SoftBank Technology

【名古屋開催】Notes からの脱却!Office 365 で実現するワークスタイル変革セミナー


イメージ画像

ワークスタイル変革が多くの企業で注目されており、業務効率化や意思決定のスピード化が非常に重要視されています。しかし、実際にどう変えていけばよいのか迷っている企業が多いのも現実です。

本セミナーは、ICT 市場をけん引してきた日本マイクロソフト、Notes マイグレーションについて多数の実績を持つコムチュア、ワークフローの移行先として多くの実績を持つエイトレッド、国内エンタープライズ企業への Office 365 導入実績 No.1 の当社の4社が、東海エリアの Notes 導入企業様を対象に Notes から Office 365 への移行にあたっての検討ポイントや、ワークスタイル変革を実現されたお客様の事例をご紹介します。

本セミナーは、盛況のうちに終了しました。
多数のお申し込みをいただき、誠にありがとうございました。心より感謝申し上げます。

こんな人にオススメ!


このセミナーで学べること


開催概要

日程 2018年9月14日(金)14:00~17:00(受付開始 13:30)
会場 日本マイクロソフト株式会社 中部支店 会場地図
主催 ソフトバンク・テクノロジー株式会社
共催 日本マイクロソフト株式会社、コムチュア株式会社、株式会社 エイトレッド
定員 30名
参加費 無料(事前登録制)

講演内容

14:00~14:05 開会の挨拶
14:05~14:45 Notes マインド マイグレーションのススメ
クラウドで生産性向上?システムが変わるだけで生産性は上がりません!


ワークスタイル改革で取り上げられることの多い Office 365 ですが、どのように利用するのが効果的なのか具体的なイメージを持たれている方は少ないと思います。エンタープライズ企業へ多数 Office 365 を導入してきたソフトバンク・テクノロジーだからこそお話しできる利活用のコツや Office 365 へ移行し、恩恵をうけるための重要な考え方を実際に Notes 脱却をされたお客様の事例を元にお伝えします。

ソフトバンク・テクノロジー株式会社
Cloud & IoT ソリューション部 Cloud グループ
エキスパート
松山 祥子
14:45~15:25 Notes アプリの移行を成功させるためのアセスメント
IBM Notes/Office 365 、双方をビジネスの主軸の一つとしているコムチュアだからこそ対応できる


Notes アプリの移行検討を実施する上で、お客さま(IT 部門、エンド部門)が仕様を把握していないケースが大多数です。このため、詳細を把握するには多くの時間とコストがかかります。
コムチュアでは独自のツールや多くの実績で培ったノウハウを活かし、短期間低コストでポイントを抑えたアセスメントを実現。移行先の検討に対する十分なインプットを提供します。

コムチュア株式会社
コラボレーション本部
リーダー
川路 憲明 氏
15:40~16:20 Notes ワークフローから高機能パッケージ型ワークフローへ
現状運用+αを実現する「AgileWorks」のご紹介


昨今、Notes のメンテナンスが行える技術者が減っており、システムの管理維持が困難になっている企業様のお悩みを多く伺います。また、社内ポータルやデータの保管を他システムへ置き換えた企業様においても、ワークフローだけは Notes から脱却できないという事例も多くございます。
弊社 AgileWorks では、マウス操作による入力画面作成、承認ルート設定が行えるため移行先として採用いただくケースが多々ございます。なぜ AgileWorks が選ばれるのか、そのポイントを事例と共にご紹介させていただきます。

株式会社 エイトレッド
パートナーセールス第3グループ
課長
鳥羽 厚司 氏
16:20~17:00 個別相談会

個別に講演各社および日本マイクロソフトへ、現在お持ちの課題等についてご相談いただけます。

※ 講演内容は変更する場合がございます。あらかじめご了承ください。
※ 競合企業、同業他社、個人の方のご参加はお断りさせていただく場合もありますのでご了承ください。
※ 定員がオーバーした際には抽選とさせていただく場合があります。




本セミナーに関するお問い合わせ

○ソフトバンク・テクノロジー株式会社 セミナー事務局
メールアドレス:sbt-ipsol@tech.softbank.co.jp
ご不明な点がございましたら、上記セミナー事務局までお気軽にお問い合わせください。

※ 本 Web サイトに記載されている社名、商品名等は各社の商標または登録商標です。

【総合】お問い合わせ

ソリューションに関する全般的なお問い合わせはお気軽にご相談ください。