クラウドエンジニアブログ

【定期便】9/24週 Azure の公開情報まとめ

クラウドエンジニアブログ運営局

クラウドエンジニアブログ運営局

皆さん、こんにちは!

今週も、先週1週間(2018/9/24-10/1)分の Azure の公開情報をお送りいたします。

パブリッククラウドは日々進化しており、1週間の内に新しい情報がたくさん生まれます。そのアップデート情報をまとめましたので、ご参考にしていただければと思います。

今週のアップデート情報は以下の通りとなります。
それでは、ご覧ください。

Azure の更新情報より

FastTrack for Azure
  • Azure の FastTrack
    • Azure における FastTrack では、エンジニアリングと実際の顧客体験から設計、構成、開発、製造までを支援するために実績のあるプラクティスや設計原理、ツールを提供します。その対象顧客と利用可能ソリューションをご紹介します。

Public preview: Azure Cost Management
  • パブリックプレビュー: Azure コスト管理
    • Azure コスト管理では、以下の操作が実行できます。
      • コストの分析
      • 予算による監視
      • 推奨事項による最適化
      • クラウド間のコストの割り当て

Preview of AzureRM.Automation cmdlets
  • AzureRM.Automation コマンドレットのプレビュー
    • AzureRM.Automation コマンドレットのプレビュー版をリリースしました。このバージョンには、更新管理機能とソース管理機能の新しいコマンドレットが含まれています。

Public preview: Virtual network service endpoint policies for Azure Storage
  • パブリックプレビュー: Azure Storage 向け仮想ネットワークサービスエンドポイントポリシー
    • Azure 仮想ネットワークサービスのエンドポイントポリシーを使用すると、仮想ネットワークからの Azure サービスリソースへの不正アクセスを防止できます。

Azure IoT Edge 1.0.2 release
  • Azure IoT Edge 1.0.2 のリリースを発表
    • Azure IoT Edge 1.0.2 には以下のカイゼンが含まれます。
      • パブリックプレビューのオフライン拡張機能で、エッジデバイスとそれに接続されたダウンストリームデバイスが無期限にオフラインで利用できます。
      • エッジデバイスがプロキシサーバー経由で動作するようになりました。
      • エッジハブとエッジエージェントの両方で複数のバグが解決されました。

Stream Analytics: User-defined custom repartition count
  • Stream Analytics: ユーザー定義のカスタムパーティション数
    • Azure Stream Analytics でパーティションの再分割を行うときに、パーティション数を任意で指定できます。

Stream Analytics: Live data testing in Visual Studio
  • Stream Analytics: Visual Studio でライブデータのテスト
    • Azure Stream Analytics 用の Visual Studio ツールでローカルテスト機能が強化されました。これは、Azure イベントハブや IoT ハブなどのクラウドソースからのライブデータやイベントストリームに対するクエリのテストに役立ちます。

Stream Analytics: Output partitioning to Blob storage by custom date and time formats
  • Stream Analytics: 日付と時刻のカスタムフォーマットによる Blob ストレージへの出力の分割
    • Azure Stream Analytics ユーザーは、カスタムの日付と時刻の形式に基づいて Azure Blob ストレージに出力を分割できるようになりました。

Stream Analytics: Query extensibility with C# UDF on Azure IoT Edge
  • Stream Analytics: Azure Iot Edge における C# UDF のクエリの拡張性
    • Azure IoT Edge 用の Azure Stream Analytics モジュールを作成する開発者は、C# のカスタム関数を作成し、ユーザー定義関数(UDF)を使用してクエリ内でそれらを呼び出すことが可能になりました。

Stream Analytics: Parallel SQL write operations
  • Stream Analytics: パラレル SQL 書き込み操作
    • Azure Stream Analytics は、Azure SQL データベースと Azure SQL データウェアハウスへの高性能で効率的な書き込み操作をサポートし、以前よりも4~5倍のスループットを実現します。完全な並列トポロジを実現するために、Stream Analytics は SQL 書き込みをシリアル操作からパラレル操作に移行すると同時に、バッチサイズのカスタマイズも可能にします。

Public preview: Read replicas for Azure Database for MySQL
  • パブリックプレビュー: Azure Database for MySQL のレプリカの読み取り
    • Azure Database for MySQL は同じ地域に1つのサーバー(「マスター」)5つまでのサーバー(「レプリカ」)からのデータの継続的な非同期レプリケーションをサポートします。

General availability: Automatic OS image upgrade in virtual machine scale sets
  • 一般提供: 仮想マシンスケールセットの自動 OS イメージアップグレード
    • この機能を仮想マシンスケールセットに有効にすると、新しい OS イメージが最新の機能、セキュリティパッチ、およびパフォーマンスの改善を含む新しい OS イメージが公開されると、スケールセットと Azure Service Fabric クラスタはこれらのアップデートを自動的に受け取ることができます。

Azure Virtual Machine Image Builder available in private preview
  • Azure 仮想マシンイメージビルダーをプライベートプレビューで提供
    • VM イメージビルダーでは、以下のことができます。
      • Red Hat サブスクリプション ライセンスを Azure に移行
      • 既存のカスタムイメージのパイプラインを Azure に移行
      • イメージの管理と配布を Azure 共有イメージギャラリーと統合
        プライベートプレビューの申し込み: Azure VM Image Builder – Private Preview Signup

Azure Security Center innovations now available in preview
  • Azure Security Center によるイノベーションをプレビューで利用可能
    • Azure Security Center Secure Score で Azure リソースに対するセキュリティの対応を改善するための可視性と推奨を提供
    • Azure Storage、Azure Postgre SQL、Linux 仮想マシン上のコンテナなどの新しい IaaS および PaaS サービスの脅威に対するの保護の拡張
    • Azure SQL のプレビュー情報保護機能と分類、ラベル、および機密情報を保護
    • Azure Security Center の新しいネットワークマップで、ネットワーク関連の脆弱性を迅速に可視化し軽減

Linux preview support of custom virtual networks on Azure Container Instances
  • Linux の Azure コンテナーインスタンスにおけるカスタム仮想ネットワークサポートをプレビューで提供
    • Azure コンテナー インスタンスで、新規または既存の仮想ネットワークに Linux コンテナーをプロビジョニングできます。以前はカスタム仮想ネットワークでコンテナーインスタンスを実行し、コンテナーグループにプライベート IP アドレスを割り当てることができませんでした。

Azure Data Box is now available
  • Azure Data Box が利用可能
    • Azure Data Box が利用可能になりました。大量のデータを Azure に転送したいが、時間、ネットワークの可用性またはコストによって制限される場合には、Azure Data Box を利用することができます。

Ultra SSD, a new Azure Managed Disks offering, now available in preview.
  • 新しい Azure 管理ディスクとして Ultra SSD がプレビュー提供
    • 性能要求の厳しいデータ集約型ワークロード向けに Azure 管理ディスクとして Ultra SSD をプレビュー提供します。Ultra SSD は1ミリ秒未満の応答速度と前例のない以上にスケーラブルなパフォーマンスを発揮します。 プレビューの申し込み:Ultra SSD Disks - Preview

Azure Data Box Edge now available
  • Azure Data Box Edge が利用可能
    • Azure Data Box Edge は、Microsoft が提供する、Azure の内外にデータを送信する物理ネットワークアプライアンスです。Data Box Edge には、オンプレミスデータをクラウドにアップロードする前に、オンプレミスデータの分析、処理、変換を支援する AI 対応エッジコンピューティング機能が追加搭載されています。

Azure Data Box Gateway now in preview
  • Azure Data Box Gateway をプレビューで提供
    • Azure Data Box Gateway は、ストレージゲートウェイとして機能し、オンプレミスのサイトと Azure ストレージ間のリンクを作成する仮想アプライアンスです。これにより、ローカルネットワーク共有を使用した場合と同じくらい簡単に Azure Storage にデータを出し入れすることができます。データをローカル共有にコピーするだけで、Data Box Gateway が Azure Storage にデータを移動します。

Azure Data Box heavy edition now available for petabyte-sized data transfers
  • Azure Data Box ヘビーエディションは、ペタバイトサイズのデータ転送に対応

Azure Redis Cache now supports a 120-GB cache in the premium tier
  • Azure Redis Cache プレミアムプランで 120GB のキャッシュをサポート(プレビュー)

Windows Virtual Desktop
  • Windows 仮想デスクトップ
    • Windows 仮想デスクトップでは、デスクトップ全体または任意のデバイスにアプリケーションをストリーム配信することができます。

What's new in Azure DNS: Alias records
  • Azure DNS の更新: エイリアスレコード
    • Azure DNS は、DNS ゾーンのエイリアスレコードをサポートするようになりました。この機能を使用すると、お客様は参照された Azure リソースにライフサイクルイベントが発生した場合に DNS レコードが自動的に更新されるように、DNS ゾーン内から他の Azure リソースを参照することができます。

Public preview: Guest Configuration feature for Azure Policy
  • パブリックプレビュー: Azure Policy のゲスト設定機能
    • Azure のお客様は、バーチャルマシンの内部の状態とそのサブスクリプション全体にわたるサーバーおよびアプリケーション設定を提供するネイティブツールを利用できるようになりました。

Azure API Management update September 24
  • Azure API Management 9月24日の更新情報
    • Azure API Management の最新のアップデートでは、バグの修正、変更、および新機能が含まれています。

Logic Apps available in Azure China cloud
  • Logic Apps が Azure 中国クラウドで利用可能
    • Azure 中国クラウドで Logic Apps がプレビューで利用できるようになりました。

Preview: Public IP prefix
  • プレビュー: パブリック IP プレフィックス
    • パブリック IP アドレス プレフィックスは、サブスクリプションに割り当てることができる静的 IP アドレスの予約範囲です。プレフィックスを使用すると、Azure で IP アドレスの管理を簡素化することができます。

Virtual network peering across Azure Active Directory tenants
  • Azure Active Directory のテナント跨ぎの仮想ネットワークピアリング
    • 異なる Azure Active Directory テナントのサブスクリプションに属する仮想ネットワークで、仮想ネットワークピアリングを利用できるようになりました。仮想ネットワークピアリングにより、Microsoft のバックボーンを使用して異なる仮想ネットワークに展開された仮想マシン間の直接的な接続が可能になります。

Azure governance services
  • Azure ガバナンスサービス
    • Azure は、業界をリードする組み込みの新しいガバナンス機能を提供しており、お客様がプロジェクトをより迅速に提供し、社内外のコンプライアンス目標を達成するためのコントロールを提供します。このサービスは、Azure Blueprints、DevOps のための Azure Policy、Azure リソースグラフ、Azure コスト管理です。これらの機能は追加料金なしで Azure プラットフォームに含まれています。

Azure App Service
  • Azure App Service
    • Linux 上の App Service は Apache Tomcat と Java SE アプリケーションをサポートし、Java Web アプリケーション、API、Spring ベースのアプリケーションのビルド、デプロイ、スケールをより簡単かつ迅速に行うことができます。
    • Azul Zulu Enterprise を Azure および Azure Stack 上の OpenJDK で構築することにより、Java 開発者および企業は、追加のライセンスおよびサポートコストなしで、タイムリーなセキュリティアップデートとバグ修正を無料で受けることができます。

Azure Service Fabric
  • Azure Service Fabric
    • Azure Service Fabric は、ミッションクリティカルなマイクロサービスアプリケーションを大規模に構築、展開、運用するためのマイクロサービスプラットフォームです。

Azure Logic Apps
  • Azure Logic Apps
    • Azure Logic Apps を使用すると、オンプレミスやクラウドでアプリケーションとサービスを結ぶ強力な統合ソリューションを迅速に構築できます。今日、パブリックプレビューで Logic Apps の2つの新機能が発表されました。
      • Logic Apps と SAP の双方向統合のサポート
      • Visual Studio コード用の新しい Logic Apps 拡張機能(SaaS、カスタムビルド、パッケージソリューションなど、複数のアプリケーションにまたがるワークフローを自動化することができます。)

Azure Functions
  • Azure Functions
    • Azure Functions 2.0 ランタイムが一般的に利用可能になりました。.NET Core に書き直され、Windows、Mac、Linux 上でローカルに関数を記述してホストすることができるようになり、Python による開発もサポートされました。また、実行単価モデルを使用して Linux OS 上に構築された関数を展開する機能が利用可能になりました。

Azure Load Balancer—Outbound Rules for Standard Load Balance GA
  • Azure Load Balancer - 標準負荷分散のアウトバウンド・ルールが一般提供
    • この新しい機能により、仮想ネットワークからのアウトバウンド接続に使用するパブリック IP またはパブリック IP プレフィックスと、アウトバウンドネットワークアドレス変換をどのように拡張および調整するかを宣言することができます。

Microsoft Graph Security API now generally available
  • Microsoft Graph Security API が一般提供
    • Microsoft Graph Security API を使用して Microsoft とパートナーのセキュリティソリューションを簡単に統合できます。Microsoft Graph Security API は、標準的なインターフェイスと統一されたスキーマを提供し、セキュリティ警告を統合し、コンテキスト情報のロックを解除し、セキュリティの自動化を簡素化します。

Azure Data Explorer
  • Azure Data Explorer
    • Azure Data Explorer を使用すると、テラバイト単位のデータに対してアドホッククエリを実行できます。データ探索のための驚異的なインデックス作成およびクエリサービスです。Web サイト、アプリケーション、および IoT デバイスからのログおよび遠隔測定データの分析に Azure Data Explorer を使用できます

Azure SQL Database Managed Instance general purpose
  • Azure SQL Database の マネージドインスタンスの汎用プラン
    • Azure SQL Database の マネージドインスタンスの汎用プランは、2018年10月1日に一般利用可能になります。マネージドインスタンスは、フルマネージドサービスの利点をを持つ ベストな SQL Server を提供します。最小限の変更でオンプレミスのワークロードをクラウドに移行できるようになります。汎用パフォーマンスの価格プランは、ほとんどのビジネス・ワークロードに適合するバランスのとれたスケーラブルなコンピューティングおよびストレージ・オプションを提供します。

Azure IoT Central is now available
  • Azure IoT Central が一般利用可能
    • Azure IoT Central が一般利用可能になりました。Microsoft クラウド上に構築された Azure IoT Central は、エンタープライズグレードのシステムおよびアプリケーションとのスマートな製品の迅速なイノベーション、設計、構築、インテグレーションを可能にする、市場で差別化された SaaS ソリューションです。

Preview: Advanced Threat Protection for Azure Database for MySQL
  • プレビュー: Advanced Threat Protection for Azure Database for MySQL
    • Advanced Threat Protection for Azure Database for MySQL はデータベースに対する潜在的なセキュリティ上の脅威を引き起こす可能性のある異常なデータベースアクティビティを検出

Preview: Advanced Threat Protection for Azure Database for PostgreSQL
  • プレビュー:Advanced Threat Protection for Azure Database for PostgreSQL
    • Advanced Threat Protection for Azure Database for PostgreSQL はデータベースに対する潜在的なセキュリティ上の脅威を引き起こす可能性のある異常なデータベースアクティビティを検出します。

C# UDF for Azure Stream Analytics on IoT Edge now in preview
  • IoT Edge における Azure Stream Analytics の C# UDF をプレビューで提供
    • IoT Edge で Azure Stream Analytics の C# ユーザー定義関数(UDF)がサポートされプレビューで利用できるようになりました。C# UDF を使用すると、独自の関数を使用して Azure Stream Analytics SQL 言語を拡張し、既存のコードを再利用したり、カスタムロジックを実装して複雑な文字列を操作したり、複雑なロジックで数学関数を実行することができます。

Azure Load Balancer TCP resets on idle in preview
  • Azure Load Balancer アイドル状態の TCP 通信をリセットする機能をプレビューで提供
    • Azure Load Balancer はロードバランシングルール、インバウンド NAT ルール、およびアウトバウンドルールのアイドルタイムアウト時に双方向 TCP リセットを送信する機能を、現在プレビュー機能としてサポートしています。この新しい機能を使用すると、アイドル・タイムアウトのために Standard Load Balancer が接続を終了するタイミングをアプリケーションが把握できるようになります。有効にすると、Standard Load Balancer は、アイドル・タイムアウト時に TCP 接続のクライアント側とサーバー側に TCP リセット・パケットを生成します。これにより、接続の終了を検出し、期限切れの接続を削除し、新しい接続を開始するだけでなく、アプリケーションの予測可能な動作を可能にします。

Azure Premium Blob Storage now in preview
  • Azure Premium Blob Storage がプレビューで登場

Azure Container Registry tasks
  • Azure Container レジストリタスク
    • これまで Azure コンテナレジストリビルドと呼ばれていた Azure コンテナレジストリタスクは、オンデマンドコンテナイメージビルドを使用してクラウド内でインナーループ開発を可能にします。トリガコンテナイメージは、コードが Git リポジトリにコミットされたとき、またはコンテナのベースイメージが更新されたときに自動的に構築されます。

Service Fabric now available on Azure Stack
  • Azure Stack で Service Fabric が利用可能
    • Azure Service Fabric は Azure Stack で利用可能になりました。Service Fabric は、スケーラブルで信頼性の高いマイクロサービスとコンテナのパッケージ化、展開、および管理を容易にする分散システムプラットフォームです。Service Fabric は、クラウドネイティブアプリケーションの開発と管理における重大な課題にも対処します。開発者と管理者は、複雑なインフラストラクチャの問題を回避し、スケーラビリティ、信頼性、管理性に優れたミッションクリティカルで要求の厳しいワークロードの実装に集中できます。

Tomcat for Azure App Service on Linux now generally available
  • Azure App Service on Linux の Tomcat が一般提供
    • Azure App Service for Linux では現在、Apache Tomcat 8.5 および9をサポートしています。Azure App Service on Linux の Tomcat を利用して、開発者は完全に管理された Linux ベースのサービスで Tomcat Web アプリケーションを迅速にビルド、デプロイ、スケールすることができます。

Enhancement for Map Control for Azure Maps now available
  • Azure Maps の Map Control の拡張機能が利用可能
    • Azure Maps は、地理空間 API のポートフォリオであり、開発者は最新のジオコーディング、ルーティング、IP ジオロケーション、およびその他のロケーションベースのサービスを使用してソリューションを構築できます。直観的で洞察力のあるデータレイヤーと視覚化を可能にする新しい機能を備え、改良された Map Control API が利用可能になりました。

Avere vFXT for Azure
  • Avere vFXT for Azure
    • Avere vFXT for Azure は高性能コンピューティング(HPC)アプリケーションのための高性能なファイルへのアクセスを提供します。重要な高性能コンピューティング・ワークロードの管理を担当するアプリケーション所有者とコンピューティング・ディレクターは、スケーラビリティ、柔軟性、およびクラウドベースおよびファイルベースのストレージの場所への容易なアクセスを備えています。また、Avere vFXT for Azure は、2018年10月31日に一般利用可能となる予定です。

Azure Data Studio is now available
  • Azure Data Studio が一般利用可能
    • 以前、SQL Operations Studio の名前で提供されていた Azure Data Studio は、迅速なインテリセンス、コードスニペット、ソース管理の統合、統合端末など、複数のソース間でデータを管理するための最新のエディタを提供します。Azure Data Studio は、クエリ結果セットとカスタマイズ可能なダッシュボードのチャートを組み込んで、データプラットフォームユーザーを念頭に設計されています。

Azure Container Registry—Helm repositories in preview
  • Azure コンテナレジストリ - Helm リポジトリをプレビュー提供

Azure Container Registry—Open Container Initiative(OCI)support in preview
  • Azure コンテナレジストリ - OCI(Open Container Initiative)をプレビューとしてサポート
    • Azure コンテナレジストリは OCI イメージ形式をサポートするようになりました。BuildKit のようなプロジェクトを使用して、OCI 形式のコンテナ・イメージをビルドしてプッシュします。

Azure Container Registry tasks—Multi-step capability now in preview
  • Azure コンテナレジストリタスク - マルチステップ機能をプレビュー提供
    • プレビュー提供中の Azure コンテナレジストリタスクを使用して、展開前のコンテナを構築、テスト、検証する一連の手順を定義できます。

Azure Stack—FedRAMP High documentation now available
  • Azure Stack - FedRAMP High 認定を取得するためのドキュメントが利用可能
    • FedRAMP High は最も厳格で、クラウドコンピューティングにおける政府の最も機密性の高い、分類されていないデータの一部を保護する必要があります。この度、3PAO による正式な評価のおかげで、お客様は Azure Stack 上で実行されるワークロードに対して、FedRAMP High 認定を取得するために、Azure Stack インフラストラクチャに関連するすべての必要な文書を入手できるようになりました。

New Logic Apps extension for Visual Studio Code
  • Visual Studio Code 用の 新しい Logic Apps の拡張機能
    • Visual Studio Code 用の 新しい Logic Apps の拡張機能をプレビューで利用できるようになりました。拡張機能は、使い慣れた開発ツールのコンテキストでアプリケーション統合作業を行う開発者を対象としており、次の機能をサポートします。
      • Visual Studio Code が実行される任意の開発プラットフォーム(Linux、Windows、Mac)から、Logic Apps の統合アカウントを作成、編集、および管理できます。
      • インテリセンスや高度なデバッグを含む Visual Studio Code の開発手法を活用できます。
      • Azure DevOps を使用して、既存の開発運用にアプリケーション統合コードを取り込むことができます。

Azure Functions—Functions runtime 2.0 now generally available
  • Azure Functions - Functions ランタイム 2.0 が一般利用可能
    • クロスプラットフォーム向けに改良された Azure Functions ランタイムが一般利用できるようになりました。

Azure Functions—Consumption plan for Linux in preview
  • Azure Functions - Linux の従量課金プランのプレビュー
    • Azure Functions は、Linux の展開における従量課金プランをサポートするようになりました。これまでは、Linux へのデプロイは、App Service プランで実行している場合のみサポートされていました。

Azure Functions—Python support in preview
  • Azure Functions - Python をプレビューでサポート
    • Azure Functions は、Functions v2(クロスプラットフォーム)ランタイムで Python 3.6 を使用して Python での開発をサポートするようになりました。

Azure Premium Files is now available in limited preview
  • Azure Premium Files が限定プレビューで利用可能
    • Azure Premium Files は、フルマネージドのファイルサービスを提供し、既存の Azure Files よりも100倍改善された一貫したパフォーマンスを提供します。これは、高いスループットと1桁ミリ秒の応答速度を必要とする IO 集中型エンタープライズワークロード向けに設計されています。Premium Files の導入により、Azure はワークロードのニーズに合わせて2種類の共有ファイルストレージ(プレミアムとスタンダード)を選択できるようになりました。現在、Premium Files のプレビューは次の地域でご利用いただけます。地域の適用範囲を徐々に拡大する予定です。

Developer tools enhancements for Apache Spark on Azure HDInsight
  • Azure HDInsight における Apache Spark 用開発ツールの機能強化
    • Azure HDInsight の Apache Spark 用の開発ツールにいくつかの新機能が追加されました。HDInsight Spark デバッグツールセットでは、Spark ジョブの実行を視覚化するための新しい機能を追加しています。データ入力、出力、テーブル操作にアクセスして管理し、実行の利用状況を視覚化します。

New updates to Azure Machine Learning in preview
  • Azure Machine Learning の新しいアップデート(プレビュー)
    • Azure Machine Learning の新しい機能がプレビューで利用可能になりました。
      • Azure Machine Learning サービス Python SDK
      • 自動機械学習とハイパーパラメータチューニング
      • 分散型ディープラーニング
      • モデル管理
      • ハードウェアアクセラレーションによる推論

Microsoft Bot Framework V4 SDK is now generally available
  • Microsoft Bot Framework V4 SDK が一般利用可能
    • Microsoft Bot Framework V4 SDK は、C#、Java、Python、および JavaScript を使用してボットを構築するための豊富な多言語 SDK です。ボットフレームワーク V4 SDK は一般利用可能となり、開発者は SDK に付属している特定のコンポーネントを選ぶだけでなく、豊富なエコシステムを利用できるように、機械翻訳、ダイアログ管理、会議のスケジューリングなどのタスクに役立つプラグイン可能な拡張機能が含まれています。

Azure Cognitive Services—Speech Service now generally available
  • Azure Cognitive Services - Speech Service が一般利用可能

Azure IoT Hub—New message routing capability available
  • Azure IoT Hub - 新しいメッセージルーティング機能が一般利用可能
    • Azure IoT Hub メッセージルーティングは、IoT ソリューションの開発を簡素化し、デバイスからクラウドサービスに自動化されたスケーラブルで信頼性の高い方法でメッセージを送信できるようにします。

Azure IoT Hub—Device provisioning service new functionalities
  • Azure IoT Hub - デバイスプロビジョニングサービスの新機能
    • デバイスプロビジョニングサービスは、IoT Hub の機能であり、お客様が IoT デバイスをセキュアな方法で大量にプロビジョニングして登録できるようにします。

Azure IoT Edge—extended edge offline support
  • Azure IoT Edge - 拡張エッジオフラインサポート
    • 拡張エッジオフラインサポートは、強力なオフライン操作を提供する Azure IoT Edge の新しいプレビュー機能です。

Azure Key Vault support with Azure Databricks
  • Azure Databricks で Azure Key Vault をサポート
    • Azure Databricks は Azure Key Vault に裏付けされたシークレットスコープをサポートするようになりました。これにより Azure Databricks は Azure Key Vault と Databricks の2種類のシークレットスコープをサポートするようになりました。

Azure Active Directory conditional access in Azure Databricks
  • Azure Databricks で Azure Active Directory の条件付きアクセス
    • Azure Databricks はAzure AD 条件付きアクセスをサポートしています。管理者は、Azure Databricks にユーザーがサインインすることが許可されている場所と時刻を制御できます。

Azure SQL Data Warehouse streaming support in Azure Databricks.
  • Azure Databricks で Azure SQL Data Warehouse ストリーミングサポート
    • Azure SQL Data Warehouse コネクタは、SQL Data Warehouse の効率的でスケーラブルな構造化ストリーミングデータの書き込みサポートを提供します。

Azure Databricks is available in Japan, Canada, India, and Australia
  • Azure Databricks が日本、カナダ、インド、オーストラリアで利用可能
    • Azure Databricks は現在、日本、カナダ、インド、オーストラリア中部およびオーストラリア中部2の追加地域で一般利用可能です。これらの追加により、Azure Databricks は現在24地域で利用可能です。

Event Hubs on Azure Stack
  • Azure Stack 上で Event Hubs が利用可能
    • Azure Event Hubs は、1秒間に数百万件のイベントを受信して処理できる、大規模なデータストリーミングプラットフォームおよびイベント処理サービスです。これは現在、Azure Stack で利用できます。

PowerShell in Azure Cloud Shell now generally available
  • Azure Cloud Shell で PowerShell が一般利用可能になりました
    • Azure 内の安全な Web ベースの Linux 環境から、PowerShell Core 6 を使用してリソースを管理および展開します。

Kubernetes on Azure Stack in preview
  • Azure Stack で Kubernetes クラスター展開をプレビューでサポート
    • Kubernetes の認定クラウドプロバイダーである Azure Stack で Kubernetes クラスター展開をサポートします。Azure Stack に ACS-Engine によって生成された Azure Resource Manager テンプレートを使用して Kubernetes をインストールできます。

Enterprise backup for SQL Servers in Azure Virtual Machines
  • Azure 仮想マシンで実行されている SQL Server のエンタープライズバックアップ
    • このワークロードバックアップ機能は、インフラストラクチャレスな従量課金サービスで、ネイティブの SQL Backup および復元 API を使用して、Azure IaaS VM で実行されている SQL Server をバックアップする包括的なソリューションを提供します。

Azure Resource Graph in preview
  • Azure Resource Graph がプレビュー版で提供
    • Azure Resource Graph はプレビュー版で提供され、効率的なインベントリ管理のためにリソースをすばやく検出することができます
      • Azure Portal、PowerShell、または CLI 経由ですべてのリソースを検出
      • 強力なクエリの実行
      • すべてのリソースプロパティを解析

Azure Cost Management in the Azure Portal preview
  • Azure コスト管理 が Azure Portal にプレビュー版で登場
    • この機能はデフォルトで有効になっており、パフォーマンスが向上と共に Azure プラットフォームに完全に統合されました。また、Azure コスト管理を使用すると、次のことが可能になります。
      • コストの分析
      • 予算の作成
      • アラートの作成
      • 推奨事項の活用
      • リソースタグの利用

Azure Blueprints in preview
  • Azure Blueprints がプレビュー版で登場
    • Azure Blueprints は現在プレビュー版が利用可能で、完全に管理された環境を繰り返し作成することができます。また、Azure Blueprints を使用して次のことが可能になります。
      • リソース、ポリシー、および RBAC の繰り返し展開
      • 新しいサブスクリプションを規模を設定
      • 完全に準拠した開発環境を数分で確保
      • 移行の準備が整った完全な環境を作成
      • 環境全体の基本リソースをロック

New full stack monitoring capabilities in Azure Monitor
  • Azure Monitor の新しい完全スタック監視機能
    • Azure Monitor ではインフラストラクチャ、アプリケーション、ネットワークを監視するための既存の機能を統合し、アプリケーションの完全なスタック監視を提供する統一された製品を提供しています。Azure Monitor では以下のことを実現できます。
      • 1つのメトリック、1つのログ、1つのアラート - すべてのツールのメトリック、ログ、およびアラートの一貫した統合エクスペリエンス。
      • リソースグループの統計情報 - リソースグループ内のすべてのリソースの状態を単一のビューで表示します。
      • 仮想マシンの洞察 - すべての VM の詳細を表示します。パフォーマンスと、VM と他のサービス間の依存関係や通信のマップを取得します。さらに、VM の新しい状態表示を導入しています。

SQL Data Warehouse now offers flexible restore points
  • SQL Data Warehouse で柔軟な復元ポイントを提供
    • SQL Data Warehouse は、迅速で柔軟性があり安全な分析プラットフォームです。この度、ユーザー定義のリストアポイントが提供され、Data Warehouse の重要な操作の前後でスナップショットを利用できます。この機能により、より多くの細かい復元ポイントを生成しながら、各復元ポイントが論理的な一貫性を持つようにできます。

Azure SQL Database: Hyperscale in preview
  • Azure SQL Database: ハイパースケールがプレビュー版で登場
    • Azure SQL Datbase ハイパースケールは、ワークロードのニーズに応じてその要求に対応し、データベースごとに最大 100TB の自動スケーリングを行います。ストレージリソースを事前に準備する必要がなく、アプリケーションの成長の可能性を大幅に拡大する、スケーラビリティの高い新しいサービスです。

SQL Data Warehouse intelligent insights
  • SQL Data Warehouse のインテリジェントな分析
    • SQL Data Warehouse には、インテリジェンスが組み込まれており、データウェアハウスのパフォーマンスを常に最適化するための推奨事項が提供されます。

Protect data in use with Azure Confidential Computing
  • Azure Confidential Computing で使用中のデータを保護する
    • Azure Confidential Computing は、使用中のデータを保護(転送中のデータや残りのデータの暗号化)するのに役立ちます。Azure 仮想マシンの新しい DC シリーズで、Intel SGX チップセットを使用したプレビュー用の Azure Confidential コンピューティングが利用できるようになりました。

SQL Data Warehouse Vulnerability Assessment
  • SQL Data Warehouse の脆弱性診断
    • SQL Vulnerability Assessment は、データベースやデータウェアハウスを継続的に監視し、常に高いレベルのセキュリティを維持し、組織のポリシーが満たされていることを保証する、使いやすいサービスです。包括的なセキュリティレポートとともに、見つかった問題ごとに対応可能な修復手順を提供し、セキュリティ専門家でなくてもデータベースセキュリティの高度な管理を容易にします。

SQL Data Warehouse: User defined maintenance scheduling
  • SQL Data Warehouse: ユーザー定義のメンテナンススケジュール
    • Azure SQL Data Warehouse のメンテナンススケジュール機能がプレビュー版として提供されています。この機能は、Azure Service Health の計画メンテナンス通知を Resource Health モニタサービスとシームレスに統合する新機能です。メンテナンススケジューリング機能を利用して、Azure SQL Data Warehouse に新しい機能、アップグレード、およびパッチを展開するために使用する予定のメンテナンスイベントを計画することができます。

Enterprise Security Package for Azure HDInsight generally available
  • Azure HDInsight 用のエンタープライズセキュリティパッケージ
    • Azure HDInsight 用のエンタープライズセキュリティパッケージは、現在、一般利用が可能です。Hadoop および Spark ワークロードのエンタープライズレベルのセキュリティを実現するために、以下の機能を提供します。
      • Active Directory または Azure Active Directory を使用したマルチユーザー認証
      • 共同のデータサイエンス経験を持つマルチユーザ Zeppelin ノートブック
      • Ambari 操作のロールベースアクセス制御
      • Apache Ranger を使用した、Hive SQL および Spark SQL 用のきめ細かなロールベースアクセス制御
      • Apache Ranger を使用した機密データのデータマスキング
      • Azure Data Lake Store Gen1 のファイルとフォルダレベルの ACL とのシームレスな統合
      • 機密データへのすべてのアクセスとアクセスポリシーの変更の監査
      • 送信時の透過的なサーバー側の暗号化

HDInsight 4.0 in preview
  • HDInsight 4.0 のプレビュー版を提供
    • HDInsight 4.0 は、Apache Hadoop および Spark エコシステムのいくつかのオープンソースコンポーネントをアップデートし、お客様に新しい機能を提供します。HDInsight 4.0 は、Hortonworks Data Platform(HDP)3.0.1 の最新バージョンを使用します。このバージョンの機能には、Hive、Kafka、Oozie、Phoenix、Spark、Storm、および Hbase の拡張機能が含まれます。

Azure Database Migration Service: SQL to Azure SQL DB Managed Instance online migrations
  • Azure Database 移行サービス: SQL から Azure SQL DB Managed Instance へのオンライン移行
    • Azure Database 移行サービスでプレビュー機能を利用して、SQL Server 上のデータベースを最小のダウンタイムで Azure SQL Database Managed Instance に移行できます。

Azure Database Migration Service: SQL to Azure SQL Database offline migration support
  • Azure Database Migration Service: SQL から Azure SQL Database へのオフライン移行をサポート
    • 一般利用可能な Azure Database 移行サービスは、オンプレミスまたは VM 上で動作する SQL Server のワークロードを評価し、Azure SQL Database Managed Instance へのオフライン移行を実行する機能を提供します。

Preview of performance recommendations for Azure Database for PostgreSQL
  • Azure Database for PostgreSQL のパフォーマンスに関する推奨事項のプレビュー版
    • PostgreSQL の Azure Database のパフォーマンスに関する推奨事項のプレビュー版では、新しいインデックスを作成してワークロードのパフォーマンスを潜在的に向上させるための推奨事項のリストを提供しています。

Query performance insights for Azure Database for PostgreSQL in preview
  • Azure Database for PostgreSQL のクエリパフォーマンス分析機能がプレビュー版で利用可能
    • Azure Database for PostgreSQL のクエリパフォーマンス分析機能を使用すると、Azure Portal のデータベースワークロードを視覚的に調べて、長期実行クエリを特定し、クエリに関連付けられた応答時間の統計を調べ、クエリパフォーマンスの変化を検出することができます。

Preview of Query Store for Azure Database for PostgreSQL
  • Azure Database for PostgreSQL のクエリストアのプレビュー版
    • Azure Database for PostgreSQL のクエリストア機能は、クエリの実行統計と待機イベントの分布を収集して保存します。これにより、データベースを検査してワークロードを把握し、ボトルネックを特定し、クエリのパフォーマンスの変化を検出することができます。また、この機能では、2つのインテリジェントなパフォーマンス機能(照会パフォーマンスの洞察とパフォーマンスの推奨)を2つ追加できます。

Latest update to the Power BI service
  • Power BI サービスの最新アップデート
    • Power BI サービスおよびモバイルでのダッシュボードコメントの一般利用可能になりました。ダッシュボードと特定のビジュアルにコメントを直接追加して、データについて議論できます。組織内の他の人々に @メンションすることによって、会話に人を引き付けます。コメントはモバイルと緊密に統合されているので、メンションされた人はすぐにメッセージと共に通知とメールを受け取ります。
    • プレミアム容量監視アプリのプレビュー版を提供しました。

Power BI Desktop September
  • Power BI Desktop 9月のアップデート情報
    • Power BI の集計機能プレビューでは、Power BI にデータセット全体をロードすることなく、集計された値のみをメモリにシームレスに保存し、レポートのパフォーマンスを大幅に向上させることができます。また、UserVoice 上で最も要求の多いコネクタである PDF ファイルコネクタのプレビューと、高度なクエリーエディタ M intellisense の大きなアップデートがあります。

Azure Policy for Azure DevOps
  • Azure DevOps 向けの Azure Policy
    • Azure Policy は Azure DevOps とネイティブに統合しており、開発者はアプリケーションがデプロイ前のポリシー違反とデプロイ後のコンプライアンス準拠を確認することができます。さらに、Azure DevOps 内にポリシーを作成し、ソースコントロール機能とバージョン管理機能を利用して、継続的なイテレーションと改善を行うことができます。

Azure Advisor: New recommendations and tighter integrations
  • Azure Advisor: 新しい推奨事項と緊密な統合
    • Azure のベストプラクティスに関するパーソナルガイドである Azure アドバイザーで追加の推奨事項を利用できるようになりました。Advisor は、コストを削減し、パフォーマンスを向上させ、セキュリティを強化し、信頼性を向上させるために Azure リソースを最適化するのに役立つ無料のサービスです。

Azure Service Health: Immediate alerting on resource health issues
  • Azure Service Health: リソースの状態異常を直ちに警告
    • Azure Service Health で、個々のリソースのヘルスステータスの変化が発生したときに電子メール、SMS、プッシュ通知、ウェブフックなどで通知するアラートを設定できるようになりました。

App Service—Python for App Service Linux preview
  • App Service - App Service の Linux で Python をプレビュー版として提供
    • App Service on Linux では、プレビュー版として Python 3.6 / 3.7 をサポートするようになりました。Python on App Service 上の Python では、App Service on Linux を拡張し、Python 3.6 / 3.7 を使用して構築された Web ワークロードをサポートします。プレビューの機能には、Django と Flask の Web フレームワークのための即時サポートと、必要に応じて Gunicorn のカスタムワークロードを実行する機能があります。

Bring your own storage to App Service on Linux
  • App Service on Linux への独自のストレージを持ち込み
    • App Service では、Linux の Web アプリケーションにお客様のストレージアカウントを追加できるようになりました。プレビューで利用可能なこの機能は、Azure Blog ストレージと Azure File ストレージをサポートします。最大5つのストレージアカウントを設定し、Azure ストレージアカウントのサイズ制限に基づいてサイズを調整します。

Azure Databricks Delta now in preview
  • Azure Databricks Delta のプレビュー版を提供
    • デルタ機能は、プレビュー版として Azure Databricks のプレミアム SKU で追加費用無しで利用できるようになりました。デルタ機能では、お客様はより良いデータの信頼性、ジョブとクエリのパフォーマンスの向上、データパイプラインの簡素化の機会を得ることができます。

New GPU enabled NVv2 Azure Virtual Machines for graphics intensive applications
  • グラフィック集約型アプリケーション向けの新しい GPU が利用できる NVv2 Azure 仮想マシン
    • リモート視覚化ワークロードやその他のグラフィックスを大量に使用するアプリケーションをサポートするように設計された NVv2 Azure 仮想マシンがプレビュー版で利用できるようになりました。新しい NVv2 には、以前の NVv1 世代のメモリ容量の2倍の RAM である 448GB と NVIDIA Tesla M60 GPU が搭載されます。また NVv2 VM はプレミアム SSD もサポートしています。
      プレビューの申し込み:Access to Azure Next Generation GPU VMs(NV v2: NVIDIA M60 GPU)

Azure Cosmos DB reserved capacity now generally available
  • Azure Cosmos DB の予約済み容量が一般利用可能になりました
    • Azure Cosmos DB の予約済み容量は、1年または3年間の前払いによりコストの節約に貢献します。

Azure Cosmos DB Cassandra API now generally available
  • Azure Cosmos DB Cassandra API が一般利用可能になりました
    • Azure Cassandra API は CQL v4 のワイヤー互換 API であり、Apache Cassandra または Datastax のようなプロトコル互換製品用に書かれたアプリケーションは、コード変更をほぼすることなく Azure Cosmos DB Cassandra API と通信できるようになりました。

Azure Sphere services are in public preview and dev kits are broadly available
  • Azure Sphere サービスのパブリックプレビュー提供と開発キット提供
    • Azure Sphere は、マイクロソフト社の IoT 製品で、IoT 製造メーカーは高度にセキュリティ保護されたインターネットに接続されたマイクロコントローラ(MCU)デバイスを作成できます。また、最初の Azure Sphere 開発キットが公開され、Azure Sphere の Azure Sphere セキュリティサービス、オペレーティングシステム、および Visual Studio 開発ツールがプレビューになりました。

Cosmos DB Multi-Master support now generally available
  • Cosmos DB Multi-Master のサポートが一般利用可能になりました
    • Cosmos DB のサービスがサポートしている API(SQL、MongoDB、Cassandra、Gremlin、Table)であれば、Azure リージョンの数にかかわらず、世界各地で(読み取りに加えて)劇的にスケールします。マルチマスターを使用する Azure Cosmos DB は、世界中どこでも99パーセンタイルで1桁のミリ秒の書き込みレイテンシを提供し、業界最高レベルの SLA に裏打ちされた99.999パーセントの書き込み可用性(99.999パーセントの可用性)を提供します。

Azure Standard SSDs now generally available
  • Azure Standard SSD が一般利用可能になりました
    • Standard SSD は、HDD ディスクに比べて高い可用性、一貫性、信頼性、待ち時間を提供し、Web サーバー、IOPS アプリケーションサーバー、手軽なエンタープライズアプリケーション、および開発/テストワークロードに適しています。

Azure Active Directory Integration with Azure Files in preview
  • Azure Active Directory と Azure Files との統合(プレビュー)
    • Azure Files と Azure AD ドメインサービスを使用した SMB アクセスのための Azure AD 統合がプレビューで利用できるようになりました。Azure Files は、業界標準の SMB プロトコルでアクセス可能な完全に管理されたファイル共有をクラウドに提供します。Azure AD との統合により、Azure AD DS ドメインの Azure AD 資格情報を使用して、Windows VM に参加した Azure ファイル共有への SMB アクセスが可能になります。さらに、Azure Files は、ファイル共有内のすべてのフォルダとファイルに対して、Microsoft のファイルシステムである NTFS の ACL を保持、継承、および強制する機能をサポートしています。

Azure Database for MariaDB now in preview
  • Azure Database for MariaDB がパブリックプレビューで提供
    • Azure Database for MariaDB は、オープンソースとの互換性、高可用性と動的スケーリング、柔軟な価格設定を特徴とするエンタープライズ対応のフルマネージドなコミュニティ MariaDB を提供します。

Azure Digital Twins
  • Azure Digital Twins
    • Azure Digital Twins は、組織が、人々、場所、デバイスとの間の関係や相互作用をモデル化することを可能にします。プラットフォームでは、特定の業界ドメインに合わせた物理世界と状況認識型ソリューションの仮想表現を構築するために、事前定義された拡張可能なツインオブジェクトモデルを提供します。Azure Digital Twins は、空間インテリジェントソリューションの価値を高め、開発の複雑さとコストを削減します。

Point-to-site VPN connectivity in Virtual WAN preview
  • Azure Virtual WAN での Point-to-Site VPN
    • Azure Virtual WAN での Point-to-Site VPN のサポートをお知らせします。Point-to-Site(P2S)VPN を使用すると、個々のクライアントコンピュータから Azure Virtual WAN への安全な接続を作成できます。P2S 接続は、クライアントコンピュータから開始することによって確立されます。このソリューションは、自宅や会議などの遠隔地から Azure Virtual Networks に接続したい在宅勤務者に役立ちます。

Azure Virtual Network TAP
  • Azure 仮想ネットワーク TAP
    • Azure 仮想ネットワーク TAP を使用すると、仮想ネットワークからパケットコレクタに継続的にトラフィックをミラーリングできます。ミラーリングされたトラフィックは、インバウンドおよびアウトバウンド仮想マシンネットワークトラフィックのコピーであり、同じ仮想ネットワークまたはピア仮想ネットワーク内の宛先 IP エンドポイントや内部ロードバランサにストリーミングできます。

Azure Virtual WAN now generally available
  • Azure Virtual WAN が一般利用可能になりました
    • Virtual WAN は、大規模なブランチインフラストラクチャの展開を可能にする、シンプルで統合されたグローバルな接続性とセキュリティプラットフォームを提供します。ExpressRoute は、Microsoft のグローバルネットワークにプライベート接続を提供します。また、社内のデータ センター/本社のような ExpressRoute 回路に接続されている企業のリソースや ExpressRoute サーキットに接続されている仮想ネットワークへのアクセスを許可する Virtual WAN の次回のサービス追加予定のプレビュー機能を発表しました。

Greater storage capacity and performance with new Azure Disks SKUs.
  • 新しい Azure ディスク SKU によるストレージ容量とパフォーマンスの向上
    • 既存のすべての Azure Managed Disk 製品(Premium SSD、Standard SSD、Standard HDD)には、8TB、16TB、32TB のディスクサイズを提供
    • Premium SSD のパフォーマンスは、最大 20,000 IOPS および 750 MBps
    • Standard SSD と Standard HDD パフォーマンスは、最大 2,000 IOPS および 500MBps

Azure ExpressRoute Global Reach
  • Azure ExpressRoute Global Reach
    • Azure ExpressRoute Global Reach を使用すると、Microsoft のグローバルネットワークを通した ExpressRoute サービスを経由してオンプレミスネットワークに接続することができます。たとえば、カリフォルニアのプライベートデータセンターがシリコンバレーの ExpressRoute に接続していて、テキサスの別のプライベートデータセンターがダラス ExpressRoute に接続している場合、ExpressRoute Global Reach では、2つの ExpressRoute 接続でプライベートデータセンターを接続できます。そして、センター間のトラフィックは Microsoft のグローバルネットワークを通過します。

Azure Firewall now generally available
  • Azure Firewallが一般利用可能になりました
    • Azure Firewall は、管理されたクラウドベースのネットワークセキュリティサービスで、Azure 仮想ネットワークリソースを保護します。高可用性と無制限のクラウドスケーラビリティを備えたサービスとして、完全にステートフルなファイアウォールです。サブスクリプションと仮想ネットワーク間でアプリケーションとネットワークの接続ポリシーを集中的に作成、施行、記録します。Azure Firewall は、仮想ネットワークリソースに静的パブリック IP アドレスを使用して、外部ファイアウォールが仮想ネットワークからのトラフィックを識別できるようにします。また、このサービスは Azure Monitor と完全に統合されており、ロギングと分析の機能も備えています。

ExpressRoute Direct in preview
  • ExpressRoute Direct がプレビューで提供
    • ExpressRoute Direct は、世界中の最速のプライベートエッジの接続性を提供し、ハイパースケールなパブリッククラウドにアクセスする方法を一変させます。ExpressRoute Direct では、お客様は ExpressRoute の機能を使用して、100Gbps でグローバルな Microsoft バックボーンネットワークに直接接続できます。大容量データのストレージへの書き込み、物理的な分離、専用容量、容量バーストのようなシナリオを持つお客様は、Microsoft のグローバルなバックボーンを活用して Azure リージョンに大規模にアクセスすることができます。また、ポートペアの可用性としてエンタープライズグレードの99.95% SLA でサポートされています

Azure DNS Alias Records Generally Available
  • Azure DNS エイリアスレコードが一般利用可能
    • エイリアスレコードの機能を使用すると、DNS レコードを Azure Traffic Manager プロファイルまたはパブリック IP リソースにマップして、DNS ゾーンがこれらのリソースに関連付けられた IP の変更を追跡できるようになります。さらに、ゾーンの頂点のレコード(ゾーンのルート、たとえばcontoso.com)を Azure Traffic Manager プロファイルにマッピングすると、ゾーンの頂点に DNS 負荷分散アプリケーションをホストすることができます。

Azure Frontdoor Service in preview
  • Azure Frontdoor Service がプレビュー版で提供
    • Azure Frontdoor は、グローバルに実績のある拡張性の高いアプリケーションを提供するためのセキュアなエントリーポイントです。Azure Frontdoor はプレビュー版で提供されており、グローバルなマイクロサービスベースの Web アプリケーションを迅速に配信するためのスケーラブルで安全なエントリーポイントです。1 つの中央制御プレーンとダッシュボードから、サービスのトラフィックとグローバルバックエンドを制御および監視します。

Application Gateway Autoscaling in preview
  • Application Gateway のオートスケーリング機能をプレビューで提供
    • オートスケーリング機能は、公開されているすべての Azure リージョンの新しいゾーンの冗長 SKU の一部として、プレビューで利用できます。このサポートにより、Application Gateway をデプロイするときにインスタンス数またはサイズを選択する必要がなくなりました。Application Gateway の負荷要件に基づいて自動的にスケールアップまたはスケールダウンできる自動拡張の Application Gateway を展開できます。

OpenVPN support for Azure VPN Gateways
  • Azure VPN ゲートウェイで Open VPN をサポート
    • Azure 仮想ネットワークゲートウェイは、ポイントツーサイト(P2S)クライアントが接続するためのプロトコルとして OpenVPN をサポートするようになりました。P2S VPN ゲートウェイ接続を使用すると、個々のクライアントコンピュータから仮想ネットワークへの安全な接続を作成できます。

Zone-redundant VPN and ExpressRoute virtual network gateways generally available
  • ゾーン冗長 VPN および ExpressRoute の仮想ネットワークゲートウェイが一般利用可能になりました
    • VPN および ExpressRoute ゲートウェイを Azure の可用性ゾーンに配置します。これにより、ゾーンレベルの障害から Azure へのオンプレミスネットワーク接続を保護する異なる可用性ゾーンに物理的および論理的に分離します。さらに、仮想ネットワークゲートウェイを作成するための展開時間を短縮するなど、基本的なパフォーマンスの向上を実現しました。

Azure CDN Standard Microsoft tier Generally Available
  • Azure CDN Standard Microsoft tier が一般利用可能になりました
    • Azure Content Delivery Network のマルチ CDN プラットフォームを利用して、Azure Portal、Azure Resource Manager、CLI、コマンドラインエクスペリエンスなどを使い、Verizon、Akamai、および Microsoft のコンテンツ配信ネットワークサービスを1か所で利用できます。

Advanced Threat Protection for Azure database services for MySQL and PostgreSQL
  • Azure database services for MySQL および PostgreSQL 向けの Advanced Threat Protection
    • 潜在的な脆弱性や異常なデータベースへのアクセスやクエリのパターンなど、不審なデータベースアクティビティに対して警告を受け取ります。この機能は、Azure Security Center にアラートを統合して、疑わしいアクティビティの詳細と、それらを調査および軽減する方法に関する推奨事項を提供します。

New SQL Data Warehouse performance tier SKU
  • 新しい SSQL Data Warehouse のパフォーマンスレベルの SKU
    • SQL Data Warehouse のパフォーマンスレベルの価格テーブルのコンピューティング最適化 Gen2 に新しい SKU が追加され、より小さな単位の DW500c から利用できるようになりました。これにより、より多くのお客様にご利用いただけるようになりました。

Microsoft R Server is now Microsoft Machine Learning Server
  • Microsoft R Server Microsoft Machine Learning Server に変わりました
    • Machine Learning Server (以前は Microsoft R Server として知られていました)は、Python と R を完全にサポートしており、大規模なデータ分析をおこなったり、インテリジェントなアプリの構築をしたり、ビジネス全体で価値の高いインサイトを発見したりするための柔軟なエンタープライズプラットフォームです。

SQL Data Warehouse name change and GUID migration
  • SQL Data Warehouse の名前変更と GUID の移行
    • 2018年11月1日より、SQL Data Warehouse のお客様のストレージメーターの GUID とリソース名が変更されます。価格設定に影響はありません。

Official Microsoft Blog より

Creating a more secure, intelligent and connected enterprise at Ignite 2018
  • Ignite 2018 でより安全でインテリジェントな企業を構築する
    • Ignite 2018 の簡単なハイライト
    • 私たちは、パスワードの時代を終わらせることを宣言することによって、顧客のセキュリティを最優先にしていく方法を共有しました。
    • マイクロソフトでは、AI を良いものとして使用できるという考え方で実践的な考え方とアプローチを持っています。これは、共有した新しい AI とデータ製品とイニシアチブを作成する際の指針です。
    • 私たちは、スマートスペースから従業員までのすべてをより効率的かつ生産的にする新しい IoT と Edge Computing 製品を発表しました。
    • マイクロソフトは、 Adobe と SAP の Open Data Initiative を導入して、企業が AI を使って顧客の素晴らしい経験を生み出すために、すべてのデータを接続し、理解し、使用することを支援します。

Cloud Platform News Bytes Blog より

Cloud Platform Release Announcements for September 24, 2018
  • 2018年9月24日のクラウドプラットフォームのリリース発表
    • Azure Governance | Governance Announce
    • Azure IoT Central | GA
    • Azure Sphere | Public Preview
    • Kubernetes on Azure Stack | Public Preview
    • Application Gateway/WAF | Azure App Gateway autoscaling Public Preview
    • Azure DNS | Azure DNS Alias Records ? GA
    • Azure Firewall | GA
    • Azure Frontdoor Service | Public Preview
    • Azure security and operations management | Protect data in use with Confidential Computing
    • Large Disks | Large Disks ? Public Preview
    • Azure Policy | Azure Policy CI/CD features public preview
    • Azure security and operations management | Azure to Azure Site Recovery
    • Azure security and operations management | New monitoring capabilities in Azure Monitor
    • Azure security and operations management | Security Center updates for workload protection
    • Azure Ultra SSD | Ultra SSD ? Public Preview
    • Azure CDN Standard Microsoft Tier | GA
    • Azure Virtual Machines | NVv2 ? Public Preview
    • Azure Digital Twins | Public Preview disclosure
    • Virtual WAN | GA
    • Windows Server | Windows Server 2019 Launch
    • Azure VNet | Azure Virtual Network Tap
    • ExpressRoute | ExpressRoute Direct ? Public Preview
    • ExpressRoute | ExpressRoute Global Reach
    • Virtual WAN | Point-to-site VPN connectivity in Virtual WAN
    • Application Gateway/WAF | Azure AppGW Zone Redundancy
    • Azure Advisor | New recommendations and tighter integrations
    • Azure Service Health | Immediate alerting on resource health events
    • Azure IoT Edge | Public Preview ? Extended offline feature
    • Azure Functions | Python support in preview
    • Azure App Service | Java SE Support Disclosure
    • Azure DDOS Protection | Azure DDoS Protection new features
    • Azure Network Watcher | Network Watcher ? Application Gateway support
    • Azure Traffic Manager | A/AAAA Records Support in Azure Traffic Manager GA
    • Azure Traffic Manager | Custom Header Support in Azure Traffic Manager GA
    • Azure Container Registry (ACR) | Multiple Updates
    • Azure Functions | Consumption plan for Linux ? Public Preview
    • Azure IoT Hub | Device Provisioning Service additional capabilities
    • Azure VPN | Zone Redundant VPN and ExpressRoute gateways
    • ExpressRoute | NPM support for ExpressRoute
    • Load Balancer Standard | Outbound Rules
    • Load Balancer Standard | TCP Resets
    • Azure Traffic Manager | Traffic Manager Custom Health Check Status Codes
    • Azure Traffic Manager | Traffic Manager Multi value Routing Method GA
    • Azure VNet | Public IP Prefix
    • Azure VNet | VNet Service Endpoint Policies
    • SQL Server 2019 | SQL Server 2019 ? Preview
    • Azure SQL Database | SQL DB Managed Instance general purpose coming soon
    • Azure SQL Data Warehouse | SQL Vulnerability Assessment
    • Azure Databricks | Azure Key Vault support with Azure Databricks
    • Azure Redis Cache | Larger cache size available ? Public Preview
    • Azure Databricks | Azure SQL DW Streaming Support in Azure Databricks
    • Azure Databricks | Japan, India, Canada and Australia GA
    • Azure Databricks | Azure Databricks Delta Public Preview
    • Azure Cosmos DB | Cassandra API ? GA
    • Azure Cosmos DB | Multi-Master ? GA
    • Azure Cosmos DB | Reserved capacity ? GA
    • Azure SQL Data Warehouse | Smaller SKU for Compute Optimized Gen2 Tier
    • Azure Bot Service | GA
    • Azure HDInsight | GA of Enterprise Security Package for HDI 3.6
    • Azure HDInsight | Public Preview of HDInsight 4.0
    • Azure SQL Data Warehouse | Flexible restore points
    • Azure SQL Data Warehouse | Intelligent insights
    • Azure Databricks | AAD conditional access Public Preview
    • Azure SQL Data Warehouse | User defined maintenance scheduling
    • Azure Database for MariaDB | Azure Database for MariaDB ? Preview
    • Azure Database for MySQL and PostgreSQL | Performance recommendations for PostgreSQL ? Preview
    • Azure Database for MySQL and PostgreSQL | Query Performance Insights for PostgreSQL -Preview
    • Azure Database for MySQL and PostgreSQL | Query Store for PostgreSQL ? Preview
    • Azure Database for MySQL and PostgreSQL | Threat Protection for MySQL and PostgreSQL ? Preview
    • Azure SQL Database | Hyperscale ? Public Preview
    • Azure HDInsight | BYOK Encryption for Kafka
    • Azure HDInsight | Developer Tools enhancements for Spark
    • Azure Cosmos DB | JavaScript SDK 2.0 ? GA
    • Azure SQL Database | Intelligent QP updates ? public preview
    • Visual Studio App Center | Disclosure: Intune wrapper support
    • Power BI Desktop | GA
    • Power BI service | GA
    • Azure Files AAD Integration Public Preview | Public Preview
    • Azure Traffic Manager | Custom subnet routing GA
    • Azure IoT Hub | Message routing additional capabilities
    • Azure Functions | Functions runtime v2 ? GA
    • Azure Database Migration Service: SQL to Azure SQL Database offline migration support
    • Azure Database Migration Service: Support for SQL to Azure SQL DB Managed Instance online migrations
    • Azure Premium Files is now available in preview
    • Microsoft R Server is now Microsoft Machine Learning Server
    • Azure Stream Analytics | Public Preview- C Sharp UDF for ASA on IoT Edge
    • Data Migration Assistant | GA
    • Azure DevOps Tool Integrations | Azure ACR Build plugin for Jenkins
    • Azure Data Studio | GA
    • Announcing Windows Virtual Desktop, the best virtual desktop experience, delivered on Azure
    • Quickstart Center | Public Preview
    • Azure Logic Apps | Preview Logic Apps extension for Visual Studio Code
    • Azure Premium Blob Storage | Public Preview
    • Azure Logic Apps | Preview Refresh Logic Apps SAP Connector
    • Azure App Service | Java SE Applications on Linux GA
    • Azure App Service | Tomcat on Linux GA
    • Azure Media Services & Video Indexer | Azure Media Services ? Video Indexer GA
    • Azure App Service | Bring your own storage on Linux Public Preview
    • Azure App Service | New Networking Features Preview
    • Azure App Service | Python for App Service Linux Preview
    • Azure Functions | App Insights app map integration ? Public Preview
    • Azure Functions | Key Vault integration ? Public Preview
    • Azure SignalR Service | SignalR Service GA
    • Azure Machine Learning updates | Public Preview
    • Azure Cognitive Services | GA
    • Azure Data Explorer | Public Preview

Japan Azure IaaS Support Blogより

Azure Resource Manager (ARM) 仮想マシンの複製方法のご紹介 (Part.2)
  • Azure Resource Manager (ARM) 仮想マシンの複製方法について、引き続きご紹介

MICROSOFT CLOUD PERSPECTIVES BLOG TEAMより

How the cloud is transforming weather prediction
  • クラウドがもたらす気象予報の変革
    • 様々な気象条件で得られるデータ(温度、湿度、気圧、風速、降水量など)は、分単位で大量のデータとなり、収集したデータから実用的な予測をするには複雑な計算が必要になります。クラウドは効率的なストレージと処理能力を提供し、気象予報をより簡単に行えるようにしています。クラウドの活用により、正確な気象予報を道路のレベルまでできるようになり、道路関係者は適切な時間、場所に適切な量の交通資源(除雪車など)を配備することができるようになりました。

Cloud and Server Product Japan Blog より

Windows Server 2019 - 10月に一般提供を開始
Microsoft Azure が実現するエッジ コンピューティングのニューウェーブとは ?
Microsoft Ignite 2018: 次世代 IoT およびエッジソリューションの大規模な構築とセキュリティ対策
Ignite 2018 ? Azure Data により AI をビジネスにとってリアルな存在に
SQL Server Integration Services ( SSIS ) の使い方
  • 2016年9月28日に Data Platform Tech Sales Team Blog にて公開された内容

Microsoft Azure Blog より

What to expect in Spark + AI summit Europe
  • Spark + AI Summit Europe に期待すること
    • ロンドンで開催の Spark + AI Summit Europe における Azure Databricks を活用した成功事例を共有するセッションの紹介

Spark Debugging and Diagnosis Toolset for Azure HDInsight
  • Azure HDInsight の Spark デバックと診断ツールセット
    • Spark 2.3 以降を実行しているクラスター向けに、HDInsight 用の Spark 診断ツールのパブリックプレビューを発表しました。

Healthcare Cloud Security Stack now available on Azure Marketplace
  • Azure Marketplace で利用可能な Healthcare Cloud Security Stack
    • Microsoft Azure の Healthcare Cloud Security Stack は、セキュリティと脆弱性の管理という重要なニーズに対応し、企業がサイバーセキュリティと HIPAA 準拠に重点を置かずにクラウドサービスを使用できるよう支援します。現在 Azure Marketplace で利用可能な Healthcare Cloud Security Stack は、統合されたクラウド脅威管理ソリューションとして Qualys Vulnerability Management と Cloud Agent、Trend Micro Deep Security、XentIT Executive Dashboard を使用しています。Qualys クラウドエージェントは脆弱性情報を継続的に収集し、Trend Micro Deep Security(TMDS)IPS にマッピングされます。

Strengthen your security posture and protect against threats with Azure Security Center
  • Azure Security Center でセキュリティの強化と脅威からの保護
    • セキュリティ対策の強化
      • Secure Score を使用して全体のセキュリティを向上させる
      • 新しいネットワークトポロジ―マップで確認
      • コンプライアンス要件を満たすために組織レベルでセキュリティポリシーを定義する
      • 新しいコンプライアンスダッシュボードを使用してコンプライアンス違反を監視しレポートする
      • Azure データリソース内の情報を保護するためのポリシーをカスタマイズする
      • コンテナーと Docker ホストのセキュリティを評価する
    • 進化する脅威からの保護
      • Windows Defender の高度な脅威防止サーバー(WDATP)との統合
      • Linux の脅威検知
      • 適応型ネットワーク制御
      • Azure ストレージブロブと Azure Postgre SQL の脅威検出
      • ファイルレス攻撃の検出
      • アダプティブアプリケーションコントロール
      • ジャストインタイム VM アクセス
      • ファイルの整合性監視(FIM)

Announcing the EA preview release of management group cost APIs
  • EA サブスクリプションにおける management group cost API プレビュー版リリースのお知らせ
    • Azure Resource Manager の API のプレビュー版を利用して、EA のお客様は管理グループのコンテキストでコストと使用状況の情報を表示することが可能になります。
    • サポートされている操作
      • Azure リソースの管理グループ別の使用状況一覧の表示
      • 管理グループの総コストの取得
    • プレビュー版の制限
      • 管理グループによるコストと使用量のデータは、管理グループが Enterprise Agreement サブスクリプションのみで構成されている場合にのみ利用できます。グループに Web Direct、Pay-As-You-Go、または Cloud Service Provider での利用が含まれている場合、管理グループのコストビューはサポートされません。この機能は、将来のリリースで提供される予定です。
      • 管理グループのコストと使用状況のデータは、現在の管理グループ階層の特定の時点のスナップショットです。表示されるコストおよび使用量データは、管理グループ階層内の過去の変更または再編成を考慮しません。
      • 管理グループの原価および使用データは、基礎となる請求およびデータが単一の通貨で請求される場合にのみ返されます。複数の通貨のサポートは、将来のリリースで利用可能になります。

Eight new features in Azure Stream Analytics
  • Azure Stream Analytics の8つの新しい機能
    • Azure IoT Edge で動作する ASA ジョブで C# カスタムコードによるクエリの拡張性をサポート
    • Azure IoT Edge 上で動作する ASA ジョブのカスタムデシリアライザ
    • Visual Studio でのライブデータテスト
    • スループットの高い SQL への出力
    • マシンラーニング に基づく IoT エッジの異常検出
    • Azure Data Lake Storage Gen 1 への出力のための Azure リソース用の管理された ID (以前は MSI) ベースの認証
    • カスタムの日付/時刻フォーマットによる BLOB 出力の分割
    • ユーザー定義のカスタム再パーティション数

New Azure HDInsight management SDK now in public preview
  • 新しい Azure HDInsight management SDK をパブリックプレビューで提供
    • プレビューリリースのハイライト
      • .NET に加えて、Python、Java、Go の HDInsight SDK を提供します。
      • SDK では、クラスターの作成、クラスターの削除、クラスターのスケール、既存のクラスターの一覧表示、クラスターの詳細の取得、クラスタタグの更新、スクリプトアクションの実行など、HDInsight クラスターを管理するための便利な操作を提供します。
      • Operations Management Suite(OMS)を介して HDInsight クラスターの監視を制御します。SDK を使用して、クラスターで OMS の監視を有効にし、クラスターで OMS の監視を無効にし、クラスターでの OMS の監視の状態を表示します。
      • SDK を使用して、HDInsight クラスター上のスクリプトアクションの詳細を実行、削除、一覧表示、および表示します。

New features and enhancements released in Bing Custom Search V3
  • Bing Custom Search V3でリリースされた新機能と拡張機能
    • Bing カスタム検索は、ユーザーが特定のサイトまたは手作業で選んだ一連の Web サイトやドメインのコンテンツを検索してコンテンツを検索することを可能にする使いやすい広告フリーの検索ソリューションです。Bing カスタム検索では、ユーザーが必要な結果を表示できるように、ユーザーがランキングの詳細を管理し、ニーズに応じて回答を特定またはブロックするシンプルな Web インターフェイスを提供します。

Try Azure CosmosDB for 30 days free, no commitment or sign up
  • コミットメントもサインアップも不要な Azure CosmosDB の30日無料のトライアルご利用ください

Manage your SQL Information Protection policy in Azure Security Center
  • Azure Security Center で SQL 情報保護ポリシーを管理する
    • Azure Security Center 内のテナント全員が SQL 情報保護ポリシーを一元的に管理できるようになりました。SQL 情報保護は、Azure データリソース内の機密データを検出、分類、ラベリング、保護するための高度なセキュリティ機能を提供します。セントラルポリシー管理を使用して、テナント上のすべてのデータベースに適用されるカスタマイズされた分類およびラベリングポリシーを定義できます。

Azure ISVs expand the possibilities with Azure Stack
  • Azure ISV で Azure Stack の可能性を広げる
    • Azure Stack は、幅広い環境で動作する独立系ソフトウェアベンダー(ISV)のコミュニティを拡大しており、魅力的で強力なソリューションを作成することができます。

Serial console for Azure VMs now generally available
  • Azure VM のシリアルコンソールが一般利用可能になりました
    • シリアルコンソールを使用すると、VM のシリアルポートを介して直接 VM に接続することができます。VM のネットワーク状態とは無関係にコンソール接続が可能で、VM の削除や再作成を行うことなく、到達不能な VM をデバッグして、壊れた fstab や誤った設定のネットワークインターフェイスなどの問題を修正することができます。

Rich insights for virtual machines from Azure Monitor
  • Azure Monitor から得られる仮想マシンに関する豊富なインサイト
    • Ignite で Azure Monitor for VMs のパブリックプレビューを発表しました。この機能は、VM の健全性、パフォーマンスの傾向、および依存性に関する詳細な情報を提供します。

Azure Monitor is providing a unified logs experience
  • Azure Monitor は統一されたログエクスペリエンスを提供します。
    • Azure Monitor ログは、Azure の監視、管理、セキュリティ、アプリケーション、およびその他のすべてのログタイプの中央解析プラットフォームです。Azure Portal に直接埋め込まれた新しいログエクスペリエンスは、これまでに提供されていたさまざまなページやポータルの機能を統合します。ログに記録されたデータの基本検索と、診断、根本原因の分析、または視覚化を提供する高度なクエリの両方を実行できる単一の場所を提供します。

Azure Monitor alerting just got better!
  • Azure Monitorのアラートが良くなったぜ!
    • Azure Monitor の統合アラートエクスペリエンスがさらに向上しました! Azure のすべての主要サービスに統合された経験を導入し、One Metrics と One Logs のエクスペリエンスを補完して、これらの機能にすばやくアクセスできるようになります。

A new way to send custom metrics to Azure Monitor
  • Azure Monitor にカスタムメトリックを送信する新しい方法
    • すでに Application Insights SDK 経由でカスタムメトリックをアプリケーションから送信できましたが、今回、Azure Monitor でカスタムメトリックのパブリックプレビューを発表しました。これにより、任意の Azure リソースに対して収集されたメトリックを提出できるようになりました。これらのメトリックは、メモリ使用率などの追加のパフォーマンスインジケータとリソースに関するものです。

Manage Azure Monitor using Java
  • Java を使用して Azure モニターを管理する
    • この度、Azure Management Librarie for Java 1.16 をリリースしました。Azure Management Libraries for Java を使用してプログラムで Azure Monitor を管理することができるようになります。

Go Cloud-native with Spring Cloud on Azure
  • Spring Cloud on Azure を使って Cloud ネイティブへ GO
    • Spring Cloud は、開発者がマイクロサービスベースのアプリケーションを迅速に構築し、編成するための定型パターンを提供します。Spring Cloud on Azure はこれをさらに拡張し、Azure サービスと Spring との統合をシームレスに提供するよう設計されており、開発者は Azure の安全なインフラストラクチャと地理的な範囲を世界中に活用することができます。開発者は Spring の慣用的な方法を採用して、数行の構成と最小限のコード変更だけで、Azure 上でリソースを自動的にプロビジョニングし、サービスを利用することができます。

Azure Pipelines is the CI/CD solution for any language, any platform, any cloud
  • Azure Pipelines は、あらゆる言語、あらゆるプラットフォーム、あらゆるクラウドに対する CI / CD ソリューションです
    • Azure Pipelines を使用すると、Go、Node.js、Python、Java、PHP、Ruby、C / C ++、.NET、Android、および iOS アプリケーションを含むあらゆる言語をビルドしてテストできます。Azure Pipelines は、アプリケーションの構築とテストのためのインフラストラクチャに心配をすることなく、Windows、Mac、および Linux アプリケーション用のホスティングエージェントをサポートしています。アプリケーションコードが Azure Repos、GitHub、GitLab、またはBitbucket に格納されているかどうかにかかわらず、CI を設定できます。アプリケーションが構築されたら、Azure パイプラインを使用して、Linux / Windows VM、Kubernetes、Azure PaaS Services を含むあらゆるプラットフォームをターゲットにすることができます。また、AWS や GCP などの任意のクラウドをターゲットにすることもできます。

Azure HDInsight and Starburst bring Presto to Microsoft Azure customers
  • Azure HDInsight と Starburst は、Microsoft Azure の顧客に Presto を提供します
    • Microsoft と Starburst は、Starburst Presto が Azure HDInsight のアプリケーションプラットフォームに追加されたことを発表しました。お客様は、シングルクリックでそれらを展開することができ、ビッグデータと高度な分析ソリューションの幅広いセットを利用できます。

Microsoft Azure: The only consistent, comprehensive hybrid cloud
  • Microsoft Azure: 一貫した包括的なハイブリッドクラウド

Red Hat OpenShift and Microsoft Azure Stack together for hybrid enterprise solutions
  • Red Hat OpenShift と Microsoft Azure Stack は共にハイブリッドエンタープライズソリューションを提供します
    • Red Hat と Microsoft はパートナーシップを拡大して、共同でサポートする完全なハイブリッドクラウドソリューションを提供します。Azure と Azure Stack は、業界唯一の真の一貫性と包括的なハイブリッドクラウドプラットフォームを提供し、アプリケーション開発に対する統一されたアプローチを可能にします。OpenShift Container Platform は Red Hat のコンテナアプリケーションプラットフォームで、Docker と Kubernetes をエンタープライズに持ち込み、オンプレミスとクラウドの両方で一貫したソリューションを作成します。

Azure Quickstart Center update
  • Azure Quickstart Center のアップデート
    • Azure のベストプラクティスと指針を使用して Azure 環境をセットアップするのに役立つ、Azure クイックスタートセンターの拡張機能を紹介します。

Deep dive into Azure HDInsight 4.0
  • Azure HDInsight 4.0 の詳細
    • HDInsight 4.0 がパブリックプレビューで提供されることをお知らせします。このブログでは、Apache Hive 3.0、Hive Spark Integration、Apache HBase、Apache Phoenix の新しい機能を紹介します。

Azure SQL Data Warehouse now supports maintenance scheduling
  • Azure SQL Data Warehouse でメンテナンススケジューリングをサポート
    • Azure SQL Data Warehouse の新しいプレビュー版機能では、サービスヘルス計画保守通知、リソースヘルスチェックモニタ、および Azure SQL Data Warehouse メンテナンススケジューリングサービスをシームレスに統合します。顧客はビジネス要件に基づいて優先メンテナンス期間を選択できるようになり、システムメンテナンスを実行する時間を柔軟に選択できます。

Near real-time analytics in Azure SQL Data Warehouse
  • Azure SQL Data Warehouse でリアルタイムに近い分析
    • IoT シナリオやデータストリームにおいては、データ作成のペースが増加するにつれて、分析のためのデータへのより迅速なアクセスが求められています。この度、Azure SQL Data Warehouse において、ほぼリアルタイムでの分析機能を発表しました。このアーキテクチャは、Azure Databricks Streaming Dataframes からの SQL DW への Streaming Ingestion のパブリックプレビューを利用することで提供可能になりました。

Announcing the public preview of Shared Image Gallery
  • 共有イメージギャラリーのパブリックプレビューを提供
    • 共有イメージギャラリーは、Azure で仮想マシンイメージのカスタム管理を容易にする Azure ベースのソリューションを提供します。共有イメージギャラリーを使用すると、リージョン内およびリージョン内の組織内のユーザーとアプリケーションを簡単に共有でき、リージョンの拡張や開発プロセスを迅速化し、リージョン間の HA / DR 設定を簡素化できます。共有イメージギャラリーを使用すると、カスタムイメージから同時に数千の VM を迅速に展開することもできます。

Move Managed Disks and VMs now available
  • 管理ディスクと VM の移動が利用可能になりました

Get notified when your Azure resources become unavailable
  • Azure リソースが利用できなくなった際に通知を受け取る
    • Azure プラットフォームの問題により、たとえ停止がアナウンスされる前であっても、リソースが利用できなくなったときにすぐに通知するように、リソースヘルスアラートを設定することが可能になりました。リソース正常性アラートは、Azure アクティビティログとリソース正常性データを利用して、これらのイベントが発生したときに迅速な通知を提供します。

Azure Deployment Manager now in public preview
  • Azure Deployment Manager をパブリックプレビューで提供
    • Azure Deployment Manager では、リソースの段階的なロールアウトを実行できます。つまり、リージョンごとに順序付けられた方法でデプロイされます。あるリージョンでのデプロイの一環で、サービスの健全性が監視され、容認できないパフォーマンスの低下が検出された場合、デプロイは自動的に停止し、影響の規模のトラブルシューティングと削減が可能になります。このツールセットは、数多くの Microsoft サービスによって内部的に使用され、高可用性を保証し、更新時の復元によってサービスが使用できなくなるのを防止または劇的に削減します。

Experimentation using Azure Machine Learning
  • Azure Machine Learning を使った実験
    • Azure Machine Learning は、機械学習に必要なすべてのステップを実行する際にデータサイエンティストの生産性を向上させるために、シンプルで使いやすい Python API を提供し、エンドツーエンドの機械学習の実験環境を提供します。Azure Cloud でサポートされているため、機械学習ワークフローのステップをシームレスに実行するための単一のコントロールプレーン API を提供します。機械学習ワークフローは、Jupyter Python ノートブック、Visual Studio コード、その他の Python IDE、さらには自動化された CI / CD パイプラインなど、さまざまな開発者のエクスペリエンスで作成できます。

Microsoft and Azul Systems bring free Java LTS support to Azure
  • Microsoft と Azul Systems は Azure における Java LTS の無料サポートを提供します
    • Azure と Azure Stack の Java 開発者は、Azul Systems Zulu Enterprise の OpenJDK ビルドを使用して、追加のサポートコストをかけずに本番 Java アプリケーションを構築して実行できます。現在、Java アプリ を社内または他の JDK で実行している場合は、Azure の Zulu に移行すると無料のサポートとメンテナンスを行うことができます。

SAP at Microsoft Ignite: Announcing SAP Data Custodian for Azure
  • Microsoft Ignite における SAP: Azure 向けの SAP Data Custodian を発表
    • SAP Data Custodian は、Azure の組み込みコンプライアンスコントロールと SAP の深い専門知識を組み合わせて、お客様が Azure で SAP データをエンドツーエンドに把握し、使いやすいデータ管理コントロールを提供します。これは、顧客がデータガバナンス、監督業務の分離、および独立した検証を達成するための責任を果たすのに役立ちます。

Announcing Azure user experience improvements at Ignite 2018
  • Ignite 2018 で Azure のユーザーエクスペリエンスの改善を発表

Microsoft’s new neural text-to-speech service helps machines speak like people
  • マクロソフトの新しいニューラルテキスト・スピーチサービスは機械が人のように話すのに役立ちます
    • コンピュータの音声を人の声の録音とほとんど区別できないようにするために、深層ニューラルネットワークを使った text-to-speech の音声合成を行うシステムの開発において、マイクロソフトは一つのマイルストーンに到達しました。
      人間のような自然なプロソディー(発話の強弱や抑揚)と言葉の明瞭な表現により、Neural TTS は AI システムと対話するときに聞き疲れを大幅に軽減します。

Azure SignalR Service now generally available
  • Azure SignalR Service が一般利用可能になりました
    • 5年前に発表されて以来、SignalR は世界で最も人気のあるリアルタイム接続技術の1つに成長しました。Azure SignalR Service は、ASP.NET Core、ASP.NET、Java、および JavaScript クライアント用の既存のライブラリをサポートし、幅広い開発者にこのサービスを提供します。

Building with blockchain on Azure
  • Azure にブロックチェーン利用環境を構築する

A new era for Azure Files: Bigger, faster, better!
  • Azure Files の新時代: より大きく、より速く、そしてより良く!
    • Azure Files は、パフォーマンスと互換性のためにオンプレミスにキャッシュすることもできる SMB ベースのフルマネージドなクラウドファイル共有を提供する唯一の安全なパブリッククラウドファイルストレージです。

Premium Files pushes Azure Files limits by 100x!
  • Premium Files は Azure Files の限界を100倍で超える!
    • Azure Premium Files は、フルマネージドのファイルサービスを提供し、既存の Azure Files よりも 100 倍向上したパフォーマンスを提供します。これは、高いスループットと1桁のミリ秒の応答速度を必要とする IO 集中型のエンタープライズワークロード用に設計されています。

What’s new in Azure Machine Learning service
  • Azure Machine Learning サービスの新機能
    • Azure Machine Learning サービスとしてリリースされたコア機能の技術的な詳細情報を紹介します。

Azure AI – Making AI real for business
  • Azure AI - ビジネスにおいて AI を現実のものにする
    • Azure AI の目標は、組織が業務の範囲全体にわたって AI を適用できるようにすることです。それは顧客とのエンゲージメントのため、従業員のエンパワーメントのため、オペレーションの最適化のため、製品の変革のためです。Azure AI を使用しているお客様は、3つの主要なソリューション分野にわたって具体的なメリットを享受しています。
      • 機械学習を使用して、ビジネスプロセスを最適化する予測モデルを構築しています。
      • 視覚情報、音声、言語機能を Web アプリケーションとモバイルアプリケーションに統合し、自然なユーザーエクスペリエンスを提供するために、AI 搭載のアプリとエージェントを構築しています。
      • ナレッジ・マイニングを適用して、文書から潜在的なインサイトを明らかにしています。

Announcing automated ML capability in Azure Machine Learning
  • Azure Machine Learning でAutomated ML 機能を発表
    • Automated ML は現在、Azure Machine Learning サービスを通じてアクセス可能なプレビュー版の機能です。Automated ML は、データサイエンスの専門知識の有無に関わらず、問題を解決するエンドツーエンドのマシン学習パイプラインを特定し、時間を大幅に短縮しながらより高い精度を実現します。さらに、実験数を大幅に増やすことができ、生産準備が整ったインテリジェントな体験をより迅速に繰り返すことができます。

Global scale AI with Azure Cognitive Services
  • Azure コグニティブサービスによるグローバル規模の AI
    • コグニティブサービスは、小売から医療、公共セクター、製造業、非営利団体に至るまで、150カ国で120万人以上の開発者と数千の企業が使用するインテリジェントな API とサービスです。

DDoS Protection Attack Analytics and rapid response
  • DDoS Protection の攻撃の分析と迅速な対応
    • Azure DDoS Protection Standard のお客様には、攻撃軽減レポート、攻撃軽減フローログ、DDoS Rapid Response の3つの新機能が追加されました。Azure DDoS Protection を使用している DDoS 攻撃から仮想ネットワークを保護しているお客様は、Azure Monitor の診断設定を使用して、攻撃トラフィックおよび攻撃を軽減するためのアクションを詳細に把握できるようになりました。さらに、DDoS Rapid Response は、攻撃調査、攻撃中のカスタム軽減、および攻撃後の分析に役立ちます。

Data-driven styling and more in the latest Azure Maps Web SDK update
  • データ駆動型のスタイリングなど、最新の Azure Maps Web SDK アップデート
    • Azure Maps Web SDK のアップデートで追加された主な改善点は次のとおりです。
      • Developer focused API の改善
      • 新しいデータソースとレイヤリングモデル
      • 複数レイヤーのデータソースへの接続
      • シェイプクラスの新しい容易な管理
      • データ駆動によるレイヤーのスタイリング
      • 空間数学ライブラリ
      • 大圏距離のサポート

Azure HDInsight brings next generation Apache Hadoop 3.0 and enterprise security to the cloud
  • Azure HDInsight 次世代の Apache Hadoop 3.0 とエンタープライズセキュリティをクラウドに提供します
    • マイクロソフトはクラウドでオープンソースの大規模なデータ分析に Apache Hadoop を使用しようとする企業に対して、継続的なサポートとコミットメントを発表しました。
      • Azure HDInsight 4.0 での Apache Hadoop 3.0 のプレビュー
      • エンタープライズグレードのセキュリティ強化
      • HDInsight Spark 開発者用の高度なデバッグツール
      • Azure HDInsight 上の主要な ISV アプリケーションの利用可能

Redefine data analytics with Modern Data Warehouse on Azure
  • Modern Data Warehouse on Azure でデータ解析を再定義
    • Azure SQL DW は、費用対効果に優れた安全なクラウドソリューションで照度の高いクエリパフォーマンスを実現するように設計されています。

Azure Databricks ? Delta in preview, 9 regions added, and other exciting announcements
  • Azure Databricks - プレビューの Delta、追加された9つのリージョン、その他のエキサイティングなアナウンス

Latest updates to Open Source Database Services for Azure - Ignite 2018
  • Azure におけるオープンソースデータベースサービスの最新アップデート - Ignite 2018

Performance updates and tuning best practices for using Azure Database for PostgreSQL
  • Azure Database for PostgreSQL を使用するためのパフォーマンスの更新とチューニングのベストプラクティス
    • ワークロードの特性に基づいて考慮するサービスパフォーマンスの改善とパフォーマンスチューニングのベストプラクティスについて説明します。

Microsoft’s Content Delivery Network is now generally available
  • マイクロソフトの Content Delivery Networkが一般利用可能になりました
    • Microsoft の Azure CDN は、Azure のお客様に、Microsoft 独自のグローバル CDN ネットワークからコンテンツを配信する機能を提供します。このネイティブの CDN オプションは、今年の5月に Verizon と Akamai の既存のプロバイダオプションとともに追加され、完全な SLA、より速い作成速度と変更速度、より多くの機能、例えば自己署名証明書やリージョナルキャッシング、多くの提供リージョンが含まれています。

Application Gateway Analytics via GoAccess
  • GoAccess による Application Gateway の分析
    • この度公開された Azure Quickstart テンプレートを使用して、既存の Application Gateway トラフィック分析ツールキットに Application Gateway アクセスログと一般的なオープンソース GoAccess リアルタイムログアナライザフレームワークを統合しました。この統合により、お客様に Application Gateway トラフィックフローのインサイトを得るための別の選択肢を提供します。GoAccess は、ターミナルや HTML などの複数の出力形式のリッチダッシュボードにデータを表示できます。

Build conversational experiences with Microsoft Bot Framework
  • Microsoft Bot Framework で会話機能を構築
    • C# と JavaScript 用の Microsoft Bot Framework SDK V4 と、ボット、ボットサービス、およびチャネルを管理するための一連のクロスプラットフォームコマンドラインツールの一般提供を発表しています。今回のリリースでは、Microsoft Bot Framework と Azure Bot Service によるインテリジェントなエンタープライズクラスのボットを構築、テスト、公開する包括的な体験を提供します。

Azure Networking Fall 2018 update
  • Azure Networking 2018年秋のアップデート情報
    • 10X faster ? ExpressRoute Direct 100Gbps connectivity
    • ExpressRoute Global Reach ? Privately connecting your sites
    • Virtual WAN generally available
    • Zone-Redundant VPN and ExpressRoute Virtual Network Gateways
    • Public IP Prefix
    • Load Balancer ? Outbound Rules and TCP Reset on Idle
    • Virtual Network for Containers
    • Alias (Reference) Record support for Azure DNS
    • Azure Firewall ? General availability, new capabilities
    • DDoS Protection Attack Analytics
    • Azure Virtual Network Service Endpoint Policies
    • Azure Front Door Service ? Global HTTP load balancing
    • Azure CDN from Microsoft general availability
    • Application Gateway autoscaling, 5x better performance, zone redundancy and analytics
    • More routing and endpoint monitoring options in Azure Traffic Manager
    • Virtual Network TAP ? Visibility for monitoring, security, and performance

Azure Cosmos DB Developer Experience updates
  • Azure Cosmos DB の開発者向けエクスペリエンスのアップデート
    • Azure Cosmos DB のチームが開発者のための新機能や改善点を発表しました。
      • Azure Cosmos DB の1ヶ月無料トライアル
      • 複数領域の書き込みをサポートする SDK の更新
      • Cosmos Explorer
      • Portal UX のアップデートと推奨事項
      • Azure DevOps ビルドタスク

Happy anniversary: New IoT Hub Device Provisioning Service features out today
  • Happy anniversary: IoT Hub Device Provisioning Service の新機能
    • Azure IoT Hub Device Provisioning Service において、デバイスプロビジョニングを自動化する最新の主要機能のパブリックプレビューを発表しました。
      • 保存されている CA 証明書の上限の増加(一般提供)
      • デバイス登録数の制限の増加(一般提供)
      • 対称キー認証のサポート(プレビュー)
      • 再プロビジョニングのサポート(プレビュー)
      • 登録レベルの割り当てルール(プレビュー)
      • カスタム割り当てロジック(プレビュー)

A powerful and intuitive way to route device messages in Azure IoT Hub
  • Azure IoT Hub でデバイスメッセージをルーティングするための強力で直感的な方法
    • Azure IoT Hub のメッセージルーティング機能は、IoT ソリューションの開発を簡素化し、デバイスからクラウドサービスにメッセージをスケーラブルで信頼性の高い方法で自動送信できるようにします。ルーティングクエリを使用してカスタマイズされたフィルタを適用し、最も関連性の高いデータのみをサービスに向かうエンドポイントに送信することもできます。

Azure Database Migration Service and tool updates - Ignite 2018
  • Azure データベース移行サービスとツールのアップデート - Ignite 2018

Allego offers electric vehicle smart charging solutions powered by Azure Digital Twins
  • Allego、Azure Digital Twins を搭載した電気自動車スマート充電ソリューションを提供
    • Allego は、Azure Digital Twins を使用したインテリジェントな電気自動車充電ソリューションを開発しました。地域、公益事業会社、充電ステーション、車両などの電気自動車課金ネットワーク内のエンティティをモデル化して、電力網の制約、課金設定などのリアルタイムデータを使用して課金スケジュールを最適化しています。結果として、Allego は電気自動車のドライバーにフレキシブルで使いやすく環境に優しい充電オプションを提供しています。

Azure Active Directory authentication for Azure Files SMB access now in public preview
  • Azure Files に対する Azure Active Directory 認証による SMB アクセスをパブリックプレビューで提供
    • Azure Files は、業界標準の SMB プロトコルでアクセス可能なフルマネージドのファイル共有サービスをクラウドで提供します。AAD との統合により、AAD DS ドメインの AAD 資格情報を使用してドメイン参加している Windows VM から Azureファイル共有への SMB アクセスが可能になります。さらに、Azure Files は、ファイル共有内のすべてのフォルダとファイルに対して、Microsoft ファイルシステムである NTFS の ACL を保持、継承、および強制する機能をサポートしています。

Strengthen security with key Azure innovations
  • Azure の主要な技術革新によるセキュリティ強化

New investments in Azure Stack extend Microsoft’s hybrid cloud leadership
  • Azure Stack への新たな投資は、Microsoft のハイブリッドクラウドリーダーシップを拡大します

Expanding the Azure Data Box family
  • Azure Data Box ファミリーの拡張
    • Azure Data Boxが一般利用可能となり、関連する Azure Data Box ファミリーを紹介します。
      • Azure Data Box Edge : AI 対応エッジコンピューティング機能を備えたオンプレミスアプライアンス
      • Azure Data Box Gateway : システムにストレージゲートウェイ機能を導入することを希望するお客様向けのスタンドアロン仮想アプライアンス
      • Azure Data Box Disk : 最大 40TB の SSD(プレビュー)
      • Azure Data Box Heavy : 1ペタバイトのデータボックス(プレビュー)

Azure Cosmos DB: Pushing the frontier of globally distributed databases
  • Azure Cosmos DB: グローバルに分散しているデータベースのフロンティアを推進

Developer tooling improvements for Azure IoT Edge
  • Azure IoT Edge の開発者ツール改善
    • Azure IoT Visual Studio 2017 のエッジ拡張(プレビュー)
    • Azure IoT Edge Jenkins プラグイン
    • Azure IoT Edge 用の更新プログラム Visual Studio Code の拡張機能
    • Azure IoT Edge 開発者のための CLI : iotedgedev

Publish your Azure IoT Edge modules in Azure Marketplace
  • Azure Marketplace に Azure IoT Edge モジュールを公開する
    • マイクロソフトは、第三者エッジハードウェアの認証やエッジモジュール市場の集中化などのプログラムにより、IoT Edge のエコシステムをさらに簡素化しています。この度、サードパーティが Azure IoT Edge モジュールを Azure Marketplace に公開する機能を発表しました。

Introducing the new HB and HC Azure VM sizes for HPC
  • HPC 用の新しい HB および HC Azure VM サイズの紹介

Unlocking innovation with the new N-Series Azure Virtual Machines
  • 新しい N シリーズ Azure 仮想マシンを使用したイノベーションの実現

Three reasons Azure SQL Database is best for SQL Server migrations
  • Azure SQL Database が SQL Server の移行に最適な3つの理由
    • インテリジェントなデータベースをサービスとして利用することによるビジネスへの集中
    • データベースの迅速なハイパースケール化
    • 組み込みのインテリジェンス機能の利用
    • (おまけ)コストの削減と生産性の向上

Microsoft 365 adds modern desktop on Azure
  • Microsoft 365 は Azure に最新のデスクトップを追加
    • デスクトップ仮想化は多くのビジネスシナリオに役立ちますが、従来は、展開と管理が複雑で高価でした。これらの複雑さのいくつかを解決するために、IT とユーザーの両方を念頭に置いて Windows Virtual Desktop を開発しました。

SQL Server Security Blog より

SQL Vulnerability Assessment now supports Azure SQL Data Warehouse and Azure SQL Database Managed Instance
  • SQL 脆弱性評価は、Azure SQL Data Warehouse と Azure SQL Database のマネージドインスタンスで利用できるようになりました。

Always Encrypted with Secure Enclaves - Try It Now in SQL Server 2019 Preview!
  • セキュリティ保護されたエンクレーブで常に暗号化 - SQL Server 2019 のプレビューをお試しください!

Japan Azure Identity Support Blog より

条件付きアクセスの基本的な考え方
  • 条件付きアクセスポリシー設定の基本的な考え方について解説

Ask the Network & AD Support Team より

モバイル ブロードバンド接続 (LTE 等) の ”自動接続を抑止する” 手順について
  • モバイル ブロードバンド接続 (LTE 等) の "自動接続を抑止する" 手順を紹介

2018年9月11日の更新プログラムを Hyper-V ホストに適用すると、NLB ユニキャストモードの仮想マシンが通信不可となる
  • 2018年9月11日公開の更新プログラムを適用すると、以下の問題が発生することが判明しましたので、本 Blog で問題の内容と対応策をご案内

以上です。
最後までお読みいただきありがとうございました。

【総合】お問い合わせ

ソリューションに関する全般的なお問い合わせはお気軽にご相談ください。

ピックアップ

セミナー情報
クラウドエンジニアブログ
clouXion
メールマガジン登録