FONTPLUS(フォントプラス)、アジア展開へ

韓国ミンスンインフォメーションサービス社と業務提携


ソフトバンク・テクノロジー株式会社

ソフトバンク・テクノロジー株式会社(代表取締役社長 CEO:阿多 親市、本社:東京都新宿区、以下SBT)は、Webフォントサービスの韓国での事業展開に関し、韓国のMINSUNG Information Services Co.,Ltd.(CEO:金 哲民、本社:韓国ソウル市、以下MSIS)と業務提携しましたのでお知らせします。

SBTはMSISに対し、WebフォントサービスFONTPLUSにおける技術ノウハウを提供するとともに事業展開における支援を行いました。MSISはこれを受け、韓国における初のWebフォントサービスとして「nfont」の提供を開始します。SBTは、これまでWebフォントの利活用が遅れていた2バイト言語※圏地域においてWebフォントサービスを推進することで、アジア展開を一層加速していきます。

■ 韓国Webフォントサービス nfont について
韓国語での主要フォントの取り扱いはもちろんのこと、日本語と中国語の主要フォントも提供します。日本、中国、韓国においてWebサイトを展開するお客様のニーズに応えます。また、今後は、Webデザインに必要不可欠な写真画像やクリップアート、テンプレートなどのコンテンツも提供開始を予定しています。

フォントプラスが採用されたサイト画面

今回の業務提携にあたり、MSIS CEO 金 哲民氏より以下のコメントをいただいております。

「MINSUNG Information Services Co.,Ltd. は、2バイト圏においてWebフォントサービス開始の先駆けとなった日本のソフトバンク・テクノロジー社との技術提携やビジネス協約の契約締結を歓迎します。これを受け、日中韓のグローバルサイト制作を必要とする顧客層に対して様々なフォントと質の高いサービスを提供することで、韓国国内のWebフォント市場での先駆的な役割を担うことを目標としています。」

MINSUNG Information Services Co.,Ltd.
CEO 金 哲民氏

■ Webフォントサービス FONTPLUSについて
FONTPLUSは、ユーザーのデバイス環境に左右されずWebブラウザ上に任意の書体を表示することができるWebフォントサービスです。国内主要フォントメーカーさらには中国、韓国企業との提携も含め、現在フォントの提供書体数においては国内No.1(注1)となっています。
Webフォントを導入することにより、見た目の美しさだけではなく、アクセシビリティやSEO対策といったWebマーケティング観点での効果も期待できます。

フォントプラスサイトの画面イメージ
フォントプラスロゴ

▼フォントプラスの詳細はこちらをご覧ください。
http://webfont.fontplus.jp/

■ 会社概要

社名 MINSUNG Information Services Co.,Ltd.
代表者 CEO 金 哲民
所在地 3F, LS2 B/D Bongeunsaro49-gil 6, Gangnam-gu, Seoul, Korea135-010
設立 2012.7.24
資本金 5億ウォン
事業内容 Cloud型 Web Fontサービスなど

本件に関する問い合わせ先

 ○ソフトバンク・テクノロジー株式会社 経営企画部 コーポレートコミュニケーショングループ
  Tel:03-6892-3063 / Mail:sbt-pr@tech.softbank.co.jp