ソフトバンク・テクノロジー、「Platinum of the Year 2015 特別賞」を受賞!


ソフトバンク・テクノロジー株式会社

ソフトバンク・テクノロジー株式会社(代表取締役社長CEO:阿多 親市、本社:東京都新宿区、以下SBT)は、日本オラクル株式会社(代表執行役:杉原 博茂、本社:東京都港区、以下日本オラクル)主催の「Platinum Club 2015」において、当社社員が『Platinum of the Year 2015 特別賞』を受賞したことをお知らせします。

『Platinum of the Year 2015』は、「ORACLE MASTER」の最上位資格である「ORACLE MASTER Platinum」の取得者の中から、年間でソリューション開発やお客様への提案を通じて、日本オラクルのビジネスに貢献した人物が表彰されます。

■『Platinum of the Year 2015』 特別賞 受賞概要

受賞者 ソフトバンク・テクノロジー株式会社
技術統括 エンタープライズソリューション本部 第2技術統括部 プラットフォームソリューション部 Oracleグループ 野上 航
受賞理由 お客様の事業の中核を担うBtoB購買サービスを支えるデータベース基盤刷新案件において、Oracle Database Applianceによるデー タベース統合およびOracle Data GuardによるBCP対策を実現した。本システムは、アプリケーション層の一部にクラウドを採用したハイブリッド構成であり、高拡張性や可用性を担保する設計など、多岐に渡る要件を求められたが、高いレベルの技術力を元に成功に導き、お客様に貢献した。
また、クラウド環境基盤として Oracle Database Applianceを活用し、その有用性を広くアピールすることで、オラクル製品の普及・推進に貢献した。

SBTはかねてより、ビッグデータ分野に注力する中で、Oracleをはじめとする資格取得促進による技術力の向上と、品質の高いソリューションの拡充を進めてまいりました。
日本オラクルが認定するOracle Gold Partnerとして、データベースとその周辺ツールの導入から運用・保守・セキュリティまでの一貫したソリューション&サービスを、数々の大規模プロジェクトを通して積み重ねてきた最先端の技術ノウハウと共に提供しています。
また、総合的なICTソリューションを有するシステムインテグレータとして、データベースに留まらず様々なシステム基盤全体の設計、構築もワンストップでサービス提供することで、お客様の業務改革に貢献してまいりました。

SBTは引き続き、積極的な取得奨励や資格取得者に対する適切なフォローアップを通じて人材育成に取り組み、技術力の一層の強化によりお客様に付加価値の高いサービスを提供してまいります。

本件に関する報道機関からの問い合わせ先

○ソフトバンク・テクノロジー株式会社 経営企画部 コーポレートコミュニケーショングループ
Tel:03-6892-3063 / Mail:sbt-pr@tech.softbank.co.jp