ベルト装着型IoTデバイスを用いたストレス度の計測に関する実証実験プロジェクトを発足

人の生体情報を用いた新たな価値づくりに向け、ダイキン工業、青山キャピタルと連携


ソフトバンク・テクノロジー株式会社
ダイキン工業株式会社
株式会社青山キャピタル

ソフトバンク・テクノロジー株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:阿多 親市、以下SBT)は、ダイキン工業株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長兼CEO:十河 政則、以下、ダイキン工業)の技術開発拠点であるテクノロジー・イノベーションセンター(TIC)と、青山商事株式会社(本社:広島県福山市、代表取締役社長:青山 理)の100%子会社である株式会社青山キャピタル(以下、青山キャピタル)と共同で、職種や職場環境と人が感じるストレスの関係性などに関する実証実験プロジェクトを2017年7月より開始します。

1.プロジェクトの背景

企業の業務効率化や生活の利便性向上など、様々な分野でIoTが活用される中、IoTによる人の健康管理や快適性向上にも期待が寄せられています。このたび、独自のバイタルセンシング技術を持つダイキン工業と、セキュアなクラウド環境の提供を得意とするSBT、幅広い顧客ネットワークを持つ青山キャピタルの3社は、近年注目される労働者の健康管理や快適な職場環境づくりのニーズに対応すべく、人の生体情報とIoTを利用した新たな価値の創出を目的とした本プロジェクトを実施することになりました。

2.プロジェクトの概要

(1) 概要
本プロジェクトでは、クリップ状のIoTデバイスをベルトに装着し、多様な職場で働くモニターの身体活動情報、心拍情報、ストレス度、睡眠情報などの生体情報をリアルタイムに計測します。計測した情報をクラウドに蓄積し分析することで、職場環境とストレス度の相関や、就業時のストレス度と就寝時の睡眠状態の相関などを明らかにします。

(2) 代表的な検証項目
a:ベルト装着型IoTデバイスで測定した生体情報の精度
b:職種や職場環境とストレス度の相関
c:ストレス度と睡眠の深さの相関

(3) 各社の役割

3.本プロジェクトにおける各社の目的

ダイキン工業、SBT、青山キャピタルは、本プロジェクトを通じて得られた検証結果をもとに、以下の価値づくりを目指します。

【本プロジェクトに用いるIoTデバイスについて】

  • ベルトに装着できる形状で、内蔵されたチューブ式空気圧センサーにより、体の微かな振動を検知し、心拍、呼吸、体動などの生体情報を抽出します。
  • 取得可能なデータ
    ①身体活動量:歩数、METs値を計測
    ②心拍情報:心拍間隔から各ストレス指標を算出
    ③ストレス度:心拍間隔のゆらぎを分析し計測時のストレス度を判定
    ④睡眠情報:睡眠時間、睡眠の深さの変化を計測

本プロジェクトに用いるIoTデバイス

本プロジェクトに用いるIoTデバイス

【チューブ式空気圧センサーについて】

  • 心臓の動きに伴う微かな体の振動を測定し、人に負担をかけずに心拍や呼吸などの生体情報を測定する独自のセンシング技術『Airitmo(エアリトモ)』で採用しているセンサーです。
  • 心拍間隔「ゆらぎ」から心と体の状態を判定検知した情報のうち、心拍間隔の「ゆらぎ」を分析することにより、心と体の状態を判定します。
  • 座るだけでストレス度を測定できるソファー『エアリトモ ソファータイプ』に実用化されています。

本プロジェクトに用いるIoTデバイス

本件に関する報道機関からの問い合わせ先

○ダイキン工業株式会社 コーポレートコミュニケーション室 広報グループ
本社 TEL:06-6373-4348 / 東京支社 TEL:03-6716-0112

○ソフトバンク・テクノロジー株式会社 経営企画部 コーポレートコミュニケーショングループ
齊藤、皆口、吉田 TEL:03-6892-3063 /  Email:sbt-pr@tech.softbank.co.jp

○株式会社青山キャピタル モバイルソリューション 谷川、塩出、山田、齊藤
TEL:084-920-7000(9:30~18:00土日祝を除く)