クラウドエンジニアブログ

【定期便】6/8週 Azure の公開情報まとめ

渡邊 正和

渡邊 正和

みなさま、こんにちは!クラウドアーキテクトのワタナベです。

先週1週間(2020/6/8-2020/6/14)分の Azure の公開情報をお送りいたします。
パブリッククラウドは日々進化しており、1週間の内に新しい情報がたくさん生まれます。そのアップデート情報をまとめましたので、ご参考にしていただければと思います。

今週のアップデート情報は以下の通りとなります。
それでは、ご覧ください。

  • ※ 当ブログにて記載しております Microsoft 社の Web サイトの URL については、Microsoft 社側のリダイレクトの仕組みにより、お客様の閲覧環境に沿ったページに自動的にリダイレクトされることがございます。
    原文を参照される場合は、リダイレクトされた URL の ja-jp などの文字列を en-us に変更することで閲覧いただけます。


Azure の更新情報より

Azure DevOps Services now simplifies Azure Artifacts integration with other services
  • Azure DevOps Services が Azure Artifacts と他のサービスの統合を簡素化
    • Azure DevOps Services の最新の更新には、Azure Artifacts、Azure Boards、Azure Pipelines の新機能が含まれています。特に注目すべきは、他の人気のあるパッケージマネージャーで Azure Artifacts を簡単に認証できるようにする新しい Azure Artifacts 機能です。

Azure Databricks is now available in the Azure Government cloud (in preview)
  • Azure Databricks が Azure Government クラウドで利用可能になりました (プレビュー)
    • Azure Databricks は、米国政府のバージニア州とアリゾナ州の Azure 政府機関のお客様にプレビューで利用できるようになりました。

Redirection support for the mysqlnd PHP driver connecting to MariaDB now in preview
  • MariaDB に接続する mysqlnd PHP ドライバーのリダイレクトサポートがプレビューになりました
    • Maria Database for Azure Database への接続に使用される mysqlnd PHP ドライバーのリダイレクトサポートがプレビューで利用可能になりました。

Windows Server containers in AKS is now available in Azure Government
  • AKS のWindows Server コンテナーが Azure Government で利用可能になりました
    • Azure Kubernetes Service (AKS) の Windows Server コンテナーは、バージニア州、テキサス州、アリゾナ州を含む 3つの米国政府地域すべてを通じて、Azure 政府の顧客 (米国連邦政府、州政府、地方自治体とそのパートナー) が利用できるようになりました。

Live Video Analytics now in public preview
  • ライブ ビデオ分析をパブリック プレビューで公開
    • IoT Edge のライブビデオ分析 (LVA) がパブリックプレビューになりました。インテリジェントビデオアプリケーションを構築するための、ライブビデオをキャプチャ、記録、分析し、結果 (ビデオおよび / またはビデオ分析) を公開するためのプラットフォームです。

Azure SQL Database serverless compute auto-scaling limits increase more than twofold
  • Azure SQL Database のサーバーレスコンピューティングの自動スケーリング制限が 2倍以上に増加
    • Azure SQL Database サーバーレスの最大 vCore 制限は、16 vCore から 40 vCore に 2倍以上増加しました。上限が高いほど、負荷の高いサーバーレスデータベースのコンピューティング自動スケーリングヘッドルームが大きくなります。

Transparent data encryption with customer-managed keys for Azure SQL Database Hyperscale
  • Azure SQL Database Hyperscale の顧客管理キーによる透過的なデータ暗号化
    • Azure SQL Database のハイパースケールサービス層の場合、独自のキーを持参 (BYOK) をサポートする TDE がプレビューで利用できるようになりました。BYOK を使用した TDE は、データベース暗号化キーの使用と管理を完全かつきめ細かく制御し、Azure Key Vault でのキーの一元管理を可能にします。

Azure Spring Cloud updates
  • Azure Spring Cloud の更新
    • 開発者の生産性を向上させ、より多くの DevOps シナリオを可能にし、プラットフォームの本番環境に対応できるようにする Spring Cloud の新機能が利用可能になりました。

Data encryption with customer-managed keys for Azure Database for MySQL
  • Azure Database for MySQL の顧客管理キーによるデータ暗号化
    • Azure Database for MySQL のデータ暗号化がプレビューで利用可能になりました。Azure Database for MySQL の顧客管理キーを使用したデータ暗号化により、保管時のデータ保護のために独自のキー (BYOK) を使用できます。

Azure Spring Cloud Basic tier is now in preview
  • Azure Spring Cloud Basic レベルがプレビューになりました
    • Azure Spring Cloud Basic 層がプレビューで利用可能になりました。新しい基本階層を使用して低コストで Spring Cloud の開発とテストを開始し、本番稼働の準備が整ったら標準階層に切り替えます。

A new consolidated API version in Azure Monitor Logs is now available
  • Azure Monitor Logs の新しい統合 API バージョンが利用可能になりました
    • Azure Monitor Logs リソースプロバイダーの新しい API バージョン 2020-03-01-preview が利用可能になりました。この API は、顧客管理キー (CMK) などの新機能をサポートし、独自のストレージ (BYOS) を他の機能とともに提供します。

Azure Kubernetes Service—Integrated application gateway feature now available
  • Azure Kubernetes Service - 統合されたアプリケーションゲートウェイ機能が利用可能になりました
    • Application Gateway Ingress Controller (AGIC) が、Azure Kubernetes Service (AKS) のアドオンとしてプレビューで利用できるようになりました。これを使用して、既存の Application Gateway インスタンスを簡単に作成したり、AKS クラスターに接続したりできます。

Large storage for Azure Database for MariaDB
  • Azure Database for MariaDB 用の大容量ストレージ
    • Azure Database for MariaDB で最大 16TB のストレージと最大 20,000 IOPS のサポートがプレビューで利用可能になりました。この機能は、データベース サーバのストレージを 5倍に増やすだけでなく、利用可能な IOPS の 3倍以上のストレージを提供します。

Machine Learning on Azure SQL Managed Instance limited preview available
  • Azure SQL マネージドインスタンスでの機械学習の限定プレビューが利用可能
    • R および Python 言語をサポートする機械学習サービスに、Azure SQL マネージドインスタンスの限定プレビューサポートが含まれるようになりました。

Budgets in Cost Management now accounts threshold edits and alert limits above 100%
  • Cost Management の Budgets において、アカウントのしきい値の編集と 100% 以上のアラートを制限しました
    • Cost Management の Budgets は、組織の説明責任を計画し、推進するのに役立ちます。予算を使用すると、以下のことが可能になります。
      • 特定の期間に消費または加入している Azure サービスのアカウントを作成します。
      • 積極的にコストを管理するために、他の人に支出を知らせるのに役立ちます。
      • 時間の経過に応じて支出がどのように進行するかを監視します。

Azure App Service hybrid connections for Linux apps is now available
  • Linux アプリ用の Azure App Service ハイブリッド接続が利用可能になりました
    • Azure App Service のハイブリッド接続機能が一般提供になり、ほぼすべてのネットワークのエンドポイントへの呼び出しをサポートするようになりました。

Azure SQL Database Hyperscale—Transparent data encryption with customer-managed keys now in preview
  • Azure SQL Database Hyperscale - 顧客管理のキーによる透過的なデータ暗号化がプレビューになりました
    • Azure SQL Database のハイパースケールサービス層の場合、独自のキーを持参 (BYOK) をサポートする TDE がプレビューで利用できるようになりました。BYOK を使用した TDE は、データベース暗号化キー (TDE プロテクターとも呼ばれる) の使用と管理を完全かつきめ細かく制御し、Azure Key Vault でのキーの集中管理を可能にします。

Azure Policy support for Azure Cosmos DB is now available
  • Azure Cosmos DB の Azure ポリシーサポートが利用可能になりました
    • Azure Cosmos DB リソースガバナンスを Azure Policy で実装できるようになりました。この機能を使用して、組み込みまたはカスタムのポリシー定義に基づいて Azure ポリシー割り当てを作成し、Azure Cosmos DB リソースにルールと効果を適用します。

Azure Sphere OS update 20.06 is now available for compatibility testing
  • Azure Sphere OS update 20.06 が互換性テストで利用可能になりました
    • Azure Sphere OS の品質更新プログラム 20.06 は、小売評価フィードを通じて評価できるようになりました。リリースには、OS の更新プログラムと更新された Linux SDK が含まれています。

Azure Kubernetes Service upgrade improvements are now in preview
  • Azure Kubernetes Service のアップグレードの改善がプレビューになりました
    • アップグレードは、すべての Kubernetes ワークロードに必要な一般的な操作です。通常の Kubernetes アップグレード操作の粒度と効率を向上させる 2つの新しい Azure Kubernetes Service (AKS) アップグレード機能がプレビューされています。

Azure IoT Central—May 2020 dashboard updates
  • Azure IoT Central — 2020年 5月のダッシュボードの更新
    • ダッシュボードが改善され、最大 10台のデバイスを Chart、Event、KPI、LKV、Map、および Property タイルで表示できるようになりました。新しいカウント タイルを使用して、デバイスグループ内のデバイスの数を簡単に確認できます。この要望の多かった機能は、マルチデバイスタイルの完全サポートに向けた最初のリリースです。

Azure App Service regional virtual network integration for Linux apps is now available
  • Linux アプリ向けの Azure App Service 地域仮想ネットワーク統合が利用可能になりました
    • すべての発信呼び出しを仮想ネットワークに送信することをサポートする Azure App Service の地域仮想ネットワーク統合機能が一般提供になりました。これを利用して、Linux Web アプリからのすべての送信トラフィックに対してネットワーク NSG や UDR などの機能を使用します。

Azure Cosmos DB Java SDK 4.0 for Core (SQL) API release now in general availability
  • Azure Cosmos DB Java SDK 4.0 for Core (SQL) API リリースの一般提供開始
    • コア (SQL) API 用の Azure Cosmos DB Java SDK 4.0 のリリースには、パフォーマンスの改善、同期 API と非同期 API のバンドル、および Page Flux API の組み込みが含まれています。また、自動スケールコンテナーと分析コンテナーの組み込みサポートがあり、DISTINCT クエリをサポートします。

Azure IoT Central jobs and metrics feature updates—May 2020
  • Azure IoT Central のジョブとメトリックス機能の更新 — 2020 年 5 月
    • デバイスのヘルスモニタリングの改善
      • 新しいメトリクスのセットは、IoT Central アプリケーションとそれに接続されているデバイスの健全性と使用状況を診断して監視する能力を向上させます。Azure Monitor を通じて、アプリケーションに接続されているデバイスの数だけでなく、デバイスのプロパティの読み取りと書き込みに関するメトリクスを確認して監視できるようになりました。
      • 今後もメトリクスをさらに追加し、診断ログを含む機能を拡張していく予定で、問題を簡単に切り分けてアプリケーションを監視できるようにしていきます。
    • ジョブの改善
      • 既存のアプリケーションから新しいアプリケーションにエクスポートする際に、アプリケーションのエクスポート機能にジョブ定義が含まれるようになりました。
      • さらに、ジョブの結果画面にカラムピッカーが追加され、どのカラムを表示するかをオペレータが変更できるようになりました。選択されたカラムは、セッションとユーザー間で持続します。

Azure Media Services now supports Live Transcription preview in additional regions
  • Azure Media Services は、追加のリージョンでライブ文字起こしプレビューをサポートするようになりました
    • ライブトランスクリプションのパブリックプレビューは、最初の発表時よりも多くの地域と言語で利用可能になりました。

Azure Service Fabric 7.1 First Refresh Release
  • Azure Service Fabric 7.1 の最初の更新リリース
    • Azure Service Fabric 7.1 の最初の更新リリースには、バグ修正とスタンドアロンのパフォーマンス強化が含まれており、さまざまな Azure リージョンに展開され始めています。

Data encryption for Azure Database for PostgreSQL—single server
  • Azure Database for PostgreSQL のデータ暗号化 - 単一サーバー
    • Azure Database for PostgreSQL のデータ暗号化のプレビュー - シングルサーバーが利用可能になりました。Azure Database for PostgreSQL の顧客管理キーを使用したデータ暗号化 - シングルサーバーを使用すると、独自のキー (BYOK) を保持してデータを保護することができます。

Azure API Management updates—June 2020
  • Azure API 管理の更新 - 2020年 6月
    • 2020年 6月 10日に定期的な Azure API 管理サービスの更新が開始され、以下の新機能、バグ修正、変更、およびその他の改善が含まれています。API 管理サービスがアップデートを受け取るまでに 1週間以上かかる場合があります。


Microsoft Azure Blog より

New features and insights in Azure Monitor
  • Azure Monitor の新機能と洞察
    • このブログでは、Microsoft Build で発表された Azure Monitor の最新の拡張機能を紹介します。

Azure Machine Learning—what’s new from Build 2020
  • Azure Machine Learning — Build 2020 の新機能
    • Microsoft Build 2020 では、すべてのスキルの ML、エンタープライズグレードの MLOps、責任ある ML など、さまざまな分野で Azure 機械学習へのいくつかの進歩を発表しました。

Introducing live video analytics from Azure Media Services—now in preview
  • Azure Media Services からのライブビデオ分析の紹介 — プレビュー中
    • Azure Media Services は、Live Video Analytics、または LVA と呼ばれる新しいプラットフォーム機能のプレビューを発表します。LVA は、ビデオ分析機能を備えたハイブリッドアプリケーションを構築するためのプラットフォームを提供します。このプラットフォームは、ライブビデオをキャプチャ、記録、分析し、その結果 (ビデオやビデオ分析など) をクラウドやエッジの Azure サービスに公開する機能を提供します。

Azure Firewall forced tunneling and SQL FQDN filtering now generally available
  • Azure ファイアウォールの強制トンネリングと SQL FQDN フィルター処理が一般公開されました
    • Azure Firewall で、強制トンネリングと SQL FQDN フィルタリングという 2つの新しい主要な機能の一般提供が開始されました。さらに、宛先ネットワーク アドレス変換 (DNAT) と送信元ネットワーク アドレス変換 (SNAT) の両方において、複数のパブリック IP アドレスの上限が 100 から 250 へ増えました。

Azure Files enhances data protection capabilities
  • Azure Files はデータ保護機能を強化します
    • Azure Files のデータに安心感を与えるために、新しいソフト削除機能、共有スナップショット、冗長オプション、データと管理機能へのアクセス制御などの機能を強化しています。

General availability of Azure Files on-premises Active Directory Domain Services authentication
  • Azure Files - オンプレミスの Active Directory ドメインサービス認証の一般提供
    • 本日、オンプレミスの Active Directory ドメインサービス (AD DS) での認証に対する Azure Files サポートの一般提供を発表しました。


Intune Customer Success より

Upcoming UI Change: Updated Android APP Conditional Launch end-user experience
  • 今後の UI 変更: Android アプリの条件付き起動エンド ユーザー エクスペリエンスを更新
    • 過去数か月の間に、Intune アプリ保護ポリシー (APP) 内の条件付き起動動作に関する新しいユーザー エクスペリエンスを展開し、最初に Android プラットフォームを対象にしています。この更新されたガイド付きプロセスをユーザーに提供することで、初回起動エクスペリエンスを合理化し、アプリやデバイスがコンプライアンスに準拠しなくなるとエクスペリエンスが向上します。


以上です。
最後までお読みいただきありがとうございました。

【総合】お問い合わせ

ソリューションに関する全般的なお問い合わせはお気軽にご相談ください。

ピックアップ

セミナー情報
クラウドエンジニアブログ
clouXion
メールマガジン登録