クラウドエンジニアブログ

【定期便】4/13週 Azure の公開情報まとめ

渡邊 正和

渡邊 正和

みなさま、こんにちは!クラウドアーキテクトのワタナベです。

先週1週間(2020/4/13-2020/4/19)分の Azure の公開情報をお送りいたします。 パブリッククラウドは日々進化しており、1週間の内に新しい情報がたくさん生まれます。そのアップデート情報をまとめましたので、ご参考にしていただければと思います。

今週のアップデート情報は以下の通りとなります。
それでは、ご覧ください。

  • ※ 当ブログにて記載しております Microsoft 社の Web サイトの URL については、Microsoft 社側のリダイレクトの仕組みにより、お客様の閲覧環境に沿ったページに自動的にリダイレクトされることがございます。
    原文を参照される場合は、リダイレクトされた URL の ja-jp などの文字列を en-us に変更することで閲覧いただけます。


Azure の更新情報より

Virtual machine scale sets—Automatic image upgrades for custom images
  • 仮想マシン スケール セット - カスタム イメージの自動イメージ アップグレード
    • 仮想マシンスケールセットは、新しいバージョンのカスタムイメージを自動的にデプロイして、スケールセットの仮想マシンに機能を提供するようになりました。スケールセットで OS イメージの自動アップグレードを有効にすると、スケールセット内のすべての仮想マシンの OS ディスクを安全かつ自動的にアップグレードすることで、更新管理が容易になります。

Azure Analysis Services—Query interleaving is now generally available
  • Azure Analysis Services - クエリインターリービングが一般提供になりました
    • Azure Analysis Services のクエリインターリービングが一般提供になりました。クエリのインターリーブは、多数のクエリが互いに近接して送信される同時実行性の高いシナリオでのユーザーエクスペリエンスの向上に役立ちます。クエリを先入れ先出し (FIFO) 方式で処理すると、高速のクエリが高価なクエリの背後でブロックされる可能性がありますが、クエリのインターリーブにより、同時クエリが CPU リソースを共有して、同時に実行できるようになります。

SQL Server 2019 IaaS images with Linux distribution support now available
  • Linux ディストリビューションをサポートする SQL Server 2019 IaaS イメージが利用可能になりました
    • RHEL 8.0、Ubuntu 18.04、SLES 12 SP5 上の SQL Server 2019の Azure Marketplace の従量課金制イメージが一般提供になりました。

Azure Virtual Network now supports reverse DNS lookup
  • Azure Virtual Network が DNS 逆引き参照をサポートするようになりました
    • Azure Virtual Network は、仮想マシンの IP アドレスの DNS 逆引き参照 (PTR DNS クエリ) をデフォルトでサポートするようになりました。これを使用して、IP アドレスから VM の名前をすばやく検索します。

Azure Migrate is now available in Azure Government
  • Azure Migrate が Azure Government で利用可能になりました
    • エージェントレスの検出と評価、アプリケーションインベントリ、および移行を含むすべての Azure Migrate 機能が Azure Government で利用できるようになりました。

Advanced integrations with export of Security Center recommendations and alerts
  • Security Center の推奨事項とアラートのエクスポートとの高度な統合
    • Security Center 上でエンタープライズレベルのシナリオを有効にするために、Azure Portal または API 以外の追加の場所で Security Center のアラートと推奨事項を利用できるようになりました。これらは、Event Hub および Log Analytics ワークスペースに直接エクスポートできます。

Workflow automation with Logic Apps
  • Logic Apps によるワークフローの自動化
    • 本日、セキュリティセンターに新機能を導入しました。これにより、Azure Logic Apps を活用して自動化構成を作成し、推奨事項やアラートなどの特定の ASC の結果に基づいてそれらを自動的にトリガーするポリシーを作成できます。

New Azure API Management Visual Studio Code extension now available
  • 新しい Azure API Management Visual Studio Code 拡張機能が利用可能になりました
    • Azure API Management Visual Studio Code 拡張機能の新しいバージョンが 2020年 4月 7日にリリースされました。これには、次の新機能と改善点が含まれています。

Azure Machine Learning—New log streaming feature is now available
  • Azure Machine Learning - 新しいログストリーミング機能が利用可能になりました
    • Azure Machine Learning にログストリーミングが追加されました。これは、頻繁なレートでのログファイルの自動更新であり、定期的なページの更新を排除します。

Azure Spot support for Azure Kubernetes Service is in preview
  • Azure Kubernetes Service の Azure Spot サポートがプレビュー中です
    • Azure Kubernetes Service (AKS) の Azure Spot サポートがプレビューされ、中断を許容できるワークロードの計算コストを大幅に節約できるようになりました。

Azure Monitor for virtual machines is now generally available
  • 仮想マシン用の Azure Monitor が一般提供になりました
    • VM のパフォーマンスの傾向と依存関係の詳細なビューを提供する、仮想マシン (VM) 用の Azure Monitor が一般提供されました。Windows および Linux VM に関する主要なモニタリングデータを取得して、以下を支援します。

Replace existing disks is now supported for virtual machines with custom images
  • 既存のディスクの置き換えが、カスタムイメージを持つ仮想マシンでサポートされるようになりました
    • リストアフロー中に既存のディスクを置き換えるカスタムイメージを持つ仮想マシン (VM) のサポートが利用可能になりました 。

Azure Analysis Services calculation groups are now generally available
  • Azure Analysis Services 計算グループが一般提供されました
    • ユーザーインターフェイスを整理し、Azure Analysis Services の計算グループ (現在、一般提供) を使用して、ユーザーのナビゲーションエクスペリエンス全体を向上させます。

Azure DevOps update to increase productivity and reduce latency
  • Azure DevOps の更新により、生産性が向上し、待ち時間が短縮されます
    • Azure DevOps の更新には、プルリクエストのアクション性、パイプラインのセキュリティとコンプライアンス、生産性の向上とレイテンシの削減のための npm API パフォーマンスの改善が含まれます。

Automatic instance repairs for virtual machine scale sets now available
  • 仮想マシンスケールセットの自動インスタンス修復が利用可能になりました
    • 仮想マシンスケールセットは、アプリケーションのヘルスステータスに基づいて、異常なインスタンスを自動的に修復する機能を提供するようになりました。

IoT Hub deprecation of support for TLS 1.0/1.1 is postponed indefinitely
  • TLS 1.0 / 1.1 サポートの IoT Hub の廃止は延期されました
    • IoT Hub によるトランスポート層セキュリティ (TLS) 1.0/1.1 のサポートの廃止期限は無期限に延期されます。IoT Hub は、既存のアプリケーションやデバイスとの互換性を確保するために、さらに通知されるまで TLS 1.0/1.1 をサポートし続けます。

Azure Support API is generally available
  • Azure Support API が一般提供されました
    • Azure Support API が一般提供されました。このリリースでは、Azure サポートチケットをプログラムで作成および管理できます。

Many-to-many relationships in Azure Analysis Services are now generally available
  • Azure Analysis Services の多対多の関係が一般提供になりました
    • Azure Analysis Services の多対多の関係が一般に利用可能になりました。これらは、両方の列が一意ではないテーブル間の関係であり、Power BI の多対多の関係に基づいています。

Azure Analysis Services—Improved query replica synchronization now available
  • Azure Analysis Services — 改善されたクエリレプリカ同期が利用可能になりました
    • Azure Analysis Services の改善されたクエリレプリカ同期が一般提供になりました。Analysis Services は、クライアントクエリが1つ以上のクエリレプリカに分散され、スケールアウト環境でのクエリとレプリカの同期を改善し、同時実行性の高いワークロードの応答時間を短縮します。

Azure SQL Database Hyperscale—Change tracking support now available
  • Azure SQL Database Hyperscale — 変更追跡サポートが利用可能になりました
    • Azure SQL Database Hyperscale は、アプリケーションに効率的な変更追跡メカニズムを提供する軽量ソリューションである変更追跡を完全にサポートするようになりました。Azure SQL エンジンのネイティブ機能を使用して、ユーザーに代わって挿入、更新、または削除された行を追跡します。


Microsoft Azure Blog より

Updates to Azure Maps Web SDK includes powerful new features
  • Azure Maps Web SDK の更新には、強力な新機能が含まれています
    • 本日、Azure Maps Web SDK の更新を発表します。これにより、一般的な空間ファイル形式のサポートが追加され、ポップアップ用の新しいデータドリブンテンプレートフレームワークが導入され、いくつかの OGC サービスなどが含まれます。


Intune Customer Success より

Support tip: A guide for MEM admin center in-console support and tips for opening support tickets
  • サポートのヒント: MEM 管理センターのコンソール内サポートのガイドとサポートチケットを開くためのヒント
    • "Help us help you!" コンソールでの最初の問い合わせでも、フォローアップのサポートチケットでも、マイクロソフトのサポートに連絡する際には、リクエストの重要な詳細をいくつか追加することが重要です。共有した情報は、多くの場合、あなたを助けるためのコンテンツや診断をすぐに明らかにすることができます。あるいは、追加のデータを追加することで、お客様が最初に当社に連絡を取った瞬間から最高のサポート体験を提供できるようになります。この投稿では、ベストプラクティスを共有しています。

Support Tip: Intune Diagnostics on Android is now available
  • サポートのヒント: Android で Intune 診断が利用可能になりました
    • Intune の診断がサポートされるようになったので、Android 用 Intune ポータル サイト (バージョン 5.0.4737.0 以降) の 3月のリリースでは、Intune アプリ保護ポリシーの問題の診断は、これまで以上に簡単です。iOS と Android のプラットフォームは、Intune 診断の一貫したエクスペリエンスを持つようになりました。


Official Microsoft Blog より

A healthy society requires a healthy planet
  • 健全な社会には健全な惑星が必要
    • 1月にマイクロソフトのカーボンイニシアチブを立ち上げ、この 10年の終わりまでに当社がカーボンネガティブになるという新たな目標を設定しました。COVID-19 は、それ以来、私たちのほとんどすべての日常生活を混乱させてきましたが、持続可能性の問題も同様に緊急性または重要性を増しています。そのため、今日、私たちは世界の生態系の生物多様性と健康の保全と保護に焦点を当てて、2020年の持続可能性の取り組みの第 2段階を発表します。


以上です。
最後までお読みいただきありがとうございました。

【総合】お問い合わせ

ソリューションに関する全般的なお問い合わせはお気軽にご相談ください。

ピックアップ

セミナー情報
クラウドエンジニアブログ
clouXion
メールマガジン登録