CASB 向け運用支援サービス
- MSS for CASB

CASB 向け運用支援サービス - MSS for CASB

クラウドサービスの利用状況を可視化しリスクアセスメントを提供

テレワークの普及で増大するクラウド利用に潜むリスク。
当社の豊富なクラウドサービス導入実績の知見を基に CASB によってお客様が利用するクラウドアプリケーションの可視化、脅威の監視・重大インシデントをいち早く防ぐための対策を支援します

製品・サービスに関する資料請求

  • ※ 登録ボタンを押すと資料請求完了となります。
    入力項目をよくご確認の上、ご登録をお願いいたします。

MSS for CASB

導入企業例※MSSシリーズ全体の導入企業例です。

MSS for CASB とは

経験豊富な当社のセキュリティコンサルタントがクラウドサービスの利用状況を可視化する CASB(Cloud Access Security Broker)ソリューションとして、McAfee社が提供する「McAfee MVISION Cloud」の導入から導入後の運用を支援をするリスクアセスメントサービスです。
当社のセキュリティ専門アナリストが定期的に運用状況を診断し、ログの相関分析を行い、セキュリティ動向を踏まえた報告会を実施のうえ、適切なポリシーチューニングをご提案します。

料金

料金

監視対象となる製品によって料金が変動いたします。お見積りは当社営業にご相談ください。

機能

機能

お客様のクラウドサービス利用状況を基に、当社セキュリティ専門アナリストが脅威リスクを判定し、安全に使用するための基準を策定します。また UTM と連携(※1)することでログの相関分析を行い、インシデントの常時監視および脅威対策を支援します。
(※1)別途 マネージドセキュリティサービス(MSS)のご契約が必要

機能の特長や詳細をさらに知りたい方はこちら

MSS for CASB の3つの特長

特長1
定期的なチューニング提案
お客様環境でのクラウド利用状況や世間動向など、当社のセキュリティコンサルタントによる定例会を実施し、ログの情報を基に、脅威情報や世間動向、当社の運用ナレッジを相関的に分析し、当社の知見を活かしたリチューニングをご提案します。また、当社ナレッジによる Office 365 向けのセキュリティ推奨テンプレートをご提供し、定期的な見直しをご提案します。
特長2
独自フォーマットレポート
検出内容やアラート統計情報およびインシデント対応の詳細結果、対策案に加え、当社のセキュリティコンサルタントによる分析結果と検知状況に関するコメントを含めた独自フォーマットのレポートをご提供します。
特長3
UTM との連携によるインシデントの早期検知・未然予防
CASB 製品と UTM 製品で検知したアラートと組み合わせて脅威の分析を行い危険度の判定を実施します。当社の UTM 運用監視サービス(※2)と連携することによりインシデントの早期検知や未然防御に役立てることが可能です。
(※2)別途 マネージドセキュリティサービス(MSS)のご契約が必要

機能の特長や詳細をさらに知りたい方はこちら

機能詳細や料金など、お気軽にご相談ください

資料請求(無料)