FireEye Helix

セキュリティ運用プラットフォーム

資料請求/お問い合せ

FireEye Helix

FireEye Helix の概要

SOC 業務自動化 + クラウド SIEM

FireEye Helix はクラウド型のセキュリティ運用プラットフォームです。さまざまセキュリティ製品およびサービスから収集した脅威データを統合的に管理し、一元化されたインタフェースによる効率的なオペレーションを実現します。

FireEye Helix の概要

FireEye Helix は、FireEye が提供するネットワーク対策、メール対策、エンドポイント対策ソリューションのほか、サードパーティのセキュリティ製品から脅威イベントを抽出します。個別に抽出された脅威イベントは自動的に他の関連するイベントや脅威インテリジェンスとの相関分析が行われ、適確な情報をアナリストへ提供します。

効率的なプラットフォームを使用することにより、アナリストは時間が掛かる分析作業から解放され、増加するセキュリティアラートに対し迅速・正確に対処することが可能になります。


SOC 業務を劇的に効率化するセキュリティオーケストレーション

従来の SOC では、セキュリティ機器から発生する膨大なアラートをアナリストが手動で解析する必要があり、多くの人的コストが必要とされてきました。例え SIEM(統合ログ分析)製品を用いた場合でも、最終的にはアナリストが解析作業や脅威への対応を行う必要があり、セキュリティアラートの増加と比例して対応コストが増加することが課題となっています。

FireEye Helix では、これまで手動の対応が必要とされてきたオペレーションを自動化することにより、正確で迅速なインシデント対応と ROI の向上を実現します。

FireEye Helix プラットフォームの導入により、インシデントに関連するアラートは自動的に関連付けが行われ、アナリストの判断に必要な詳細な解析情報を迅速に提供します。エンドポイント対策製品の FireEye HX と組み合せることにより、侵害を受けたと判断されたエンドポイントを組織のネットワークから自動的に隔離させることが可能です。

SOC 業務を劇的に効率化するセキュリティオーケストレーション

構成イメージ

構成イメージ

関連ソリューション

本ソリューション以外にも、FireEye には様々なセキュリティソリューションがあります。
ご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせください。


分類 ソリューション名 詳細
ネットワークセキュリティ NX シリーズ 標的型サイバー攻撃を正確かつ速やかに検知・防御
MVX 専用機 VX シリーズ MVX 専用アプライアンス。
NX シリーズをセンサーモードで使用する場合に選択
ファイルセキュリティ FX シリーズ 共有ファイルやコンテンツに潜むマルウェアを検知・駆除
メールセキュリティ EX シリーズ オンプレミス型の標的型メール攻撃対策
ETP(Email Threat Prevention) クラウド型の標的型メール攻撃対策
エンドポイントセキュリティ HX シリーズ エンドポイント脅威対策ソリューション
フォレンジック AX シリーズ フォレンジック分析プラットフォーム
PX シリーズ 業界最速のネットワークフォレンジックプラットフォーム
統合管理ソリューション CM シリーズ デバイスと脅威情報を一元的に管理
セキュリティ運用プラットフォームソリューション FireEye Helix 高度なセキュリティを実現するセキュリティ運用プラットフォーム
脅威インテリジェンスソリューション iSIGHT インテリジェンス 業界最高水準の品質の脅威インテリジェンスをサブスクリプション・サービスとして提供

セキュリティソリューションに関する資料請求・お問い合わせ

本サービスに関する資料請求やお見積り、ご不明点など、お気軽にご相談ください。