ソフトバンク・テクノロジー、米国Cloudera社と認定販売代理店として提携

Apache Hadoopディストリビューション「Cloudera Enterprise」、および認証取得済みSupermicro社製サーバーの国内販売を開始


ソフトバンク・テクノロジー株式会社

ソフトバンク・テクノロジー株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長 CEO:阿多 親市、以下、SBT)とCloudera, Inc.(本社:米国 カルフォルニア州、CEO:Michael Olson、以下、Cloudera )は、Apache Hadoopディストリビューション「Cloudera Enterprise」(以下、Cloudera Enterprise)の提供において業務提携したことを発表します。

■ Cloudera Enterpriseについて
Cloudera Enterpriseは、Apache HadoopとHadoopの利用に必要な100%オープンソースのソフトウェアコンポーネントで構成され、企業向けのHadoopとして世界トップの実績を持つCDH(Cloudera’s Distribution including Apache Hadoop)と、最新Hadoopテクノロジーを効率良く利用し、安全・確実に使いこなすための管理ツール「Cloudera Manager」、サポートサービス「Cloudera Support」で構成されたサブスクリプション形態で提供される製品で、ビッグデータ分析や以前は取り組めなかった“Big Questions”を容易に実現する本番環境システムです。新たリアルタイムクエリエンジンである「Cloudera Enterprise Real Time Queries powered by Impala」を搭載したことで、構造化・非構造化データからビジネスバリューを引き出し、圧倒的な競争優位性を持っています。

今回の提携でSBTは、日本企業のビックデータイノベーションに、業界をリードするClouderaとともにビックデータに関わる総合ソリューションを提供してまいります。SBTは、より一層ビッグデータビジネスにおける社内体制を強化し、お客様に対しビッグデータの利活用を通じた新たな価値を提供するため、Cloudera Enterpriseのほか、ビックデータに関わるコンサルティングサービスやシステムインテグレーション、サポートサービスを提供していきます。

またSBTは、Clouderaとの提携をもとに、Super Micro Computer Inc.(以下、Supermicro)の販売代理店として、Cloudera認証取得済みSupermicroサーバー製品とCloudera Enterpriseを組み合わせたビックデータ向けプラットフォームも提供し、2013度の販売目標として、50社を目指します。

■ Cloudera Enterpriseと組み合わせるビックデータ向けプラットフォームSupermicroサーバー製品について
企業におけるビッグデータの利活用において、分散処理を可能とするApache Hadoop(以下、Hadoop)の導入を検討する企業が増えています。一方で、オープンソースであるHadoop技術の利用には、高い経験値や知識が不可欠となっています。Cloudera Enterpriseは、オープンソースであるHadoopの企業導入を支援する管理ツールやサポートサービスをパッケージ化したソフトウェア製品です。本製品によりHadoopをより使いやすくできる上、オープンソース利用時の課題となっているサポートサービスも受けることが可能です。
SBTは、データセンターに最適な高い集約度を誇るSupermicroサーバーにCloudera社認証取得済みSupermicroサーバー製品を設けました。1サーバーあたり3.5インチディスクを6台以上搭載できる高密度サーバー構成を取りそろえ、お客様の規模に応じたHadoopシステムの構築を支援します。

■ Supermicro サーバープラットホームのセット価格

価格(税別) 1,200万円~
・初期費用込
・Cloudera Enterpriseサブスクリプション費は含まれておりません。
構成 ネームノード
データノード
スイッチ
全ノードへのプリインストール費用
メールサポートチケット
2台
4台
2台
1式
3ヶ月

今回の業務提携にあたり、Cloudera Inc.の日本法人であるCloudera株式会社 代表取締役社長 ジュセッペ小林氏より、コメントを頂いております。

「このたび、日本市場で独自の展開をされているソフトバンク・テクノロジーと協力して、ビックデータソリューションを提供できる事に非常に喜んでおります。Cloudera Enterpriseは、オープンソースのApache Hadoopを導入する際に必要となるさまざまな要件をあらかじめ組み込み、システム開発・管理を容易にした革新的なビッグデータプラットフォームです。Cloudera Enterpriseの導入をより効果的にするプラットフォームとの組み合わせやソフトバンク・テクノロジーの技術力は、ビッグデータを活用するデータ駆動型企業を目指す企業にとって、信頼できるソリューションとなるはずです。」

また本提携に関して、Super Micro Computer, Inc. President and CEO Charles Liang氏よりも、下記コメントを頂いております。

「Supermicro is pleased to extend our Hadoop optimized server platforms to the Japan market through longstanding relationships with SoftBank Technology and Cloudera,” said Charles Liang, President and CEO of Supermicro. “With Supermicro’s Cloudera certified server and storage solutions and SoftBank Technology’s highly regarded IT expertise, service and support, Enterprise customers can efficiently implement highly scalable, cost effective Big Data solutions and gain valuable insight into new business opportunities.」

(日本語訳)
Supermicroはソフトバンク・テクノロジーとClouderaとの長年の関係を通じて、日本市場に対し当社のHadoopに最適化されたサーバープラットホームを展開できることを嬉しく思います。SupermicroのCloudera社認証取得済みサーバーおよびストレージソリューションと、ソフトバンク・テクノロジーの高い技術力やサービスおよびサポートが組み合わさることで、お客様は効率的で、拡張性に優れコスト効果の高いBig Dataソリューションを実装し、新しいビジネス機会の貴重な洞察を得ることができると確信しています。

▼ Cloudera の詳細はこちらをご覧ください。
http://www.cloudera.com(英語サイト)
http://www.cloudera.co.jp(日本語サイト)

本件に関する問い合わせ先

 ○ソフトバンク・テクノロジー株式会社 経営企画部 コーポレートコミュニケーショングループ
  Tel:03-6892-3063 / Mail:sbt-pr@tech.softbank.co.jp