フラッシュストレージでビッグデータ処理が50倍に加速!

Microsoft SQL Server SSD Applianceの提供開始


ソフトバンク・テクノロジー株式会社

ソフトバンク・テクノロジー株式会社(代表取締役社長 CEO:阿多 親市、本社:東京都新宿区、以下SBT)は、本日より、日本マイクロソフト株式会社と連携して、「MicrosoftR SQL ServerR SSD Appliance」 (マイクロソフト エスキューエル サーバー エスエスディ アプライアンス)の提供を開始します。
SBTはSuper Micro Computer, Inc(以下、Supermicro)の販売代理店として、Microsoft SQL Server 2012 Enterpriseのパフォーマンスに最適化したハードウェア構成を用意しました。データの処理スピードを飛躍的に向上させるフラッシュストレージデバイスFusion-IOを採用したサーバー2台構成のアプライアンスモデルを提供します。今後一年間の販売目標として10億円を目指します。

■ SBTが提供するSQL ServerR SSD Applianceについて
SBTは、データセンターに最適な高い集約度を誇るSupermicroサーバーに、フラッシュストレージデバイスとして定評のあるFusion-IOを搭載しました。Fusion-IOの搭載により、これまでの標準的なHDDに比べてデータ処理スピードを50倍に高速化することが可能です。お客様はビッグデータの利活用に時間や労力をかけることなく運用ができます。さらには2台構成で提供することで、冗長化によるデータの可用性が担保され、システム構築や定常的な保守といった業務において有益な構成となっています。製品のラインアップは、大容量、高パフォーマンスの最上位モデルのほかに、OLTP (Online Transaction Processing)に最適なマルチコアモデル、バッチ処理に最適な高クロックモデルの3製品を設け、お客様のニーズに即した充実した製品ラインアップを取り揃えています。

■ 製品ラインアップ/ご参考価格(税込)

製品ラインアップと参考価格

本件に関する問い合わせ先

 ○ソフトバンク・テクノロジー株式会社 経営企画部 コーポレートコミュニケーショングループ
  Tel:03-6892-3063 / Mail:sbt-pr@tech.softbank.co.jp