クラウドサービスの利便性とセキュリティを両立

ソフトバンク・テクノロジー、テイクアンドギヴ・ニーズへ オンラインサービスゲートを導入


ソフトバンク・テクノロジー株式会社

ソフトバンク・テクノロジー株式会社(代表取締役 CEO:阿多 親市、本社:東京都新宿区、以下SBT)は、株式会社テイクアンドギヴ・ニーズ(代表取締役社長:知識 賢治、本社:東京都品川区、以下テイクアンドギヴ・ニーズ)が利用するMicrosoft Office 365に対し、クラウドアクセスコントロールサービス Online Service Gateを導入しました。

テイクアンドギヴ・ニーズはOnline Service Gateの導入により、セキュアなクラウドサービスの展開と同時に、Office 365の標準機能だけでは難しいID・パスワードの一元管理が可能となり、運用管理における大幅な工数の削減が実現できました。
SBTは、今後も、安定的で信頼性の高いクラウドサービスを提供し続けていくことで、テイクアンドギヴ・ニーズの社内システムの利活用を支援してまいります。

■ 導入の背景
ハウスウェディングという新しいサービスを生み出し、総合ブライダルカンパニーとしてウェディング業界を常にリードし続けるテイクアンドギヴ・ニーズは、ウェディング分野におけるビジネスを数多く手掛けており、近年では香港や上海など海外進出も積極的に展開しています。そのような中で2020 年をゴールにグローバルカンパニーおよび総合?活カンパニーとして成長することを目指した長期ビジョン2020Targetを掲げています。この取組みにおいて基盤となるコミュニケーションインフラを確立するために、メールシステムとしてMicrosoft Exchange Onlineを採用し、さらにOffice 365版へとアップグレードが行われたことで、アクセス制御やアクセス方法を簡素化することを目的としたシングルサインオン環境の構築が求められていました。
これらのニーズを解決するためのソリューションとして、Online Service Gateが選定され、Office 365 の認証システムに特化していることやコストパフォーマンスの高さ、スマートフォンへの対応可能な点などがテイクアンドギヴ・ニーズの要望とマッチし採用に至りました。さらには、クラウド型のサービスとして、導入がスムーズに実行できる点も高く評価されています。

■ Online Service Gateについて

OSGロゴ

Online Service Gateは、クラウドサービスをより安心に、より便利に利用するためのクラウドサービスです。クラウドサービスの利用下において、社外からのアクセス制限やシングルサインオン環境を実現することができます。SBTが認定パートナーとなっている、マイクロソフトが提供するクラウド型統合グループウェア「Microsoft Online Service(Office 365)」と連携し、数々の導入実績があります。

SBTは、引き続き、クラウドサービスへの移行を検討しているお客様にとって付加価値の高い、ソリューション、サービスの提供に取り組んでまいります。

■ 会社概要

社名 株式会社テイクアンドギヴ・ニーズ
代表者 代表取締役社長 知識 賢治
所在地 〒140-0002
東京都品川区東品川二丁目3番12号 シーフォートスクエアセンタービル17階
URL http://www.tgn.co.jp/
設立 1998年10月
資本金 52億6,433万円(2012/3/31現在)
市場 東京証券取引所市場第一部(証券コード:4331)

本件に関する問い合わせ先

 ○ソフトバンク・テクノロジー株式会社 経営企画部 コーポレートコミュニケーショングループ
  Tel:03-6892-3063 / Mail:sbt-pr@tech.softbank.co.jp