韓国語フォントの提供スタート!

Webフォントサービス 「フォントプラス(FONTPLUS?)」に韓国語フォントが新たに追加


ソフトバンク・テクノロジー株式会社

ソフトバンク・テクノロジー株式会社(代表取締役CEO:阿多 親市、本社:東京都新宿区、以下SBT)は、韓国語フォントベンダー大手のYOONDESIGN Inc.(CEO: Pyun Suk Hoon、本社:韓国ソウル、以下Yoon Design)と業務提携し、Webフォントサービス「フォントプラス(FONTPLUSR)」において、韓国語フォントの提供を開始しますのでお知らせします。今後、順次取扱いフォントを増やしていく予定です。

フォントプラスロゴ

中国語フォントに続き韓国語フォントが追加されたことにより、「フォントプラス」から提供されるフォントは総計590種類以上となりました。SBTは「フォントプラス」の提供サービスの拡充を予定しており、さらにお客様にとって有益なWebフォントサービスへと発展させてまいります。

■ 「フォントプラス」から提供されるYoon Designの代表的なフォント

YDGothic120
YDGothic120サンプル
YDGothic130
YDGothic130サンプル
YDGothic140
YDGothic140サンプル

■ 「フォントプラス」のサービスサイト
http://webfont.fontplus.jp/

この度の発表にあたり、Yoon Design CEO Pyun Suk Hoon氏より、以下のコメントをいただいております。

Yoon Design CEO : Pyun Suk Hoon氏
「この度のSBTとの業務提携を、心より歓迎しています。Yoon Designは、20年以上、韓国語フォントの開発、販売を続けています。韓国語フォントを最初にデジタル化した会社として、また、韓国市場で最も使用されているフォント提供会社として、時代が要求するフォントをお客様へご提供するために、常に自由な発想をもって新しい挑戦をしています。Yoon Designは、これからも韓国語フォントの標準として、文字が持つ力を利用し、文字によるコミュニケーションをサポートすることによって、社会に貢献していきます。」

SBTはYoon Designとの業務提携、および中国語フォントの提供に続き、「フォントプラス」からの韓国語フォント提供が、事業の東アジア展開を加速させる一助となることに期待しています。

■ 会社概要

社名 YOONDESIGN Inc.
代表者 CEO. Mr Pyun Suk Hoon
本社 Yoondesign B/D 13 Dongmak-ro9-gil Mapo-gu Seoul 121-895 Korea
URL http://www.yoondesign.com
事業概要 フォント開発、販売、コンテンツ開発など

本件に関する問い合わせ先

 ○ソフトバンク・テクノロジー株式会社 経営企画部 コーポレートコミュニケーショングループ
  Tel:03-6892-3063 / Mail:sbt-pr@tech.softbank.co.jp