【ウェビナー】"内閣府による ZIP 暗号化廃止"で考える今企業が取り組むべきメール誤送信対策とは


イメージ画像

ニューノーマル時代に入り、テレワークにおけるコミュニケーション基盤として Microsoft Teams 等のオンライン会議、ビジネスチャットの活用がスタンダードになりました。一方で、現在でもまだ重要なファイルのやりとりにはメールを採用している企業様が多いのではないでしょうか。
誤送信から生じる情報漏えい事故は現在でも増加傾向にあり、企業が優先的に取り組むセキュリティ対策の1つです。
2020年11月末には誤送信対策としてスタンダードであった ZIP 暗号化、パスワード自動送付について内閣府からセキュリティ、利便性の2つの観点から廃止することが発表されており、これまでの誤送信対策のあり方が少しずつ変化してきています。

本セミナーでは、このようなトレンドを踏まえた上で、今企業が取り組むべき誤送信対策についてご紹介します。

こんな人にオススメ!


このセミナーで学べること!


開催概要

日程 2021年2月4日(木)11:10~11:40
※ お申し込み期限:2021年2月3日(水)17:00まで

2021年2月24日(水)14:10~14:40
※ お申し込み期限:2021年2月23日(火)17:00まで
会場 ウェビナー開催
※ URL はお申込後に、後日メールでお知らせします。
主催 SBテクノロジー株式会社
参加費 無料(事前登録制)

※ 講演内容は変更する場合がございます。あらかじめご了承ください。
※ 競合企業、同業他社、個人の方のご参加はお断りさせていただく場合もありますのでご了承ください。



講演内容 関連ソリューション

※ 本 Web サイトに記載されている社名、商品名等は各社の商標または登録商標です。


【セミナー】お申し込み

本セミナーのお申し込みはこちらから