次世代エンドポイントセキュリティ
- Cybereason EDR

次世代エンドポイントセキュリティ - Cybereason EDR

侵入後の攻撃を振る舞いで検知する 次世代エンドポイントセキュリティ

100%防げない侵入防止対策を追加するのではなく、侵入を前提として侵害に対応するためのエンドポイントソリューション「EDR」を導入することで、侵入を即座に検知し、攻撃を特定し封じ込め、被害を未然に防ぎます。

製品・サービスに関する資料請求

  • ※ 登録ボタンを押すと資料請求完了となります。
    入力項目をよくご確認の上、ご登録をお願いいたします。

エンドポイント型サイバー攻撃対策

資料請求/お問い合せ

Cybereason

Cybereason EDR とは

「Cybereason EDR」は、不審者がお客様のネットワーク環境内で悪意ある活動をしていないかを常に監視してクラウド上の AI エンジンにより情報を分析、リアルタイムにサイバー攻撃を検知します。また、検知したあとは攻撃の詳細を分かりやすく確認することができる管理画⾯にて、速やかに伝達します。Cybereason EDR は、攻撃の全体像を即座にビジュアライズし、迅速に対処するすることができるサイバーセキュリティプラットフォーム(EDR:Endpoint Detection and Response)です。

料金

料金

ご利用のユーザー数に応じて料金が変動いたします。お見積りは料金表をご確認ください。

料金がわかる資料を
請求する(無料)

機能

機能

端末から収集したログをクラウド上でビッグデータ解析を行い、AI を活用した機械学習モデルを用いて、既存のセキュリティ機器をすり抜けたサイバー攻撃を検出します。

機能がわかる資料を
請求する(無料)

Cybereason EDR の3つの特長

特長1
インシデント時の状況把握を効率化する視覚化された分かりやすい日本語管理画面
「Cybereason」の管理画面では、自動解析された結果が、日本語かつ時系列でグラフィカルに表示されるため、事象の全体像を即座に把握することができます。
特長2
簡単な導⼊、ユーザーモードでの軽快な動作
必要な設定情報などをパッケージ化したセンサーを、サイレントインストール(ユーザーからの応答を受けることなく、自動的にインストール)することが可能です。また、エンドポイント上で稼働する EDR センサーは、ユーザーモードで動作するため、端末への負荷が最⼩限になるよう設計されています。
特長3
秒間800万回のビッグデータ解析
インメモリデータベース上で、1秒間800万回の問い合わせを⾏い、異常な振る舞いから未知の攻撃を絞り込んで特定、検知することで、リアルタイムにサイバー攻撃の全体像を把握することができます。

機能の特長や詳細をさらに知りたい方はこちら

機能詳細や料金など、お気軽にご相談ください

資料請求(無料)