【ウェビナー】「ニューノーマル」におけるクラウドセキュリティの必要性~ 最先端のソリューションとマネージドセキュリティサービスのご提案 ~


イメージ画像

ご好評につき3月・4月開催決定!

リモートワークの普及に伴い、クラウドサービスを活用する従業員が増えていますが、そのサービスは必ずしも企業が認可しているものとは限りません。多くの場合、従業員は在宅ワークをしながら効率よく仕事をするために、企業のセキュリティ担当者が想定しないサービスを利用することもあります。管理外のサービスを利用したことよって情報漏えいが発生した場合、企業はコンプライアンスを遵守することができなくなってしまいます。

そこで本ウェビナーでは、マカフィー社より最先端の野良クラウドサービス(認可されていないクラウドサービス)の管理方法と、最適な管理が可能なソリューションのご紹介、また24時間365日体制で不正アクセス・攻撃を監視する当社のセキュリティ監視サービスについてご紹介します。

こんな人にオススメ!


このセミナーで学べること!


開催概要

日程 2021年3月18日(木)14:10~14:55 受付終了しました
※ お申し込み期限:2021年3月17日(水)17:00まで

2021年4月13日(火)14:10~14:55 受付終了しました
※ お申し込み期限:2021年4月12日(月)17:00まで
会場 ウェビナー開催
※ URL はお申し込み後に、後日メールでお知らせします。
主催 SBテクノロジー株式会社
共催 マカフィー株式会社
参加費 無料(事前登録制)

講演内容

14:10~14:40 マカフィーが考えるクラウドセキュリティについて

働き方改革や新型コロナウイルスの感染症対策として、企業ではリモートワークの導入が進められています。特に Office 365 を始めとするクラウドサービスの導入・活用が進んでいます。一方、クラウドサービスの利用に合わせて、クラウドサービスを標的とする脅威が増加しており、企業としては、クラウドサービスに対するセキュリティ対策に課題を抱えています。
本ウェビナーでは、マカフィーが考えるクラウドセキュリティと題して、クラウドを利用していく上でのセキュリティの課題を解決するソリューションについて、紹介させていただきます。

マカフィー株式会社
パートナー営業本部
担当部長
前河 徳祥 氏
14:40~14:55 CASB を効率よく運用監視するマネージドセキュリティサービスのご紹介

多くのセキュリティ製品と同様に、CASB も導入しただけでは十分な効果を発揮できません。監視した CASB インシデントを基に、迅速に分析・対処を行い被害を極小化することが必要です。本セッションでは、「McAfee MVISION」の導入支援とポリシーに関するコンサルティング経験が豊富なセキュリティ専門アナリストが、24時間365日の監視でインシデントを検知、アラート内容を分析し、インシデントによる影響度などを確認した上でお客様に通知するセキュリティ監視サービスをご紹介します。

SBテクノロジー株式会社
ソリューション&サービス事業統括
セキュリティソリューション本部 プロダクトマネジメント部
シニアプロダクトマネージャー
大塚 パトリック善治

※ 講演内容は変更する場合がございます。あらかじめご了承ください。
※ 競合企業、同業他社、個人の方のご参加はお断りさせていただく場合もありますのでご了承ください。



講演内容 関連ソリューション

※ 本 Web サイトに記載されている社名、商品名等は各社の商標または登録商標です。


【総合】お問い合わせ

製品・サービスに関するお問い合わせはお気軽にご相談ください