約400台のアクセスポイントによる大規模無線LAN環境を構築

ソフトバンク・テクノロジーとマクニカネットワークス、セガへアルバネットワークス社製無線LANシステムを提供


ソフトバンク・テクノロジー株式会社

ソフトバンク・テクノロジー株式会社(以下 SBT、本社:東京都新宿区、代表取締役社長 CEO:阿多 親市)とマクニカネットワークス株式会社 (以下 マクニカネットワークス、本社:神奈川県横浜市、代表取締役社長:宮袋 正啓)、アルバネットワークス株式会社(以下 アルバ、本社:東京都港区、取締役社長:松本 洋一)は、この度、株式会社セガ(以下 セガ、所在地:東京都品川区、代表取締役社長:鶴見 尚也)へ米国アルバネットワークス社製無線LANシステム(以下 アルバ製品)を提供したことをお知らせします。

セガではアルバ製品の導入により、これまで部署ごとに契約をしていた自立型のAP(アクセスポイント)を集約したことで、管理を一元化することができ運用負荷を軽減させることにつながりました。また、アクセスポイント認証により、社内ネットワークの利用を制限できることでセキュリティの強化も実現しています。さらには、ノートPCと無線LANを組み合わせることで、打ち合わせ等で利用される印刷資料も削減され社内のペーパーレス化にも効果を発揮しています。

今後も、SBTは、マクニカネットワークス、アルバネットワークスとともに、無線LAN導入を検討されているお客様へアルバ製品の提案を推進していきます。

■ 導入の背景
ゲームメーカーのセガでは、2011年春の東日本大震災による電力不足への対応として、電力消費量が多いデスクトップPCからノートPCへの移行が推進されました。それに伴い、会議室においても快適な社内ネットワーク利用の要望が高まり、無線LANの全社全フロアへの導入計画が進められました。無線LAN機器の選定においては、管理負荷を抑えるために全てのAPを一元的に管理できることやセキュリティ面における、AP認証を利用した社内ネットワークへの利用制限などが求められました。さらには、業務の内容上、一般のゲーム機やスマートフォンなども無線LANに接続して利用することが少なくないため、ベンダ独自の仕様ではなく無線の規格を順守していることの必要性などがありました。
これらの条件に合致した無線LAN製品を検討していた中で、以下のポイントに加え、コアネットワークの運用サポートで信頼があり、アルバ製品における大規模導入案件の技術ノウハウを持つSBTからの高い評価も決め手となり、今回のアルバ製品の採用に至りました。

■ アルバネットワークス社製無線LAN導入のポイント

■ 会社概要
【マクニカネットワークス株式会社】

社名 マクニカネットワークス株式会社
代表者 代表取締役社長 宮袋 正啓
所在地 〒222-8562 神奈川県横浜市港北区新横浜1-5-5
URL http://www.macnica.net/
事業概要 企業向けネットワーク、コンピュータ及び情報通信システム関連ハードウェア・ソフトウェアの輸出入、開発、販売、 コンサルティング/保守・サービスにわたるITソリューションの提供

【アルバネットワークス株式会社】

社名 アルバネットワークス株式会社
代表者 取締役社長 松本 洋一
所在地 〒105-0004 東京都港区新橋5-27-1 パークプレイス3階
URL http://www.arubanetworks.co.jp/
事業概要 モバイル・エンタープライズ・ネットワークのための次世代ネットワーク・アクセス・ソリューションを提供しています。

本件に関する問い合わせ先

 ○ソフトバンク・テクノロジー株式会社 経営企画部 コーポレートコミュニケーショングループ
  Tel:03-6892-3063 / Mail:sbt-pr@tech.softbank.co.jp