クラウドエンジニアブログ

【定期便】9/20週 Microsoft 365 の公開情報まとめ

小山 有沙

小山 有沙

みなさま、こんにちは!小山です。

先週1週間(2021/9/20-2021/9/26)分の Microsoft 365 の公開情報をお送りいたします。
コミュ二ケーションツールからセキュリティサービスまで様々なアップデート情報をまとめましたので、ご参考にしていただければと思います!

今週のアップデート情報は以下の通りとなります。
それでは、ご覧ください。

  • ※ 当ブログにて記載しております Microsoft 社の Web サイトの URL については、Microsoft 社側のリダイレクトの仕組みにより、お客様の閲覧環境に沿ったページに自動的にリダイレクトされることがございます。
    原文を参照される場合は、リダイレクトされた URL の ja-jp などの文字列を en-us に変更することで閲覧いただけます。


「Microsoft 365 導入・運用支援サービス」はこちら

Microsoft 365 利活用を促進する「clouXion(クラウジョン)」はこちら


Exchange Teams Blog の更新情報より


New minimum Outlook for Windows version requirements for Microsoft 365 starting November 1, 2021
  • Microsoft 365 を利用するための Outlook for Windows 最小バージョン要件の更新

Basic Authentication and Exchange Online – September 2021 Update
  • 基本認証と Exchange Online – 2021 年 9 月の更新プログラム
    • 2021 年 2 月、 Exchange Online で基本認証をオフにする計画を変更しました。2022 年 10 月 1 日より、SMTP 認証を除き、使用目的に関係なく、すべてのテナントで基本認証が完全に無効化されることが発表されました。

New security feature in September 2021 Cumulative Update for Exchange Server
  • 2021 年 9 月の Exchange Server 向け累積的な更新プログラムの新しいセキュリティ機能
    • セキュリティは Microsoft とお客様にとって最優先事項であり、進化する規制へのコンプライアンスを確保しつつ、サイバー脅威から顧客データを安全に保つために取り組んでいます。Exchange Server の保護に役立つ継続的な作業の一環として、2021 年 9 月の累積的な更新プログラム (CU) では、Microsoft Exchange Emergency Mitigation (EM) サービスと呼ばれる新しい機能が追加されました。

New opt-in endpoint available for SMTP AUTH clients still needing legacy TLS
  • レガシー TLS を引き続き必要とする SMTP AUTH クライアントで使用可能な新しいオプトイン エンドポイント
    • Exchange Online は、2020 年 10 月に TLS 1.0 および TLS 1.1 のサポートを終了しました。サポートされなくなりましたが、Exchange Online に接続する際に、クライアントが以前のバージョンの TLS を使用できるようにしています。ただし、お客様には、警告なしで無効にできることを警告しています。


Microsoft Teams Blog の更新情報より


Inside Microsoft Teams, Episode 402: “Change Management for Microsoft Teams"
  • Microsoft Teams : 9 月の公開情報
    • Microsoft Teams の変更管理機能に関するディスカッションとそのフィードバックが公開されました。 ※ディスカッションの内容は記事内のリンクから閲覧可能です。


Intune Customer Success の更新情報より


Build a macOS onboarding splash screen with Microsoft Endpoint Manager and Octory
  • Microsoft Endpoint Manager と Octory で macOS オンボーディングスプラッシュスクリーンを構築する
    • ニール・ジョンソン – プリンシパル・プログラム・マネージャー | Microsoft Endpoint Manager – Intune
      お客様から寄せられるフィードバックの最も一般的な分野の 1 つは、Mac を Microsoft Intune に登録すると、バックグラウンドで発生しているアプリケーション のインストールの状態をユーザーが確認できないことです。これを避けるために、DEPNotify、SplashBuddy、Octory などのサードパーティ製アプリを使用して、インストールステータスを表示できます。 たとえば、このブログでは Octory を使用してアプリインストールのスプラッシュスクリーンを提供する方法について説明します。

Windows Autopilot MFA changes to enrollment flow
  • 登録フローに対する Windows Autopilot MFA の変更
    • Microsoft では、生産性を向上させ、組織を安全に保護する機能をお客様に提供することを保証します。Azure Active Directory (Azure AD) のベースライン セキュリティを向上させるために、デバイスの登録中に完了する多要素認証 (MFA) の Azure AD の動作を変更しました。

Move to Setup Assistant with Modern Authentication for Automated Device Enrollment
  • 自動デバイス登録のための最新の認証を使用したセットアップ アシスタントへの移行
    • 自動デバイス登録 (ADE) の最新認証を使用したセットアップ アシスタントは、ADE 登録フローの計画的な代替であり、ADE 登録前に認証を必要とする Apple でサポートされているパスです。


Microsoft Endpoint Manager Blog の更新情報より


Understanding readiness for Windows 11 with Microsoft Endpoint Manager
  • Microsoft Endpoint Manager における Windows 11 の準備状況について
    • Windows 11 の発表では、組織がアップグレードの準備をする方法と、成功のために今すぐ行うことについて疑問に思うかもしれません。まず検討する必要がある事項の 1 つは、Microsoft Endpoint Manager を使用して、組織内のどのデバイスが Windows 11 の最小システム要件を満たしているかを評価することです。

Unpacking endpoint management: the series
  • エンドポイント管理を紐解く : シリーズ
    • エンドポイントの管理方法を最適化し、簡素化するためのヒントやテクニックを探すための、新しいシリーズが追加されました。


以上です。
最後までお読みいただきありがとうございました。

「Microsoft 365 導入・運用支援サービス」はこちら

Microsoft 365 利活用を促進する「clouXion(クラウジョン)」はこちら

【総合】お問い合わせ

製品・サービスに関するお問い合わせはお気軽にご相談ください

ピックアップ

セミナー情報
クラウドエンジニアブログ
clouXion
メールマガジン登録