FireEye FX シリーズ

共有ファイルやコンテンツに潜むマルウェアを検知・駆除

資料請求/お問い合せ

FireEye FX シリーズ

FireEye FX シリーズの概要

さまざまなファイル形式に対応し、ファイルサーバー経由の標的型マルウェアを検知します。

Web メールやオンラインのファイル転送サービス、クラウド、携帯型のストレージ機器は、ファイル共有やコンテンツ・リポジトリで広まるマルウェアの感染源になる恐れがあります。FireEye FX シリーズは、さまざまな形式のファイルを利用した攻撃からコンテンツを保護するための脅威対策ソリューションです。

標的型攻撃対策製品の NX シリーズ と FireEye 独自の「仮想環境 MVX エンジン(MVX)」を使用して、ネットワーク・ファイル共有やエンタープライズ・コンテンツ管理ストアを検査することにより、社員によって持ち込まれたマルウェアや、次世代型のファイアウォール、IPS、アンチウイルス、セキュリティ・ゲートウェイをすり抜けて侵入したマルウェアを検知・隔離します。

FireEye FXシリーズ概要

FireEye FX シリーズの特長

選べる2つの動作モード

左右にスクロールしてご覧ください。

モニターモード 隔離モード
  • 解析のみを行い、悪質なファイルを特定します。
  • ファイルサーバー内のファイル情報には一切の変更を加えません。
  • 解析と隔離を行い、不正なファイルは任意のフォルダーに隔離されます。
  • 監視対象フォルダを常時監視し変更・更新があったファイルを自動的に検査をします。

ファイルの検疫

FireEye FX シリーズは、ファイルの検疫をすることによって共有ファイルからの脅威を防ぎます。

  1. 検疫フォルダを作成し、ファイルを検疫フォルダに投入
  2. 検査後に自動振り分けを実施し、検査済みフォルダと隔離フォルダにわける
  3. 検査済みのファイルを利用者に送る

ファイルの検疫


NX シリーズと CM シリーズの連携によって出口対策を実現

FX シリーズでの解析で検知された C&C サーバーの宛先 URL 情報は CM シリーズへ送信され、CM シリーズはローカルシグネチャを生成して即時に NX シリーズへ配信されます。FireEye NX シリーズは FX シリーズで検知した脅威を検知・ブロックします。

NX シリーズは FireEye 独自の脅威情報シェア型クラウドである「DTI(Dynamic Threat Intelligence)」よりも早く端末の URL へのアクセスを制御することができ、出口対策を実施することが可能です。また、FireEye CM シリーズを導入している場合、脅威情報はリアルタイムで FireEye Dynamic Threat Intelligence™(DTI)クラウドを介して世界中に共有され、DTI クラウドに参加するすべての FireEye 製品に新しい脅威の情報が即座に共有されます。

出口対策


セキュリティソリューションに関する資料請求・お問い合わせ

本サービスに関する資料請求やお見積り、ご不明点など、お気軽にご相談ください。

FireEye FX シリーズの構成パターン

自治体向けシナリオ

自治体向けシナリオ

  • あらかじめ定義した開放網(インターネット系)にあるファイルサーバーの検疫フォルダに、受け渡すファイルを格納。
  • FireEye FX シリーズが自動的に当該フォルダをスキャンして存在するファイルを解析。
  • 解析したファイルのうち、危険なものは隔離フォルダへ移動し、安全なものを閉域網(LG-WAN 系)の検査済みフォルダへ移動する。

FireEye FX シリーズの製品スペック

左右にスクロールしてご覧ください。

モデル名 FX 5400 FX 8400
パフォーマンス * 最大8万ファイル/日 最大16万ファイル/日
インターフェース 10/100/1000 BASE-T x2 10/100/1000 BASE-T x2
IPMIポート 搭載(背面パネル) 搭載(背面パネル)
ストレージ 600GB SSHDD x2(RAID 1) 600GB SSHDD x2(RAID 1)
消費電力(最大) 最大463W 最大506W
冗長電源
MTBF 40,700時間 68,900時間
重量 15 kg 19 kg
サイズ(幅×奥行×高さ) 437 × 706 × 43.2 mm 437 × 711 × 86.6 mm
エンクロージャ 1RU 2RU

* パフォーマンス値は、システム構成や処理するトラフィックの特性によって異なります。


保守サービス

設置サービス ヒアリングシートに従って、機器の設定・設置、オリジナル解析レポート の提出、運用管理者向け教育を実施します。
オンサイト保守サービス ハードウェア障害時、当日中にオンサイトにて機器交換を行います。 (ただし契約内容によります)
プレミアムメーカーサポート 一般的なご質問(操作方法など)から障害時の対応を行う製品購入後の 「SBT 総合窓口」になります。


POV(導入前検証)

本製品を導入されるお客様には、FireEye を事前にお客様の本番環境に設置する「POV(Point Of Value)」と呼ばれる導入前検証を実施いただきます。 POV により、お客様が FireEye の導入によって得られる効果をあらかじめ確認することができます。

POV申込フロー
※POV 期間や開始日等については、要調整となります。
※POV に関しては弊社営業担当または下記のバナー「POV(無償トライアル)のお申し込みはこちら」をクリックしてお問い合わせください。
POV申込


資料請求

FireEye に関する詳しい資料をご用意しております。
資料閲覧をご希望の方はこちらの資料請求専用フォームよりお申し込みください。


資料請求はこちら

FireEye FX資料


関連ソリューション

本ソリューション以外にも、FireEye には様々なセキュリティソリューションがあります。
ご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせください。


分類 ソリューション名 詳細
ネットワークセキュリティ NX シリーズ 標的型サイバー攻撃を正確かつ速やかに検知・防御
MVX 専用機 VX シリーズ MVX 専用アプライアンス。
NX シリーズをセンサーモードで使用する場合に選択
ファイルセキュリティ FX シリーズ 共有ファイルやコンテンツに潜むマルウェアを検知・駆除
メールセキュリティ EX シリーズ オンプレミス型の標的型メール攻撃対策
ETP(Email Threat Prevention) クラウド型の標的型メール攻撃対策
エンドポイントセキュリティ HX シリーズ エンドポイント脅威対策ソリューション
フォレンジック AX シリーズ フォレンジック分析プラットフォーム
PX シリーズ 業界最速のネットワークフォレンジックプラットフォーム
統合管理ソリューション CM シリーズ デバイスと脅威情報を一元的に管理
セキュリティ運用プラットフォームソリューション FireEye Helix 高度なセキュリティを実現するセキュリティ運用プラットフォーム
脅威インテリジェンスソリューション iSIGHT インテリジェンス 業界最高水準の品質の脅威インテリジェンスをサブスクリプション・サービスとして提供
FireEye 関連ソリューション FireEye + i-Filter 連携ソリューション 標的型攻撃の検知 + 出口対策を実現
FireEye + NX NetMonitor 連携ソリューション 標的型攻撃の検知 + 端末隔離
FireEye + 秘文 連携ソリューション 標的型攻撃の検知 + 端末隔離
FireEye + F5 連携ソリューション 標的型攻撃の検知 + SSL の可視化

セキュリティソリューションに関する資料請求・お問い合わせ

本サービスに関する資料請求やお見積り、ご不明点など、お気軽にご相談ください。