を管理する日常的なタスクを Microsoft のエンジニアにオフロードし、IT チームが他の優先事項に集中できるようになります。

Microsoft Connected Cache for Configuration Manager generally available
  • Configuration Manager の Microsoft 接続キャッシュを一般公開
    • Windows 10 および Windows 11 の配信の最適化機能の課題に対処するために、Microsoft 接続キャッシュを構築しました。Microsoft 接続キャッシュは、配信の最適化機能を補完する専用のキャッシュソリューションであり、様々なネットワークのインターネット帯域幅の消費を最小限に抑えるための包括的なアプローチを組織に提供します。

Microsoft Endpoint Manager at Microsoft Ignite 2021: November edition
  • Microsoft Ignite 2021 での Microsoft Endpoint Manager : 11 月版
    • 2021 年 11 月 2 - 4 日に開催される Microsoft Ignite での Microsoft Endpoint Manager に関するあらゆる情報を紹介します。初日に更新され、すべての発表、オンデマンド学習、カンファレンス後のアクティビティへのリンクを掲載します。

#MonthOfMEM 2021: Endpoint Management Acceleration Day and more!
  • #MonthOfMEM 2021 : Endpoint Management Acceleration Day and more!
    • エンドポイントの管理に使用する機能とソリューションに関するより深い技術的なコンテンツをお探しですか? 最新の機能を構築するエンジニアと直接関わりたいですか? Microsoft Ignite はほんの始まりに過ぎません! 綿密な技術トレーニングから無料の 1 : 1 の相談まで、#MonthOfMEM はあなたに多くを提供しています。あなたのスキルを高める機会が増えます。Ask Microsoft Anything (AMA) の機会も増えます。是非参加してください。


以上です。
最後までお読みいただきありがとうございました。

「Microsoft 365 導入・運用支援サービス」はこちら

Microsoft 365 利活用を促進する「clouXion(クラウジョン)」はこちら

【総合】お問い合わせ

製品・サービスに関するお問い合わせはお気軽にご相談ください

ピックアップ

セミナー情報
クラウドエンジニアブログ
clouXion
メールマガジン登録