【FONTPLUS 10周年】事例サイト60件以上を集めた特設サイトを公開、2021年上半期よく使われた “文字” TOP20も発表


SBテクノロジー株式会社

SBテクノロジー株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長 CEO:阿多 親市、以下SBT)の提供するWebフォントサービス「FONTPLUS(フォントプラス)」が2021年7月27日で10周年を迎えました。これを記念し、特設サイト「FONTPLUS GALLERY(フォントプラスギャラリー)」をオープンしたことをお知らせします。

また、FONTPLUSをご利用いただいている全サイトを対象に使用頻度の高い文字を集計したランキングもあわせて発表いたします。

「FONTPLUS GALLERY」TOPページ

書体ごとの閲覧も可能

FONTPLUS GALLERYでは、FONTPLUSのユーザー様にご協力いただき、60件以上のサイトが一同に会したギャラリーをご覧いただけます。Webフォントは企業のブランディングやメッセージを表現するのに有効なツールとして利用されています。ギャラリーは今後も掲載数を増やしていく予定です。

10周年記念特設サイト「FONTPLUS GALLERY」▶ https://gallery.fontplus.jp/

■「2021年上半期 使用頻度の高い文字/漢字」ランキング発表…よく使われる文字は?

FONTPLUSのご利用サイトすべてを対象に、2021年1月1日~6月30日の上半期で、使用頻度の高い文字を集計したランキングを発表いたします。

【2021年上半期 使用頻度の高い文字 TOP20】
漢字を除く日本語(ひらがな/カタカナ)・欧文・数字・記号など全ての文字を対象にしたランキングです。
数百とある文字の中で最も使われた文字は「ー(長音符)」でした。
「コンピューター」「インターネット」など、「ー(長音符)」がWebサイト上ではよく使用されてことがわかりました。

【2021年上半期 使用頻度の高い漢字 TOP20】
漢字のランキングは下図のとおりとなりました。
日本語フォントに収録されている13,000字以上の漢字の中から、最も使用された漢字は「報」でした。
続く2位は「情」なので、「情報」という単語が多く使われていると見ています。

SBTは今後も、FONTPLUSのサービス向上へ積極的に取り組み、Web制作分野で有益なサービスへと発展させてまいります。

■「FONTPLUS」について

2011年7月に提供を開始したWebフォントサービスで、国内外のフォントメーカー14社・約3,600種類のバラエティ豊かなプロ向けのフォントが月額1,100円(税込)からご利用いただけます。コンテンツに必要な文字だけを取り出すダイナミック・サブセット技術によりWebサイトの表示も軽快で、オンラインのコミュニケーションに、これまでにない体験を提供しています。

サービス詳細はこちらをご覧ください ▶ https://fontplus.jp/

本プレスリリースに関するお問い合わせ先

●SBテクノロジー株式会社 コーポレートコミュニケーショングループ 担当:吉田、與儀
Tel:03-6892-3063  E-mail:sbt-pr@tech.softbank.co.jp