FONTPLUSに昭和書体の毛筆書体64書体を追加、提供開始

~昭和時代の懐かしさを感じるスタンダードな毛筆からデザイン系毛筆までバラエティ豊かなラインアップ~


SBテクノロジー株式会社(代表取締役社長 CEO:阿多 親市、本社:東京都新宿区、以下SBT)は、楷書、行書やデザイン系まで、クオリティ高い毛筆書体を取り扱う株式会社昭和書体の毛筆フォント64書体を、SBTのWebフォントサービス「FONTPLUS(フォントプラス)」の新たなラインアップとして追加しましたのでお知らせします。

■ 今回追加される書体例

今回の追加により、昭和時代の懐かしさを感じられるスタンダードな毛筆書体「昭和楷書」や「昭和行書」をはじめ、毛筆書体として必須の「昭和寄席文字」「昭和ひげ文字」「昭和勘亭流」や、デザイン系の毛筆書体として人気の高い「バサころ」など、バラエティ豊かな毛筆書体をご利用いただけます。
FONTPLUSでは、3,000書体以上の高品質なフォントをWebサイトに指定することができます。用途やデザインに合わせたフォントを利用していただくことで、Webサイトの「伝える力」を強化し、よりデザイン性の高いサイトの実現を支援します。

今回のWebフォント提供開始にあたり、以下のコメントをいただいています。

昭和書体の毛筆フォントがFONTPLUSに追加され、全国の皆様に存分にご利用いただけるようになります。これをきっかけに、毛筆フォントが日本の伝統文化として全世界へ拡散されていくことを期待しております。
全世界のクリエイターの皆様が益々ご発展されますよう、SBテクノロジー様のパートナーとして、当社も末席よりご協力させていただきたいと思います。

株式会社昭和書体 代表取締役 坂口太樹

SBTは、Web制作分野においてFONTPLUSがより有益なサービスとなるよう、今後も積極的にサービスの品質向上に取り組んでまいります。

FONTPLUSの詳細はこちらをご覧ください。
https://fontplus.jp/

■ 今回追加される書体一覧