クラウドエンジニアブログ

【定期便】12/17週 Azure の公開情報まとめ

皆さん、こんにちは!

今週も、先週1週間(2018/12/17-12/23)分の Azure の公開情報をお送りいたします。
パブリッククラウドは日々進化しており、1週間の内に新しい情報がたくさん生まれます。 そのアップデート情報をまとめましたので、ご参考にしていただければと思います。

今週のアップデート情報は以下の通りとなります。
それでは、ご覧ください。


Azure の更新情報より

Azure API Management update December 20
  • Azure API Management の12/20のテレメトリアップデート
    • 12/20に Azure API Management サービスの定期的な更新を開始しました。これには、以下のバグ修正、変更、および新機能が含まれています。
      • バックエンド URL の検証を改善
        • API 設定と set-backend ポリシーで有効なバックエンド URL を強制します。
      • SSL ブレードの名前の変更
        • 以前の SSL ブレードはプロトコル設定に名前が変更されました。
      • クライアント側での HTTP/2 のサポート
        • クライアントと API Management ゲートウェイ間の HTTP/2 をサポートします。プロトコル設定で有効にできます。

Migrating to the Az. ApiManagement PowerShell module
  • Az. ApiManagement PowerShell モジュールの移行
    • 新しい Azure PowerShell の "Az" モジュールがリリースされました。その結果、AzureRM. ApiManagement モジュールは非推奨になりました。今後 AzureRM. ApiManagement への新しい開発はありません。すべての新しい変更は新しい Az. ApiManagement モジュールに行われます。さらに、新しい Az. ApiManagement モジュールからいくつかの古いコマンドレットを削除しました。古いモジュールを使用している場合は、できるだけ早い時期に新しいモジュールに移行することをお勧めします。
      [参考]:How to migrate from AzureRM to Az in Azure PowerShell
      [参考]:Azure PowerShell ‘Az’ Module version 1.0

Azure Log Analytics is available in West US 2
  • Azure Log Analytics は、米国西部2で利用可能です

Azure Monitor for Containers agent updates
  • Azure Monitor for Containers エージェントの更新
    • Azure Monitor for Containers エージェントの2018/11/29ビルドバージョンをリリースしました。強化された機能は次のとおりです。
      • エージェントの新しい自動アップグレード機能
      • コンテナーからの環境変数の収集を無効にするためのオプション
      • データ収集のバグ修正

Azure IoT Edge 1.0.5 release
  • Azure IoT Edge 1.0.5 リリース
    • Azure IoT Edge の1.0.5アップデートには、以下の改善が含まれています。
      • すべてのオペレーティングシステムに対する安定性
        • Edge Hub と iotedged の両方で複数のバグが解決されました。
      • Edge on Windows
        • 1.0.5は、Windows x64(RS5 以降のバージョン)上の IoT Edge のリリース候補です。このバージョンでは、Windows と Linux 上で実行されているモジュール間のギャップが大幅に埋められます。

Cognitive Services Speech Services neural text-to-speech capability is in preview
  • Cognitive Services Speech Services ニューラルテキスト読み上げ機能をプレビュー中
    • Cognitive Services Speech Services はプレビューでニューラルテキスト読み上げ機能を提供します。この機能を使用して、人間の声とほとんど区別がつかない声をアプリに提供します。ニューラルテキスト読み上げ機能により、チャットボットや仮想アシスタントとのインタラクションをより自然で魅力的なものにしたり、電子書籍などのデジタルテキストをオーディオブックに変換したり、カーナビゲーションシステムを強化したりできます。
      [参考]:Microsoft previews neural network text-to-speech

Azure Service Bus and Azure Event Hubs Virtual Networks and Firewall rules are now generally available
  • Azure Service Bus と Azure Event Hubs の仮想ネットワークとファイアウォールのルールが一般に利用可能になりました。Power BI Desktop December 2018 Feature Summary
    • Azure Event Hubs と Azure Service Bus の両方に対する仮想ネットワークとファイアウォールのルールが一般に利用可能になりました。この機能により、クラウド環境に対するセキュリティと制御が強化されます。Azure バックボーンネットワークを利用して、プレミアム Azure Service Bus ネームスペースへのアクセスと、すべての公共地域での標準および専用の Azure Event Hubs オファリングへのアクセスを保護します。
      [参考]:Virtual Network Service Endpoints for serverless messaging and big data

Power BI service December update
  • Power BI service の12月のアップデート
    • Power BI データフローと Azure Data Lake Storage Gen2 統合のプレビュー、オープンソースへの Power BI ソリューションテンプレートの移動、自然言語クエリの更新など、重要な更新が2018年12月に行われます。

Power BI Desktop December Update
  • Power BI Desktop の12月のアップデート
    • Power BI Desktop は、レポートの利用とレポートの作成の両方で完全にアクセス可能になりました。Q&A に関連して最も要求されている機能の1つ - ライブ接続のサポート - がプレビューで利用可能になりました。ボタンのカスタマイズ可能なツールチップや、より大きな DAX 数式バーなど、製品全体に渡って小さな改善が多数行われています。
      [参考]:Power BI Desktop December 2018 Feature Summary

Retirement of Media Hyperlapse(in preview)on March 29, 2019
  • 2019年3月29日 Media Hyperlapse(プレビュー)の廃止
    • 2018年12月19日から、Azure Media Services の Media Hyperlapse 機能に変更や改善を加えることはなくなります。この機能は、2019年3月29日から使用できなくなります。

Dev/test pricing for Azure SQL Database Managed Instance is now available
  • Azure SQL Database Managed Instance の 開発/テスト価格が利用可能になりました
    • Azure Enterprise の開発/テスト価格提供の一環として、SQL Database Managed Instance の開発/テスト価格設定が利用可能になり、Azure SQL Database で開発およびテストのワークロードを実行する費用対効果の高い方法が提供されます。Azure SQL Database の開発/テスト価格で、表示価格の最大55パーセントを節約できます。
      [参考]:Azure 開発/テスト価格

Support for SQL to Azure SQL DB Managed Instance online migrations
  • SQL から Azure SQL DB Managed Instance へのオンライン移行のサポート
    • Azure Database Migration Service で一般利用可能な機能を使用することで、ユーザーは最小限のダウンタイムで SQL Server データベースを Azure SQL Database マネージドインスタンスに移行できるようになりました。

Azure Cosmos DB emulator support for Cassandra API
  • Cassandra API に対する Azure Cosmos DB エミュレーターのサポート
    • Azure Cosmos DB は、SQL および MongoDB API のサポートに加えて、Cassandra API のサポートも一般提供されるようになりました。Azure Cosmos DB エミュレーターを使用して、既存の新規または開発中 の Cassandra アプリケーションを移行し、無料でアプリケーションをローカルで開発およびテストすることができます。

Premium tier now available for the Azure Database Migration Service
  • Azure Database Migration Service で Premium Tier が利用可能になりました
    • 運用データベースとデータウェアハウスの両方の移行用に設計された Azure Database Migration Service は、Premium Tier を使用したオフラインおよびオンラインの移行をサポートするようになりました。Premium Tier(以前の business critical)は現在 4つの vCore SKU をサポートしており、大規模またはビジネスクリティカルなワークロード移行を実行できます。

SQL Data Warehouse integration with Informatica iPaaS on Azure
  • Informatica iPaaS on Azure と SQL Data Warehouse の統合
    • Informatica Intelligent Cloud Services(IICS)on Azure は現在一般利用可能であり、従来のデータウェアハウスのワークロードを Azure SQL Data Warehouse に移行するためのインテリジェントな検出主導型のアプローチを可能にしています。IICS on Azure は、Azure のお客様向けに合理化されたエクスペリエンスを備えたマルチクラウドのハイブリッド環境を最適化し、Azure ポータルから直接ワンクリックで IICS を起動できます。

Power BI Embedded new workspace experience creation API
  • Power BI Embedded の新しい workspace experience creation API
    • 新しいワークスペース(プレビュー)では、次のことが可能になりました。
      • ユーザーグループ(セキュリティグループ、配布リスト、Office 365 グループ、および個人)にワークスペースの役割を割り当てます。
      • Office 365 グループを作成せずに Power BI でワークスペースを作成します。
      • ワークスペースでより柔軟な権限管理を行うには、よりきめ細かいワークスペースロールを使用します。

Power BI Embedded zero-downtime capacity scale
  • Power BI Embedded ゼロダウンタイムキャパシティスケール
    • Azure ポータルまたは Azure Resource Manager API を介して Power BI キャパシティリソースを拡大または縮小するときのコンテンツの可用性の遅延を解消するために、Zero-Downtime-Capacity-Scale サンプルスクリプトは Power BI API と Resource Manager REST を呼び出します。停止時間なしでキャパシティリソースをプログラム的に拡張するための API になります。

Azure Resource Health monitoring for Power BI Embedded
  • Power BI Embedded の Azure Resource Health モニタリング
    • Power BI Embedded は Azure Resource Health モニタリングと統合されています。リソースの正常性は、リソースの可用性を監視し、利用できないステータスが発生した場合の根本的な原因を診断するのに役立ちます。状況の変化はリアルタイムで報告されます。

Power BI Embedded capacity metrics to monitor workloads
  • ワークロードを監視するための Power BI Embedded キャパシティメトリクス
    • ワークロードの予防的管理を確実にするために、ワークロードごとに 2つの新しいメトリックで監視(および警告)が可能になりました。
      • ワークロードあたりのメモリ
      • ワークロードあたりの QPU(query processing unit)

Self-service big data prep(dataflows)available in Power BI Embedded
  • Power BI Embedded で利用可能なセルフサービスのビッグデータ準備(データフロー)
    • データフローと呼ばれるセルフサービスのビッグデータ準備が、Power BI Embedded で利用可能になりましたデータフローを使用するとデータを簡単に作成できるため、データの変換とクリーンアップに必要な専門的スキルが少なくて済み、Power BI のレポートとダッシュボードを埋め込むことができます。

Azure DevTest Labs:CIS Windows Server 2016 Benchmark L2 available in your lab

Azure Scheduler will retire on September 30, 2019
  • Azure Scheduler は 2019年9月30日で廃止となります
    • 2016年には、スケジュールされたジョブを構成および実行する機能と高度なワークフロー機能を含む Azure Logic Apps を発表しました。Logic Apps は Azure Scheduler の機能を完全に置き換えるものであるため、Scheduler は2019年9月30日にスタンドアロンサービスとして廃止されます。このタイプのすべての変更と同様に、12か月前に通知されます。Scheduler で設定したジョブを引き続き使用するには、2019年9月30日までに Logic Apps に移動してください。


Microsoft Azure Blog より

Azure.Source - Volume 63
  • Azure.Source - Volume 63

The year in review: Hybrid applications for developers
  • 一年の振り返り:開発者のためのハイブリッドアプリケーション(Azure Stack)

The biggest IoT stories of 2018
  • 2018年の最大の IoT ストーリー
    • IoT に関する取り組みの振り返り

Conversational - AI updates December 2018
  • Conversational - AI の2018年12月のアップデート
    • Conversational - AI リリースに関する追加の更新情報の紹介
      • Bot Framework SDK 4.2 のテレメトリアップデート
      • エンタープライズボットテンプレートをリリース
      • 公開プレビューで LUIS の Docker コンテナサポートを発表
      • QnA Maker サービスはそのインテリジェント抽出機能の改善を発表
      • Web チャット - バックチャネル注入と最小化モードを含むサンプルをいくつか追加

IoT in Action:New insights for retail
  • IoT in Action:小売業に対する新しいインサイト
    • 小売業界は変化しています。IHL によると、2017年には米国で約10,000店舗が閉鎖されましたが、さらに14,000店舗がオープンしました。新しく小売業界で成功した店舗は、真に摩擦のないショッピングを提供することを目的として、カスタマーエクスペリエンスと店舗内オペレーションの向上に重点を置いています。IoT テクノロジは両方の取り組みを変革し、デジタル環境と物理環境の両方にまたがる共通のプラットフォームでの迅速なテストと展開を可能にしています。

Anatomy of a secured MCU
  • 保護された MCU の分析
    • このブログ記事では、セキュリティ保護された Azure Sphere MCU で何が「セキュリティ保護されている」のかを掘り下げて説明します。具体的には、Pluton の設計の詳細、およびその他の一般的なシリコンセキュリティの向上について説明します。

Azure Marketplace new offers – Volume 28
  • Azure Marketplace new offer
    • 2018年11月17日から11月30日までの間に、80の新規オファーがオンボーディング基準を満たし、正式にサービスを開始しました。

Connect Azure Data Explorer to Power BI for visual depiction of data
  • データを視覚的に表現するために Azure Data Explorer を Power BI に接続する
    • Azure Data Explorer(ADX)は、超高速のインデックス作成およびクエリサービスで、膨大な量のデータに対してほぼリアルタイムで複雑な分析ソリューションを構築するのに役立ちます。ADX は、データを視覚化して組織全体で結果を共有できるビジネス分析ソリューションである Power BI に接続できます。Power BI へのさまざまな接続方法により、傾向の追跡や表示など、組織データの対話型分析が可能になります。

Transforming your data in Azure SQL Database to columnstore format
  • Azure SQL Database のデータを列ストア形式に変換する
    • Azure SQL Database の新機能(論理サーバーとマネージドインスタンスの両方)のパブリックプレビューを公開しました。これは CLUSTERED COLUMNSTORE ONLINE INDEX build と呼ばれます。この操作により、行ストア形式で格納されているデータを列ストア形式に移行し、ワークロードの停止時間を最小限に抑えて列ストアデータ構造を維持できます。

Best practices for queries used in log alert rules
  • ログアラートルールで使用されるクエリのベストプラクティス
    • クエリは、"search" または "union *" 演算子などのテーブル名で始めることができます。これらのコマンドは、データ探索中やデータモデル全体で用語を検索するために役立ちます。ただし、これらの演算子はアラートの製品化には効率的ではありません。Log Analytics および Application Insights のログアラートルールクエリは常にテーブルから開始する必要があります。これは、特定のテーブルに対するクエリ実行の明確な範囲を定義するためです。また、クエリのパフォーマンスと結果の関連性も向上します。

Top 3 free resources developers need for learning Azure
  • 開発者が Azure を学ぶために必要なトップ3の無料リソース
    • この記事では、開発者全員が Azure を学ぶために必要な3つの無料のリソースを取り上げます。
      1. Microsoft Docs
      2. Microsoft Learn
      3. Azure の開発者ガイド

Azure Backup can automatically protect SQL databases in Azure VM through auto-protect
  • Azure Backup では、自動保護により Azure VM 内の SQL データベースを自動的に保護できます。
    • 自動保護は、スタンドアロンの SQL Server インスタンスまたは SQL Server Always On 可用性グループ内のすべてのデータベースを自動的に保護する機能です。既存のデータベースのバックアップを可能にするだけでなく、将来追加される可能性のあるすべてのデータベースも保護されます。

Transparent Data Encryption(TDE)with customer managed keys for Managed Instance
  • マネージドインスタンス用の顧客管理キーを使用した透過的データ暗号化(TDE)
    • Azure SQL Database マネージドインスタンス向けの独自キー持ち込み(BYOK)サポートを備えた透過的データ暗号化(TDE)の公開プレビューを発表しました。

Participate in the 16th Developer Economics Survey
  • 第16回 Developer Economics Survey に参加しよう
    • このブログでは、Developer Economics Survey で問われるソフトウェア開発における倫理、プライバシー、セキュリティ、およびプロジェクト管理方法についての質問を紹介しています。

Microsoft open sources Trill to deliver insights on a trillion events a day
  • Microsoft オープンソース Trill 1日に1兆個のイベントについての洞察を提供
    • Trill として知られる「1日に1兆回のイベント」を処理するためのマイクロソフト社内プロジェクトがオープンソース化されることを発表しました。

A fintech startup pivots to Azure Cosmos DB
  • Fintech のスタートアップが Azure Cosmos DB を軸に
    • このブログでは、Fintech スタートアップの clearTREND Research のソリューションアーキテクチャチームが、調査、実験、そして多くの設計の繰り返しを経て、Azure Cosmos DB への展開を決定した経緯について紹介します。

Azure.Source - Volume 62
  • Azure.Source - Volume 62

Fine-tune natural language processing models using Azure Machine Learning service
  • Azure Machine Learning サービスを使用して自然言語処理モデルを微調整する
    • このブログ記事では、Azure Machine Learning Services を使用して、カスタムアプリケーション用に BERT を効率的かつ簡単に微調整する方法をお客様に紹介します。


Cloud Platform News Bytes Blog より

Cloud Platform Release Announcement for December 19, 2018
  • 2018年12月19日の Cloud Platform リリースのお知らせ
    • Azure SQL Data Warehouse | Informatica iPaaS integration is now available
    • Power BI | Power BI Desktop is now available
    • Power BI | Power BI Service is now available
    • Azure Database Migration Service | Premium tier is now available
    • Support for SQL to Azure SQL DB Managed Instance online migrations
    • Cognitive Services | Speech Services neural text-to-speech capability is now in preview
    • Service Bus Java SDK update
    • Azure Service Bus and Azure Event Hubs |Virtual network and IP filters/firewalls are now available
    • Azure Cosmos DB emulator support for Cassandra API
    • Dev/test pricing for Azure SQL Database Managed Instance now available
    • SQL Data Warehouse | Virtual network service endpoints


Intune Customer Success より

Support Tip: Multiple configuration settings moving for Intune iOS management
  • サポートのヒント:Intune iOS 管理用に移動する複数の構成設定
    • 2月の Intune リリースでは、iOS 用の Safari アプリ設定がいくつ構成されているかをアップデートする予定です。エンドユーザーへの影響はありません。他の Apple の設定とより論理的に合わせるために、設定を移動しているだけです。iOS デバイス用の Safari アプリケーション設定はすべて、Intune 内の「組み込みアプリケーション」タブに移動しています。これには、Siri デバイス制限設定も含まれています。そうすれば、すべての Apple デバイス制限設定を1つのブレードで構成できます。さらに、iOS 用のソフトウェアアップデートの遅延表示をデバイス制限タブに移動しました。

Support Tip: Azure AD updating IP Addresses in Mid-January
日本語訳ページ:
  • サポートのヒント:Azure AD が1月中旬に IP アドレスを更新する
    • Azure AD が2019年1月15日に IP アドレスを更新します。(新しい IP アドレス:20.190.128.0/18と40.126.0.0/18)
      • Azure AD の IP アドレス範囲へのリソースアクセスを制限するようにネットワークを構成している場合には、対応が必要です。

Support Tip: Seeing an error screen when you land on the Intune security baselines page?
  • サポートのヒント:Intune security baselines ページにアクセスしたときにエラー画面が表示されますか?
    • Intune security baselines は、1月末までにすべてのお客様にパブリックプレビューを提供予定です。


Cloud and Server Product Japan Blog より

Azure VM の SQL Database を自動で保護する Azure Backup の新機能
  • 2018年12月18日に投稿された Azure Backup can automatically protect SQL databases in Azure VM through auto-protect の翻訳

Azure Cosmos DB .NET SDK バージョン3.0のパブリック プレビュー開始
  • 2018年12月4日に投稿された Azure Cosmos DB .NET SDK Version 3.0 now in public preview の翻訳

Azure Stream Analytics on IoT Edge の一般公開
  • 2018年12月4日に投稿された Azure Stream Analytics on IoT Edge now generally available の翻訳

Azure Database for MariaDB の一般公開に関するお知らせ
  • 2018年12月4日に投稿された Announcing the general availability of Azure Database for MariaDB の翻訳

Azure Time Series Insights の重要な産業用 IoT 機能を発表
  • 2018年12月4日に投稿された Announcing key industrial IoT capabilities in Azure Time Series Insights の翻訳

IoT アプリケーション開発を単純化する新たな Azure IoT オファリング
  • 2018年12月4日に投稿された New Azure IoT offerings simplify IoT application development の翻訳

サーバーレス アーキテクチャ向け Azure API Management の発表
  • 2018年12月4日に投稿された Announcing Azure API Management for serverless architectures の翻訳

Azure IoT リモート監視によりオペレーターの能力を限界まで向上
  • 2018年12月4日に投稿された Azure IoT Remote Monitoring extends operator capabilities to the edge の翻訳

Azure IoT デバイス シミュレーションによる IoT ソリューションの開発とテストの迅速化
  • 2018年12月4日に投稿された Accelerating IoT solution development and testing with Azure IoT Device Simulation の翻訳

Azure Cosmos DB で、クロス オリジン リソース共有(CORS)がサポートされるようになりました
  • 2018年12月4日に投稿された Azure Cosmos DB now supports Cross-Origin Resource Sharing(CORS)の翻訳

Azure Cosmos DB の開発者エクスペリエンスの更新(2018年12月)
  • 2018年12月4日に投稿された Azure Cosmos DB Developer experience updates December 2018 の翻訳

新しいパブリック プレビュー:Azure App Service on Linux でのネイティブな Python サポート
  • 2018年12月11日に投稿された Native Python support on Azure App Service on Linux:new public preview! の翻訳

コンテナーの Azure Monitor の一般提供開始
  • 2018年12月11日に投稿された Azure Monitor for containers now generally available の翻訳

KubeCon North America 2018:サーバーレス Kubernetes とコミュニティ主導の革新の実現
  • 2018年12月11日に投稿された KubeCon North America 2018:Serverless Kubernetes and community led innovation! の翻訳

Azure Storage で静的 Web サイトの一般提供を開始
  • 2018年12月12日に投稿された Static websites on Azure Storage now generally available の翻訳

イベント開催のご案内 | 2018/12/23 – 2019/1/19

MS クラウド ニュースまとめ – App Service on Linux 向け Python イメージのプレビュー 他(2018年12月11日)
  • 2018年12月11日に投稿された Cloud Platform Release Announcements for December 11, 2018 の翻訳



以上です。
最後までお読みいただきありがとうございました。

【総合】お問い合わせ

ソリューションに関する全般的なお問い合わせはお気軽にご相談ください。

ピックアップ

セミナー情報
クラウドエンジニアブログ
clouXion
メールマガジン登録