【ウェビナー】Microsoft Teams 利活用が進んでいない企業様向けクラウドサインセミナー ~電子契約業務を効率化する方法をご紹介します~


イメージ画像

Microsoft Teams の利用者数は年々増加しており、コラボレーション プラットフォームとして進化を続ける Microsoft Teams に業務を集約される企業様が増えてきています。
また電子契約においては、「クラウドサイン」の導入社数が30万社となり、累計契約送信数が500万件を超え、国内における電子契約サービスにおいて急成長を遂げています。

本ウェビナーでは、これら2つのサービスを活用した利便性をお伝えするとともに、アプリケーション連携を行うことでさらなる業務効率化を実現する『クラウドサイン for Microsoft Teams』をご紹介します。

こんな人にオススメ!


このセミナーで学べること!




開催概要

日程 2021年10月20日(水)14:00~14:55 受付終了しました
※ お申し込み期限:2021年10月19日(火)17:00まで

2021年11月18日(木)14:00~14:55 受付終了しました
※ お申し込み期限:2021年11月17日(水)17:00まで

2021年12月7日(火)14:00~14:55
※ お申し込み期限:2021年12月6日(月)17:00まで
会場 ウェビナー開催
※ URL はお申し込み後に、後日メールでお知らせします。
主催 SBテクノロジー株式会社
共催 日本マイクロソフト株式会社
弁護士ドットコム株式会社
参加費 無料(事前登録制)

講演内容

プログラム①
コラボレーション プラットフォームとして進化を続ける Microsoft Teams
~チャットやオンライン会議だけではない!Microsoft Teams のプラットフォームとしての魅力とは~


月あたりの利用者数が2.5億人を超えた Microsoft Teams は、チャットやオンライン会議によるコミュニケーションツールから、様々なアプリやサービスと連携をするコラボレーションの「プラットフォーム」へと進化しようとしています。リモートワークが続く昨今において、今や欠かせない存在となっている Microsoft Teams の概要とともに、業務内容に応じて機能拡張やカスタマイズができる「コラボレーション プラットフォーム」としての魅力をお伝えします。

日本マイクロソフト株式会社
モダンワークビジネス部
プロダクトマーケティングマネージャー
加藤 友哉 氏
プログラム② 導入企業数No.1の電子契約サービス「クラウドサイン」のご紹介
普及が進む電子契約で締結時間を70%削減


コロナによって電子契約が注目され始めて1年半たった今、世の中では電子契約を用いた契約締結は一般化しつつあり、特に大企業においてはほとんどが電子契約を採用しています。そんな中で導入企業数No.1となっている電子契約サービス「クラウドサイン」の概要と締結時間を削減できた事例をご紹介します。

弁護士ドットコム株式会社
クラウドサイン事業部
エンタープライズセールス第1チーム
マネージャー
上堀 晃 氏
プログラム③ クラウドサインによる電子契約業務を Microsoft Teams 上で!
~電子契約業務を効率化する方法をご紹介します~


多くの企業でコラボレーションツールとして利用されている Microsoft Teams 上で、「クラウドサイン」への書類送信・電子署名済みの書類格納までを完結する仕組みをご紹介します。
今回は、操作感を見たいというお客様の声にお応えしてデモを交えてご紹介しますので、ぜひこの機会にご覧ください。

SBテクノロジー 株式会社
法人公共事業統括
法人第1本部 DXサービス部
シニアプロダクトマネージャー
田中 敏朗


※ ウェビナー配信時に講演者の所属部署名が変更している場合がございます。
※ 講演内容は変更する場合がございます。あらかじめご了承ください。
※ 競合企業、同業他社、個人の方のご参加はお断りさせていただく場合もありますのでご了承ください。


関連ページ

クラウドサイン for Microsoft Teams


※ 本 Web サイトに記載されている社名、商品名等は各社の商標または登録商標です。


【セミナー】お申し込み

本セミナーのお申し込みはこちらから