クラウドエンジニアブログ

【定期便】7/6週 Azure の公開情報まとめ

渡邊 正和

渡邊 正和

みなさま、こんにちは!クラウドアーキテクトのワタナベです。

先週1週間(2020/7/6-2020/7/12)分の Azure の公開情報をお送りいたします。
パブリッククラウドは日々進化しており、1週間の内に新しい情報がたくさん生まれます。そのアップデート情報をまとめましたので、ご参考にしていただければと思います。

今週のアップデート情報は以下の通りとなります。
それでは、ご覧ください。

  • ※ 当ブログにて記載しております Microsoft 社の Web サイトの URL については、Microsoft 社側のリダイレクトの仕組みにより、お客様の閲覧環境に沿ったページに自動的にリダイレクトされることがございます。
    原文を参照される場合は、リダイレクトされた URL の ja-jp などの文字列を en-us に変更することで閲覧いただけます。


Azure の更新情報より

Azure Stream Analytics tools for Visual Studio Code now supports Visual Studio Codespaces
  • Azure Stream Analytics ツール for Visual Studio Code は Visual Studio Codespaces をサポートするようになりました
    • Azure Stream Analytics ツール for Visual Studio Code は Visual Studio Codespaces をサポートするようになりました。

Distributed network name for SQL Server on Virtual Machines is now available
  • 仮想マシン上の SQL Server の分散ネットワーク名が利用可能になりました
    • SQL Server 2019 CU2 以降の Azure IaaS での SQL Server フェールオーバークラスターインスタンス (SQL FCI) の分散ネットワーク名 (DNN) のサポートが利用可能になりました。

Introducing Azure Load Balancer Insights using Azure Monitor for Networks
  • Azure Monitor for Networks を使用した Azure Load Balancer Insights の紹介
    • Azure Load Balancer (LB) のお客様は、ヘルスモニタリングと構成分析のためのパッケージソリューションにすぐにアクセスできるようになりました。Azure Monitor for Networks の一部として構築され、関連するメトリックが無料で事前構成されたすべてのロードバランサー構成のトポロジマップと標準ロードバランサーのヘルスダッシュボードを手にすることができます。

.NET Core support for Azure Analysis Services client libraries is in preview
  • Azure Analysis Services クライアントライブラリの .NET Core サポートはプレビュー中です
    • お客様のフィードバックに応えて、Azure Analysis Services クライアントライブラリの .NET Core サポートがプレビューで利用できるようになりました。Analysis Services と Microsoft Power BI を対象とする最新のクロスプラットフォーム環境とクラウド指向環境向けの .NET Core アプリケーションの構築を開始します。

Private endpoints for Azure File Sync are now generally available
  • Azure File Sync のプライベートエンドポイントが一般提供になりました
    • Azure File Sync エージェント 10.1 以降、Azure File Sync は、Azure File Sync が利用可能なすべてのパブリックおよび Azure US Government クラウドリージョンのプライベートエンドポイントをサポートしています。プライベートエンドポイントを使用すると、仮想ネットワークのアドレススペース内から Storage Sync Service のプライベート IP アドレスを割り当てることができます。

Azure Kubernetes Service (AKS) now supports confidential workloads through DCSv2 SKUs (private preview)
  • Azure Kubernetes Service (AKS) が DCSv2 SKU (プライベートプレビュー) を通じて機密ワークロードをサポートするようになりました
    • Azure Kubernetes Service (AKS) は、DCsv2 シリーズの SKU ノードプールとの統合により、機密ワークロードをサポートするようになりました (プレビュー中)。

Upcoming changes to JSON flattening and storage for new Azure Time Series Insights deployments
  • 新しい Azure Time Series Insights のデプロイメントのための JSON のフラット化とストレージの今後の変更点
    • Azure Time Series Insights では、JSON テレメトリデータのフラット化とストレージの変更を行っています。これらの変更は、2020年 7月 10日に新規デプロイメントの場合のみに有効になります。

Text Analytics for health is now available in preview
  • 健康のためのテキスト分析がプレビューで利用可能になりました
    • 健康のためのテキスト分析で非構造化医療データから洞察を抽出し、プレビューで利用できるようになりました。Text Analytics のヘルス機能は、自然言語処理技術を使用して、医師のメモ、退院サマリー、臨床ドキュメント、電子医療記録などの非構造化臨床ドキュメントから貴重な情報を見つけてラベル付けします。

Preview support for Azure Shared Disks for SQL Server failover cluster instance on Azure IaaS is now available
  • Azure IaaS での SQL Server フェールオーバークラスターインスタンスの Azure 共有ディスクのプレビューサポートが利用可能になりました
    • Windows Server 2019 以降で SQL Server 2019 を使用する Azure IaaS 上の SQL Server フェールオーバークラスターインスタンス (SQL FCI) の Azure 共有ディスクでプレビューサポートが利用可能になりました。SQL FCI 用 Azure 共有ディスクを使用すると、オンプレミスで最も一般的に使用される HA 構成を Azure IaaS に移行できます。

Azure Digital Twins enhanced features now in public preview
  • Azure Digital Twins の拡張機能がパブリックプレビューになりました
    • Azure Digital Twins に加えてドメインの専門知識を活用して、次のような接続ソリューションを構築します。

Create virtual machines from Azure Shared Image Gallery (SIG)
  • Azure Shared Image Gallery (SIG) から仮想マシンを作成する
    • ラボユーザーが仮想マシンを作成するために、共有イメージギャラリー (SIG) から特殊なイメージを有効にできるようになりました。

Custom Commands is now generally available
  • カスタムコマンドが一般提供されました
    • カスタムコマンドを使用してタスク指向の音声アプリケーションを作成するプロセスを合理化します。Azure Cognitive Services の Speech の機能であるカスタムコマンドは、統合されたオーサリングエクスペリエンス、自動ホスティングモデルを提供し、IoT シナリオなどの変数のセットが明確に定義されているタスク完了またはコマンドアンドコントロールシナリオに最適です。

Neural Text to Speech expands to new languages
  • Neural Text to Speech が新しい言語に拡張
    • Neural Text to Speech は、最新の神経音声合成モデルを特徴とする 15 の新しい自然な音声で、言語サポートを拡張しています。

Azure Load Balancer support for IP-based backend pool management is in preview
  • IP ベースのバックエンドプール管理のための Azure Load Balancer のサポートはプレビュー中です
    • Azure Load Balancer では、IPv4 または IPv6 アドレスと仮想ネットワーク ID を使用して、バックエンド プールからのリソースの追加と削除がサポートされるようになりました。これにより、ロード バランサーに関連付けられたコンテナー、仮想マシン、および仮想マシン スケール セットを簡単に管理できます。また、関連リソースが作成される前に、バックエンド プールの一部として IP アドレスを予約することもできます。

Azure Virtual WAN: Multiple capabilities and new partners now generally available
  • Azure Virtual WAN: 複数の機能と新しいパートナーが一般的利用できるようになりました
    • 本日、ハブ間接続、カスタムルーティング、トランジット機能など、Azure Virtual WAN の複数の機能強化の一般提供を発表します。

Azure Private Link support for Azure Automation is now available in preview
  • Azure Automation の Azure Private Link サポートがプレビューで利用可能になりました
    • Azure Private Link を使用して、プライベートエンドポイント (プレビュー) を使用して仮想ネットワークを Azure Automation に安全に接続できるようになりました。

Azure Site Recovery update rollup 47—July 2020
  • Azure Site Recovery アップデート ロールアップ 47 - 2020年 7月
    • 最新の Azure Site Recovery の更新プログラムは、Site Recovery コンポーネントの修正とダウンロード リンクを提供します。

Form Recognizer is now generally available
  • Form Recognizer が一般提供されました
    • Form Recognizer の一般提供リリースを発表しました。情報抽出を自動化することにより、ビジネスプロセスを加速します。

Azure Machine Learning studio web experience is generally available
  • Azure Machine Learning Studio の Web エクスペリエンスが一般提供されました
    • Azure Machine Learning Studio の Web エクスペリエンス が一般提供され、新機能が追加されました。

Azure Digital Twins enhanced features are now in preview
  • Azure Digital Twins の拡張機能がプレビューになりました
    • ドメインの専門知識を活用し、Azure Digital Twins を使用して次のような接続ソリューションを構築します。


Microsoft Azure Blog より

Making buildings smarter with Azure IoT
  • Azure IoT で建物をスマートに
    • スマートビルディングは、温室効果ガスの排出量の追跡と削減に関する規制への企業の対応にも役立ちます。Bosch Building Technologies、Bentley Systems、Schneider Electric、および ICONICS が Azure IoT を使用してスマートビルディングのメリットをどのように提供しているかを見てみましょう。

Azure AI: Build mission-critical AI apps with new Cognitive Services capabilities
  • Azure AI:新しい Cognitive Services 機能でミッションクリティカルな AI アプリを構築する
    • 今日の製品の更新では、Azure Cognitive Services の既存の言語、ビジョン、音声機能が拡張され、開発者が豊富な洞察を可能にし、時間を節約してコストを削減し、顧客エンゲージメントを向上させるミッションクリティカルな AI アプリを構築できるようになりました。


Intune Customer Success より

How to deploy DMG or APP-format apps to Intune-managed Macs
  • Intune で管理された Mac に DMG または APP 形式のアプリを展開する方法
    • Microsoft エンドポイント マネージャーを使用して、.pkg、.dmg、.app など、macOS でサポートされている最も一般的なアプリの種類を展開できます。したがって、pkg 以外の種類のアプリでは、管理者が手動で macOS 上でコマンドを実行するか、Intune を使用して配布できる署名済みアプリ パッケージ (.intunemac ファイル) を作成するスクリプトとしてコマンドを実行する必要があります。ドキュメントの残りの部分では、推奨されるアプリの準備手順を説明します。これらの手順は macOS 10.15 でテストされています。

Reminder – Move to the Microsoft Endpoint Manager admin center for all your Intune administration
  • アラーム – すべての Intune 管理のための Microsoft エンドポイント マネージャー管理センターに移動
    • 2020年 8月 1日に Intune の将来の開発が https://endpoint.microsoft.com に焦点を当てることに注意してください。
      1. グラフに変更はありません。
      2. 引き続き、Microsoft エンドポイント マネージャー管理センターにリダイレクトする https://portal.azure.com のエントリ ポイントがあります。
      3. 可能な場合は、この変更を思い出させるために、https://portal.azure.com で人気のある Intune ブレードにリダイレクトを配置します。
      4. 新しい機能は https://endpoint.microsoft.com で提供されます。


以上です。
最後までお読みいただきありがとうございました。

【総合】お問い合わせ

製品・サービスに関するお問い合わせはお気軽にご相談ください

ピックアップ

セミナー情報
クラウドエンジニアブログ
clouXion
メールマガジン登録