クラウドエンジニアブログ

【定期便】10/19週 Azure の公開情報まとめ

渡邊 正和

渡邊 正和

みなさま、こんにちは!クラウドアーキテクトのワタナベです。

先週1週間分(2020/10/19-2020/10/25)の Azure の公開情報をお送りいたします。
パブリッククラウドは日々進化しており、1週間の内に新しい情報がたくさん生まれます。そのアップデート情報をまとめましたので、ご参考にしていただければと思います。

今週のアップデート情報は以下の通りとなります。
それでは、ご覧ください。

  • ※ 当ブログにて記載しております Microsoft 社の Web サイトの URL については、Microsoft 社側のリダイレクトの仕組みにより、お客様の閲覧環境に沿ったページに自動的にリダイレクトされることがございます。
    原文を参照される場合は、リダイレクトされた URL の ja-jp などの文字列を en-us に変更することで閲覧いただけます。


Azure の更新情報より

Fluent Bit connector for Azure Storage to support Azure Data Explorer streaming
  • Azure Data Explorer のストリーミングをサポートする Azure Storage 用の Fluent Bit コネクタ
    • Fluent Bit と Azure Data Explorer は協業に合意し、Azure Blob Storage 用の新しい出力コネクタをリリースしました。Fluent Bit はオープンソースでマルチプラットフォームのログプロセッサツールで、新しい Azure Blob 出力コネクタは Apache ライセンス 2.0 のもとでリリースされています。

Azure API Management updates- October 2020
  • Azure API Management のアップデート - 2020年 10月
    • 2020年 10月 21日に Azure API Management サービスの定期アップデートが開始され、以下のような新機能やバグ修正、変更点などの改善点が盛り込まれています。

Microsoft plans to establish new cloud datacenter region in Austria
  • オーストリアに新しいクラウド データセンター リージョンを設立する計画
    • 2020年 10月 20日、マイクロソフトはオーストリアに新たなデータセンター地域を建設する意向を発表しました。この発表には、オーストリアにおける新たな Center of Digital Excellence の設立や、2024年までに約 12万人のオーストリア人に到達することを目標としたデジタルスキリングイニシアチブの詳細も含まれています。

Azure role-based access control (RBAC) for Azure Key Vault data plane authorization is now in preview
  • Azure Key Vault データプレーン認証用の Azure ロールベースのアクセス制御 (RBAC) を現在プレビューで提供
    • データプレーン上の Azure Key Vault 用の Azure ロールベースのアクセス制御 (RBAC) を使用すると、Azure リソース全体で統一された管理とアクセス制御を実現できます。この機能により、管理グループから個々の鍵、証明書、および秘密まで利用可能なロール割り当て範囲で、Key Vault の鍵、証明書、および秘密の RBAC を管理できるようになりました。有効にすると、Azure AD のユーザーとサービスは、Azure RBAC によって排他的に検証されます。

Azure Key Vault Event Grid integration is now available
  • Azure Key Vault イベントグリッドの統合が可能に
    • Azure Event Grid のファーストパーティイベントパブリッシャーとしての Azure Key Vault が利用可能になりました。Azure Logic Apps、Azure Functions、WebHooks、またはその他のハンドラーを介して、自動化プロセスをトリガーすることができます。

Log Analytics Linux Agent for Fall 2020 now available
  • Log Analytics Linux Agent for Fall 2020 が利用可能になりました
    • Log Analytics Linux Agent for Fall 2020 がリリースされました。このリリースには、Python 3 のサポート、ディストロの追加サポート、新しいトラブルシューティングツールが含まれています。

Change in verification code SMS content
  • 確認コードの SMS コンテンツの変更
    • 11月上旬までに翻訳とともにグローバルに展開される「MSG & DATA RATES MAY APPLY」の文を削除し、価格に関する混乱を軽減する検証コードのテキストメッセージの内容変更を発表します。

Public preview: Zone redundant configuration for Azure SQL DB general purpose tier
  • パブリックプレビュー : Azure SQL DB General Purpose 層のゾーン冗長構成
    • General Purpose 層を使用する新規および既存の Azure SQL データベースとエラスティックプールは、現在プレビュー中のゾーン冗長構成を有効にすることができます。この機能は、Azure リージョン内の複数の物理的な場所にデータベースを複製するために、Azure 可用性ゾーンを利用します。ゾーン冗長化を選択することで、アプリケーションロジックを変更することなく、汎用データベースとエラスティックプールを、壊滅的なデータセンターの停止を含む、より多くの障害に対して弾力性のあるものにすることができます。

Multiple new features for Azure VPN Gateway in public preview
  • Azure VPN Gateway の複数の新機能をパブリックプレビューで提供
    • Azure VPN Gateway の新機能をパブリックプレビューで発表します。
      • ポイントツーサイト VPN における RADIUS サーバの高可用性
      • VPN over ExpressRoute プライベートピアリング
      • DPD タイムアウト付きのカスタム IPsec/IKE ポリシー
      • BGP スピーカーの APIPA サポート
      • サイト間 VPN の FQDN サポート
      • ポイントツーサイト VPN ユーザーのためのセッション管理と失効

Azure Cognitive Services Translator — Canadian French language text translation now available
  • Azure Cognitive Services Translator - カナダのフランス語のテキスト翻訳が利用可能になりました
    • カナダで特に使用されているフランス語の方言であるカナダのフランス語のテキスト翻訳を、Translator を使用してアプリ、製品、ワークフローに追加することができるようになりました。Translator で利用可能な 70 以上の言語のいずれかにカナダのフランス語を翻訳したり、カナダのフランス語から翻訳したりできます。この言語リリースの詳細については、Translator ブログをご覧ください。

Azure Blob storage lifecycle management now supports blob versions management
  • Azure Blob ストレージのライフサイクル管理が Blob のバージョン管理をサポートするようになりました
    • Azure Blob ストレージのライフサイクル管理は、Blob のバージョンをサポートするようになりました。マイクロソフトでは、データ保護のために Blob の以前のバージョンを維持するために Blob バージョニングを使用することを推奨しています。ストレージアカウントで Blob バージョニングを有効にすると、Azure Storage は Blob が変更または削除されるたびに、新しいバージョンの Blob を自動的に作成します。ライフサイクル管理を使用して、古い Blob のバージョンをクールなストレージ階層 (ホットからクール、ホットからアーカイブ、またはクールからアーカイブ) に自動的に移行したり、古い Blob のバージョンを削除してコストを最適化したりすることができます。

Increased functionalities to 1-click on Azure Data Explorer is now generally available
  • Azure Data Explorer の 1-click 機能が向上し、一般利用できるようになりました
    • 1-click は、最初のインジェスト・インフラストラクチャを定義するための「ウィザード」体験を可能にするための新しい機能セットです。1-click は、ユーザーのデータセットに基づいてテーブルスキーマを推測し、直感的なユーザー体験でスキーマの調整を可能にします。1-click で、ユーザーは定義することができます。テーブル、マッピング、複数のソースからのワンタイムおよび継続的なインジェスト、それぞれがサポートされているフォーマットでの定義が可能です。

Azure Site Recovery update rollup 51 - October 2020
  • Azure Site Recovery 更新ロールアップ 51 - 2020年 10月
    • 最新の Azure Site Recovery 更新プログラムには、修正プログラム、モビリティ サービスの Linux サポートの更新、サイト回復コンポーネントのダウンロード リンクが用意されています。

Azure Policy for Key Vault now supports keys, secrets, and certificates
  • Azure Policy for Key Vault がキー、シークレット、および証明書をサポートするようになりました
    • Azure Policy は、ユーザーが Azure 環境を大規模に監査して管理する機能を提供するガバナンスツールです。Azure Policy for Key Vault は、Key Vault に保管されているシークレット、キー、および証明書を監査して、設定したコンプライアンス要件を満たしていることを確認するのに役立ちます。要件を満たしていないシークレット、キー、または証明書は、ポリシー コンプライアンス ダッシュボードに非準拠として表示されます。特定の Key Vault オブジェクトと、それが存在する Key Vault をすばやく見つけることができます。拒否ポリシーを設定して、ユーザーがポリシーに準拠していない Key Vault オブジェクトを作成したり、インポートしたりできないようにすることができます。また、複数のポリシーをまとめて 1 つのイニシアチブにグループ化し、コンプライアンスの結果を Azure Security Center に送信することもできます。


Microsoft Azure Blog より

Quickly get started with samples in Azure Synapse Analytics
  • Azure Synapse Analytics のサンプルですぐに始める
    • Microsoft Azure Synapse Analytics でのインサイトまでの時間をさらに短縮するために、事前にロードされたサンプルデータへのアクセスを簡素化し、データの専門家のためのスタートアッププロセスを合理化するために、ナレッジセンターを導入しています。既存の Spark や SQL プールの作成や使用、Azure オープンデータセットへの接続やクエリ、サンプルスクリプトやノートブックのロード、パイプラインテンプレートへのアクセス、Azure Synapse Studio のツアーなど、すべてを 1つの場所から行えるようになりました。

Introducing the Microsoft Azure Modular Datacenter
  • Microsoft Azure Modular Datacenter のご紹介
    • Microsoft Azure Modular Datacenter (MDC) は、人道支援、災害対応など、厳しい環境での高強度で安全なクラウドコンピューティングのニーズに対応するためのデータセンター規模のシナリオをサポートするように設計されています。

Solving IoT device security at scale through standards
  • IoT デバイスのセキュリティを標準化してスケールで解決
    • IoT デバイスのセキュリティをエンジニア、クレーム、評価、消費するための指針となるコモンクライテリア (ISO 15408) 規格である Edge Compute Node 保護プロファイル (NSCIB-CC-0112146-CR または単に ECN PP) の一般提供を共有します。私たちは、透明性、業界横断的な実践、グローバルな認識の取り決め、およびライセンスラボのグローバルな可用性のための共通基準を構築します。


Official Microsoft Blog より

Azure Space – cloud-powered innovation on and off the planet
  • Azure Space - クラウドを活用した地球上と地球外のイノベーション
    • 今日、マイクロソフトはクラウドコンピューティングで次の大きな飛躍を遂げようとしています。私は、Azure Space を使って、宇宙コミュニティのミッションニーズに応えるプラットフォームとエコシステムを Azure にするために行っている作業を共有できることに興奮しています。宇宙コミュニティは急速に成長しており、イノベーションにより、公的機関や民間機関のアクセスの障壁が低くなっています。Azure Space では、農業、エネルギー、通信、政府などの業界全体で、宇宙の接続性と計算をますます実現可能にするという野心を持っています。

Enabling the digital transformation of CES 2021
  • CES 2021 デジタルトランスフォーメーションの実現
    • 世界で最も影響力のあるテクノロジーイベントである CES の CTA のテクノロジーパートナーに Microsoft が選ばれたことは、非常に光栄なことです。Microsoft Azure、Microsoft Teams、Microsoft Power Platform などの Microsoft Cloud ソリューションをパートナーソリューションと一緒に提供し、全世界のテックコミュニティが一堂に会し、CES 2021 の体験となるオールデジタルイベントのためのテクノロジープラットフォームを構築すると聞いても驚かないでしょう。

Microsoft’s 2020 Diversity & Inclusion report: A commitment to accelerate progress amidst global change
  • マイクロソフトの「2020年ダイバーシティ&インクルージョン」レポート : グローバルな変化の中で前進を加速させるためのコミットメント
    • この度、現在進行中の COVID-19 のパンデミック、人種的不正行為の増幅、そして世界的な不確実性の現実によってマークされた時期に来ているマイクロソフトの 2020年のダイバーシティとインクルージョンのレポートを共有しました。今年のレポートでは、データに加えて 3つの中核分野に焦点を当てています。それは、多様性とインクルージョンが従業員のパンデミックへの対応にどのように統合されているか、人種的不正への取り組みへのコミットメント、マイクロソフトの Allyship 学習パスへの投資です。

Learn about data science and coding with Fei Fei, the hero from the Netflix Original, ‘Over the Moon’
  • Netflix オリジナル「Over the Moon」の主人公フェイ・フェイとデータサイエンスとコーディングを学ぶ
    • 本日、Netflix オリジナルの新作「Over the Moon」に触発され、データサイエンス、機械学習、人工知能の初期概念を学習者に教える 3つの新しい Microsoft Learn モジュールを発表しました。新しい学習パス「Explore Space with "Over the Moon"」には、3つのパートが含まれています。


Windows Server Blog より

One week to go! Windows Server Summit 2020
  • 残り1週間! Windows Server Summit 2020 のご案内
    • Windows Server Summit 2020 の準備はできていますか?あと 1週間となりましたが、まだ登録には時間があります。当社の素晴らしい技術エキスパートがキュレーションし、発表する真新しい Windows Server コンテンツを見逃すわけにはいきません。


以上です。
最後までお読みいただきありがとうございました。

【総合】お問い合わせ

製品・サービスに関するお問い合わせはお気軽にご相談ください

ピックアップ

セミナー情報
クラウドエンジニアブログ
clouXion
メールマガジン登録