クラウドエンジニアブログ

【定期便】12/7週 Azure の公開情報まとめ

渡邊 正和

渡邊 正和

みなさま、こんにちは!クラウドアーキテクトのワタナベです。

先週1週間分(2020/12/7-2020/12/13)の Azure の公開情報をお送りいたします。
パブリッククラウドは日々進化しており、1週間の内に新しい情報がたくさん生まれます。そのアップデート情報をまとめましたので、ご参考にしていただければと思います。

今週のアップデート情報は以下の通りとなります。
それでは、ご覧ください。

  • ※ 当ブログにて記載しております Microsoft 社の Web サイトの URL については、Microsoft 社側のリダイレクトの仕組みにより、お客様の閲覧環境に沿ったページに自動的にリダイレクトされることがございます。
    原文を参照される場合は、リダイレクトされた URL の ja-jp などの文字列を en-us に変更することで閲覧いただけます。


「Microsoft Azure 導入・運用支援サービス」はこちら



Azure の更新情報より

Java Azure Functions support on Linux is now generally available
  • Linux の Java Azure Functions のサポートが一般提供になりました
    • Linux ホスティング上の Java 8 および Java 11 を使用した Azure Functions アプリケーション構築が一般提供されました。これにより、Java コンテナ ワークロードを Azure Functions と Kubernetes イベント駆動オートスケーリング (KEDA) を使用して Kubernetes に持ち込むことが可能になります。

Azure Stack Edge Kubernetes system is now available
  • Azure Stack Edge Kubernetes システムの提供を開始しました
    • Azure Stack Edge にはマネージド Kubernetes 環境が含まれているため、この業界標準の技術を使用してコンテナ化されたアプリケーションをエッジにデプロイすることができます。Azure ポータルでボタンをクリックするだけで、Azure Stack Edge が Kubernetes クラスタを作成して実行を維持します。その後、IoT Edge または Arc を有効にした Kubernetes を介してクラウドから Kubernetes アプリをデプロイします。またはネイティブの kubectl ツールを使用してローカルでデプロイします。これにより、AI、IoT、および最新のビジネスアプリケーション用のオンプレミスの Kubernetes 環境を簡単に構築できます。

Azure Functions custom handlers are now generally available
  • Azure Functions のカスタムハンドラーが一般利用可能になりました
    • カスタムハンドラーを構築することで、好きな言語やランタイム (Go、Rust、PHP など) を Azure Functions で使用することができます。カスタムハンドラーを使用すると、サーバーレスでイベント駆動型のアプリケーションを開発し、利用可能なすべての Azure Functions のトリガーとバインディングを活用できます。

Public preview: Azure Data Explorer dashboards October update
  • パブリックプレビュー : Azure Data Explorer ダッシュボード 10月のアップデート
    • Azure Data Explorer ダッシュボードは絶えず進化し続けています。このアップデートでは、カスケード フィルター、テーブル内のクリック可能な URL、マルチスタット カード、およびスタット カードのテキスト フォント サイズ コントロールについて説明します。

Logic Apps runtime platform updates and development capabilities
  • Logic Apps ランタイムプラットフォームのアップデートと開発機能
    • この公開プレビューの更新により、プラットフォーム全体での開発とテストのサポートが強化され、Azure、任意のコンテナ、または構内でのデプロイと実行の機能が提供されます。

Microsoft Azure Purview provides unified data governance
  • Microsoft Azure Purview は統一されたデータガバナンスを提供
    • Azure Purview を使用して、オンプレミス、マルチクラウド、および SaaS アプリケーションに存在するデータを管理および管理します。Purview Data Map を使用して、データの自動検出、機密データの分類、およびエンドツーエンドのデータの系統を使用して、データランドスケープの統一された最新の理解を作成します。ビジネスデータと技術データの消費者は、Purview Data Catalog を使用して、信頼できる正確なデータを簡単に発見することができます。また、Purview データインサイトを使用して、組織全体のデータ使用状況を俯瞰的に把握することができます。

Public preview: AKS pod identity
  • パブリック プレビュー : AKS pod ID
    • AKS アプリケーションは Azure Active Directory (AAD) を利用して、クラウドリソースに安全にアクセスできるようになります。AAD は、クラスタ、ノード、ポッドなど、あらゆるタイプのリソースへのアイデンティティプロバイダとして使用できるため、アクセス制御が大幅に簡素化されます。

Azure Stack Edge Virtual Machine Support is in public preview
  • Azure Stack Edge 仮想マシンサポートのパブリックプレビュー
    • Azure Stack Edge で Azure 仮想マシンをホストすることが可能になり、VM ベースの IoT、AI、およびビジネスアプリケーションを場所の Azure アプライアンス上で実行できます。このシステムには、Azure ポータルからのデプロイと管理が含まれています。つまり、Azure ポータルを使用して VM イメージと VM を場所の Edge デバイスにデプロイします。Azure Stack Edge は Azure VM をサポートしているため、エッジに直接デプロイする前に Azure で VM イメージを構築してテストすることができます。ローカル制御のため、デバイスが Azure から切断されている場合でも、ARM 互換の API とテンプレートを使用して VM をデプロイして管理することができます。

Azure Database for PostgreSQL - Single Server: logical decoding feature is now generally available
  • Azure Database for PostgreSQL - Single Server : 論理デコード機能が一般利用可能になりました
    • Azure Database for PostgreSQL - Single Server の論理デコード機能が一般利用可能になりました。また、論理デコーディングのための人気のある出力プラグインである wal2json の一般サポート提供も発表しています。論理デコードは、挿入、更新、削除のデータを利用可能にし、wal2json はそのデータを JSON オブジェクトに変換します。この機能により、変更データの取り込みやデータストリーミングのシナリオが可能になります。

Deprecation of webview sign-in support announcement from Google
  • Google からのウェブビュー・サインイン対応の廃止を発表
    • Google は、2021年 1月 4日以降埋め込み型ウェブビューサインインのサポートが廃止となることを発表しました。Google アカウントを使用した Azure Active Directory (Azure AD) の B2B コラボレーションや、Gmail を使用した外部 ID のセルフサービスサインアップを使用している顧客は影響を受ける可能性があり、ラインオブビジネスのネイティブアプリケーションの互換性をテストする必要があります。

Azure Automation is now available in Norway East region
  • Azure Automation がノルウェー東部リージョンで利用可能になりました
    • Azure Automation がノルウェー東部で利用可能になりました。拡張性と信頼性の高いプロセス自動化と状態設定エンジンを使用して、Azure、オンプレミス、サードパーティのハイブリッドクラウド環境でリソースの作成、監視、デプロイ、保守を行います。

New features are now available for Azure Form Recognizer
  • Azure Form Recognizer に新機能が追加されました
    • Form Recognizer の新機能 - 請求書からデータを抽出したり、当社の最先端のディープラーニングモデルを使用してドキュメントから複雑なテーブルを抽出したりすることができます。さらに、新バージョンでは日本語をサポートしており、Form Recognizer サンプルツール、クライアントライブラリ、または REST API を介して簡単に始めることができます。

Azure Blob storage—NFS 3.0 protocol support public preview now supports GPV2 storage accounts
  • Azure Blob Storage - NFS 3.0 プロトコルサポートのパブリックプレビューでは、GPV2 ストレージアカウントをサポートするようになりました
    • 本日より、Azure Blob Storage NFS 3.0 プレビューでは、オーストラリア東部、韓国中部、米国中南部のリージョンでスタンダード レベルの性能を持つ汎用 v2 (GPV2) ストレージアカウントをサポートしています。さらに、NFS 3.0 プレビューでは、利用可能なすべての地域でプレミアムレベルのパフォーマンスを持つブロック blob をサポートするように拡張されています。

App Service Anti-Virus Logs in public preview
  • App Service のウイルス対策ログをパブリックプレビューで提供
    • App Service では、ストレージ アカウント、Log Analytics、および Event Hubs にログを送信してアプリケーションの監視を改善できるウイルス対策スキャンのサポートが追加されました。

Azure IoT Central new and updated features—November 2020
  • Azure IoT Central の新機能と更新機能 - 2020年 11月
    • 11 月の更新には、IoT プラグ アンド プレイ のサポート、新しい価格レベル、ジョブ API のプレビュー、ドキュメントの更新が含まれます。

General availability: AKS resources view
  • 一般提供 : AKS リソースビュー
    • Azure ポータルは、開発者のエクスペリエンスを向上させ、開発 / テストシナリオを簡素化する Kubernetes リソースビューを提供するようになりました。

Enabling IBM WebSphere Liberty and Open Liberty on Azure Red Hat OpenShift
  • Azure Red Hat OpenShift 上で IBM WebSphere Liberty と Open Liberty を有効にする
    • IBM WebSphere Liberty や Open Liberty を Azure Red Hat OpenShift (ARO) 上で実行するためのガイダンスは、IBM との緊密な連携により確立されています。お客様は、Open Liberty Operator とステップバイステップのガイダンスを使用して、ARO クラスタ上で WebSphere Liberty または Open Liberty を実行することができます。これらの成果物は、IBM と Microsoft のベストプラクティスを利用して、本番環境への導入を可能な限り簡単に開始できるようにすることを目的としています。

Azure Machine Learning updates December 2020 in public preview
  • Azure Machine Learning の 2020年 12月のアップデートのパブリックプレビュー
    • Azure Machine Learning には、表示機能に関する新しいアップデートがあります。

GA: Azure Red Hat OpenShift support for OpenShift 4.5
  • 一般提供 : Azure Red Hat OpenShift の OpenShift 4.5 対応
    • Azure Red Hat OpenShift の OpenShift リリース 4.5 のサポートが一般利用可能になりました。OpenShift リリース 4.5 には、いくつかの新機能、機能強化、OpenShift ウェブコンソールのアップデートが含まれています。

Azure portal to end support for Internet Explorer 11 on March 31, 2021
  • Azure ポータルは Internet Explorer 11 のサポートを 2021年 3月 31日で終了します
    • 2021年 3月 31日から、Azure ポータルの Web アプリは IE 11 をサポートしなくなります。これは、2021年 3月 31日から、顧客が IE 11 を介して Azure ポータルにアクセスできなくなることを意味します。

Azure Data Factory is now available in five new regions
  • Azure Data Factory は 5つの新しいリージョンで利用できるようになりました
    • Azure Data Factory が新たに 5つのリージョンで利用できるようになりました。スイス北部、西日本、カナダ東部、ドイツ中西部、英国西部です。

Azure Databricks now generally available in the Azure China region
  • Azure Databricks が、Azure 中国 リージョンで一般提供を開始しました
    • 中国での Azure Databricks の一般提供開始により、グローバル企業はこのリージョンのお客様に一貫した体験を提供することができます。

Event hubs on Azure Stack Hub is now generally available
  • Azure Stack Hub 上のイベントハブが一般利用可能になりました
    • Event Hub の一般提供版が Azure Stack Hub で利用できるようになりました。これにより、ストリーミングやイベントベースのアーキテクチャを利用したクラウドやオンプレミスのシナリオを実現できるようになります。

Private link for Azure SQL Data Sync on Azure SQL Database now in public preview
  • Azure SQL Database の Azure SQL Data Sync のプライベートリンクをパブリックプレビューで提供
    • 現在パブリック プレビューで提供されている SQL Data Sync のプライベート リンクを使用すると、サービス管理されたプライベート エンドポイントを介して安全な接続を確立し、データ同期プロセス中に SQL Data Sync サービスをハブとメンバー データベースに接続することができます。

Infrastructure Encryption for Azure Monitor dedicated clusters now generally available
  • Azure Monitor 専用クラスタのインフラストラクチャ暗号化が一般利用可能になりました
    • Azure ストレージ用に、Azure インフラストラクチャ暗号化 (二重暗号化) が提供されるようになりました。Azure Monitor 専用クラスターに取り込まれたデータは、サービス レベルとインフラストラクチャ レベルで 2回暗号化されています。2020年 11月 1日から作成されたすべてのクラスターでは、この設定が有効になっています。クラスターの設定は、クラスター上の GET 要求を介して確認できます。

Microsoft to establish new datacenter region in Denmark
  • マイクロソフト、デンマークにデータセンターの新しいリージョンを設立
    • マイクロソフトは、デンマークにおける 30年の歴史の中で最も重要な投資を発表し、次の持続可能なデータセンター地域の場所としてデンマークを導入し、2024年までに推定 20万人のデンマーク人に対する包括的なスキリングのコミットメントを発表しました。100% の再生可能エネルギーを動力源とするこのデータセンターリージョンは、デンマークのあらゆる規模のお客様に、マイクロソフトのクラウドへのより迅速なアクセス、世界クラスのセキュリティ、そして国内にデータを保存する機能を提供します。

Azure Data Share snapshot sharing for SQL Database and Synapse generally available
  • SQL Database と Synapse のための Azure Data Share スナップショット共有は一般利用可能になりました
    • 本日、Azure SQL Database と Azure Synapse Analytics 用の Azure Data Share スナップショットベースの共有機能の一般提供を発表しました。この統合により、Azure SQL Database と専用 SQL プール (旧 Azure SQL DW) からデータベースのテーブルやビューを共有したり、Synapse ワークスペースの専用 SQL プールからテーブルを共有したりすることができます。リレーショナルデータベースやデータウェアハウスに格納されている構造化データを、社内の部門間、外部のパートナー、ベンダー、顧客と簡単かつ安全に共有してコラボレーションを行うことができるようになりました。


HoloLens 2 Development Edition expands to new markets
  • HoloLens 2 開発版が新たな市場に拡大
    • カナダ、日本、オーストラリア、ニュージーランド、イタリア、スイス、ドイツ、フランス、アイルランド、イギリスで HoloLens 2 開発版の発売を発表します。

Azure Repos - New enhancements to pull request experience
  • Azure Repos - プルリクエストエクスペリエンスの新機能
    • 今回のスプリントリリースでは、コミュニティからのフィードバックを受けて、プルリクエスト (PR) 体験にいくつかの機能強化を加えています。この取り組みは、Sprint 177 で行われた以前の投資に加えたものです。

Azure Data Factory data flow connectors now generally available for CDM and Delta Lake.
  • Azure Data Factory のデータフローコネクタは、CDM と Delta Lake で一般利用可能になりました
    • Azure Data Factory (ADF) には、Common Data Model (CDM) および Delta Lake 形式で ETL データの読み込み、変換、およびランディング用のデータ フロー コネクタが用意されています。

Transparent Data Encryption with customer-managed keys for SQL Database Hyperscale
  • SQL Database Hyperscale 用の顧客管理キーを使用した透過的なデータ暗号化
    • Azure SQL Database の Hyperscale サービス層では、BYOK (bring your own key) サポート付きの TDE が一般利用可能になりました。BYOK 付き TDE は、TDE プロテクターとしても知られるデータベース暗号化キー (DEK) の暗号化に使用されるキーの使用と管理を完全かつ詳細に制御できるようにすることで、サービス管理されたキーを改善します。Azure Key Vault 機能は、オプションの FIPS 140-2 レベル 2 およびレベル 3 の検証済みハードウェア・セキュリティ・モジュールを介して、政府機関および金融機関のお客様に対してより高いレベルのセキュリティ保証を提供します。

Azure Storage account recovery available via portal is now generally available
  • ポータル経由で利用可能な Azure Storage のアカウント復旧が、一般利用可能になりました
    • ストレージアカウントの回復がいくつかの制限付きで利用可能で、この機能は Azure ポータルを介して利用可能であることを発表します。ストレージアカウントを誤って削除すると、アカウント内のすべてのデータが削除され、以前は復元できませんでした。

Grafana query editor for Azure Data Explorer is in public preview
  • Azure Data Explorer の Grafana クエリ エディターをパブリック プレビューで提供
    • 新しい Grafana クエリ ビルダーでは、シンプルなグラフィカル エクスペリエンスを使用して、数回クリックするだけでダッシュボードを構築できるようになりました。

Machine Learning on Azure SQL Managed Instance now available
  • Azure SQL Managed Instance 上での機械学習が利用可能になりました
    • 現在、一般利用できるようになった機械学習機能は、あらかじめ設定された SQL Managed Instance 上で、パフォーマンスを向上させた独自の R または Python ランタイムを操作できるようになっています。

New Azure Monitor Agent and Data Collection Rules capabilities released in public preview
  • 新しい Azure Monitor エージェントとデータ収集ルールの機能をパブリックプレビューで提供
    • Azure Monitor は、データ収集を構成するための新しいコンセプトと、Azure Monitor のための新しい統一されたエージェントをパブリックプレビューで導入しました。この新しいエージェント (Azure Monitor Agent、または AMA) とデータ収集ルール (または DCR) は、VM からのデータ収集のいくつかの重要な領域を改善しています。例えば、データ収集のより良い制御とスコープ (例えば、単一のワークスペースの VM のサブセットから収集)、一度収集して Log Analytics と Azure Monitor Metrics の両方に送信する、複数のワークスペースに送信する (Linux の場合はマルチホーミング)、Windows のイベントフィルタリングの改善、拡張機能の管理の改善などです。

Intel SGX based confidential computing VMs now available on Azure Dedicated Hosts
  • Intel SGX ベースのコンフィデンシャルコンピューティング VM が Azure 専用ホストで利用可能になりました
    • 新しい DCsv2_Type1 専用ホスト SKU は、Azure 専用ホストにコンフィデンシャルコンピューティング機能を追加します。DCsv2 シリーズの Azure 仮想マシンは、データとコードがパブリッククラウドで処理されている間、データとコードの機密性と完全性を保護するのに役立ちます。専用ホストは、他のテナントからの隔離をさらに実現し、機密コンピューティング内でのセキュアなアプリケーションの隔離の側面をさらに強化します。

Azure resource logs for Azure Storage is now in public preview
  • Azure Storage の Azure リソースログをパブリックプレビューで提供
    • Azure Storage のログとネイティブエクスポートオプションを使用すると、ストレージアカウントへのリクエストのトラブルシューティングがより便利になります。

Azure Sphere OS version 20.12 Update 1 is now available for evaluation
  • Azure Sphere OS バージョン 20.12 Update 1 の評価版が利用可能になりました
    • Azure Sphere OS バージョン 20.12 Update 1 が Retail Eval フィードで利用可能になりました。このリリースでは、Wi-Fi とイーサネットの両方を有効にしたデバイスのイーサネット接続の問題が修正されました。

Private Link support for Azure Automation is now generally available
  • Azure Automation のプライベートリンクのサポートが一般提供を開始しました
    • Azure Private Link を使用して、プライベートエンドポイントを使用して仮想ネットワークを Azure Automation に安全に接続できるようになりました。

App Service Environment v3 now available in public preview
  • App Service Environment v3 がパブリック プレビューで利用可能になりました
    • お客様は、新しい App Service Environment (ASE) v3 を活用した新しい Isolated v2 プランにアクセスできます。ASE v3 は、最も機密性の高い Web ワークロードを実行するために、高度にセキュリティ保護された分離されたアプリ ホスティング環境を実現する、簡単な展開エクスペリエンスを備えています。

Stop/start functionality for Azure Database for MariaDB is now in public preview
  • Azure Database for MariaDB の停止/起動機能がパブリックプレビューになりました
    • Azure Database for MariaDB サーバーで停止 / 起動する機能がプレビューサポートで利用可能になりました。この機能により、使用していないときに Azure Database for MariaDB サーバーを停止し、アクティビティを再開したときにサーバーを起動することができます。加えて、データベースサーバーのコスト削減が可能になり、使用中は計算リソースのみを支払うことになります。この機能は、開発テストのワークロードや、一日のうちの一部しかサーバーを使用しない場合には、さらに重要になります。サーバーを停止すると、アクティブな接続はすべて切断されます。サーバが停止状態にある場合、サーバのコンピュートは課金されません。ただし、サーバーが再び起動したときにデータファイルが利用できるようにするために、ストレージが残っているため、課金は継続されます。

Automatic VM placement and Azure Virtual Machine Scale Sets available on Dedicated Host
  • 専用ホストで利用可能な VM の自動配置と Azure 仮想マシンのスケールセット
    • Azure では、VM がデプロイされる専用ホストを選択できるようになりました。さらに、Azure 仮想マシン スケール セットは、専用ホストと組み合わせてデプロイすることができます。

App Configuration is now generally available in China and US Government clouds
  • App Configuration は、中国と米国政府のクラウドで一般利用可能になりました
    • 最近のプログラム、特にクラウドで実行されているプログラムは、一般的に多くのコンポーネントが分散しています。これらのコンポーネントに構成設定を分散させると、アプリケーションのデプロイ時にトラブルシューティングが困難なエラーが発生する可能性があります。中国と米国政府のユーザーは、Azure App Configuration を使用して、アプリケーション設定と機能フラグを一元管理できるようになりました。

Azure Databricks now available in Azure Government
  • Azure Databricks が Azure 政府リージョンで利用可能になりました
    • Azure Databricks は、米国のアリゾナ州および米国政府のバージニア州リージョンで利用可能になりました。

Public preview: Azure Monitor for containers new Reports(tab) & deployment live logs
  • パブリックプレビュー : Azure Monitor for containers の新しいレポート (タブ) &デプロイメントライブログ
    • Azure Monitor for containers に新しいレポートタブが追加され、ノードディスク、ノードネットワーク、ワークロード、永続的なボリューム監視など、Kubernetes のすべての高度な監視ワークブックと可視化にワンストップでアクセスできるようになりました。また、これらの可視化には、ワンクリックで簡単にアクセスできるようになりました。

HBv2-series VMs for HPC are now available in UAE North
  • HPC 用の HBv2 シリーズ VM が UAE 北部で利用可能になりました
    • Azure の最も強力でスケーラブルな HPC VM、HBv2 シリーズが UAE 北部リージョンで利用可能になりました。このリージョンのお客様は、数万個の CPU コアにスケールアウトした MPI ワークロードを実行できるようになりました。


Microsoft Azure Blog より

Azure Digital Twins now generally available: Create IoT solutions that model the real world
  • Azure Digital Twins が一般提供 : 現実世界をモデルにした IoT ソリューションを作成する
    • 現在、組織は、資産だけでなく、環境全体の複雑な相互作用をより深く理解するためのソリューションを求める声が高まっています。このような変化は、世界のリアルタイムの変化に対応し、より俊敏になる必要性に駆られています。この変化には、個々の資産やデバイスを追跡するだけでなく、人、場所、プロセス、物、そしてそれらの関係性に至るまで、豊かな環境内のすべてのものに焦点を当てることが含まれます。

SAP and Microsoft partner to deliver supply chain and Industry 4.0 solutions in the cloud
  • SAP とマイクロソフトは、サプライチェーンとインダストリー 4.0 のソリューションをクラウドで提供するために提携しています
    • 現在の市場環境は、サプライチェーンの回復力を高めるために世界がテクノロジーに大きく依存していることを示しており、急速に変化するニーズに対応するための迅速な意思決定と戦略の転換を可能にするためには、俊敏性とデータインサイトがいかに重要であるかを示しています。これらのニーズに対応するため、当社は SAP とのパートナーシップを拡大し、お客様がクラウドやエッジでインテリジェントなデジタルサプライチェーンとインダストリー 4.0 ソリューションを設計・運用できるよう支援していきます。また、Open Manufacturing Platform や Open Industry 4.0 Alliance などの業界アライアンスのメンバーとして、相互運用性を推進するために協力していきます。

Microsoft introduces steps to improve internet routing security
  • マイクロソフトは、インターネットルーティングのセキュリティを向上させるための手順を導入しています
    • 本日は、MANRS クラウドと CDN プログラムで定義された新しいアクションを実装するために、マイクロソフトが取るべきステップを発表します。

Harness analytical and predictive power with Azure Synapse Analytics
  • Azure Synapse Analytics で分析力と予測力を活用
    • プレビューの発表以来、お客様とパートナーの皆様から、信じられないほどの反響と Azure Synapse の採用を目の当たりにしてきました。フィードバックを提供してくださった皆様に心より感謝申し上げます。

Azure Modular Datacenter – Mission resiliency for the field
  • Azure Modular Datacenter - 野外での任務における回復性
    • 防衛および国家安全保障の任務は本部から離れた野外で行われることが多く、そこでは物事が急速に起こり、迅速な意思決定が成否につながる可能性があります。Microsoft は、Azure Modular Datacenter (MDC) によって、Azure クラウドの重要な側面をエッジに導入し、エンタープライズクラスのコンピューティング、ストレージ、Azure サービスを、任務でそれらを必要とするどのような場所にも提供できるようにしました。

Azure Stack HCI delivers world-class hyperconverged infrastructure
  • Azure Stack HCI はワールドクラスのハイパーコンバージドインフラストラクチャを実現
    • 本日の Azure Stack HCI の一般提供開始に伴い、プレビューで提供されたお客様からの素晴らしいフィードバックを受けて、集中管理、ストレッチクラスタリング、ハイブリッド機能の組み込み、および Azure Arc の統合を含むフル機能の提供を実現しました。当社のアプローチは、統合システムパートナーである DataON、Dell Technologies、Lenovo を含む、お客様やパートナーの皆様にご好評をいただいています。Benenden Schools、Bradley Legal、Cherokee County School District、Florida State Medical College of Medicine、Hendrick Motorsports など、さまざまな業種のお客様は、すでにプレビューへの参加を通じて Azure Stack HCI で成功を収めており、ROBO、データベースワークロード、データセンターの近代化全般を含む複数のユースケースの早期本番展開を推進する上で、Azure Stack HCI からビジネス価値を獲得しています。

The broadest range of cloud innovation across US Government data classifications
  • 米国政府機関のデータ機密区分に対する最も広範なクラウド イノベーション
    • 本日は、米国政府機関向けのミッションクリティカルなクラウドの拡張について発表いたします。Azure Government に新機能が加わり、Azure Government Secret が拡張されました。また、最高機密に分類されたデータを取り扱うお客様にサービスを提供する新しいクラウドである、Azure Government Top Secret についても発表いたします。


Official Microsoft Blog より

Successful COVID-19 vaccine delivery requires strong tech partnerships
  • COVID-19 ワクチンの提供を成功させるには、強力な技術的パートナーシップが必要です
    • 社会として、私たちはこの世界的なパンデミックの旅を続けていますが、ようやくトンネルの先に光が見えてきました。現在、2種類の COVID-19 ワクチンが米国食品医薬品局と欧州の規制当局により加速審査中で、第 3 相臨床試験で安全性と有効性のデータが報告されています。マイクロソフトでは、世界中の公的機関や民間機関と協力して、ワクチンを可能な限り迅速に、かつ安全かつ公平な方法で提供するというこの重要な課題を支援してきました。ワクチンの安全で安全かつ公平な配布には技術が不可欠な役割を果たしており、戦略的なパートナーシップによって目標を達成し、今後の課題に対応していくことが可能になります。このブログでは、COVID-19 ワクチンの提供を可能にしている戦略的パートナーシップについて詳しくご紹介します。

Enhancing mission resiliency for government
  • レジリエンスの強化が政府のミッション
    • COVID-19 パンデミックは、米国全土および世界中の多くの市民にとって悲劇的で壊滅的な被害をもたらしています。リモートの「すべて」をサポートするテクノロジーへの依存度が高まっているなか、パンデミックは過去数十年でデジタルトランスフォーメーションへの移行を最も加速させました。米国連邦政府当局者のためのマイクロソフトの最高のイベントである第3回政府首脳会議では、変化する状況に対応しながら新しい働き方を再構築した政府関係者のお客様の事例を紹介しました。


以上です。
最後までお読みいただきありがとうございました。


「Microsoft Azure 導入・運用支援サービス」はこちら

【総合】お問い合わせ

製品・サービスに関するお問い合わせはお気軽にご相談ください

ピックアップ

セミナー情報
クラウドエンジニアブログ
clouXion
メールマガジン登録